習慣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 習慣の意味・解説 

しゅう‐かん〔シフクワン〕【習慣】

長い間繰り返し行ううちに、そうするのがきまりのようになったこと。「早寝早起きの習慣」

その国やその地方人々のあいだで、普通に行われる物事やり方社会的しきたりならわし慣習。「盆暮れ贈り物をする習慣がある」

心理学で、学習によって後天的獲得され、反復によって固定化された個人行動様式

[用法] 習慣・慣習——「土地の習慣(慣習)に従う」「これまでの習慣(慣習)を破る」など、ならわししきたりの意では相通じて用いられる。◇「習慣」は「毎朝ジョギングを習慣にしている」「イスラム教徒女性ベールをつける習慣がある」など、個人的事柄にも、社会的事柄にも使う。◇「慣習」は「慣習として、祭り当番持ち回りにする」「慣習法」など、社会的行われているものをいう。◇類似の語「しきたり」「ならわし」は、「町のしきたり」「世のならわし」のように「慣習」とほぼ同じ意。


しゅう‐かん シフクヮン 【習慣】

〔名〕

① いつもそうすることが、ある人のきまりになっていること。ならわし。くせ。慣習

嚶鳴館遺草(1835)三「その習慣する処を慎むこと、人を教る極意なり」〔大戴礼‐保傅〕

② ある国、地方団体などで、その中の人々があたりまえの事として行なっている事柄やり方など。社会的共同体的なしきたり風習慣例慣習

文明論之概略1875)〈福沢諭吉緒言「其天然思ひしもの、果して習慣なることあり

③ (━する) ある事柄になれること。なれ親しむこと。〔新撰字解1872)〕

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「四馬御するは、家に多く馬を蓄ふものに非れば、其術に習慣し難きゆへ」〔応劭風俗通序〕

心理学で、ある刺激とそれに対す反応との系列がしばしば反復され、その結果として獲得された刺激反応自動的連合をいう。反応反射的に引き起こされ、かつ比較的に不変性をもつ。


習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 08:25 UTC 版)

習慣(しゅうかん、: habit, custom[1])とは、


注釈

  1. ^ カトリックの「伝統」は、必ずしも「伝統的」なそれだけをそう呼んでいるわけではない。ほんの5年~10年前程度前にある神父が意識的に作り出したものも、ともかく教会の聖職者やメンバーの大半がそれに従っていれば「伝統」と呼んでいることがある。カトリックの慣習(内部用語の「伝統」)の中には、福音書の中で示されているイエス・キリストの教えと明らかに根本的に対立するようなものさえあり、それがプロテスタント諸教会から批判の的となることも多い。

出典

  1. ^ ウィズダム英和辞典「習慣」第二版
  2. ^ a b 広辞苑第六版「習慣」
  3. ^ デジタル大辞泉「習慣」
  4. ^ DaiGo『短時間で”良い習慣”が身につき人生が思い通りになる!超習慣術』ゴマブックス出版、2019年。
  5. ^ a b ハイディ・グラント・ハルバーソン『やり抜くための9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2017年。
  6. ^ クリスティアン・ベネディクト、ミンナ・トゥーンべリエル『Sleep, Sleep, Sleep』サンマーク出版、2020年、172-230頁。
  7. ^ 片山友子、水野由子. “大学生のインターネット依存傾向と 健康度および生活習慣との関連性”. 2021年6月閲覧。
  8. ^ 柄木田健太、田中美史. “スポーツ選手の「あがり」の対処法に関する実践的研究 -パフォーマンスルーティンに着目して-”. 2021年6月閲覧。
  9. ^ 英語reflectやフランス語refrechirに相当する表現。文脈に応じて「熟慮する」「熟考する」「じっくり考察する」「反省する」などの訳語があてられる。


「習慣」の続きの解説一覧

習慣

出典:『Wiktionary』 (2020/03/15 10:51 UTC 版)

名詞

 しゅうかん

  1. 長い繰り返し行われ、そうする事が決まりになっていること。
  2. ある国・地域普通事として行われていること。

発音

しゅ↗ーかん



習慣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「習慣」の関連用語

習慣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



習慣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの習慣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの習慣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS