渥美マリとは?

渥美マリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 07:33 UTC 版)

渥美 マリ(あつみ まり、本名:渥美 まり恵[1][2]1950年11月20日 - )は、日本の元女優東京都目黒区自由ヶ丘出身[3]。 別名義:渥美まり恵


  1. ^ a b c 映画情報(国際情報社、1973年5月号「連載・あのひとがいま・渥美マリ」)
  2. ^ 週刊平凡 1972年10月26日号 p.144
  3. ^ a b c d e 週刊平凡 1969年5月29日号 p.130 - 133 渥美マリ特集記事
  4. ^ 船越は有望な新人であるマリに惹かれるも同期生の娘と知って興醒めしてしまう。『近代映画』近代映画社、1970年3月号、152頁。
  5. ^ 福島民友』1968年2月29日付夕刊、2面。
  6. ^ 映画情報(国際情報社、1969年10月号「表紙の人・渥美マリ」)
  7. ^ 映画情報(国際情報社、1969年6月号「お色気バツグンです・渥美マリ」)
  8. ^ a b c d e f g h i j k 藤木TDC「昭和銀幕黄金期を彩った女優列伝 ヴィンテージ女体図鑑 渥美マリ」『映画秘宝Vol.2 悪趣味邦画劇場』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、1995年、pp.253-254。ISBN 4-89691-170-9
  9. ^ 「データバンクにっぽん人 第100回 松坂慶子」『週刊現代』1980年6月5日号、講談社、 56–57。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 「脱がない渥美マリなんてきらいッ」『週刊読売』1973年4月21日号、読売新聞社、 33頁。
  11. ^ 「年期のはいった婚約発表 やっと実った谷隼人の愛」『サンデー毎日』1971年6月20日号、毎日新聞社、 42頁。
  12. ^ 「映画界の動き 東映の73年度経営方針」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。


「渥美マリ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渥美マリ」の関連用語

渥美マリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渥美マリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渥美マリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS