オイルショックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事件 > オイルショックの意味・解説 

オイルショック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 14:09 UTC 版)

オイルショックオイル・ショック英語: Oil shock)とは、1970年代に2度発生した、原油の供給逼迫および原油価格の高騰に伴い、世界経済全体がきたした大きな混乱の総称である。


  1. ^ a b Morris Miller, Resolving the Global Debt Crisis 国連 1989年 p.50.
  2. ^ a b c d e f OECD, Financial Statistics, 1979, 13, Tome 1, pp.802-810; Financial Statistics Monthly, Dec. 1982, pp.8-9, 13-14.
  3. ^ a b 田中秀臣 『経済政策に歴史を学ぶ』 ソフトバンク クリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、190頁。
  4. ^ 原田泰 『コンパクト日本経済論(コンパクト経済学ライブラリ)』 新世社、2009年、30頁。
  5. ^ 著者・タイトル不明 配布元は内閣府経済社会総合研究所 2つのコクサイ化 p.73.
  6. ^ 日本政策投資銀行 金融自由化とコーポレート・ガバナンス 社債発行によって銀行の機能は低下したか 2008年9月 p.5. p.29.
  7. ^ 逆に日本鉄道建設公団が全国各地に建設していたAB線と呼ばれる地方ローカル線の建設については第一次オイルショックの時点では中止されず、そのまま工事が続行されていた。
  8. ^ 本四高速の料金等について 国土交通省 2011年(平成23年)12月20日
  9. ^ 石けん基礎知識 石鹸洗剤の基礎(2) 日本石鹸洗剤工業会
  10. ^ 電力使用制限令、ピークを抑制 冷房集中の昼間狙う - 朝日新聞 2011年4月2日
  11. ^ 最終クール「恐怖の円盤生物シリーズ!」は、円盤生物の奇襲による防衛チームの全滅の他、怪獣との対戦を可能な限り、プロップの操演で表現しようという苦肉の策でもあった。着ぐるみが存在する円盤生物でも、ノーバ星人ブニョなどは簡素な造形で、演出でインパクトを出そうという苦心が見受けられる。
  12. ^ 川島博之日本人がこれほど「食料自給率」に怯える理由 日本農業、再構築への道<1>JBpress2010年10月13日2016年2月10日閲覧
  13. ^ a b c d 生命保険協会百年史”. 一般社団法人生命保険協会. 2020年10月29日閲覧。
  14. ^ 伊藤修 『日本の経済-歴史・現状・論点』 中央公論新社〈中公新書〉、2007年、108頁。
  15. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、53頁。
  16. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、179-180頁。
  17. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、180頁。
  18. ^ The Gulf War and the Price of Oil:Prospects for the Medium Term Looney, R.E. (1992)
  19. ^ 国際政治と第4次石油危機の可能性― エネルギー資源確保をめぐる地政学・地経済的変動の一考察 ―古田雅雄 『社会科学雑誌』第8巻(2013年12月)
  20. ^ NHK クローズアップ現代 2008年6月25日[リンク切れ](アーカイブ)
  21. ^ 150年以上にわたる原油価格の推移をグラフ化してみる(最新)


「オイルショック」の続きの解説一覧

オイルショック(石油ショック、石油危機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 07:57 UTC 版)

オイルショックで激しインフレーション発生し1974年度の経済成長率戦後初のマイナス成長となり、その後スタグフレーション陥った。しかし、日本省エネルギー経営合理化進めた結果先進国でも早い段階でオイルショックからの脱却を図ることに成功した

※この「オイルショック(石油ショック、石油危機)」の解説は、「安定成長期」の解説の一部です。» 「安定成長期」の概要を見る


オイルショック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 03:04 UTC 版)

1970年代前半石油価格高騰では工業生産停滞起き石油需要にはブレーキかかったが、生産縮小から労働需要にもブレーキがかかり失業増大招いた一方1970年代末多くの先進諸国第2次オイルショックスタグフレーション陥る中、日本の影響軽微に留まり1980年代後半からの好景気入っていった。これは産業の合理化や、第1次オイルショックでの過剰な調整により生産雇用余力があったことが原因と見られる詳細は「狂乱物価#概要」および「オイルショック#日本への影響を参照トイレットペーパー騒動#経緯」および「日本の経済論争#昭和48,49年のインフレーション」も参照 なお、1980年代はその初頭にふたたび石油価格上昇してスタグフレーション招いたが、その後逆に石油価格がほぼ半値まで下落し物価安定好景気」が先進国活気付けた詳細は「オイルショック#石油危機与えた影響」および「バブル景気#当時世界情勢を参照

※この「オイルショック」の解説は、「スタグフレーション」の解説の一部です。» 「スタグフレーション」の概要を見る


オイルショック(石油ショック、石油危機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 07:57 UTC 版)

オイルショックで激しインフレーション発生し1974年度の経済成長率戦後初のマイナス成長となり、その後スタグフレーション陥った。しかし、日本省エネルギー経営合理化進めた結果先進国でも早い段階でオイルショックからの脱却を図ることに成功した

※この「オイルショック(石油ショック、石油危機)」の解説は、「安定成長期」の解説の一部です。» 「安定成長期」の概要を見る


オイルショック(石油ショック、石油危機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 07:57 UTC 版)

オイルショックで激しインフレーション発生し1974年度の経済成長率戦後初のマイナス成長となり、その後スタグフレーション陥った。しかし、日本省エネルギー経営合理化進めた結果先進国でも早い段階でオイルショックからの脱却を図ることに成功した

※この「オイルショック(石油ショック、石油危機)」の解説は、「安定成長期」の解説の一部です。» 「安定成長期」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「オイルショック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



オイルショックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オイルショックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オイルショックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2022MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオイルショック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの安定成長期 (改訂履歴)、スタグフレーション (改訂履歴)、安定成長期 (改訂履歴)、安定成長期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS