寄進とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 寄進 > 寄進の意味・解説 

き‐しん【寄進】

読み方:きしん

[名](スル)神社寺院金銭物品寄付すること。


寄進

読み方:キシン(kishin)

物品所領寺社権門勢家寄付譲渡すること。


寄進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/13 02:30 UTC 版)

寄進(きしん, : Contribution )とは、物を「寄せまいらせる」の意であり、寺院神社などに土地金銭、財物を寄付することである。




「寄進」の続きの解説一覧

寄進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 15:31 UTC 版)

リザ (キリスト教)」の記事における「寄進」の解説

貴重なオクラドやリザイコンに「着せる」ことは、なにかの首尾上手くいったあとで神へ奉献をし、感謝する習慣にちなんでいる。いまではこの伝統は失われてしまった。聖堂イコン画長老寄進するため幾もがリザ覆われた。また次第一般来訪者による進物でもそれがなされるようになったイコン描かれたならすぐにきよめの儀式おこなわれる。それをおさめた聖堂は、そのままリザ資金捻出するために奔走するそれまでイコンには顔と手があるだけである。そのままで不足しているものの価値は、白銀の質とそれを彫りあげる職人腕前かかっているロシア聖堂という聖堂におかれた、夥しいほどのそれらの作品群は、異国の旅人にも衝撃的な印象与えたそのうちの一人はこう述べている:。 「 生神女聖者たち聖像画には、たいてい顔と手が描かれているだけだ。しかし、その装いたるや黄金リザなのであり、イコンとともに崇められている。リザ一面に真珠宝石ちりばめられ…トロツエの大修道院ひとつとっても、そこにある真珠他のヨーロッパ全土からかき集めてまかなえないだろう。 」 生神女のイコン装飾は、非常な人気を博したロシアで最も絢爛たる黄金のオクラドの一つはウラジーミルの生神女のためにアンドレイ・ボゴリュブスキー公が特注したものである(文献によれば彼女のために黄金だけで5キログラム費やされた)。初期のオクラドは、あわせて1プード(およそ16キログラム)もの金が使われているが、これも上流社会成功者のみが成せることであったドンの生神女のために17世紀つくられた(現存していない)オクラドについての記述有名である。これは1680年福音大聖堂写本わずかなページまとめたものであった。 「 …真珠飾りのついた冠は、エメラルドサファイヤガーネットがしつらわれている…大ぶり宝石真珠黄金の星にはめこまれ、やはり黄金肩口重ねられているイヤリングサファイヤだ。主と生神女感謝するための12の祭日?を表現するためにオクラドの地には金版がつかわれ、黒金仕上げられており、大きな貴石ちりばめられている…聖像画には、2枚真珠のウルブース(頭飾り)、2枚黄金のツァーティ(後光を表す半円盤)がはめこまれた。銀箔のおされたすべやかな「板」は瑠璃エメラルド飾られにそって真珠あしらってある。生神女幼子イエスの、ほかに類を見ないほど貴重なリザ胸元には、宝石真珠のついた黄金の十字架5つくくりつけてある。そのパナギア一つは聖十字架」であり、その他の十字架パナギア聖遺物である。 」 君主政治のもと、尊ばれるべきイコン画をオクラドで飾りつける伝統は、さらに時代下って保たれていた。1768年には女帝エカチェリーナ2世が、生神女福音大聖堂にあるカザンの生神女自らの金冠でもってそのオクラドの一部としている。あるいは反対に1722年1月にはピョートル1世次のような命令をだしている。「今後ロシアにおいて聖画像をかかげるあらゆる教会は、つまりは金貨、銀貨、銅貨、その他舶来品を掲げているものと思わねばならない。これを禁止する」。命令長老民衆不興をかったが、にもかかわらずあわゆる奉献品がイコンから取り外されることとなった

※この「寄進」の解説は、「リザ (キリスト教)」の解説の一部です。
「寄進」を含む「リザ (キリスト教)」の記事については、「リザ (キリスト教)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「寄進」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「寄進」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



寄進と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寄進」の関連用語

寄進のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寄進のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寄進 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリザ (キリスト教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS