習慣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 習慣の意味・解説 

しゅう‐かん〔シフクワン〕【習慣】

長い間繰り返し行ううちに、そうするのがきまりのようになったこと。「早寝早起きの習慣」

その国やその地方人々のあいだで、普通に行われる物事のやり方。社会的しきたりならわし慣習。「盆暮れ贈り物をする習慣がある」

心理学で、学習によって後天的獲得され、反復によって固定化された個人行動様式

[用法] 習慣・慣習――「土地の習慣(慣習)に従う」「これまでの習慣(慣習)を破る」など、ならわししきたりの意では相通じて用いられる。◇「習慣」は「毎朝ジョギングを習慣にしている」「イスラム教徒女性ベールをつける習慣がある」など、個人的事柄にも、社会的事柄にも使う。◇「慣習」は「慣習として、祭り当番持ち回りにする」「慣習法」など、社会的行われているものをいう。◇類似の語「しきたり」「ならわし」は、「町のしきたり」「世のならわし」のように「慣習」とほぼ同じ意。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 08:04 UTC 版)

習慣(しゅうかん、: habit)とは、


  1. ^ a b 広辞苑第六版「習慣」
  2. ^ デジタル大辞泉「習慣」
  3. ^ カトリックの「伝統」は、必ずしも「伝統的」なそれだけをそう呼んでいるわけではない。ほんの5年~10年前程度前にある神父が意識的に作り出したものも、ともかく教会の聖職者やメンバーの大半がそれに従っていれば「伝統」と呼んでいることがある。カトリックの慣習(内部用語の「伝統」)の中には、福音書の中で示されているイエス・キリストの教えと明らかに根本的に対立するようなものさえあり、それがプロテスタント諸教会から批判の的となることも多い。
  4. ^ 英語reflectやフランス語refrechirに相当する表現。文脈に応じて「熟慮する」「熟考する」「じっくり考察する」「反省する」などの訳語があてられる。


「習慣」の続きの解説一覧

習慣

出典:『Wiktionary』 (2020/03/15 10:51 UTC 版)

名詞

 しゅうかん

  1. 長い繰り返し行われ、そうする事が決まりになっていること。
  2. ある国・地域普通事として行われていること。

発音

しゅ↗ーかん



習慣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「習慣」の関連用語

習慣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



習慣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの習慣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの習慣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS