宮本恒靖とは?

宮本恒靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 19:37 UTC 版)

宮本 恒靖(みやもと つねやす、1977年2月7日 - )は、大阪府富田林市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。同志社大学経済学部卒。元日本代表




注釈

  1. ^ オールスターには1997年、1999年、2000年、2001年、2002年、2004年、2005年、2006年の8回選出されている(2003年は怪我で辞退)。
  2. ^ 2001年と2002年はジェフユナイテッド市原から移籍してきた山口智が背番号5(市原時代と同番号)となった。2003年に宮本に背番号5を譲って自らは6番になり、宮本退団後の2007年はシジクレイが付けていた背番号5に2008年から再び戻った(2011年にガンバを退団し、ジェフユナイテッド市原・千葉へ復帰)。
  3. ^ 元々白いガードを自らマジックで黒く塗り変えた

出典

  1. ^ a b c d “DF宮本恒靖選手、今シーズン限りで現役引退のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2011年12月19日), http://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/2908.html 2014年10月2日閲覧。 
  2. ^ a b “宮本 恒靖”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ma/tsuneyasu_miyamoto.html 
  3. ^ a b Jones: FIFA Master graduates fundamental for success”. FIFA (2013年7月19日). 2014年10月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 偉大なキャプテン宮本恒靖の軌跡part.2クラブ編『サッカーマガジン』2012年1月10.17日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23883-1/10.17, 014-015頁。
  5. ^ 偉大なキャプテン宮本恒靖の軌跡part.1代表編『サッカーマガジン』2012年1月10.17日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23883-1/10.17, 012-013頁。
  6. ^ 宮本恒靖選手オーストリア1部リーグ「レッドブル・ザルツブルグ」への移籍基本合意”. J's GOAL (2006年12月20日). 2014年10月2日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ G大阪宮本ザルツブルク移籍決定的!”. 2007年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月19日閲覧。日刊スポーツ、2006年12月17日
  8. ^ 交換”. 宮本恒靖公式サイト (2007年11月15日). 2013年3月14日閲覧。
  9. ^ a b “宮本が神戸に電撃移籍!J復帰即主将だ”. 日刊スポーツ. (2009年1月16日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20090116-450612.html 
  10. ^ 神戸入り決定!宮本2年ぶりJ復帰”. 2009年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月14日閲覧。日刊スポーツ、2009年1月16日
  11. ^ ヴィッセル神戸 2009シーズン主将決定のお知らせ”. J's GOAL (2009年1月30日). 2014年10月2日閲覧。
  12. ^ “日韓W杯主将の元日本代表DF宮本恒靖が引退「別れを告げる時が来た」”. サッカーキング. (2011年12月19日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/20111219/15337.html 
  13. ^ “宮本引退「役割は多くないと思った」欧州で指導者資格の取得目指す”. スポーツニッポン. (2011年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/12/19/kiji/K20111219002274750.html 
  14. ^ a b PTA講演会 親と子を考える 平成20年12月22日号 (p. 2) (PDF)”. 大阪府立富田林高等学校PTA (2008年12月22日). 2010年8月26日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ 英では「バットマン」宮本が人気!”. 2002年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月30日閲覧。日刊スポーツ、2002年6月16日
  16. ^ アジア杯・ヨルダン戦 奇跡には理由がある。”. Number Web (2010年5月24日). 2012年3月30日閲覧。
  17. ^ IBM SPECIAL LEADER'S INSIGHT インタビュー 宮本恒靖氏”. 日経ビジネス. 2010年8月26日閲覧。
  18. ^ Former Japan captain Miyamoto takes up FIFA Master duties”. FIFA (2012年9月18日). 2014年10月2日閲覧。
  19. ^ “宮本恒靖氏がFIFAの大学院“FIFAマスター”に入学「日本サッカーに価値ある貢献を」”. サッカーキング. (2012年9月19日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20120919/71965.html 
  20. ^ “元日本代表DF宮本氏がFIFA大学院へ入学決定…日本人の元プロ選手としては初”. サッカーキング. (2012年4月17日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/20120417/18293.html 
  21. ^ “価値観、覆されるか サッカーを外から学ぶ”. 日本経済新聞. (2012年9月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXZZO45803230W2A900C1000000/?df=2 
  22. ^ “日本最古のサッカー雑誌に何が……「サッカーマガジン」宮本恒靖編集長に広がる波紋”. 日刊サイゾー. (2013年10月7日). http://www.cyzo.com/2013/10/post_14726.html 
  23. ^ 日本協会は複雑な思い? 新・サッカーマガジン編集長に宮本恒靖氏”. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。ZAKZAK、2013年10月12日
  24. ^ “理事・監事内定の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年1月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005596.html 2014年10月2日閲覧。 
  25. ^ “日本人初!宮本氏、TSG「世界の10人」入り”. サンケイスポーツ. (2014年4月5日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20140405/jpn14040504550000-n1.html 
  26. ^ “宮本恒靖氏 ガンバ大阪アカデミーコーチングスタッフ加入のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2015年1月26日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/2617/ 
  27. ^ a b c d “宮本恒靖氏が来季G大阪ユース監督就任を自ら明かす”. 日刊スポーツ. (2015年12月22日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1582242.html 
  28. ^ “宮本 恒靖U-23監督 トップチーム監督就任、實好 礼忠ユース監督 U-23監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2018年7月23日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/8127/ 2018年7月23日閲覧。 
  29. ^ 宮本ガンバはなぜV字回復できたのか? 東口順昭と三浦弦太、日本代表が語る2つの要因(2ページ目)”. フットボールチャンネル (2018年12月3日). 2018年12月3日閲覧。
  30. ^ 宮本ガンバはなぜV字回復できたのか? 東口順昭と三浦弦太、日本代表が語る2つの要因(3ページ目)”. フットボールチャンネル (2018年12月3日). 2018年12月3日閲覧。
  31. ^ G大阪が宮本恒靖監督を解任 開幕10試合でわずか3得点…松波正信強化アカデミー部長が暫定監督に:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年5月14日閲覧。
  32. ^ トップチーム監督交代のお知らせ” (日本語). ガンバ大阪オフィシャルサイト. 2021年5月14日閲覧。
  33. ^ a b 2007年度 イエローリボン賞(ベスト・ファーザーin関西):宮本 恒明”. 日本ファーザーズ・デイ委員会. 2014年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。
  34. ^ 信号”. 宮本恒靖公式サイト (2003年3月3日). 2014年10月2日閲覧。そのほか『週刊少年マガジン』32号・33号(2008年)掲載の『宮本恒靖 「Fire & Ice」』にも登場している
  35. ^ 素のツネ様 ヴィッセル神戸男前レポート特別篇: 宮本恒靖選手3”. れしぴねっと. 2010年8月26日閲覧。
  36. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、130ページ、ISBN 4-591-09115-5
  37. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、129ページ、ISBN 4-591-09115-5
  38. ^ 【書籍】『日本サッカーの未来地図』発売!!”. 宮本恒靖公式サイト (2014年4月17日). 2020年7月15日閲覧。
  39. ^ 【書籍】『宮本式・ワールドカップ観戦術』発売!”. 宮本恒靖公式サイト (2014年5月12日). 2020年7月15日閲覧。


「宮本恒靖」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮本恒靖」の関連用語

宮本恒靖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮本恒靖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮本恒靖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS