習慣とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 習慣の意味・解説 

habit

別表記:ハビット、習慣

「habit」の基本的な意味

「habit」とは、個人的な性質習慣・癖などを指す。動植物習性性質無生物自然現象傾向、あるいは特質意味することもある。文語では特定の対象が持つ性格的傾向もしくは気質を指す。スラングとして使われ場合には、薬物中毒依存といった意味になる。なお、「habit dress」なら修道士修道女が着る修道衣、「bad habit」なら(悪)癖となる。

「habit」の語源

「habit」の語源は「持つ」「住む」という意味ラテン語「habere」である。これが転じて特定の対象持っている性質や癖といった意味合いとなった

「habit」の発音・読み方

「habit」の発音あるいは読み方日本語表記するなら「ハビットもしくは「ヘビット」となる。ハ(ha)の母音は「ア」と「エ」を同時に発音するように「ア」と出すとよい。

「habit」と「custom」の違い

「habit」と同じくcustom」には習慣や傾向を表す意味がある。「habit」は個人決めた習慣といったニュアンスを持つ。使い方の例は以下の通りだ。
It is my habit to wash my hands.(私には手洗いの習慣がある。)
Not answering is your bad habit.(返事をしないのはあなたの悪い癖だ。)
・After returning my country, I kept the habit of praying.(帰国後、私はお祈りの習慣を続けた

対してcustom」が指すのは個人の癖や習慣ではない。集団民族・国家文化といった広く社会的な習慣や傾向である。そのため、風習といった意味合いも「custom」は持つ。「costom」は次のような使い方をする。
・Hugging is a European custom.(ハグヨーロッパの習慣だ)
It is a custom in some countries.(それはいくつかの国々における傾向だ)
・The tribe has a custom of tooth extraction.(その民族には抜歯風習がある)

なお、次のような場合広く社会的な習慣や傾向指していても、「habit」が用いられる
Research on exercise habits of America.(アメリカにおける運動習慣の研究
A book about traditional eating habits.(伝統食事習慣について書かれた本)
運動習慣に関してアメリカ社会全体のことではなく、あくまでそれぞれの個人にとっての習慣に過ぎないまた、伝統食事習慣についても同じであるそのためhabitが用いられる考えられている。

「habit(歌)」とは

「Habit(ハビット)」は、日本のメジャーバンド「セカオワ」こと「SEKAI NO OWARI」の通算18目のシングル作品だ。Virgin Music移籍してから4作品目である。「Habit」は神木隆之介柴咲コウダブル主演した映画ホリック xxxHOLiC」の主題歌でもある映画監督である蜷川実花からの「今を生きる若者たちへの優しさ込めてほしい」というリクエスト応えて書き下ろされた。セカオワ楽曲映画用いられたのは、この作品で8作品目(内7作品主題歌)である。この楽曲では「Habit」は「(人の)習性という意味用いられている。作詞Fukase作曲Nakajin担当した

2022年4月28日CD販売前に楽曲先行配信同日ミュージックビデオYouTubeにおいて公開された監督池田大振付師はプロダンサーのパワーパフボーイズだ。2022年6月22日CD販売初回限定フォトブック盤のジャケット写真蜷川実花担当した蜷川実花が持つ独特の色彩美で撮影されメンバーの姿は、これまでにない妖艶な雰囲気醸し出しているとして、高い評価受けた

ミュージックビデオでは、セカオワの4人が本格的なダンス披露している。ダンスは、細かく韻を踏んだリリック奇妙な振付絡み合い、その踊る姿はとてもコミカルだ。セカオワメンバーは、このミュージックビデオ撮影のために、長期間に渡ってダンストレーニング受けた語っている。YouTube公開直後から、SNSでは、「Habit」を「踊ってみた」という投稿相次ぎ、その注目の高さが話題となった

シングルCD発売日後の6月29日Billboard Japan Hot 100において、CD売上総合首位獲得。これは2015年リリースしたSOS」から7年ぶりの快挙である。また、2022年8月3日には公式動画ストリーミング再生1億回を突破したセカオワミュージックビデオ1億再生突破したのは、「silent」と「Habit」の2曲だけである。

しゅう‐かん〔シフクワン〕【習慣】

読み方:しゅうかん

長い間繰り返し行ううちに、そうするのがきまりのようになったこと。「早寝早起きの―」

その国やその地方人々のあいだで、普通に行われる物事やり方社会的なしきたりならわし慣習。「盆暮れ贈り物をする―がある」

心理学で、学習によって後天的獲得され反復によって固定化された個人行動様式

[用法] 習慣・慣習――「土地の習慣慣習に従う」「これまでの習慣(慣習)を破る」など、ならわししきたりの意では相通じ用いられる。◇「習慣」は「毎朝ジョギングを習慣にしている」「イスラム教徒女性ベールをつける習慣がある」など、個人的な事柄にも、社会的な事柄にも使う。◇「慣習」は「慣習として、祭り当番持ち回りにする」「慣習法」など、社会的に行われているものをいう。◇類似の語「しきたり」「ならわし」は、「町のしきたり」「世のならわし」のように「慣習」とほぼ同じ意。

「習慣」に似た言葉

習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/13 08:34 UTC 版)

習慣(しゅうかん、: habit, custom[1])とは、


注釈

  1. ^ カトリックの「伝統」は、必ずしも「伝統的」なそれだけをそう呼んでいるわけではない。ほんの5年~10年前程度前にある神父が意識的に作り出したものも、ともかく教会の聖職者やメンバーの大半がそれに従っていれば「伝統」と呼んでいることがある。カトリックの慣習(内部用語の「伝統」)の中には、福音書の中で示されているイエス・キリストの教えと明らかに根本的に対立するようなものさえあり、それがプロテスタント諸教会から批判の的となることも多い。

出典

  1. ^ ウィズダム英和辞典「習慣」第二版
  2. ^ a b 広辞苑第六版「習慣」
  3. ^ デジタル大辞泉「習慣」
  4. ^ DaiGo 『短時間で”良い習慣”が身につき人生が思い通りになる!超習慣術』ゴマブックス出版、2019年。 
  5. ^ a b ハイディ・グラント・ハルバーソン 『やり抜くための9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2017年。 
  6. ^ クリスティアン・ベネディクト、ミンナ・トゥーンべリエル 『Sleep, Sleep, Sleep』サンマーク出版、2020年、172-230頁。 
  7. ^ 片山友子、水野由子. “大学生のインターネット依存傾向と 健康度および生活習慣との関連性”. 2021年6月閲覧。
  8. ^ 柄木田健太、田中美史. “スポーツ選手の「あがり」の対処法に関する実践的研究 -パフォーマンスルーティンに着目して-”. 2021年6月閲覧。
  9. ^ 英語reflectやフランス語refrechirに相当する表現。文脈に応じて「熟慮する」「熟考する」「じっくり考察する」「反省する」などの訳語があてられる。


「習慣」の続きの解説一覧

習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/27 05:04 UTC 版)

メガロパ」の記事における「習慣」の解説

メガロパ頭部胸部の付属肢のほかに、遊泳用発達した第一から第五腹肢があり、その腹肢一部あるいは全部使って遊泳するまた、鋏脚と歩脚で物につかまることができるほか、歩き回ることや、鋏でエサをちぎることも可能である沖合浮か流れ藻ブイのほか、定置網ロープなどで大量に見つかことがある

※この「習慣」の解説は、「メガロパ」の解説の一部です。
「習慣」を含む「メガロパ」の記事については、「メガロパ」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 13:35 UTC 版)

マアムール」の記事における「習慣」の解説

ムスリムにとってはラマダーン間のイド・アル=フィトルイフタール食事にこのクッキー結び付けられている。クリスチャンにとってマアムールイースター祭典一部であるセファルディムはこの菓子をメネナスと呼ぶウィキブックス料理本マアムール解説あります

※この「習慣」の解説は、「マアムール」の解説の一部です。
「習慣」を含む「マアムール」の記事については、「マアムール」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 14:30 UTC 版)

春節」の記事における「習慣」の解説

伝統的には、春節先立つ行事として旧暦12月24日23日とも)に大掃除をして、竈の神を祭る。 春節前日除夕呼び特別な食事食べる。一般に(「吉」と同音)や(「余」と同音で、「年年有余」を意味する)を食べとされるが、中国大陸広大なため、地方により正月料理大きく異なる北方では餃子食べること知られており、南方では一年甘くなるようにとの願い込めて蓮子(zh)や湯円食べる習慣がある。日本餅を食べるように、東アジア大体の地域では年糕という餅を食べる。ほか、春巻湯円なども食す。 家の入り口には春聯年画などを貼り、また窓などに剪紙切り絵)を貼る厄除けあるいは神を迎えるため爆竹盛大に鳴らし花火打ち上げる。これは中華圏春節特徴である。芸能としては獅子舞踊られる。 春節での習慣としては、起床後に年配者に対して長寿を祝う言葉述べその後近隣住民知人春節を祝う言葉述べ合うものがある(拝年)。子供には赤い袋(紅包)にはいった圧歳銭(お年玉)を渡す。 家庭で春節用の衣装用意し新年華やかさ演出するだけでなく、新年幸運をもたらす意味を持たせている。 春節では家族団欒重んじられるため、春節前後帰省者によって交通量極端に増える。これを春運と呼ぶ一方春節休暇期間を利用して観光旅行をする人々も多い。日本でも2010年代頃から中国人中心に同時期訪日観光客増え爆買いからインバウンド消費貢献した2月単月で1百万を超え航空券ホテル代などの高騰見られた。スカイスキャナージャパン株式会社調査によれば人気急上昇旅行先1位熊本県2位愛媛県3位香川県4位宮城県、5位は宮崎県という(2019年春節期間)。 上記の拝年は近年相手直接訪ねるのでなく電話インターネット電子メール微博など)で代用する人も多い。さらに企業が拝年と称してネット広告配信したり、中国共産党中央・地指導者テレビで挨拶放映したりするようになっているその他の習慣に関して関連項目参照のこと。

※この「習慣」の解説は、「春節」の解説の一部です。
「習慣」を含む「春節」の記事については、「春節」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 09:19 UTC 版)

ルーン石碑」の記事における「習慣」の解説

ルーン石碑建立する習慣は、前ローマ鉄器時代からローマ鉄器時代にかけて作られた故人業績讃える石碑メンヒル建てる習慣から発達したものと考えられている。その習慣については13世紀編纂されたヘイムスクリングラヴァイキング時代編纂されたと思われるハヴァマールでも言及されている。メンヒルには時間と共に消えてしまったが、おそらく銘が塗料描かれていたであろう。そこで銘はより長く保存可能な彫刻へと変わっていった。有名なルーン石碑大部分は故人の名誉を讃えるために建立された。 東部スウェーデンウップランド地方ルーン石碑が最も多い地域として有名で3千ほどもある。これらのほとんどに十字刻まれているか、神やキリスト白衣びゃくえ)の記述見られるなどキリスト教関連している。ウップランドルーン碑文 U613がその良い例である。キリスト教ルーン石碑この地域で突出しているのは、こんにちストックホルム近郊最後の異教拠点1つであっためである

※この「習慣」の解説は、「ルーン石碑」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ルーン石碑」の記事については、「ルーン石碑」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 04:09 UTC 版)

スリランカの仏教」の記事における「習慣」の解説

仏教徒は月に4回あるポヤ(上弦満月下弦新月)の日に八戒守って寺院(ヴィハーラ)に参詣し敬虔過ごす。特に満月の日が重視され寺院僧侶説教聴いて功徳を積む5月満月はウェサックといい、仏陀生誕成道涅槃達成された日として盛大に祝う。6月満月ポソンといい仏教の伝来を祝う。7月から8月のエサラ月からニキニ月にかけては各地でペラヘラと呼ばれる祭りが行われ、特に旧王都仏歯寺中心に行なわれるキャンディ・エサラ・ペラヘラは盛大である。象の背中に、仏舎利ヒンドゥー教神の象徴である武器載せて巡行し、祈った収穫感謝する現在では仏歯に対する祭祀であるが、祭り仏歯加わったのは1775年からで、以前はキャンディヒンドゥー教守護神であるナータヴィシュヌカタラガマ、パッティニの神々祀る祭祀であった現世利益ヴィシュヌカタラガマ、パッティニ、サマンなどの仏教寺院内に必ずあるヒンドゥー教の神々祀る神殿(デーワーレ)で祈願するのである。また民家でも仏像ヒンドゥー神同時に祭っている事が一般的な事であり、信者両方お参りすることが習慣化していて、日本のかつての神仏習合に似ている。 雨安居7月満月10月満月)の終了後カティナ僧衣寄進)や、葬式に際しては僧侶ピリットという護呪経典唱える儀礼行い信者現世での安穏得たり死者功徳転送を行う。 占星術盛んであり、国の主な行事や祝祭日日時占星術によって選定されるものも多く、僧の得度式などの日取りなども占星術判断決められる国家あるいは政治仏教つながり強く最高位の僧であるマハーナーヤカの就任は、スリランカ大統領命じることになっている新し政権国会議員主要な仏教僧から祝福を受けることが慣例となっている。軍にはスリランカ陸軍仏教協会があり、仏教僧たちはスリランカ軍祝福する儀礼も行う。

※この「習慣」の解説は、「スリランカの仏教」の解説の一部です。
「習慣」を含む「スリランカの仏教」の記事については、「スリランカの仏教」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 10:31 UTC 版)

ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の記事における「習慣」の解説

魔法使い成人する時計を贈る。 持ち主亡くなると、遺体とともに葬る荼毘に付す(ただし、「ニワトコの杖」は例外)。

※この「習慣」の解説は、「ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の記事については、「ハリー・ポッターシリーズの用語一覧」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 21:56 UTC 版)

ラドニツァ」の記事における「習慣」の解説

祈祷文集は死者のためのこの日特別な祈り規定していないが、追悼の習慣は信者の心に深く刻まれている。年間を通じてさまざまな土曜日とは異なり、これが死者の日であることを反映する変更は、夕の祈り、朝の祈り聖体礼儀には加えられていないこの日聖体礼儀後に神品教会パニヒダを祝う。その後信者らが持ち寄ったパスハ料理祝福する神品は、お香ろうそくを持って十字架一緒に行列作り(「十字行」)、それに信者続き教会墓地または一般墓地にある亡くなった信者の墓を訪れる。墓前では、パスハの讃詞通常の連祷と共に歌われるパスハ食物が、故人友人親戚によって喜びのうちに食される。墓から蘇ったキリスト象徴であるイースター・エッグを、亡くなった人々墓の上に置き、伝統的なハリストス復活」の挨拶を交わすのが一般的である。こうした習慣は、死者復活忠実に思い出させることと同時に亡くなった人にキリストの復活告知することの両方といえる

※この「習慣」の解説は、「ラドニツァ」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ラドニツァ」の記事については、「ラドニツァ」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 06:39 UTC 版)

エルサレム入城の日」の記事における「習慣」の解説

エルサレム入城の日」は、キリスト教徒が一番大切にする聖金曜日復活日を含む「聖週」(受難週)の開始日になるので世界各地様々な習慣を産み教会ロバ登場しないが、小枝を持って礼拝ミサ奉神礼)に参加することが行われてきた。 このため日本では世界各国から来た宣教師故国にある植物関連したそうした習慣に基づいた言葉、 「小枝日曜日」(フランス語: Dimanche des Rameaux=小枝日曜日) 「聖枝祭」(ロシア語: Вход Господень в Иерусалим=主のエルサレム入場) 「棕櫚日曜日」(英語: Palm Sundayドイツ語: Palmsonntag=棕櫚日曜日) などを伝えたこのため日本ではエルサレム入城の日の名称が教派により呼び方が違うが、現在どういった植物を使うか、使った習慣があったかは、大切ではあるが、最重要ではない。

※この「習慣」の解説は、「エルサレム入城の日」の解説の一部です。
「習慣」を含む「エルサレム入城の日」の記事については、「エルサレム入城の日」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 07:45 UTC 版)

ヒンバ族」の記事における「習慣」の解説

赤い泥と脂肪混ぜたものを髪と肌に塗る習慣がある。

※この「習慣」の解説は、「ヒンバ族」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ヒンバ族」の記事については、「ヒンバ族」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 01:06 UTC 版)

季節調整」の記事における「習慣」の解説

お中元お盆正月

※この「習慣」の解説は、「季節調整」の解説の一部です。
「習慣」を含む「季節調整」の記事については、「季節調整」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:33 UTC 版)

ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事における「習慣」の解説

睡眠 睡眠中も常に周囲警戒しており、睡眠時は、自分の傍らに銃を置いて寝る(『夜は消えず』など多数)。殺気を感じた場合は、寝ていながら相手ナイフを向けるなど無意識の反撃姿勢をとる(『ゴルゴ in 砂嵐』など多数)。敵の奇襲に対して臨機応戦できるよう、靴を履いたままベッドで眠ることがある(『みな殺し』)。 また訓練音の暗示によって、睡眠状態から瞬時に覚醒し任務を遂行する能力を身につけた(『テレパス』)。 飲食 飲料などは新品の封を切った物からしか飲まない他人から渡された物も相手が口にし、安全を確信するまで使用しない食事に関してレストランなど出され食事普通に食べているが、食事毒物入れられた際に簡単にそれを見破っているため、食物毒物混入されても見破る自信があっての行動と思われる(『キャサワリー』)。また箸も使える(『チャイナ・タウン』)。食事マナーに関しては、依頼人から修羅場多くくぐってきた人物とは思えない優雅な手付き称賛される一方(『黒い星』)、レストランでステーキ食べながら電話をかけるなどあまり行儀がいいとは言えない時もある(『戦艦ヨークシャー反乱』)。 喫煙 普段のゴルゴ喫煙では主に「トルコ巻きトレンドしか吸わない」と発言しており、紙巻煙草はほとんど吸わない(『黒い熱風』、『33+G』)。 依頼人とのコンタクトを取る際もしばしば喫煙するシーン見られるが、依頼受諾した後はそのままポイ捨てするなど、マナー徹底してない。また、科学技術進歩によりたばこに付着した唾液などから遺伝子情報などが調べられるようになっても、依頼人の前で捨てていることもある(『依頼保留』など)。 医療 飲食同じく他人から渡され薬物そのまま摂取せず、相手に同じ物を摂取するなど安全が確信できるまで使用しない(『アルヘンチーノ・ティグレ』、『36000秒分の1秒』)。毒物入っていないかを確認した場合直後に吐き出させたり、直前制止させる。 休暇 1年のうち必ず1ヶ月は全く活動せず何をしているのか不明な間がある(『おろしや間諜伝説』)。判明していることでは、モンタナ州田舎にあるロッジ一時的にリフレッシュしていた場面があった。このロッジ全面防弾発電機備えているばかりか地下核シェルターまで備えてある代物で、その中でも常に銃を携帯して過ごすなど、強い警戒普段通りだったが、屋上椅子置いて寝込む所が見られた。周囲の住民の様子を見る限り定期的に使用していると思われる(『禍なすもの』)。 また大型クルーザー所有しており、休暇、および健康維持管理施設として用いている。執事1人おり、その話によると休暇中は主に本を読んで過ごしている(『いにしえの法に拠りて』)。

※この「習慣」の解説は、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事については、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/09 22:36 UTC 版)

ピンチョ・モルノ」の記事における「習慣」の解説

店では、ビールなどのアルコール類一緒に野菜フライドポテトパンとともに平皿盛りつけられることが多い。スーパーマーケット精肉店では、焼く前段階の串の形で売られることが多い。

※この「習慣」の解説は、「ピンチョ・モルノ」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ピンチョ・モルノ」の記事については、「ピンチョ・モルノ」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 07:47 UTC 版)

ビンロウ」の記事における「習慣」の解説

ビンロウジ古来から高級嗜好品として愛用されてきた。ビンロウジキンマ夫婦象徴とされ、現在でもインドベトナムミャンマーなどでは、結婚式に際して客に贈る風習がある。 床にビンロウジ噛んだ唾液吐き捨てると、血液付着したような赤い跡ができ、見るものを不快にさせる。そのため低俗な人々嗜好品として近年では愛好者減少している傾向にある。 台湾では、露出度の高い服装をした若い女性檳榔西施)がビンロウジ販売している光景見られる風紀上の問題から2002年規制法制定され台北市内から規制始まり桃園県もこれに追従した以降台中市台南市高雄市など大都市では姿を消した依然として高速道路インターチェンジ付近や、地方で道端に立つ『檳榔西施』が見られるが、過激な服装影を潜めるようになった台湾では現在、道路ビンロウジ噛んだ唾液吐き捨てる罰金刑課せられるため、中心街では路上吐き出す習慣は無くなったが、少し離れる吐き捨てた跡や、噛み尽くしたカス見られる購入時エチケット袋紙コップティッシュペーパーの場合が多い)が共に渡される

※この「習慣」の解説は、「ビンロウ」の解説の一部です。
「習慣」を含む「ビンロウ」の記事については、「ビンロウ」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 18:28 UTC 版)

スラヴァ (セルビア正教会の習慣)」の記事における「習慣」の解説

スラヴァ守護聖人称えるため、就いている職業によって称える聖人が違う。そのため、各々の家族別々に自分の職の聖人を祝う(もちろん、複数職業同一の聖人重なることもある)。スラヴァは父から息子受け継がれそれぞれの家族一堂に集まってスラヴァを祝う。また、一部家族自分の聖人とは別の聖人限られた範囲で祝うことがある例えば、妻が唯一の直系家族で、彼女がスラヴァ祝わないその家族のスラヴァ絶えてしまうときなど)。そのスラヴァを小スラヴァもしくはスラヴァと呼ぶ息子家族遠く離れた土地住んでいる場合父親許可を得て父親家族と同じ日にスラバを祝うが、家長である父親生きている間父親家でスラバを祝うのが普通であるスラヴァ前の1週間は、スラヴァ日に領聖するため家族断食をする。その間スラヴァのための豪華な食事用意される。その食事中にはスラヴスキ・コラチュ(slavski kolač)とコリヴォ(koljivo)がある。スラヴスキ・コラチュはスラヴァ・ケーキを意味する。しかしケーキというよりはパンに近い。スラヴスキ・コラチュの上に十字と平和の一家の聖人関係があるシンボルを描くのが普通である。コリヴォはジト(žito)とも呼ばれ、ゆでた小麦作られる小麦以外の部分バラエティ富んでおり、しばしばクルミ入っていたり、香辛料蜂蜜味付けされたりする。小麦ハリストスキリストギリシャ語スラヴ語読み)の復活と、死んだ家族象徴である。あと、断食の期間がスラバもつれこむこまないかによって、残りメニュー動物性のものが含まれる含まれない影響するスラヴァ当日には家族奉神礼聖体礼儀)に参祷し、領聖する。教会での奉神礼終了後教区聖職者各家庭訪れる。訪れた聖職者はスラヴスキ・コラチュやコリヴォに祝福与えスラヴァろうそくに火をともし、その家族の聖人についての話をした後、奉神礼を行う。また、必ず行うわけではないが、家に祝福与えその家亡くなった親族に対してちょっとした追悼をすることも一般的に行われている。 スラヴァ間のセルビア人の家は開放されており、来る者を拒まない。スラヴァ最中誰でも招き入れるのは伝統的ではないと思われるが、セルビア人家庭には自ら来よう思って来た訪問者追い返すのは、その人に対して無礼だし、何より恥だと考え向きがあるので、訪問者追い返されことはないスラヴァの日は聖ニコラウス(Свети Никола)の12月19日(Никољдан)、聖ゲオルギウス(Свети Георгије)の5月6日ジュルジェヴダン、Ђурђевдан)、洗礼者ヨハネ(Св. Јован Крститељ)の1月20日(Јовањдан)、サロニカの聖ディミトリウス(Св. Димитрије Солунски)の11月8日(Митровдан)などがある。

※この「習慣」の解説は、「スラヴァ (セルビア正教会の習慣)」の解説の一部です。
「習慣」を含む「スラヴァ (セルビア正教会の習慣)」の記事については、「スラヴァ (セルビア正教会の習慣)」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 06:15 UTC 版)

アドベント」の記事における「習慣」の解説

アドベントには、ろうそくを4本用意し第一主日に1本目ろうそくに火をともし、その後第二第三第四と週を追うごとに火をともすろうそく増やしていくという習慣がある。この習慣は、一説によるとドイツ国内伝道の祖といわれるJ・H・ヴィヒャーンが始めたもので、ハンブルクある子供たちの施設「ラウエス・ハウス」(粗末な家)で初め行われた当時はクリスマスまで、毎日1本ずつそうそく灯したといわれる。そして1860年以後は、ベルリン・テーゲルの孤児院にもこれが広められた。 常緑樹丸くまとめ、装飾したアドベントリース」または「アドベントクランツ」に、4本のろうそく立てる、もしくはアドベント用に4本のろうそく立てられる燭台用いるのが普通である。[要出典]クランツモミ降誕日を、4本のろうそく待降節の4回の主日意味しているクランツ(冠の意)は称賛崇敬表し、王たる存在イエス象徴している通常ろうそくの色は白または典礼色倣い紫であるが、第三週のガウデテ・サンデイのみはバラ色ろうそく用い場合が多い。なお、教会暦風習縛られない教会もある。また、家庭においてはろうそくの色は自由であり、実にさまざまなものが存在する。[要出典]また、この時期の祈祷賛美歌には、救世主出現待ち望むものが見られる子供たち楽しみとしてアドベントカレンダーがある。紙や布などで作られ1-24もしくは25までの日付の、窓やポケットがついており、その日の窓やポケットを開くと、イラスト現れたりお菓子入れてあったりする。 ドイツでは主日ごとにシュトレンもしくはシュトーレン)を薄く切り、食べて祝う。このシュトレンの形と、砂糖おおわれ外見は、幼子イエス純白のマントくるまれたことに由来すると言われる[9]。

※この「習慣」の解説は、「アドベント」の解説の一部です。
「習慣」を含む「アドベント」の記事については、「アドベント」の概要を参照ください。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 09:56 UTC 版)

タオ族」の記事における「習慣」の解説

伝統的に男性編み笠ふんどし独特のベストを、女性腰巻き着用していたが、現在は祭礼の時などに見られるのみである。また、円錐形金属製の兜と、悪魔避けの刀も正式な場では必須である。刀は台湾本島原住民のものより、日本刀近かった武装は、集落ごとにトビウオ漁の水域争い土地争い闘争多かったことの名残でもある。 もともと定住よりは移住型で、台湾本島海岸建築物作り一定期間移住し次の海岸移住する台湾政府管理不能となっている。 女性の数が男性よりも少ないため、一妻多夫制度があった。 台湾本島原住民に比べおとなしく首狩り習俗もなく、他の社との争いも滅多になかった。孤島であったことから争い少なく性格温順にして農耕漁業励み陶磁器はじめ藤細工木工貝細工など手工を得意としていた。

※この「習慣」の解説は、「タオ族」の解説の一部です。
「習慣」を含む「タオ族」の記事については、「タオ族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「習慣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

習慣

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:57 UTC 版)

名詞

 しゅうかん

  1. 長い繰り返し行われ、そうする事が決まりになっていること。
  2. ある国・地域普通事として行われていること。

発音(?)

しゅ↗ーかん

「習慣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



習慣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「習慣」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



習慣のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの習慣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメガロパ (改訂履歴)、マアムール (改訂履歴)、春節 (改訂履歴)、ルーン石碑 (改訂履歴)、スリランカの仏教 (改訂履歴)、ハリー・ポッターシリーズの用語一覧 (改訂履歴)、ラドニツァ (改訂履歴)、エルサレム入城の日 (改訂履歴)、ヒンバ族 (改訂履歴)、季節調整 (改訂履歴)、ゴルゴ13 (架空の人物) (改訂履歴)、ピンチョ・モルノ (改訂履歴)、ビンロウ (改訂履歴)、スラヴァ (セルビア正教会の習慣) (改訂履歴)、アドベント (改訂履歴)、タオ族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの習慣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS