吉岡秀隆とは?

吉岡秀隆

以下の映画吉岡秀隆と関連しています。
ユーロスペース
サードステージ=東京テアトル
東映アストロフィルム


吉岡秀隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/16 15:51 UTC 版)

吉岡 秀隆(よしおか ひでたか、1970年8月12日 - )は、日本俳優ミュージシャン埼玉県蕨市出身。所属事務所はOffice Bow!。




  1. ^ “吉岡秀隆、映画デビュー作以来の「金田一」作品 渥美清さんへの思いを語る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2116053/full/ 2018年11月17日閲覧。 
  2. ^ 【電脳サブカルマガジンOG】HELLO!OG「辛・新春号」YOU THE ROCK
  3. ^ “地井さんお別れの会…田中邦衛「地井にい、会いたいよ!」”. Sponichi Annex. (2012年8月7日). オリジナル2012年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120811052044/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/07/kiji/K20120807003850060.html 2014年7月16日閲覧。 
  4. ^ マツコロイド、NHKドラマで役者デビュー せりふはあらかじめプログラミング”. ORICON STYLE (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  5. ^ 吉岡秀隆、『早子先生~』第3話にゲスト出演”. ORICON STYLE (2016年4月29日). 2016年4月29日閲覧。
  6. ^ “吉岡秀隆 金田一耕助役に初挑戦「私なりの…」NHK BS「悪魔が来りて笛を吹く」7月放送”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/11/kiji/20180511s00041000175000c.html 2018年5月11日閲覧。 
  7. ^ 綾野剛×榮倉奈々×瑛太×三浦友和×永瀬正敏ら超豪華キャスト!佐藤浩市主演『64』に集結”. シネマトゥデイ (2015年3月26日). 2015年3月26日閲覧。
  8. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  9. ^ 岡田准一、名匠タッグのもとで小栗旬と初共演!『追憶』”. シネマカフェ (2016年3月18日). 2016年4月30日閲覧。
  10. ^ “役所広司×小泉堯史で司馬遼太郎「峠」を初映像化、松たか子、田中泯ら出演”. 映画ナタリー. (2018年9月4日). https://natalie.mu/eiga/news/298122 2018年9月4日閲覧。 
  11. ^ 手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月30日閲覧。
  12. ^ [松山ケンイチ]ラブコール実り役を手中に 劇場版アニメで吉永小百合と初共演”. マイコミジャーナル. 2013年8月19日閲覧。


「吉岡秀隆」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吉岡秀隆」の関連用語

吉岡秀隆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉岡秀隆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉岡秀隆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS