太陽電池とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 太陽電池の意味・解説 

太陽電池

太陽電池

 「また見つけた何を永遠を、海と溶け合う太陽を」。これは十九世紀フランス詩人アルチュール・ランボーの有名な詩の一節水の惑星地球』を照らし続け太陽は、人類にとって永遠象徴でした。この地球降り注ぐ太陽の光エネルギーとして活用するために開発されたのが太陽電池。現在、石油中心とした化石燃料資源枯渇地球規模で叫ばれている中、太陽電池の重要性はますます高まってきました。太陽電池は二酸化炭素CO2)を排出しないクリーンエネルギーであり、地球温暖化防止する上でもその効果期待集まります。

 太陽電池は1950年代アメリカ開発され、その後日本メーカー量産技術確立。現在では太陽電池の生産量日本が833メガワット05年)と世界トップで、全世界生産量約半分占めます。日本エネルギー資源輸入に頼っている国だと言われることが多いですが、実は生産した太陽電池の半分以上海外に提供していることを考えれば、「エネルギー輸出国」でもあるのです。ただ、太陽電池の導入量を見てみると05年にドイツ世界第一位となり、日本長年トップの座を明け渡しました。ドイツで急激に導入量が増えたのは、国の制度とも関係がありますドイツでは「フィードイン・タリフ」と呼ばれる制度施行され、太陽光発電した電力などの再生可能エネルギー通常の電気より割高購入してもらえる仕組み導入されました。この制度によって太陽電池の利用一気に高まったと言われています。

 もちろん、日本でも住宅公共施設などで太陽電池が利用されています。太陽電池は通常の電力比べ供給が不安定であると言われますが、一方で電力使いたいその場発電できるという優位さもあります最近、街の中を歩いていて頻繁に見かけるようになってきた太陽電池搭載街路灯は、そのメリットをいかした使い方です。昼間太陽光蓄電し、夜間照明電源として活用するわけですが、例え電線が届かないような場所でも太陽電池は独立電源として活用できるのです。今、日本国内には1200基の街路灯設置されていると言われていますが、これが太陽電池を使ったものに代わればCO2排出量も大幅削減できます。これらの環境問題のほか、災害時の安定的電力供給源としても期待が高まっており、太陽電池の利用今後も一層広がっていきそうです

 ※写真太陽光風力利用した街路灯東京有楽町



(掲載日:2007/09/12)

太陽電池[ソーラーセル]

光エネルギー電気エネルギー変換する素子

エコテック ソーラー(太陽電池)

光エネルギー電気エネルギー換え蓄え機能
電池交換不要です。

太陽電池(セル)

光起電力効果利用し、光エネルギー直接電力変換する電力機器のこと。光電池とも呼ぶ。光起電力効果により、受けた光を即時電力変換して出力する半導体素子で、蓄電性はない。一般戸建住宅屋根への設置をした場合、だいたい3~4kWシステムとなり、3000~4000kWh(一般家庭年間消費電力4000~5000kWh前後とされている)を発電できることになる。素材主流シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材したもの実用化されている。複数並列接続して必要な電圧電流を得られるようにしたパネル状の製品単体太陽電池パネル又は太陽電池モジュール呼ばれる

太陽電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 01:27 UTC 版)

太陽電池(たいようでんち、: Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギー電力に変換する電力機器である。光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。一般的な一次電池二次電池のように電力を蓄える蓄電池ではなく、光起電力効果によって光を即時に電力に変換して出力する発電機である。タイプとしては、シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。




  1. ^ E. Becquerel (1839). “Mémoire sur les effets électriques produits sous l'influence des rayons solaires”. Comptes Rendus 9: 561–567. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k2968p/f561.chemindefer. 
  2. ^ R. Williams (1960). “Becquerel Photovoltaic Effect in Binary Compounds”. The Journal of Chemical Physics 32 (5): 1505–1514. Bibcode 1960JChPh..32.1505W. doi:10.1063/1.1730950. 
  3. ^ a b 太陽電池はどのように発明され、成長したのか、桑野幸徳、オーム社、平成23年8月、ISBN 978-4-274-50348-1
  4. ^ a b Pre-1900 Semiconductor Research and Semiconductor Device Applications, AI Khan, IEEE Conference on the History of Electronics, 2004 (PDF)
  5. ^ a b c John Perlin, The Silicon Solar Cell Turns 50 (PDF)
  6. ^ M.B.Prince (May 1955). “Silicon Solar Energy Converters”. Journal of Applied Physics 26 (5): 534. doi:10.1063/1.1722034. 
  7. ^ Vanguard Project
  8. ^ 荒川裕則、「色素増感太陽電池」、シーエムシー出版、2001年、ISBN 978-4-88231-933-7
  9. ^ 特許庁によるまとめ
  10. ^ 特集|浮体型閉鎖水域浄化システム”. 特許研究室. 2019年3月3日閲覧。
  11. ^ Hla Hla Khaing, Yit Jian Liang, Nant Nyein Moe Htay, Jiang Fan (2014). “Characteristics of Different Solar PV Modules under Partial Shading”. Open Science Index, Energy and Power Engineering vol.8 (no.9): 1418-1422. https://waset.org/publications/9999229/characteristics-of-different-solar-pv-modules-under-partial-shading. 
  12. ^ Which Solar Panel Type is Best? Mono-, Polycrystalline or Thin Film?” (英語). Energy Informative. 2019年3月14日閲覧。
  13. ^ 太陽電池用シリコン素材の製造プロセス (生研リーフレット No.289)
  14. ^ EPIA, Solar Generation IV - 2007, P.43 Archived 2008年5月11日, at the Wayback Machine.
  15. ^ EPIA, Solar Generation IV - 2007, P.17 Archived 2008年5月11日, at the Wayback Machine.
  16. ^ 参照:開発例1開発例2
  17. ^ 参照:解説1解説2
  18. ^ HIT太陽電池モジュール(財団法人新エネルギー財団)
  19. ^ HIT太陽電池の特徴(三洋電機)
  20. ^ 球状太陽電池(京セミ株式会社)
  21. ^ 球状半導体(日経BP社)
  22. ^ 球状シリコン太陽電池の開発・製造 (日経ビジネス)日経ビジネスが描いた日本経済の40年
  23. ^ 電界効果を用いる新型高効率アモルファス太陽電池の開発(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
  24. ^ 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー(独立行政法人科学技術振興機構)
  25. ^ 太陽電池セルで世界最高変換効率35.8%を達成 ニュースリリース(2009年10月22日)
  26. ^ 例1例2
  27. ^ http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol07_07/p14.html
  28. ^ http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2008/pr20080716/pr20080716.html
  29. ^ http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol07_07/p14.html
  30. ^ 長岡高専
  31. ^ ソーラーフロンティア、CZTS太陽電池の変換効率で世界記録、IBMなどと共同研究
  32. ^ Cadmium Use in Photovoltaics - Concerned Citizen”. NREL. 2011年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月15日閲覧。
  33. ^ en:Cadmium telluride photovoltaics参照
  34. ^ 例:PR_solarpowerplant_RoteJahne.pdf”. www.juwi.de. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月15日閲覧。
  35. ^ 透明な太陽電池の試作に成功”. 産総研 (2003年6月25日). 2015年3月閲覧。
  36. ^ 透明なのに発電できる?”. 産総研. 2015年4月閲覧。
  37. ^ EPFL、色素増感太陽電池で変換効率15%を達成。二段階蒸着法で実現
  38. ^ ヘリアテック社が有機太陽電池においてセル効率13.2%の世界新記録を更新
  39. ^ 高効率ペロブスカイト型太陽電池の製造コストが大幅低減
  40. ^ R・Turton著、川村 清監訳など『量子ドットへの誘い マイクロエレクトロニクスへの未来へ』1998年、シュプリンガー・フェアラーク東京、p47、ISBN 4-431-70780-8
  41. ^ 産業技術総合研究所太陽光発電研究センター「トコトンやさしい太陽電池の本」、日刊工業新聞社、ISBN 978-4-526-05795-3 P.78
  42. ^ 東北大、量子ドット太陽電池で世界最高効率-12.6%
  43. ^ 集光型太陽電池セルで世界最高変換効率43.5%を達成
  44. ^ 例1 例2
  45. ^ 例えば(浜川, & 桑野 1994, p. 167)





太陽電池と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太陽電池」の関連用語

太陽電池のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



太陽電池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2019 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
SEIKOSEIKO
Copyright © 2019. SEIKO WATCH CORPORATION
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太陽電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS