観測とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 観測 > 観測の意味・解説 

かん‐そく〔クワン‐〕【観測】

読み方:かんそく

[名](スル)

自然現象精密に観察測定し、その変化推移調べること。「天体を—する」「気象—」

物事注意深く見て変化成り行き予測すること。「世界の情勢を—する」「希望的—」


観測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 03:58 UTC 版)

観測(かんそく)とは、




  1. ^ a b c 広辞苑「観測」
  2. ^ 『気象予報士教科書 気象予報士 完全攻略ガイド 第2版』2012。xxii頁
  3. ^ 大辞泉「観測」


「観測」の続きの解説一覧

(a) 観測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 22:35 UTC 版)

マクスウェルの悪魔」の記事における「(a) 観測」の解説

容器中央に仕切り入れ悪魔左右どちらに分子があるかを観測する。 ここで悪魔気体から 1 ビット情報を得ることになる。 観測結果に応じて悪魔のメモリの状態は R (図上段) もしくは L (図下段) となる。 これにより気体の状態とメモリの状態と間に相関成立する

※この「(a) 観測」の解説は、「マクスウェルの悪魔」の解説の一部です。
「(a) 観測」を含む「マクスウェルの悪魔」の記事については、「マクスウェルの悪魔」の概要を参照ください。


観測(天象含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 03:39 UTC 版)

2021年の日本」の記事における「観測(天象含む)」の解説

5月26日 - 日本全国皆既月食観測された。日本全国で観測できたのは2018年以来3年ぶり。なお、この年皆既月食は月が最も地球近付スーパームーン称される日でもあり、普段よりも大きく月を観察することができた。スーパームーンの状態で皆既月食観測されたのは1997年以来24年ぶりのことであり、次回スーパームーンの状態で皆既月食観測できるのは2033年になるという。 9月26日 - 甲府地方気象台富士山初冠雪観測した平年より6日早い冠雪となったまた、全国の山で富士山初の冠雪となったのは2012年以来9年ぶりである。なお、9月7日山頂付近確認し当初は初冠雪発表していたが、同月20日山頂付近本年最高の日平均気温観測し初冠雪条件満たさなくなったため、甲府地方気象台取り消していた。 10月17日 - 北海道稚内市)で初雪観測した平年より2日早い観測となったまた、10月初雪観測したのは2017年以来4年ぶりである。

※この「観測(天象含む)」の解説は、「2021年の日本」の解説の一部です。
「観測(天象含む)」を含む「2021年の日本」の記事については、「2021年の日本」の概要を参照ください。


観測(天象含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 18:32 UTC 版)

2022年の日本」の記事における「観測(天象含む)」の解説

11月8日 - 日本全国皆既月食が観測可能である

※この「観測(天象含む)」の解説は、「2022年の日本」の解説の一部です。
「観測(天象含む)」を含む「2022年の日本」の記事については、「2022年の日本」の概要を参照ください。


観測(天象含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:26 UTC 版)

2019年の日本」の記事における「観測(天象含む)」の解説

1月6日 - 日本部分日食を観測(詳細は「2019年1月6日の日食を参照)。 5月26日 - 5月としてはかなり強い暖気影響で北海道中心に各地気温上がった同道佐呂間町では国内5月最高気温及び、北海道年間最高気温を共に更新する39.5観測した8月15日 - 台風10号接近に伴い北陸地方中心にフェーン現象発生新潟県胎内市では40.7観測するなど、猛暑となった12月26日 - 日本15時35分 (食の最大) に部分日食を観測(グアムなどでは金環日食となった詳細は「2019年12月26日の日食を参照)。

※この「観測(天象含む)」の解説は、「2019年の日本」の解説の一部です。
「観測(天象含む)」を含む「2019年の日本」の記事については、「2019年の日本」の概要を参照ください。


観測(天象含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:51 UTC 版)

2020年の日本」の記事における「観測(天象含む)」の解説

日本部分日食を観測(詳細は「2020年6月21日の日食を参照)。

※この「観測(天象含む)」の解説は、「2020年の日本」の解説の一部です。
「観測(天象含む)」を含む「2020年の日本」の記事については、「2020年の日本」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「観測」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

観測

出典:『Wiktionary』 (2021/11/12 14:30 UTC 版)

この単語漢字
かん
第四学年
そく
第五学年
音読み 漢音

発音

名詞

(かんそく)

  1. 自然現象観察測定しその推移変化について調べること。
  2. 物事様子見て成り行き推測すること。そのような推測

翻訳

動詞

活用

翻訳


「観測」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



観測と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「観測」に関係したコラム

  • CFDのパラジウム相場の見方

    パラジウムは、プラチナと同じ白金族金属(PGM)で自動車の排気ガス浄化触媒など工業用として用いられています。パラジウムは、ロシアと南アフリカで8割以上の生産量を占めています。次の図は、パラジウムの生産...

  • CFDのプラチナ相場の見方

    世界のプラチナ(白金)の年間採掘量は200トン前後です。金の年間採掘産量が4000トンなので、プラチナは金の約20分の1の量しか採掘されていません。下の図は、プラチナの生産量をグラフに表したものです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

観測のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観測のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの観測 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマクスウェルの悪魔 (改訂履歴)、2021年の日本 (改訂履歴)、2022年の日本 (改訂履歴)、2019年の日本 (改訂履歴)、2020年の日本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの観測 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS