財産とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > 財産 > 財産の意味・解説 

ざい‐さん【財産】

個人や団体などの所有している、金銭有価証券土地・家屋物品などの金銭的な価値のあるものの総称資産。「一代で—を築きあげる」「子供に—を残す」

ある主体属す積極財産資産)と消極財産負債)の総体。「営業—」

あるものにとって、価値あるもの金銭的価値にも精神的価値にもいう。「健康が私の—です」「自然は人類共有の—だ」


アセットマネジメント【AM:Asset Management=財産、資産管理】

資産運用の手法は株式債権不動産での分散投資一般的であり、不動産という狭義分野のアセットマネジメントは文字通り投資家から不動産資産運用委託されて、そのビル経営代行するビジネス名称である。アセットマネジャーがその任にあたり業務範囲多岐にわたる売却購入までの権限有するのか、投資顧問的な範囲なのか全て契約内容による。

財産

作者ベッシー・ヘッド

収載図書優しさと力の物語
出版社スリーエーネットワーク
刊行年月1996.3
シリーズ名アフリカ文学叢書


財産

作者ジェイムズ・ラスダン

収載図書シャンドライの恋
出版社角川書店
刊行年月2000.1
シリーズ名角川文庫


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/10 16:47 UTC 版)

財産(ざいさん)とは、個人団体に帰属する経済的価値のあるものの総称である。資本として利用されるものは資産という。




「財産」の続きの解説一覧

財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 07:41 UTC 版)

1726年結婚にあたり、兄ニューカッスル公爵が父から継承した遺産半分ペラム譲った1729年にはサリー州のエッシャー・プレイス(英語版)を購入したのち、ウィリアム・ケント招聘して改築させた。 死去した時点で領地からの年収が約3,000ポンドで、1752年に娘グレース結婚したときに約束した持参金1万ポンド1754年死去した時点で未払いだった。そして、債務重なった結果ペラム遺言執行者遺領売却せざるを得なかった。

※この「財産」の解説は、「ヘンリー・ペラム」の解説の一部です。» 「ヘンリー・ペラム」の概要を見る


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 22:51 UTC 版)

1766年結婚した時点では領地からの収入が年9,000ポンド程度であり、うち1,600ポンドは母にあてがわれた。1785年に母が死去すると、年収入約12,000ポンド得られる領地継承した。母から継承した領地にはノッティンガムシャーのウェルベック・アビー(英語版)(約1万5千エーカー)が含まれる。しかし、死去時点では領地年収が約17,000ポンド減少している上、約52ポンド債務残している。この債務により、息子長男第4ポートランド公爵はブルストロードなどの領地売却せざるを得なかった。

※この「財産」の解説は、「ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク (第3代ポートランド公爵)」の解説の一部です。» 「ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク (第3代ポートランド公爵)」の概要を見る


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 10:18 UTC 版)

1886年明治19年)に華族第三者からの財産差し押さえなどから逃れることが出来るとする華族世襲財産法が制定されたことにより、世襲財産設定する義務生まれた世襲財産華族家継続のための財産保全をうける資金であり、第三者抵当権質権主張することは出来なかった。しかし同時に世襲財産華族意志運用することも出来ず、また債権者からの抗議もあって、1915年大正4年)に当主意志世襲財産解除が行えるようになった。財産基盤貧弱であった堂上貴族は旧・堂上華族保護資金令により、国庫からの援助受けた。さらに財産の少な奈良華族神官華族には、男爵華族恵恤金交付された。

※この「財産」の解説は、「華族」の解説の一部です。» 「華族」の概要を見る


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 01:45 UTC 版)

クルアーンでは、彼此を問わず神が万物に対する唯一の所有者である一方で人類地球上における神の代理人とされ、神の所有物引き受け存在とされているこのためイスラム法学者は財産を公有国有私有という3つの範疇に分け、その性格論じた

※この「財産」の解説は、「イスラム経済」の解説の一部です。» 「イスラム経済」の概要を見る


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 01:31 UTC 版)

民は数え年二十歳(満18歳)の元旦戸籍正丁の印が付き、国から一夫土地8000歩の公田と、50歩の盧家と200歩の畑)の給田と冬に住むための里の家与えられ、それを元手に生活をしている。給田数え年行われるのは役所仕事夫役都合上である。これを以って成人みなされ納税の義務を負う。どこの土地給田を受けるかは受ける側から見ると運頼みである。これら国から与えられた財産の処分事実上自由であるそのため、大抵の場合は家を売り払ってしまうか、夏の間は商人貸し出している。場合によっては1つ一人人物所有物になっていることがある。但し、購入する際は地元の人優先的に買える様に地元以外の人が買おうとすると割高な値段になるようになっている。 国から与えられる土地公地許可を得て自分で開墾した土地を自地という。 個人の財産は60歳になるか死亡すると国に返納納室する事になっている。ただし、年齢による納室任意であり、配偶者がいる場合は自ら稼いだ分は配偶者相続させる事が出来る。子供は親の財産を相続出来ないが、褒賞給与等と称して生前分与されることが多く納室制度事実上形骸化している模様所属する里を出てから7年経つと客死したものとみなされ旌券と共に財産を没収される。但し、本人正規の旌券を持ってどこかの府城駆け込め元に戻してくれる可能性がある給田制度がある為、個人貧富各個人の甲斐性拠るもの、と見做される

※この「財産」の解説は、「十二国」の解説の一部です。» 「十二国」の概要を見る


財産(資産)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 02:51 UTC 版)

財産はストックにあたり過去所得蓄積である。

※この「財産(資産)」の解説は、「担税力」の解説の一部です。» 「担税力」の概要を見る


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 05:25 UTC 版)

全ての個人は、自身の財産を保有し管理する権利がある

※この「財産」の解説は、「立憲党 (アメリカ)」の解説の一部です。» 「立憲党 (アメリカ)」の概要を見る


財産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 05:25 UTC 版)

全ての個人は、自身の財産を保有し管理する権利がある

※この「財産」の解説は、「立憲党 (アメリカ)」の解説の一部です。» 「立憲党 (アメリカ)」の概要を見る


財産

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

財産

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:51 UTC 版)

名詞

ざいさん

  1. 個人団体などが持っている土地建物証券など。
  2. 比喩大切能力経験人材など。

関連語

翻訳


「財産」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



財産と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「財産」に関係したコラム

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

財産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



財産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2022 Sanko-estate,All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの財産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘンリー・ペラム (改訂履歴)、ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク (第3代ポートランド公爵) (改訂履歴)、華族 (改訂履歴)、イスラム経済 (改訂履歴)、十二国 (改訂履歴)、担税力 (改訂履歴)、立憲党 (アメリカ) (改訂履歴)、立憲党 (アメリカ) (改訂履歴)、爆笑!!人生劇場3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの財産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS