青木功とは? わかりやすく解説

青木功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 14:48 UTC 版)

青木 功(あおき いさお、1942年8月31日 - )は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。2016年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長。1980年に全米オープンで準優勝、1983年には日本人で初めてPGAツアーで優勝を果たすなど、尾崎将司(ジャンボ)、中嶋常幸と共に「AON (エーオーエヌ)」と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位[1]


  1. ^ a b ツアー勝利数ランキング”. 日本ゴルフツアー機構. 2019年5月26日閲覧。
  2. ^ “首相、トランプ氏と5回目ゴルフ 青木功プロも同伴”. 日本経済新聞. (2019年5月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45289120W9A520C1000000/ 2020年10月16日閲覧。 
  3. ^ “男子ゴルフの青木会長が3選:朝日新聞デジタル”. (2020年3月26日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14416966.html 
  4. ^ 市制施行50周年記念 青木功さん、上橋菜穂子さんを名誉市民に決定”. 我孫子市役所 (2020年4月3日). 2021年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年8月26日閲覧。
  5. ^ 「スクェアグリップは、人それぞれ違う」青木功が取り組んだ世紀のグリップ改造 - みんなのゴルフダイジェスト 2016年8月29日
  6. ^ 『チョイス』ゴルフダイジェスト社 2002年5月号219頁
  7. ^ 『チョイス』ゴルフダイジェスト社 2010年2月号
  8. ^ “トランプ氏とゴルフで青木功がパターをプレゼント”. 日刊スポーツ. (2019年5月27日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201905260001067.html 2020年10月16日閲覧。 
  9. ^ “トランプ氏「青木氏パッティングは芸術」”. 毎日新聞. (2017年11月6日). https://mainichi.jp/articles/20171107/k00/00m/010/094000c 2020年10月16日閲覧。 
  10. ^ 『バッフィー』CBS・ソニー出版 1991年1月号35~37頁
  11. ^ 『チョイス』ゴルフダイジェスト社 2006年7月号114~115頁
  12. ^ 『チョイス』ゴルフダイジェスト社 2005年9月号83頁
  13. ^ 「世界の王さんあっての私」- 東洋経済 2009年8月4日
  14. ^ “苦しみ乗り越え松山V、1つのきっかけは「同世代」目沢コーチかも/青木功”. 日刊スポーツ. (2020年4月12日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/202104120000820.html 2020年4月14日閲覧。 
  15. ^ 株式会社インプレス (2021年6月11日). “「マリオゴルフ スーパーラッシュ」のCM3本が公開 関根勤さんとプロゴルファーの青木功さん、小祝さくらさん、原英莉花さんが出演” (日本語). GAME Watch. 2021年7月1日閲覧。
  16. ^ ただし、「AO木」は「アオキ」ではなく「エオキ」と読む。



「青木功」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

青木功のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



青木功のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青木功 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS