科学衛星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 宇宙産業 > 人工衛星 > 科学衛星の意味・解説 

か がくえいせい くわ-ゑい- [4] 【科学衛星】


科学衛星

太陽系の惑星を観測する「太陽系観測衛星」

地球やその周辺、あるいは宇宙そのもの科学的探査をおこなうための人工衛星のうち、太陽系惑星観測する衛星地球高層大気磁場バンアレン帯(放射能帯)、宇宙線太陽風などを観測しています。日本では、オーロラプラズマ観測をおこなう「きょっこう」、太陽から飛来する粒子観測などをおこなう「ひのとり」など、宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))打ち上げ衛星いろいろな観測おこない世界的大きな成果をあげています。

日本の太陽観測衛星「きょっこう」
日本太陽観測衛星きょっこう

「天文観測衛星」は、広く宇宙全般を対象に科学的探査をおこなう

宇宙科学研究所打上げ観測をおこなっている人工衛星で、広く宇宙全般対象科学的探査をおこなっています。

銀河中心核X線観測などをおこなう天文館測衛星「ぎんが」
銀河中心X線観測などをおこなう天文館衛星「ぎんが」


科学衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/13 13:46 UTC 版)

科学衛星(かがくえいせい)とは、日本の宇宙科学・宇宙工学・宇宙開発の「お家事情」のせいによる宇宙機の分類のひとつであり、例えば科学的には「衛星」ではない宇宙機、すなわちその軌道から人工惑星科学的には分類されるような惑星探査機なども、この記事の記事名における「科学衛星」には含まれる。おおむね、対象に接近する観測(探査)を行う探査機か、そうではない宇宙望遠鏡に大別できる。


  1. ^ そもそも、科学目的・商業目的・軍事(偵察)目的、といったように宇宙機の目的はスッパリと切り分けられるものではない。ハッブル宇宙望遠鏡の顕著な科学的成果は有名だが、その機体についての「偵察衛星を地球ではなくその反対側に向けたもの」という表現は比喩などではなく、実際にKH-11形偵察衛星(en:KH-11 Kennen)がベースとなっている(偵察衛星の詳細は秘密だが、公開情報や推測とほぼ一致している)。あるいは偵察衛星と全く同様な衛星でも、民間企業によって撮影データを商業的に利用する目的で運用されているものは、商業衛星の一種と言える。


「科学衛星」の続きの解説一覧





科学衛星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「科学衛星」の関連用語

科学衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



科学衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの科学衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS