財産とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > 財産 > 財産の意味・解説 

ざい‐さん【財産】

個人や団体などの所有している、金銭有価証券土地家屋物品などの金銭的な価値のあるものの総称資産。「一代で財産を築きあげる」「子供に財産を残す」

ある主体属す積極財産資産)と消極財産負債)の総体。「営業財産

あるものにとって、価値あるもの。金銭価値にも精神的価値にもいう。「健康が私の財産です」「自然は人類共有の財産だ」


ざい‐さん【財産】

〔名〕

財貨資産所有する土地家屋家具金銭貴金属など。身代(しんだい)。

本朝麗藻1010か)下・贈心公古調詩〈具平親王〉「夜使財産。明也東西奔」

太平記14C後)一七「山門衆徒財産(ザイサン)を尽くして」〔後漢書‐斉武王伝〕

② ある人に属す金銭価値あるものの総体動産不動産のほか、権利義務のすべてをいう語。一般には資産積極財産)だけをさすが、負債消極財産)を含む場合もある。

仏国政典(1873)〈大井憲太郎訳〉三「財産とは凡て一人一己私有為し可き諸物

比喩的に、金銭産みだす源となる技術能力など。「信用は大切な財産である」

[語誌](1)漢籍見える語であり、日本でも平安後期から室町時代文献用例確認できる。しかし、江戸時代には、「進退」から派生した「身代」や、「身の上(みのうえ)」を音読した「身上」が専ら用いられた。
(2)明治時代には、西洋書物翻訳、特に西洋法律書翻訳の中で再び「財産」が用いられるようになる。ヘボンの「和英語林集成」では改正増補版(明治一九年)から登載されるようになった


アセットマネジメント【AM:Asset Management=財産、資産管理】

資産運用の手法は株式債権不動産での分散投資一般的であり、不動産という狭義分野のアセットマネジメントは文字通り投資家から不動産資産運用委託されて、そのビル経営代行するビジネス名称である。アセットマネジャーがその任にあたり業務範囲多岐にわたる売却購入までの権限有するのか、投資顧問的な範囲なのか全て契約内容による。

財産

作者ベッシー・ヘッド

収載図書優しさと力の物語
出版社スリーエーネットワーク
刊行年月1996.3
シリーズ名アフリカ文学叢書


財産

作者ジェイムズ・ラスダン

収載図書シャンドライの恋
出版社角川書店
刊行年月2000.1
シリーズ名角川文庫


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/10 16:47 UTC 版)

財産(ざいさん)とは、個人団体に帰属する経済的価値のあるものの総称である。資本として利用されるものは資産という。




「財産」の続きの解説一覧

財産

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 11:08 UTC 版)

名詞

ざいさん

  1. 個人団体などが持っている土地建物証券など。
  2. 比喩大切能力経験人材など。

関連語

翻訳




財産と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「財産」に関係したコラム

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「財産」の関連用語

財産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



財産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2021 Sanko-estate,All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの財産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの財産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS