村田諒太とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 村田諒太の意味・解説 

村田諒太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 03:42 UTC 版)

村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本プロボクサーロンドンオリンピックミドル級金メダリスト奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。現WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である[2]。血液型AB型[3]




映像資料

  1. ^ a b 村田諒太はリラックスモードも「結果がすべて」 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月12日
  2. ^ 村田“因縁”エンダムに涙のリベンジ!7回TKOで日本人2人目ミドル級王者 スポニチアネックス 2017年10月22日
  3. ^ 選手プロフィール 帝拳ジム公式サイト
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 村田諒太『101%のプライド』幻冬舎、2012年。ISBN 978-4344023093
  5. ^ 【インタビュー】村田諒太(ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリスト)前編(2012.10.23)”. dime.jp. p. 2 (2012年10月23日). 2014年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月10日閲覧。
  6. ^ 名城3度目世界奪取へ村田に見に来て〜…WBA世界Sフライ級”. スポーツ報知大阪版 (2012年8月21日). 2012年8月25日閲覧。
  7. ^ a b "金の拳 宿った金言 ボクシング村田" 2012年8月13日付朝日新聞朝刊(大阪本社13版)29面
  8. ^ “五輪ボクシング・村田準決勝へ 恩師「金必ず取れる」”. 読売新聞奈良版. (2012年8月8日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20120807-OYT8T01526.htm 2012年8月9日閲覧。 
  9. ^ a b c d ASBC(アジアボクシング連盟)による主な試合結果 (英語)
  10. ^ 23.Asian Championships - Ho Chi Minh City, Vietnam - August 29 - September 4 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  11. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  12. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  13. ^ Asian Olympic Qualifications - Astana, Kazakhstan - March 17-23 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  14. ^ a b “村田メダル確定! 金もいける”. 日刊スポーツ. (2012年8月8日). http://london2012.nikkansports.com/boxing/news/p-sp-tp0-20120808-997141.html 2012年8月9日閲覧。 
  15. ^ a b 世界「銀」村田V3/ボクシング”. 日刊スポーツ (2011年11月20日). 2012年7月13日閲覧。
  16. ^ 2.Presidents Cup - Astana, Kazakhstan - June 28 - July 2 2010”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  17. ^ 21.President's Cup - Jakarta, Indonesia - July 3-9 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  18. ^ MACC出版「村田が銀&五輪切符獲得」『アイアンマン』11月号増刊(『ボクシング・ビート』11月号)、フィットネススポーツ、2011年10月15日、 108–109頁。
  19. ^ 16.AIBA World Championships - Baku, Azerbaijan - September 26 - October 8 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  20. ^ 草野克己 (2012年7月17日). “ミドル級で高い評価 五輪ボクシング、村田”. 福井新聞. 2012年7月17日閲覧。
  21. ^ 村田メダル王手! 44年ぶり快挙へ「自分を信じる」…男子ミドル級”. スポーツ報知大阪版 (2012年8月4日). 2012年8月9日閲覧。
  22. ^ 五輪内定・村田、内山直伝の左ボディー披露”. スポーツ報知 (2012年5月18日). 2012年8月9日閲覧。
  23. ^ 五輪=村田が五輪へ最終スパー、44年ぶりメダル誓う”. スポーツ報知 (2012年7月14日). 2012年8月9日閲覧。
  24. ^ 村田は2回戦から! ボク組み合わせ決定”. 日刊スポーツ (2012年7月28日). 2012年8月3日閲覧。
  25. ^ 五輪=ミドル級の村田が準々決勝へ、優勝候補敗れる波乱も”. ロイター (2012年8月3日). 2012年8月3日閲覧。
  26. ^ “村田“1日ぶり”決めた! 史上初の複数メダル確定”. スポーツニッポン. (2012年8月8日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/08/kiji/K20120808003855781.html 2012年8月9日閲覧。 
  27. ^ “五輪ボクシング:村田、クールに強打…ミドル級メダル確定”. 毎日新聞. (2012年8月7日). http://mainichi.jp/sports/news/20120807k0000e050143000c.html 2012年8月9日閲覧。 
  28. ^ 五輪=ミドル級村田、メダル確定”. 日刊スポーツ (2012年8月6日). 2012年8月6日閲覧。
  29. ^ a b “村田1勝でも凄い! 体格勝る欧米人が断然有利…ボクシング・ミドル級事情”. スポーツ報知. (2012年8月8日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20120808-OHT1T00003.htm 2012年8月9日閲覧。 
  30. ^ “オリンピック競技大会 青森県関係出場選手一覧 – 東京オリンピック(1964年・日本)”. 青森県教育委員会. (2012年7月20日). http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-sports/files/1964.pdf 2012年8月9日閲覧。 
  31. ^ Jake Donovan (2012年8月10日). “Olympics Men's Middleweight Semifinals Live Results” (英語). Boxing Scene.com. 2012年8月10日閲覧。
  32. ^ “ボクシング村田、「銀」以上確定 逆転で決勝進出”. 日本経済新聞. (2012年8月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK10050_Q2A810C1000000/ 
  33. ^ “48年ぶり決勝進出の村田「目標まであと一歩」”. スポーツナビ. (2012年8月10日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20120811-00000000-spnavi-spo.html 2012年8月10日閲覧。 
  34. ^ 30.Olympic Games - London, Great Britain - July 28 - August 12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  35. ^ “村田、狙って奪った金=歴史刻んだ壮絶ファイト-ボクシング〔五輪・ハイライト〕”. 時事通信社. (2012年8月12日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012081200163 2012年8月20日閲覧。 
  36. ^ “村田金に見直し要請 ブラジル五輪委”. 日刊スポーツ. (2012年8月18日). http://london2012.nikkansports.com/boxing/news/f-sp-tp0-20120818-1002584.html 2012年8月18日閲覧。 
  37. ^ “村田「金」獲得試合、ブラジルの判定再考要請退けられる”. スポーツ報知. AP共同通信社. (2012年8月22日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20120822-OHT1T00101.htm 2012年8月22日閲覧。 
  38. ^ “「アスリートイメージ評価調査」ロンドンオリンピック事後特別調査を実施”. 博報堂DYメディアパートナーズ. (2012年9月10日). http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/report/20120910_6488.html 2012年9月11日閲覧。 
  39. ^ “村田選手、国体予選に出場 金メダリスト京都に力”. 京都新聞. (2012年8月24日). http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20120824000021 2012年8月26日閲覧。 
  40. ^ “村田 現役引退を表明 指導者転向へ「これで一区切りに」”. スポーツニッポン. (2012年8月27日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/27/kiji/K20120827003985131.html 2012年8月27日閲覧。 
  41. ^ a b 森合正範 (2012年8月27日). “村田諒太が“引退”示唆”. 中日スポーツ. http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2012082702000128.html 2012年8月27日閲覧。 
  42. ^ “村田 金メダルは「ちょっとの才能とちょっとの努力」”. スポーツニッポン. (2012年8月27日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/27/kiji/K20120827003988071.html 2012年8月27日閲覧。 
  43. ^ “村田、引退も視野に長期休養へ「これで一区切り」”. サンケイスポーツ. 共同通信社. (2012年8月26日). http://www.sanspo.com/sports/news/20120826/box12082617410002-n1.html 2012年8月26日閲覧。 
  44. ^ 近間康隆 (2012年8月27日). “引退か ボクシング金の村田が衝撃発言”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20120827-1007131.html 2012年8月27日閲覧。 
  45. ^ 【インタビュー】村田諒太(ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリスト)後編(2012.10.24)”. dime.jp. p. 3 (2012年10月24日). 2012年11月10日閲覧。
  46. ^ a b 村田 留学先に英国希望「グローバルに自分を展開したい」”. サンケイスポーツ (2012年12月19日). 2012年12月19日閲覧。
  47. ^ “村田諒太、2013年は再出発を宣言”. デイリースポーツ. (2013年1月7日). http://www.daily.co.jp/general/2013/01/07/0005651373.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  48. ^ a b 来住哲司 (2013年2月2日). “村田「アマ追放」 背景にプロ側への不信感”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/sports/news/20130203k0000m050068000c.html 2013年2月3日閲覧。 
  49. ^ a b 引退勧告を受けた村田、プロ転向示唆 デイリースポーツ 2013年2月3日
  50. ^ a b “アマ連盟“裏切り行為”の村田に引退勧告も会長“心変わり””. スポーツニッポン. (2013年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/02/03/kiji/K20130203005116990.html 2013年2月3日閲覧。 
  51. ^ a b c 木村有三 (2013年2月3日). “村田に史上初の引退勧告→謝罪→プロ転向”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130203-1080377.html 2013年2月3日閲覧。 
  52. ^ “村田諒太“プロ転向”に恩師が大困惑”. 東京スポーツ. (2012年8月19日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/32047/ 2013年2月3日閲覧。 
  53. ^ “村田、プロ転向へ! 48年ぶり桜井氏以来2人目!”. スポーツ報知. (2013年2月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130202-OHT1T00050.htm 2013年2月3日閲覧。 
  54. ^ “村田に聞く「愛情ある措置、引退勧告に感謝」”. スポーツ報知. (2013年2月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130203-OHT1T00066.htm 2013年2月3日閲覧。 
  55. ^ “三迫ジム関係者困惑「まだ何も」”. デイリースポーツ. (2013年2月3日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/02/03/0005715131.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  56. ^ “ボクシング村田に引退勧告 正式承認”. デイリースポーツ. (2013年2月3日). http://daily.co.jp/newsflash/ring/2013/02/03/0005715671.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  57. ^ 村田諒太、8.25柴田明雄とデビュー戦 日刊スポーツ 2013年7月3日閲覧
  58. ^ 村田、デビュー戦でOPBF王者を2回TKO ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月25日
  59. ^ OPBF最新ランキング、村田がミドル級1位に Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月6日
  60. ^ 村田いきなり1位に 最新日本ランキング ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月27日
  61. ^ 村田WBC19位に初ランク 日刊スポーツ 2013年9月13日閲覧
  62. ^ 村田、プロ2戦目は最終8回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月6日
  63. ^ 村田、4回TKO勝ちで海外デビュー Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月22日
  64. ^ 村田が4連続KO勝ち、メキシカンを6回で撃沈 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月22日
  65. ^ 村田がWBCミドル級13位にランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月11日
  66. ^ 村田、ゴロフキンのパンチに脱帽 日刊スポーツ 2014年7月12日
  67. ^ 江藤兄弟がWBCランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月15日
  68. ^ 村田諒太3-0判定勝ち、松本亮はデンカオに快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月5日
  69. ^ 村田諒太が帝拳に移籍、近づく世界挑戦に向け新体制 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月29日
  70. ^ 村田諒太が世界ランク8位 日刊スポーツ 2014年10月15日
  71. ^ 村田諒太は2戦連続の判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月30日
  72. ^ 村田諒太がIBFランク入り、小原佳太&中谷正義も Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月10日
  73. ^ 村田諒太3試合ぶりのKO勝利、世界ランカー対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月1日
  74. ^ 五十嵐俊幸の対戦相手決定、中屋ジムが代替わり Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月12日
  75. ^ WBOランキング、ミドル級の村田諒太が11位に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月19日
  76. ^ 村田、肩の怪我で年内世界挑戦計画は白紙!”. THE PAGE (2015年7月22日). 2015年7月27日閲覧。
  77. ^ 村田諒太3-0判定勝ち、ラスベガスデビュー飾る Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月8日
  78. ^ 村田諒太が2回KO勝ち、ゾウは再起成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月30日
  79. ^ 村田諒太4回TKOで10連勝、次戦は7.23ラスベガス Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月14日
  80. ^ 村田諒太が初回TKO勝ち、サンダース挑戦に前進 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月24日
  81. ^ 村田諒太“世界前哨戦”3回KO勝ち、清水聡も快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月30日
  82. ^ WBA&IBF最新ランキング、井上尚&八重樫TV情報 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月9日
  83. ^ N’Dam vs. Murata Update Fightnews.com 2017年3月27日
  84. ^ N’Dam wins vacant WBA 160lb belt by split nod over Murata Fightnews.com 2017年5月20日
  85. ^ 村田諒太にまさかの判定、ダウン奪うも1-2負け Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月20日
  86. ^ WBA orders N’Dam-Murata rematch WBA公式サイト 2017年5月20日
  87. ^ WBA会長が異例の声明、村田敗退の判定を謝罪 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日
  88. ^ JBCがWBAに抗議文、村田諒太世界戦の検証求める Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月24日
  89. ^ Padilla and Earle suspended for 6 months WBA公式サイト 2017年5月25日
  90. ^ “WBA会長、村田らに再戦指令 ジャッジ2人は資格停止”. 日本経済新聞. (2017年5月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50220_W7A520C1000000/ 2017年5月26日閲覧。 
  91. ^ WBA ratifies Rematch N’Dam-Murata and orders Barthelemy-Relikh 2 WBA公式サイト 2017年5月25日
  92. ^ WBAがジャッジ2人を資格停止処分、村田判定問題 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月26日
  93. ^ N’Dam-Murata goes to purse bids WBA公式サイト 2017年6月27日
  94. ^ WBAが村田諒太とエンダムの入札期日を指定 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月28日
  95. ^ 村田vsエンダムの再戦消滅も…WBAの興行権入札指令を本田会長が拒否へ”. デイリースポーツ (2017年6月29日). 2017年9月3日閲覧。
  96. ^ WBAの「再戦入札」村田諒太陣営が拒否「まだ交渉も始めていないのに、おかしな話」 ”. スポーツ報知 (2017年6月29日). 2017年9月3日閲覧。
  97. ^ Murata dethrones N’Dam Fightnews.com 2017年10月22日
  98. ^ Murata stops N’Dam in Tokyo to win WBA title WBA公式サイト 2017年10月22日
  99. ^ 村田諒太がエンダムに雪辱、WBAミドル級王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  100. ^ TOP RANK BOSS BOB ARUM TALKS ESPN BOXING SCHEDULE, PLANS FOR EARLY 2018”. THE RING (2017年10月26日). 2017年12月16日閲覧。
  101. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年10月28日
  102. ^ There have been many changes on the October ranking WBA公式サイト 2017年10月28日
  103. ^ WBAランキング 村田諒太はじめ複数階級で新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月30日
  104. ^ 2017年 プロボクシング『年間優秀選手表彰式』開催 ベースボール・マガジン社WEB
  105. ^ 村田諒太が初MVP 恩師命日に…「見守ってくれると思う」 スポニチアネックス 2018年2月9日
  106. ^ Murata stops Blandamura, keeps WBA 160lb belt Fightnews.com 2018年4月15日
  107. ^ 村田諒太は8回TKOで初防衛「ゴロフキン目指す」 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月15日
  108. ^ 村田諒太、初防衛戦が全米生中継 “宿敵”と7月にラスベガスで激突か”. スポニチ (2018年3月20日). 2018年7月10日閲覧。
  109. ^ How to watch Ryota Murata vs. Emanuele Felice Blandamura on ESPN”. ESPN.com (2018年4月5日). 2018年7月10日閲覧。
  110. ^ WBA 村田諒太に3位ブラントとの対戦を指示”. スポニチ (2018年6月13日). 2018年7月10日閲覧。
  111. ^ Ryota Murata vs. Robert Brant Purse Bid Won By Greg Cohen BoxingScene.com 2018年8月13日
  112. ^ 村田がラスベガスでV2戦 10.20ブラントと指名試合 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年8月30日
  113. ^ 村田諒太、ブラントに判定負け…聖地でV2逃す”. スポニチ (2018年6月13日). 2018年10月21日閲覧。
  114. ^ “村田諒太が王座奪還!拳四朗V6/ダブル世界戦詳細”. 日刊スポーツ. (2019年7月9日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201907090000039.html 2019年7月13日閲覧。 
  115. ^ Robert Brant vs. Ryota Murata on ESPN+: How to watch”. ESPN.com (2019年7月10日). 2019年8月2日閲覧。
  116. ^ 村田との再戦条項、ブラントが権利行使 ESPN報じる”. スポニチ (2019年7月20日). 2019年8月2日閲覧。
  117. ^ Ryota Murata vs Steven Butler winner would have to face Rob Brant”. Bad Left Hook (2019年10月12日). 2019年11月12日閲覧。
  118. ^ 村田諒太の右強打炸裂 5回TKOで初防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月23日
  119. ^ 村田諒太のカネロ戦、5月実現はなし”. ボクシング・マガジン編集部 (2019年2月3日). 2020年5月11日閲覧。
  120. ^ 村田諒太、カネロ戦合意 帝拳・本田会長「12月に対戦する方向」”. スポーツ報知 (2020年3月7日). 2020年5月11日閲覧。
  121. ^ “村田は変わった! 家族の存在で“ポジティブ”に”. スポニチアネックス. (2012年8月8日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/08/kiji/K20120808003855791.html 2012年8月9日閲覧。 
  122. ^ “五輪ボクシング:狙うは金 いいライバルの清水と村田”. 毎日新聞. (2012年8月7日). http://mainichi.jp/sports/news/20120808k0000m050051000c.html 2012年8月9日閲覧。 
  123. ^ “五輪金村田「被災地スパー」に前向き”. 日刊スポーツ. (2012年9月15日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20120915-1017226.html 2012年9月15日閲覧。 
  124. ^ “村田 被災地で清水と公開スパー熱望「メダリストの役目」”. スポニチアネックス. (2012年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/09/15/kiji/K20120915004115771.html 2012年9月15日閲覧。 
  125. ^ 善理俊哉 村田株、1億円超えのバブル期へ せりしゅんや的アマボク通信 2012年8月17日。
  126. ^ 【ボクシング】村田諒太「次はリアルな試合になる」 2015年3月22日 イーファイト
  127. ^ 【村田諒太インタビュー】Vol.6「減量とトレーニング」”. FLASH (2017年5月8日). 2017年12月16日閲覧。
  128. ^ “プロデビュー戦の次はモデル?! 五輪金・村田選手登場に大歓声 神戸コレクション開催”. MSN産経WEST. (2013年9月1日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130901/wlf13090120390021-n1.htm 
  129. ^ 特定非営利活動法人 笠岡を元気にする会 大島まちづくり協議会
  130. ^ 村田選手のWBA王座戦応援を 笠岡の祖父母が市長を表敬. 山陽新聞. (2017年5月11日)2017年5月11日閲覧。
  131. ^ ボクシング:村田諒太選手、WBA王座挑戦 「感謝忘れずに」 笠岡在住・高本さん夫妻、孫へエール /岡山. 毎日新聞. (2017年5月16日)2017年5月16日閲覧。
  132. ^ 村田の祖父母が暮らす岡山でPVも「なんでや!?」. スポーツ報知. (2017年5月20日)2017年5月20日閲覧。
  133. ^ Murata Retains Title Against Blandamura WBA公式サイト 2018年4月15日
  134. ^ 長谷川初のMVP”. boxing.jp (2005年12月). 2012年6月26日閲覧。
  135. ^ 2006年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2007年1月23日). 2012年6月26日閲覧。
  136. ^ 2007年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2008年1月23日). 2012年6月26日閲覧。
  137. ^ MACC出版「「44年ぶり五輪メダル狙う」MVP村田が宣言」『アイアンマン』3月号増刊(『ボクシング・ビート』3月号)、フィットネススポーツ、2012年2月15日、 109頁。
  138. ^ “ボクシング井岡は初、村田3度目”. デイリースポーツ. (2013年1月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/01/07/0005652840.shtml 2013年1月18日閲覧。 
  139. ^ 山中がMVP、KO賞の2冠獲得 技能・内山、殊勲・三浦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月7日
  140. ^ 井上尚弥がMVP含め3冠獲得、2014年表彰選手決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月6日
  141. ^ 年間表彰式開催 MVPは村田諒太、技能賞に井上尚弥 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月9日
  142. ^ 井上尚弥2年連続2冠 最優秀選手賞と年間最高試合 日刊スポーツ 2020年2月7日
  143. ^ 「メダルで感謝」ボクシング村田”. 日刊スポーツ (2012年6月26日). 2012年6月26日閲覧。
  144. ^ “フェンシング太田ら11人に京都府スポーツ賞”. 京都新聞. (2012年8月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20120808000144 2012年8月9日閲覧。 
  145. ^ “竹田JOC会長、熱戦終え「誇りや一体感」=五輪日本選手団が解団式”. 時事通信社. (2012年8月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012081400848 2012年8月18日閲覧。 
  146. ^ a b “内村選手らメダリスト27人表彰=石原知事「招致の追い風に」-東京都”. 時事通信社. (2012年8月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012081700850 2012年8月18日閲覧。 
  147. ^ “村田選手に県民栄誉賞 五輪ボクシング金「大きな感動与えた」 奈良”. MSN産経ニュース. (2012年8月24日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/120824/nar12082402130001-n1.htm 2012年8月25日閲覧。 
  148. ^ “五輪ボクシング金・村田選手、奈良市も市民栄誉賞 創設決定”. MSN産経ニュース. (2012年8月25日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/120825/nar12082502070003-n1.htm 2012年8月25日閲覧。 
  149. ^ “由紀さおり、三浦友和らに紫綬褒章”. 日刊スポーツ. (2012年11月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20121102-1041154.html 2012年11月2日閲覧。 
  150. ^ OCAが五輪金の村田、松本ら表彰”. スポーツ報知 (2012年11月8日). 2012年11月10日閲覧。
  151. ^ 村田 ひそかな夢告白「英国で学んでアマ界に恩返し」”. スポニチアネックス (2012年12月7日). 2012年12月19日閲覧。
  152. ^ “吉田、伊調ら金メダリスト7人が受賞”. 日刊スポーツ. (2012年12月20日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20121220-1062142.html 2012年12月29日閲覧。 
  153. ^ “村田、試合見据え本格始動を明かす…日本スポーツ賞表彰式”. スポーツ報知. (2013年1月19日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/feature/sports/20101117-736646/news/20130119-OHO1T00025.htm 2013年2月21日閲覧。 
  154. ^ “ボクシング「金」村田ホワイトベア受賞”. デイリースポーツ. (2013年2月8日). http://www.daily.co.jp/general/2013/02/08/0005726371.shtml 2013年2月21日閲覧。 
  155. ^ “【ボクシング】村田諒太が日本プロスポーツ大賞殊勲賞を受賞、今年を漢字一文字で例えると変”. イーファイト. (2017年12月20日). http://efight.jp/news-20171220_275633 2017年12月20日閲覧。 
  156. ^ 中島耕太郎 (2012年10月4日). “ボクシング金の村田選手、ベストジーニストに”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/culture/update/1004/TKY201210040406.html 2012年11月30日閲覧。 
  157. ^ “「GQ Men of the Year 2012」豪華な顔ぶれ一堂に、草間彌生も受賞”. AFPBB News. (2012年11月19日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/fashion-mp/2912627/9864593 2012年11月30日閲覧。 
  158. ^ 村田がベスト・ファーザー賞&ベストネクタイスト賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月4日
  159. ^ 村田、ナイキと契約 世界獲りへ決意”. デイリースポーツ (2015年1月27日). 2015年7月27日閲覧。
  160. ^ 村田5社目スポンサー すき家と契約”. 日刊スポーツ (2015年4月3日). 2015年7月27日閲覧。
  161. ^ 村田諒太 DAZNアンバサダーに就任 村田選手を起用した新CMが10月22日(日)の世界戦にて放映決定”. 時事ドットコム (2017年10月19日). 2017年12月16日閲覧。
  162. ^ 村田諒太選手、米MGMとスポンサー契約 日本人ボクサー初の快挙「ラスベガスでタイトルマッチを」 ORICON NEWS 2018年4月13日
  163. ^ 村田、スポンサー総額1億円超え!ビッグマネー手に自信 デイリースポーツ 2018年4月3日
  164. ^ WBA世界ミドル級王者・村田諒太が“リベンジ”始球式 「BOAT RACEナイター」楽天vsオリックス戦 zakzak 2019年8月13日
  165. ^ ゴールデンボーイ村田諒太の「あれから」と「これから」。注目のプロデビュー戦舞台裏に密着!”. 毎日放送 (2013年8月25日). 2017年10月30日閲覧。
  166. ^ 不可解な判定負けで異例の“再戦指示”…闘い済んで村田が語った本音。「心の炎に情熱まだある。知らない己に気付いた」独占密着!”. 毎日放送 (2017年5月28日). 2017年10月30日閲覧。
  167. ^ 新・世界チャンピオン誕生!因縁の再戦で見せた“覚悟”と、胸の内に秘め続けて来た“苦悩と葛藤”に密着!!”. 毎日放送 (2017年10月29日). 2017年10月30日閲覧。
  1. ^ インドネシア大統領杯2011 村田決勝 (試合全容). 善理俊哉(格闘技ライター)のYouTubeチャンネル.. (2011年9月2日). https://www.youtube.com/watch?v=9GsGd5ZU6rE&list=UUXEgculW38TdNvZvQFFw1Eg 2012年6月24日閲覧。 
  2. ^ (英語) Boxing Men's Middle (75kg) - Gold Medal Final - Brazil v Japan Full Replay - London 2012 Olympics (試合全容). IOC(国際オリンピック委員会)の公式YouTubeチャンネル.. (2012年8月11日). http://www.youtube.com/watch?v=h29uO1J78uo 2012年8月19日閲覧。 
  3. ^ (英語) Boxing Men's Middle (75kg) Finals Bout - Japan GOLD - London 2012 Olympic Games Highlights (試合・表彰式抜粋、インタビュー). IOCの公式YouTubeチャンネル.. (2012年8月12日). http://www.youtube.com/watch?v=NbubzW06SCQ 2012年8月19日閲覧。 
  4. ^ 半世紀ぶりの金メダルへ 村田諒太〈東洋大学ボクシング部コーチ〉. 大学スポーツ総合サイトCSParkのYouTubeチャンネル.. (2012年7月6日). 該当時間: 2:25. http://www.youtube.com/watch?v=_fuMlOG7_1Y 2012年8月19日閲覧。 


「村田諒太」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「村田諒太」の関連用語

村田諒太のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



村田諒太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの村田諒太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS