向田邦子とは?

むこうだ‐くにこ〔むかふだ‐〕【向田邦子】

[1929〜1981]脚本家小説家東京生まれ脚本家として「七人の孫」「時間ですよ」など多数ヒット作を世に送り出すその後エッセー集や小説発表し、人気集めた。短編小説花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で直木賞受賞。他に「寺内貫太郎一家」「男(お)どき女(め)どき」、エッセー集「父の詫び状」など。


向田邦子

以下の映画向田邦子関連しています。


向田邦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 14:33 UTC 版)

向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家エッセイスト小説家。第83回直木賞を受賞。


注釈

  1. ^ 『愛という字』から『家族熱』までは、向田邦子の放送台本を中野玲子が小説化したものである。
  2. ^ 『ごはん』が所収されている資料は、次の5つである。資料1:浅田次郎 奥泉光 川村湊編集委員『コレクション戦争と文学 14 女性たちの戦争』集英社, 2012,資料2:『少年少女日本文学館 30』講談社, 1988,資料3:『ふるさと文学館 第15巻』ぎょうせい, 1995,資料4:相庭泰志 構成『向田邦子をめぐる17の物語』KKベストセラーズ, 2002,資料5:向田邦子『父の詫び状』文芸春秋, 1981
  3. ^ 『眠る盃』(講談社、 1979年)に収録されている『字のない葉書』が原作。
  4. ^ 第45回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 「年譜」『向田邦子の本棚』河出書房新社、2019年、pp.156-161
  2. ^ a b c 川本三郎「向田邦子ー祐天寺の郊外住宅地で育った『昭和の娘』」(『それぞれの東京-昭和の町に生きた作家たち』淡交社 2011年pp.146-155)
  3. ^ 【作家、脚本家、エッセイスト】生誕90周年・向田邦子を知るための作品4選 | P+D MAGAZINE(2019年9月28日)2021年8月22日閲覧
  4. ^ 向田和子 『向田邦子の恋文』 91頁。新潮社、2002年(平成14年)。ISBN 4104554014
  5. ^ (赤旗の匿名コラム『潮流2009年(平成21年)10月6日)
  6. ^ 春秋”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2016年2月23日). 2019年12月25日閲覧。
  7. ^ 樹木希林さんが道徳ドラマ「星野君の二塁打」を読んだら?”. 牧太郎の青い空白い雲. サンデー毎日 (2018年10月7日). 2018年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月15日閲覧。
  8. ^ “太田光、希林さんの“男気”語る 向田邦子さんとの関係性「お互い尊敬していた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年9月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/20/kiji/20180920s00041000127000c.html 2019年12月25日閲覧。 
  9. ^ 中学国語教科書を読む(1)「大人になれなかった弟たちに…」(米倉斉加年) 「字のないはがき」(向田邦子)”. 国立国会図書館. 2021年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月17日閲覧。
  10. ^ 第17回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  11. ^ 向田邦子文庫(特設サイト) | 実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館(2021年8月7日閲覧)
  12. ^ 第17回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  13. ^ 番組エピソード NHKが放送した向田邦子ドラマ-NHKアーカイブス


「向田邦子」の続きの解説一覧



向田邦子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「向田邦子」の関連用語

向田邦子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



向田邦子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの向田邦子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS