農地改革とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 改革 > 農地改革の意味・解説 

農地改革 (のうちかいかく)

終戦後1946年昭和21年)から1950年昭和25年)までGHQ指導により、地主制[じぬしせい]を解体するために行われました。多く農地所有する地主一定の土地所有しか許されず、それ以外の土地は国が買い上げ小作人こさくにん]に安く売り渡しました。 そのためそれまで小作人として、地主のもとで小作料をおさめながら農業をしていた人々が、自分土地持ち農業を営むことができるようになりました。

関連項目

農地改革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/04 19:44 UTC 版)

農地改革(のうちかいかく)は、農地の所有者の変更や法制度の変更など、農地を巡る改革運動のひとつ。農地解体あるいは農地開放とも称する。


注釈

  1. ^ ただし帝国政府の考えた方針とGHQの改革内容には大きな違いがある

出典

  1. ^ 農地改革資料編纂委員会編『農地改革資料集成』第11巻 35~54頁
  2. ^ 農地改革資料編纂委員会編『農地改革資料集成』第1巻 104~110頁
  3. ^ a b 東京大学社会科学研究所『農地改革』東京大学出版会、1975年、164頁。
  4. ^ 世界大百科事典(1988年版)「ユンカー」の項目
  5. ^ 中村政則編「占領と戦後改革」1994年 吉川弘文館より 鈴木邦夫「初期占領改革」


「農地改革」の続きの解説一覧



農地改革と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「農地改革」の関連用語

農地改革のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



農地改革のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2020,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農地改革 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS