菅原文太とは?

菅原文太

以下の映画が原文と関連しています。
ジャパン・アート
東宝
東宝
東宝
東宝
松竹松竹富士
イメージファクトリー・アイエム配給
ヒーロー配給
東映
バンダイビジュアル
東映
東宝
東映
東映
 
東宝
東宝
東宝
東宝
東宝
東宝
東映
東宝
東宝
東映
東映
東映
東映
東宝
東映
東映
東宝
東映
東宝
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
 
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
 
 
 
 
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
東映
 
東宝
 
 
 
 
 
東宝


菅原文太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 14:28 UTC 版)

菅原 文太(すがわら ぶんた、1933年昭和8年〉8月16日 - 2014年平成26年〉11月28日[2])は、日本俳優声優ラジオパーソナリティ農業従事者である。宮城県仙台市出身。愛称は文ちゃん[3][4][5]・文太兄い。




  1. ^ 1903年(明治36年)1月29日、宮城県栗原郡生まれ。1919年(大正8年)、(旧制)宮城県築館中学校を卒業。第二早稲田高等学院に入学すると、川端画学校にも通った。1930年(昭和5年)、早稲田大学文学部英文科を卒業。1931年(昭和6年)、河北新報社記者となる。1943年(昭和18年)に徴兵されたが、1946年(昭和21年)に郷里の宮城県栗原郡一迫町に復員。1983年(昭和58年)2月21日神奈川県相模原市の相愛病院で死去。画家としての年譜については、東京文化財研究所による 狭間二郎 のページを参照。詩人としての活動は、新日本出版社「日本プロレタリア文学集」等において見られる。
  2. ^ 栗原郡にあった。後に合併して栗原市の一部。
  3. ^ スクリーンに風格を添える宮城出身の映画人たち 月形龍之介に始まり、菅原文太、鈴木京香、宮藤官九郎まで(佐藤忠男(映画評論家、日本映画大学学長) 2011年1月4日)や 元夫「井上ひさし」 名作の「ネタ元」だった菅原文太さん――盟友・戦友・旧友が語った素顔の「菅原文太」(2014年12月22日時点のアーカイブ)(西館好子(井上ひさしの元妻) 週刊新潮 2014年12月11日号)によれば、井上ひさし作で仙台が舞台の「青葉繁れる」は、菅原文太らのエピソードを元に作られ、若尾文子がヒロイン・若山ひろ子のモデルとされる。
  4. ^ 略称SOS。2012年平成24年)現在は女性も所属。
  5. ^ 松竹時代、悪役を演じて注目された『死闘の伝説』、『香華』などの監督作品に菅原を起用した木下惠介が没した際、葬儀には参列している。
  6. ^ 「しかし、(女の子が多少悪いことをしても)大人たちはどうして黙認しているのだろうかね。なぜ、注意しないのか。むしろ、世の中全体が女の子たちを持ち上げているような影さえ感じるのだけれども。最近、俺は映画やテレビから仕事の話が来ても、興味を持てずに、断るのが多かった。大概若い女の子が主人公で、男の姿が一つもないからなんだ。テレビも雑誌も若い女性が中心で、同じようなストーリー。戦争を伝えるにも過剰に着飾った女子アナや女のナレーション。中には感じの良い女性もいるけど、つまらない女性たちがたくさんのさばっている。そんな女社会が俺は嫌いでね(1994年8月号『新潮45』での本人のコメントの一節)。
  7. ^ 誕生日もモデルと同じ8月16日
  8. ^ 週刊少年ジャンプNo.21・22(5月7・14日)合併号(2012年4月23日発売)、巻末コメント「菅原文太さんの奥様より七味唐辛子のパッケージイラストの依頼。嬉しい仕事でした。」
  1. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 「仁義なき戦い」菅原文太さん死す 81歳 日刊スポーツ 2014年12月2日閲覧
  3. ^ a b 健さんに続き…千葉真一、菅原さんの訃報に沈痛「寂しい、その一語」”. 映画.com. カカクコム (2014年12月1日). 2014年12月3日閲覧。
  4. ^ a b 松方弘樹 菅原文太さん「高級クラブ秘話」で追悼”. 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2014年12月1日). 2014年12月3日閲覧。
  5. ^ a b 梅宮辰夫が追悼 クラウディア夫人と初デートに文太さん付き添い”. 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2014年12月1日). 2014年12月3日閲覧。
  6. ^ 狭間二郎(東京文化財研究所)
  7. ^ a b 週刊朝日』、1973年9月7日号、p35
  8. ^ a b c d “<文太さん逝く>評伝・反骨心貫いた生きざま”. 河北新報オンラインニュース (河北新報社). (2014年12月2日). オリジナルの2014年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141203014646/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141202_13008.html 
  9. ^ a b c 「第24回JA全国大会」記念特集 食と農を結ぶ活力あるJAづくりのために農業協同組合新聞 2006年10月5日)
  10. ^ 宮城県仙台第一高等学校 学校案内 2014 (PDF) (宮城県仙台第一高等学校)
  11. ^ “<文太さん逝く>被災者激励 地元に尽くす”. 河北新報オンラインニュース (河北新報社). (2014年12月2日). オリジナルの2014年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141202033546/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141202_13014.html 
  12. ^ “【写真特集】菅原文太さん逝く 在りし日の姿振り返る”. 河北新報オンラインニュース (河北新報社). (2014年12月1日). オリジナルの2014年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141202033633/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141201_13050.html 
  13. ^ a b 『幻の怪談映画を追って』(洋泉社)
  14. ^ a b “1位は東京物語とゴッドファーザー キネ旬がベスト10”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年11月20日). http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY200911200479.html 
    仁義なき戦い Blu-ray BOX 特集”. 東映ビデオ. 2016年10月9日閲覧。
    “実録と虚構、対照的ヤクザ像 菅原文太さんと高倉健さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年12月1日). オリジナルの2014年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141201163150/http://www.asahi.com/articles/ASGD1560BGD1ULZU006.html 
    “菅原文太さん死去 昭和の名優がまた…”. iza (産経デジタル). (2014年12月1日). オリジナルの2014年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141203150212/http://www.iza.ne.jp/topics/entertainments/entertainments-5585-m.html 
    公開から40年!今も語られる『仁義なき戦い』の魅力を解剖”. シネマトゥデイ (2013年12月26日). 2016年10月9日閲覧。
  15. ^ 俳優の菅原文太さん死去、81歳 「仁義なき戦い」「トラック野郎」 産経新聞 2014年12月1日閲覧
  16. ^ a b 健さん、文太さん 任侠映画2巨頭 別々の道を歩んでともに逝く スポーツニッポン 2014年12月1日閲覧
  17. ^ 反戦の声もっと 菅原文太さん妻・文子さん 東京新聞WEBサイト 2016年8月14日
  18. ^ がん共生時代 私の物語(1) 俳優・菅原文太さん(上) 読売新聞医療サイト Yomidr 2011年1月5日
  19. ^ がん共生時代 私の物語(2) 俳優・菅原文太さん(下) 読売新聞医療サイト Yomidr 2011年1月6日
  20. ^ 休業宣言?菅原文太 俳優活動控える「納得できるものあれば考える」 スポーツニッポン 2012年2月23日閲覧
  21. ^ いのちの党発足”. かまたみのるの八ヶ岳山麓日記(インターネットアーカイブのキャッシュ) (2012年12月5日). 2013年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。
  22. ^ “菅原文太、役者引退を表明”. デイリースポーツ online(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2012年11月14日). オリジナルの2012年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121115174104/http://daily.co.jp/gossip/2012/11/14/0005525146.shtml 2014年1月25日閲覧。 
  23. ^ 追悼 菅原文太さん 最後まで警鐘鳴らし続けた - 朝日新聞 2014年12月2日
  24. ^ 菅原文太さん、安倍政権に反対の政治活動 - 日刊スポーツ 2014年12月2日
  25. ^ 「肝臓にがん転移を知らずに「がん克服」講演を続けた最後の2カ月!」-週刊新潮 2014/12/11日号
  26. ^ 【追悼】名優・菅原文太、晩年は農業に従事。強くたくましい生き方を貫く | ニュースウォーカー
  27. ^ 菅原文太のニュース - 映画で地域活性化!「未来シャッター」| NewsWalker、2015年1月14日掲載、閲覧
  28. ^ 見て終わりではなく、見た後が重要な映画 市民全員参加型の「未来シャッター」 | 共同通信社(OVO オーヴォより)、2015年6月23日記事配信、閲覧
  29. ^ 菅原文太さん81歳で死去 妻・文子さんがコメント「小さな種を蒔いて去りました」 - オリコン 2014年1愛2月1日
  30. ^ 千葉真一悲痛 健さんに続く先輩の訃報に「お二人とも日本の宝 寂しい」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2014年12月1日). 2014年12月3日閲覧。
  31. ^ 菅原文太さん死去 松方弘樹さん「一番身近な先輩だった」”. FNNニュース. FNN (2014年12月1日). 2014年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月3日閲覧。
  32. ^ 文太さんが付き添いだった…梅宮辰夫、妻との初デート秘話披露”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2014年12月3日). 2014年12月3日閲覧。
  33. ^ 愛川欽也“幻のトラック野郎最終回” デイリースポーツ 2014年12月2日閲覧
  34. ^ せんだみつお 文太さんは知的な方”. デイリースポーツオンライン. 神戸新聞社 (2014年12月1日). 2014年12月3日閲覧。
  35. ^ せんだみつお 文太さんは知的な方”. デイリースポーツオンライン. 神戸新聞社. p. 2 (2014年12月1日). 2014年12月3日閲覧。
  36. ^ a b さらば文太さん…東映・岡田裕介会長「また一本の矢が折れました」 スポーツニッポン 2014年12月2日閲覧
  37. ^ 付き人だった宇梶剛士“オヤジ”文太さん悼む「いつでも弱き者の味方」 スポーツニッポン 2014年12月1日閲覧
  38. ^ “菅原文太さん死去 共演者ら続々追悼「激しく、熱い、波動が忘れられない」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2045306/full/ 2016年10月9日閲覧。 
  39. ^ さんまのまんま』出演時の本人の言。
  40. ^ ONE PIECE』第57巻、p134
  41. ^ 自民党武藤衆議院議員の発言について 水谷修ブログ 水谷も同席していた
  42. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  43. ^ 細田守新作「おおかみこどもの雨と雪」 声優出演に菅原文太、麻生久美子、谷村美月、染谷将太”. アニメ!アニメ!. 2012年5月30日閲覧。
  44. ^ 健さんと文太さんのサントラCD検討日刊スポーツ、2014年12月3日 7:44。
  45. ^ 菅原文太さんの著書「日本人の底力」一周忌に発売”. 日刊スポーツ (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。


「菅原文太」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菅原文太」の関連用語

菅原文太のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菅原文太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菅原文太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS