マーズ・リコネッサンス・オービターとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 宇宙船 > NASAの宇宙探査機 > マーズ・リコネッサンス・オービターの意味・解説 

マーズ・リコネッサンス・オービター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/13 16:24 UTC 版)

マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter、略称: MRO)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発した、火星の周回軌道から火星を調査・探索する多目的探査機である。この探査機は、NASAジェット推進研究所の管轄の下に、7.2億ドルの予算で、ロッキード・マーティン社によって作られた。MROは、2005年8月12日に打ち上げられ、2006年3月10日に、火星の周回軌道に到達した。2006年8月、空力ブレーキにより、同年11月より開始される、科学観測に適した周回軌道に移ることに成功した。名前のリコネッサンス (reconnaissance) とは「偵察」、「予備調査」の意味をもち、その名の通り偵察衛星なみの高解像度カメラを搭載し、後続の地上探査機のための着陸地点の候補地を調査することを主要な目的のひとつとしている。 リコネッサンスはリコネサンスリコナイサンスと表記されていることもある。




[ヘルプ]
  1. ^ NASA Goes Back to the Future With Plans for a Mars Rover in 2003”. NASA/JPL. 2006年7月7日閲覧。
  2. ^ NASA Unveils Plans for 21st Century Mars Campaign”. Space.com. 2006年7月4日閲覧。
  3. ^ Spacecraft Parts: Instruments”. Mars Reconnaissance Orbiter website, JPL. 2008年5月17日閲覧。
  4. ^ HiRISE, High Resolution Imaging Science Experiment”. Lunar and Planetary Laboratory website, Univ. of Arizona. 2008年5月17日閲覧。
  5. ^ MRO Context Imager (CTX) Instrument Description”. Malin Space Science Systems website. 2008年5月17日閲覧。
  6. ^ "MRO Mars Color Imager (MARCI) Description"”. Malin Space Science Systems website. 2008年5月17日閲覧。
  7. ^ "CRISM"”. CRISM Team website, Applied Physics Lab., Johns Hopkins Univ.. 2008年5月17日閲覧。
  8. ^ "Mars Climate Sounder Team Website"”. The Planetary Society. 2008年5月17日閲覧。
  9. ^ "SHARAD: Mars Shallow Subsurface Radar"”. SHARAD.org website. 2008年5月17日閲覧。
  10. ^ Mars Orbiter Successfully Makes Big Burn”. 2006年8月30日閲覧。


「マーズ・リコネッサンス・オービター」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マーズ・リコネッサンス・オービター」の関連用語

マーズ・リコネッサンス・オービターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マーズ・リコネッサンス・オービターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマーズ・リコネッサンス・オービター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS