神木隆之介とは?

神木隆之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 18:26 UTC 版)

神木 隆之介(かみき りゅうのすけ、1993年5月19日 - )は、日本俳優声優YouTuber埼玉県出身。アミューズ所属。




注釈

  1. ^ ドラマW 1周年記念作品で、2004年3月14日にWOWOWで放送され同年6月19日には劇場公開された。

出典

  1. ^ 神木隆之介、“身長”コンプレックス告白 台に乗って芝居した相手とは?”. モデルプレス (2017年7月15日). 2017年8月6日閲覧。
  2. ^ 神木隆之介が大河で義経”. 日刊スポーツ (2012年7月14日). 2015年6月18日閲覧。
  3. ^ 写真集 ぼくのぼうけん 厚地健太郎著(カバー表紙のプロフィールより)
  4. ^ 「2回目の人生のようなもの」――病弱だった神木隆之介が天職に導かれて”. Yahoo!ニュース (2019年2月5日). 2019年2月5日閲覧。
  5. ^ 現役中学生子役の悩みとは? 神木隆之介、等身大の悩み”. シネマトゥデイ (2007年8月6日). 2017年5月14日閲覧。
  6. ^ a b c 神木隆之介インタビュー”. テレビドガッチ. 2017年5月14日閲覧。
  7. ^ a b 神木隆之介流、息子のおはなし。”. ほぼ日刊イトイ新聞. 2012年4月7日閲覧。
  8. ^ 黒田昭彦. “天才子役・神木隆之介、中学生になり初主演”. All About. 2012年4月7日閲覧。
  9. ^ 黒田昭彦. “人気のU15男優・女優そろい踏み”. All About. 2012年4月7日閲覧。
  10. ^ 美術に込められた思い 松雪泰子&神木隆之介「心の糸」”. NHK (2010年11月24日). 2012年4月7日閲覧。
  11. ^ 宮藤官九郎脚本&神木隆之介主演のホームドラマ「11人もいる!」がテレビ朝日にて10月放送スタート”. シアターガイド (2011年9月7日). 2012年4月7日閲覧。
  12. ^ 小説すばる新人賞受賞作「桐島、部活やめるってよ」が、神木隆之介主演で映画化決定!”. シネマトリビューン (2011年12月15日). 2012年4月7日閲覧。
  13. ^ 『桐島、部活やめるってよ』がコミカライズ!神木隆之介&橋本愛出演の実写映画は今夏公開”. シネマトゥデイ (2012年4月5日). 2012年4月7日閲覧。
  14. ^ 公式キャラクター人気投票、第2回:6位(コミックス14巻参照)、第3回:5位(コミックス16巻参照)。また剣心の好敵手投票では1位(コミックス26巻参照)を獲得している。
  15. ^ 第11回声優アワード「君の名は。」の神木隆之介&上白石萌音がW主演賞”. 毎日新聞 (2017年3月18日). 2017年8月8日閲覧。
  16. ^ 「君の名は。」興収200億突破、邦画歴代2位に!1月にIMAX上映も決定ナタリー(2016年12月6日)
  17. ^ 神木隆之介が本日27歳に!直筆コメント発表、デビュー25周年プロジェクトも始動”. 映画ナタリー (2020年5月19日). 2020年6月26日閲覧。
  18. ^ 神木隆之介、YouTubeチャンネル「リュウチューブ」開設 佐藤健が祝福「大幅なプラン変更?」”. ORICON NEWS (2020年6月18日). 2020年6月26日閲覧。
  19. ^ 神木隆之介YouTubeチャンネル開設!佐藤健も期待「普段の神木を見せて」”. シネマトゥデイ (2020年6月18日). 2020年6月26日閲覧。
  20. ^ 佐藤健から「アクセル全開で普段の神木を見せていってほしい」と期待のコメント―神木隆之介がデビュー25周年で自身初YouTubeチャンネル「リュウチューブ」開設”. CINEMA Life! (2020年6月18日). 2020年6月26日閲覧。
  21. ^ 恐るべし神木パワー!邦画歴代トップ3にある共通点”. シネマトゥデイ. 2019年2月9日閲覧。
  22. ^ 神木隆之介のこだわりの旅はまるで修学旅行!? 細かすぎるスケジュールに驚き。”. エンタがビタミン (2015年1月12日). 2015年1月25日閲覧。
  23. ^ はなまるマーケット 2012年12月26日放送回”. gooテレビ番組. 2019年2月9日閲覧。
  24. ^ 〈私のコミック履歴書〉俳優 神木隆之介さん - 朝日新聞社広告局 - コミック・ブレーク (広告特集) | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
  25. ^ 宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ、2005年5月1日、 44頁、 雑誌コード:01843-05。
  26. ^ 『風のガーデン』公式サイト”. 2015年1月25日閲覧。
  27. ^ 神木隆之介、将棋の腕前は「アマ初段」 日本将棋連盟から免状を授与ORICON(2016年9月24日), 2017年3月3日閲覧。
  28. ^ “神木隆之介の家訓に絶賛の声「素晴らしい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1790037.html 2017年3月10日閲覧。 
  29. ^ “稲垣吾郎で今年も“ほん怖”放送決定 神木隆之介が14年ぶりに出演”. 産経ニュース. (2018年7月24日). https://www.sankei.com/entertainments/news/180724/ent1807240005-n1.html 2018年7月24日閲覧。 
  30. ^ 内野聖陽; 神木隆之介. 内野聖陽さん&神木隆之介さん ( 第九話 「父さん、母になる !?」 出演 ). (インタビュー). TBSテレビ:日曜劇場『おやじの背中』.. http://www.tbs.co.jp/oyajinosenaka/interview/vol12.html 2015年11月27日閲覧。 
  31. ^ “藤子・F「未来ドロボウ」世にも奇妙な物語に”. コミックナタリー (株式会社ナタリー). (2014年9月22日). http://natalie.mu/comic/news/126669 2015年11月27日閲覧。 
  32. ^ 神木隆之介:坂本龍馬役で関ジャニ・錦戸と初共演 「お兄ちゃんみたいな存在になって」”. まんたんウェブ. 2015年9月16日閲覧。
  33. ^ 浅野忠信×神木隆之介のバディに期待高まる! 10月スタートドラマ「刑事ゆがみ」で初共演”. ダ・ヴィンチニュース (2017年8月10日). 2017年8月31日閲覧。
  34. ^ 神木隆之介、新ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」』主演で“初挑戦”<本人コメント>”. モデルプレス (2018年2月15日). 2018年2月18日閲覧。
  35. ^ [バクマン。]佐藤健&神木隆之介の実写映画が100万人を突破 興行収入は13億円超え”. マイナビニュース (2015年10月28日). 2015年11月3日閲覧。
  36. ^ 神木隆之介&門脇麦「太陽」で入江悠とタッグ!劇団イキウメの人気舞台を映画化”. 映画.com (2015年2月11日). 2015年2月11日閲覧。
  37. ^ 長瀬智也、クドカン新作で7年ぶり映画主演 神木隆之介と15年ぶり共演”. ORICON STYLE (2015年5月28日). 2015年5月28日閲覧。
  38. ^ “神木隆之介×有村架純共演で「フォルトゥナの瞳」映画化、監督は三木孝浩”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月7日). https://natalie.mu/eiga/news/280980 2018年5月7日閲覧。 
  39. ^ “神木隆之介×浜辺美波×中村倫也!「屍人荘の殺人」実写映画化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年12月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105395 2018年12月20日閲覧。 
  40. ^ “岩井俊二監督の最新作は「Last Letter」!松たか子×広瀬すず×神木隆之介×福山雅治がタッグ”. 映画.com. (2018年8月3日). https://eiga.com/l/1jhRZ 2018年8月3日閲覧。 
  41. ^ ハウルの動く城”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  42. ^ 映画 ドラえもん のび太の恐竜2006”. メディア芸術データベース. 2016年10月24日閲覧。
  43. ^ サマーウォーズ”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  44. ^ とある飛空士への追憶”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  45. ^ 新海誠の新作アニメ「君の名は。」に神木隆之介&上白石萌音が声の主演、特報も公開”. 映画ナタリー (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  46. ^ 神木隆之介が米林宏昌の最新作「メアリと魔女の花」に出演”. 映画ナタリー (2017年5月23日). 2017年5月23日閲覧。
  47. ^ 『天気の子』映画パンフレット スタッフロールページより
  48. ^ 『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』神木隆之介インタビュー
  49. ^ “<コーヒーと茶葉の組み合わせが新しい「ワンダ TEA COFFEE」新TVCM>「これはお茶でもコーヒーでもないTEA COFFEEなんです!」若手社員・神木隆之介さんと川栄李奈さんの熱弁に上司のビートたけしさんもタジタジ!?4月17日(火)より「TEA COFFEE お茶・珈琲どっちやねん」編 放映開始”. アサヒ飲料・ニュースリリース. (2018年4月17日). http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2018/pick_0417.html 2018年4月17日閲覧。 
  50. ^ 「ポケモンGO」,俳優の佐藤 健さんと神木隆之介さんが出演する新CM「2人でバトル」篇の放映が開始。Web限定のオフショット映像もあり”. 4Gamer.net (2019年1月11日). 2019年1月26日閲覧。
  51. ^ “神木隆之介、加藤貴子と朗読共演 江國香織×森雪之丞詩集を声で演じる”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2084456/full/ 2017年1月12日閲覧。 
  52. ^ “アミューズ「ハンサム」今年は初の試みで開催 神木隆之介、吉沢亮、小関裕太ら出演者&公演内容発表<HANDSOME FILM FESTIVAL 2017>”. モデルプレス. (2017年8月9日). https://mdpr.jp/news/detail/1705736 2017年8月9日閲覧。 
  53. ^ “「TOO YOUNG TO DIE!」長瀬智也、神木隆之介らのバンド“地獄図”がCDデビュー”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月26日). http://natalie.mu/eiga/news/167131 2015年11月27日閲覧。 
  54. ^ “神木隆之介、写真集+DVDブック発売 念願のヨーロッパロケが実現”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2082308/full/ 2016年12月1日閲覧。 
  55. ^ “神木隆之介が監督デビュー! 小関裕太や松岡広大ら参加のハンサムMV現場に潜入”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年10月25日). https://natalie.mu/eiga/news/352567 2019年10月25日閲覧。 
  56. ^ 第4回TAMA映画賞 - 第22回映画祭TAMA CINEMA FORUM、2012年、TAMA CINEMA FORUM、2012年10月15日。
  57. ^ 「ソウルドラマアワード」今年最高のドラマ&男女俳優を発表!”. K-STYLE (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  58. ^ 第11回 声優アワード:受賞者 発表!主演男優・女優賞は『君の名は。』主人公&ヒロインがW受賞、歌唱賞にAqours(アクア)”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2017年3月18日). 2017年3月18日閲覧。
  59. ^ “神木隆之介・吉沢亮・横浜流星・橋本環奈らが新人賞「2020年 エランドール賞」発表<受賞一覧>”. モデルプレス. (2020年1月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1939344 2020年1月17日閲覧。 


「神木隆之介」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神木隆之介」の関連用語

神木隆之介のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神木隆之介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神木隆之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS