王貞治とは? わかりやすく解説

王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/16 08:22 UTC 版)

王 貞治(おう さだはる、繁体字: 王貞治; 拼音: Wáng Zhēnzhì〈ワン・チェンジー〉、1940年5月20日 - )は、東京府東京市本所区(現・東京都墨田区)出身の元プロ野球選手監督中華民国籍。愛称は「世界の王」「ワンちゃん」。


注釈

  1. ^ 現在のメジャーリーグの記録はバリー・ボンズの762本。
  2. ^ 自著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』では「坊や、何で右で打っているの?」と書いている。
  3. ^ 自著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』では「じゃあ、次は左で打ってみたらどうだい。」と言っている。
  4. ^ 荒川はその時の王の印象を後に「なんて素直な少年なんだと思った。普通は大事な試合中に右打ちから左打ちに変えるなんて人に言われたってしない。それをスパッとやってしまうのはすごい」と語っている。
  5. ^ 開幕戦先発出場のセ・リーグ高卒新人は王以外に1957年に日大三高から阪神入りした並木輝男外野手、小学4年で王に憧れ野球を始め1988年にPL学園から中日入りした立浪和義遊撃手の2人。
  6. ^ ただし、シーズンで最多三振を記録したことは一度もない。
  7. ^ 当時の巨人でのシーズン最多本塁打は青田の32本であり、簡単に30本以上が出るとは思っていなかった。
  8. ^ この日は日曜日で、当時日曜日はダブルヘッダーとすることが多く、第1試合は薄暮ゲームで午後4時半から開始することが多かった。
  9. ^ この時の当事者だった別所と荒川は、その後1977年から1984年まで、フジテレビ文化放送野球解説者として『プロ野球ニュース』などで一緒に仕事をすることになる。
  10. ^ 1981年から1987年までは後楽園球場、1998年から現在は東京ドームの1番ゲートは「王ゲート」と称されており、そのモニュメントで再現されている。また2002年には王の現役時代のバッティングを再現した「王貞治スーパーリアルフィギュア」(868体限定)が販売され、一本足打法が再現されている
  11. ^ NPB全体では2001年タフィ・ローズ2002年アレックス・カブレラと並ぶ2位タイ記録。日本国籍選手だと1963年野村克也1985年落合博満の52本塁打が最多タイ記録であった(村上は日本国籍)。
  12. ^ 王が引退した1980年において、メジャーリーグ26球団の本拠地球場の多くは両翼が100mを超えており、両翼が100m以下の球場も左右中間は115m以上あるなど充分な外野の広さを持っていた。これに対し、後楽園球場は両翼が実測87.8m(約288.1ft)、左右中間110.1m(約361.1ft)と狭く、他のセ・リーグの球場もほぼ同様の広さであった。
  13. ^ 当初は助監督の3年間で退任して巨人を去るつもりであったが、球団の要請により、監督に登用されて引き受けることとなった。
  14. ^ 戦後から2015年まで(水原監督から第二次原監督まで)でBクラス経験が一度もない巨人軍監督は、水原と王の2人だけである。
  15. ^ 前年の1993年にも根本から監督の要請があったが、この時は急な話だった為に断っている[81]
  16. ^ 長嶋自身、周囲への助言を求めている自分と、そうでもない王の対比を意識しており、その違いは「ワンちゃんは荒川さん直々の打法があったが、自分はそもそも師匠がおらず、直伝された技術がなかった。だから自分から周囲に教えを乞うしかなかった。」と述べている(「巨人V9 50年目の真実」より)
  17. ^ その際、自分のもとに王から直接電話が来るはずないと思っていた尾花から「王さんですか?失礼ですがそのような方に心当たりないのですが、どちらにお掛けですか」と訊き返し、それに対して王が「福岡ダイエーホークスの監督を務める王貞治と申します」と丁寧に返答したため、尾花が一転して直立不動になってしまったという逸話がある(詳細は尾花高夫を参照)。
  18. ^ ただし、NPB公式の出塁率のシーズン記録は1986年落合博満(ロッテ)の.487である(両リーグで最高出塁率を表彰開始した1985年以降が対象であるため)[136]

出典

  1. ^ 三井ゴールデングラブ賞 歴代受賞選手”. 2021年2月17日閲覧。
  2. ^ 9月5日 初の国民栄誉賞、王貞治氏が受賞”. 日本経済新聞 (2018年9月4日). 2020年12月19日閲覧。
  3. ^ a b 第22回 62年の巨人・王貞治 vs 打たれまくったセの投手”. 週刊ベースボールONLINE (2014年6月8日). 2021年7月25日閲覧。
  4. ^ 第3回WBC 日本代表コーチ陣
  5. ^ “プロ野球の王貞治氏、台湾総統から勲章授与される”. AFP BBNews. (2009年2月6日). https://www.afpbb.com/articles/-/2568605?pid=3757511 2010年4月5日閲覧。 
  6. ^ 台湾週報:一覧:トップページへ > 台灣週報 > 台湾週報 > 馬英九総統が王貞治氏に「二等景星勲章」を授与” (2009年2月6日). 2010年4月5日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ “名誉都民の王貞治氏ら顕彰 理恵さんが手紙代読「精いっぱい生きていく」”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2009年9月24日). http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090924/lcl0909241241001-n1.htm 2010年4月5日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ 王さん「この上ない名誉」墨田区名誉区民” (2010年5月14日). 2018年7月18日閲覧。
  9. ^ 名誉区民 王 貞治氏 目黒区” (2011年2月15日). 2014年10月14日閲覧。
  10. ^ 福岡市ホームページ:HOME > 市政情報 > 市政の概要・市のプロフィール > 王 貞治 氏 (平成16年12月17日選定)” (2008年2月7日). 2010年4月5日閲覧。
  11. ^ “王さん 宮崎名誉市民に、長嶋さんに次いで2人目”. YOMIURI ONLINE. (2009年8月9日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/sports/baseball/hawks/20090809-OYS1T00346.htm 2010年4月5日閲覧。 
  12. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』12P参照
  13. ^ 王会長の母、108歳大往生「息子として誇り」”. スポニチ Sponichi Annex (2010年8月18日). 2018年9月21日閲覧。
  14. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』20P参照
  15. ^ 王貞治、『野球にときめいて 王貞治 半生を語る』2011年、11頁。
  16. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』14P参照
  17. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』17P参照
  18. ^ 朝日デジタルのニュース記事「OB王貞治さん祝福 墨田の業平小100周年式典」辻健治 2017年11月24日03時00分
  19. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』25-26P参照
  20. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』26P参照
  21. ^ 【 神回 】夢の対談がまさか実現するとは!! 世界の王貞治がクロマティチャンネルに登場!!(前編)【クロマティも超緊張】
  22. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』27P参照
  23. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』27-28P参照
  24. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』29P参照
  25. ^ a b c d e f 「高校野球 熱闘の世紀」ザ・ベスト
  26. ^ WiLL2013年2月号P285
  27. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』30P参照
  28. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』32-34P参照
  29. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』37-39P参照
  30. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』46P参照
  31. ^ 王貞治が阪神に入っていたら プロ野球「もしも、もしも・・・の物語」
  32. ^ 巨人軍最強伝説〜長嶋茂雄vs王貞治〜1983年1月放送本人談
  33. ^ 千葉茂『巨人軍の男たち』東京スポーツ新聞社、1984年、214頁
  34. ^ a b 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』 61-62P参照
  35. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』63-64P参照
  36. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』 64P参照
  37. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』64P参照
  38. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』65-67P参照
  39. ^ a b c d e 王の自著「野球にときめいて 王貞治、半生を語る」中央公論新社、ISBN 9784120042171 2011年03月
  40. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』 71P参照
  41. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』 73P参照
  42. ^ 王貞治はなぜ二本足ではダメ? 恩師が明かす「王の悪い癖」”. NEWSポストセブン (2016年9月13日). 2021年8月24日閲覧。
  43. ^ 『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』16P参照
  44. ^ 『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』6P参照
  45. ^ a b 『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』54P参照
  46. ^ 上前淳一郎『巨人軍影のベストナイン』角川文庫。なお、近藤唯之も同様の内容を記している。
  47. ^ 荒川博 その2【全4回】 欠点を克服するための努力が生んだ一本足打法 (1)
  48. ^ 『スポーツ20世紀』ベースボール・マガジン社、2000年7月、p25
  49. ^ 『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』55P参照
  50. ^ 元巨人打撃コーチの荒川博氏死去王氏に「一本足打法」指導”. デイリースポーツ online (2016年12月4日). 2022年8月17日閲覧。
  51. ^ 堂本昭彦 『羽賀準一 剣道遺稿集―附伝記・日記』、島津書房、1999年
  52. ^ '77 THE BASEBALL MOOK プロ野球党(日本スポーツ社)
  53. ^ 王貞治はなぜ「一本足打法」をやめたのか?/週べ1964年3月9日増大号”. 週刊ベースボールONLINE (2018年9月20日). 2021年8月24日閲覧。
  54. ^ 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』90P参照
  55. ^ 『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』108-109P参照
  56. ^ a b 王貞治 著『もっと遠くへ ~私の履歴書~』91P参照
  57. ^ 『王選手コーチ日誌 1962-1969 ~一本足打法誕生の極意~』114-115P参照
  58. ^ a b WiLL2013年2月号王貞治新春対談
  59. ^ a b 【ヒルマニア】前回東京五輪でも3・20開幕…王が金田から150M場外弾!ローラースケート場隣のコーヒーショップ屋根に着弾”. スポーツ報知 (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  60. ^ 【野球】子年のプロ野球 巨人&オリックスに縁起よし?”. デイリースポーツ online (2020年1月5日). 2022年6月22日閲覧。
  61. ^ 『日録20世紀 1977年』講談社、1997年刊
  62. ^ 日テレG+「ジャイアンツタイムマシーン・4番打者」より
  63. ^ ベースボール・マガジン社「東京ヤクルトスワローズ40年史 1969-2009 ツバメの記憶」43ページ
  64. ^ 青鉛筆『朝日新聞』1978年(昭和53年)1月6日朝刊、13版、23面
  65. ^ 読売新聞1978年8月31日1面「王、栄光の800号」読売新聞縮刷版1978年8月p1017
  66. ^ 読売新聞1979年9月23日17面「王38号、史上初の2000打点 だが巨人、中日に不覚」読売新聞縮刷版1978年9月p839
  67. ^ 読売新聞1979年9月13日17面「王"健在"代打初アーチ」読売新聞縮刷版1979年9月p469
  68. ^ 読売新聞1980年4月6日16面「王、千号にも晴れず」読売新聞縮刷版1980年4月p206
  69. ^ 読売新聞1980年6月13日17面「王850号、金字塔また高く 金田(広島)から豪快ライナーで」読売新聞縮刷版1980年6月p491
  70. ^ 読売新聞1980年10月13日17面「王、19年連続の30号」読売新聞縮刷版1980年10月p485
  71. ^ a b c 読売新聞1980年10月13日17面「SBO ボールが見えた!苦しみの末、感触戻し」読売新聞縮刷版1980年10月p485
  72. ^ 「厳しさ」と「温かさ」原監督に通ず/藤田元司氏”. 日刊スポーツ (2019年5月29日). 2021年10月19日閲覧。
  73. ^ 読売新聞1980年10月23日17面「"藤田巨人"早くも始動 中村(一軍ピッチング) 国松(二軍監督)氏入閣へ」読売新聞縮刷版1980年10月p901
  74. ^ 読売新聞1980年10月26日17面「王『助監督』を快諾」読売新聞縮刷版1980年10月p1038
  75. ^ 読売新聞1980年10月23日17面「"来年も現役で"王、重ねて強調」読売新聞縮刷版1980年10月p901
  76. ^ 近藤唯之『引退 そのドラマ』新潮文庫
  77. ^ 藤崎台県営野球場 熊本野球の聖地 ONが現役最終戦”. 西日本スポーツ (2016年12月26日). 2021年9月18日閲覧。
  78. ^ 安枝新俉、人間・王貞治―89野球魂(学研新書)、学習研究社、2009年、P21
  79. ^ ホークスを最強軍団に変える。根本陸夫が果たした最後の仕事
  80. ^ 【話の肖像画】福岡ソフトバンクホークス球団会長・王貞治(79)(15)心機一転、福岡へ”. 産経ニュース (2020年1月17日). 2020年11月26日閲覧。
  81. ^ 週刊ベースボール別冊 よみがえる1990年代のプロ野球 EXTRA2 パ・リーグ編 ベースボール・マガジン社.2021年.P33
  82. ^ 王ダイエー、屈辱の「生卵事件」”. 日刊スポーツ (2020年5月9日). 2020年7月12日閲覧。
  83. ^ 【根本陸夫伝】 王貞治を「ラーメン屋のせがれ」と言い放った男”. web Sportiva (2015年6月21日). 2021年8月24日閲覧。
  84. ^ TBS「ZONE」1999年10月28日放送
  85. ^ バレンティン、本塁打記録は再び“妨害”に遭うのか?“妨害”の歴史と五輪招致への影響 Business Journal 2013年8月26日配信 2020年6月4日閲覧。
  86. ^ 2006年 コーチングスタッフ発表FBS
  87. ^ 王貞治監督を無任所大使に任命
  88. ^ ソフトB王監督が退任発表「幸せでした」”. 日刊スポーツ (2008年9月23日). 2021年7月25日閲覧。
  89. ^ ソフトバンクが通算5500勝プロ野球で巨人に続く”. デイリースポーツ online (2022年6月1日). 2022年6月1日閲覧。
  90. ^ 再来日の覚悟が見えたオーティズの箸使い。
  91. ^ 野球普及に強い意欲=文化功労者の王貞治さん 時事通信 2010年10月26日閲覧
  92. ^ 東京スカイツリータウンがオープン、初日は22万人”. 2018年7月18日(水)閲覧。
  93. ^ バレンティン、本塁打記録は再び“妨害”に遭うのか?“妨害”の歴史と五輪招致への影響
  94. ^ 王会長が台湾殿堂入り”. 週刊ベースボールONLINE (2015年1月22日). 2021年8月24日閲覧。
  95. ^ 王会長 台湾殿堂入り
  96. ^ 【巨人】台湾とのOB選抜チャリティー試合に15―11で勝利[リンク切れ]
  97. ^ 台日傳奇球星交手 王貞治金雞獨立打擊再現!-民視新聞
  98. ^ 感動的一刻 #野球部品專門店 #Glants #王貞治
  99. ^ “ソフトバンク王会長が結婚「これからも2人で充実した日々を」”. SANSPO.COM. (2018年6月1日). https://www.sanspo.com/article/20180601-WKGSUL43ZZMHFIUTMT6E5GEDZU/ 2018年6月1日閲覧。 
  100. ^ “王貞治特別顧問「僕は野球が国技だと思っている。自国開催で取れうれしい」”. 日刊スポーツ. (2021年8月7日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/baseball-softball/news/202108070001386.html 2021年8月11日閲覧。 
  101. ^ ソフトバンク・王会長が特別チームアドバイザーに就任「もう少し突っ込んだ形で選手たちと話を」 | BASEBALL KING” (日本語). BASEBALL KING. 2022年3月13日閲覧。
  102. ^ “王貞治氏 「打つのは僕だから好きなように打つ」発言の過去”. 週刊ポスト. (2015年8月20日). https://www.news-postseven.com/archives/20150820_341743.html?DETAIL 2021年9月21日閲覧。 
  103. ^ 近藤唯之「こうすれば人は動く〜プロ野球名監督の用兵術」東急エージェンシー ISBN 9784924664111 1985年12月
  104. ^ 『プロ野球 奇人変人列伝』名球会では異色の人格者 〇王貞治の項より ISBN 978-4908170003
  105. ^ ノムさんノリ酷評「野球選手じゃない」” (2014年5月18日). 2022年8月31日閲覧。
  106. ^ 「王はこうやって攻めるんだ」。野村克也がオールスターで見せた意地”. 週刊ベースボールONLINE. 2021年11月9日閲覧。
  107. ^ 王 貞治、長嶋茂雄、田中将大、大谷翔平……球界のレジェンド・野村克也が『パワプロ』各選手&自身の能力データをボヤキながら分析してみた”. 電ファミニコゲーマー. 2021年11月9日閲覧。
  108. ^ 元巨人・クロマティ氏が選ぶ日本人打者歴代トップ10(2/3ページ) iZa 2019/1/18 20:07 (2022年9月18日閲覧)
  109. ^ 川上哲治氏お別れの会 王氏、教わった「野球人の心構え」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年12月3日). 2021年8月24日閲覧。
  110. ^ WiLL2013年2月号 王貞治新春対談
  111. ^ 王貞治が、846号ホームランを打ったバットをプレゼントした人物とは? - ガジェット通信・2015年2月4日
  112. ^ 王貞治が868号を打った時のバットは徳光家で保管されている? - リアルライブ・2018年2月2日
  113. ^ 12位:ホームラン地蔵 出没!アド街ック天国 テレビ東京 2006年11月25日放送
  114. ^ 王貞治氏が中田翔にアドバイス「4番は三振しても知らん顔を」
  115. ^ 『Sports graphic Number』 第770号 P.74
  116. ^ “沿道を沸かせた往年の名選手たち/箱根駅伝写真館”. 日刊スポーツ. (2017年12月29日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201712120000519.html 2018年6月12日閲覧. "ページ前半、『1975年 王貞治』欄参照" 
  117. ^ 広重竜太郎(取材・構成) (2010年12月24日). “山登りの英雄「本当は2区走りたかった」”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/sports/hakone-ekiden/2011/column/archives/20101224_6680.html 2018年6月12日閲覧。 
  118. ^ “アーカイブ(写真)~箱根駅伝”. 報知新聞(スポーツ報知). (1987年1月2日). http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/garticle.html?id=20141109-OHTSI50000&gr=CO004390 2018年6月12日閲覧。 
  119. ^ 「悲劇の礎あっての巨塔 東京大空襲被災 王さんの願い」 東京新聞 TOKYO Web 2011年3月10日
  120. ^ “ダイエー、王夫人遺骨で300万円要求される”. 日刊スポーツ(西部日刊スポーツ). (2003年12月23日). https://web.archive.org/web/20040223090736/http://www.nikkan-kyusyu.com:80/cgi-bin/vi/view.cgi?id=1072187059&jl=da 2018年6月12日閲覧。  ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  121. ^ 篁五郎 (2016年8月2日). “王貞治夫人の遺骨盗難事件 遺骨は今どこへ?”. エキサイトニュース(90s チョベリー). https://www.excite.co.jp/News/90s/20160802/E1469421926602.html 2018年6月12日閲覧。 
  122. ^ “【ソフトバンク】78歳・王会長が再婚 同居10年目、男の「けじめ」”. 報知新聞(スポーツ報知). (2018年6月2日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180601-OHT1T50277.html 2018年6月12日閲覧。 
  123. ^ “ソフトB王会長78歳で再婚 一般女性と先月末入籍「10年来、生活を共に」”. 西日本スポーツ. (2018年6月1日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/421245/ 2018年6月12日閲覧。 
  124. ^ “王貞治氏の再婚、当初は反対あったが成立に至るまで”. NEWSポストセブン. (2018年6月7日). https://www.news-postseven.com/archives/20180607_692797.html 2018年6月12日閲覧。 
  125. ^ “王貞治さんの母・登美さん死去…108歳” (日本語). 読売新聞. (2010年8月17日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100817-OYT1T00555.htm 2010年8月17日閲覧。 
  126. ^ 編集委員 清水満 (2008年12月26日). “【王家の教え】(上)王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」(1/3ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n1.htm 2010年2月21日閲覧。 
  127. ^ 編集委員 清水満 (2008年12月26日). “【王家の教え】(上)王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」(2/3ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n2.htm 2010年2月21日閲覧。 
  128. ^ 編集委員 清水満 (2008年12月26日). “【王家の教え】(上)王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」(3/3ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n3.htm 2010年2月21日閲覧。 
  129. ^ 「"最強の阪神"を粉砕した陰の男 吉田増蔵の伝説をたずねて」文藝春秋 Number129 86頁参照
  130. ^ 王さん悼む「技極めた人」 日刊スポーツ 2013年1月20日閲覧
  131. ^ 大相撲酒豪番付2014年東銀座場所 時事ドットコム
  132. ^ 大鵬さん通夜で別れの言葉 王さん悲痛「天は無情です」 スポーツニッポン 2013年1月31日閲覧
  133. ^ 青木功 - 世界の王さんあっての私 - 東洋経済 2009年8月4日
  134. ^ 「レジェンド・チャリティプロアマ」開催のお知らせ”. 日本プロゴルフ協会 (2010年4月12日). 2022年3月14日閲覧。
  135. ^ “170420 王貞治 世界青少年野球推進財団幹事長と懇談”. 林幹雄事務所. (2017年4月20日). http://park19.wakwak.com/~motoo/170420.html 2018年1月10日閲覧。 
  136. ^ 歴代最高記録 出塁率 【シーズン記録】”. 日本野球機構. 2021年7月25日閲覧。
  137. ^ ヤクルト・村上宗隆 世界の王、イチローも超える“連続MVP”への期待” (2022年7月25日). 2022年9月30日閲覧。
  138. ^ a b 2008年 日本プロスポーツ大賞発表!!”. 日本プロスポーツ大賞. 公益財団法人日本プロスポーツ協会. 2017年11月25日閲覧。
  139. ^ 顕彰状 早稲田大学オフィシャルサイト(2011年4月1日)
  140. ^ 王監督に台湾の勲章/「受賞は面はゆい」
  141. ^ ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の監督として、同大会で優勝した事により団体で受賞。
  142. ^ 大関魁皇関に対する県民栄誉賞贈呈について (PDF)”. 福岡県新社会推進部県民文化スポーツ課. 2017年9月8日閲覧。
  143. ^ 福岡市スポーツ栄誉賞”. 福岡市 健康づくり・スポーツサイト. 福岡市. 2017年9月8日閲覧。
  144. ^ 福岡ソフトバンクホークス王貞治前監督に県民栄誉賞を贈呈!~「県民の誇り」偉大な功績を称えます~”. 全国知事会. 2017年9月8日閲覧。
  145. ^ 名誉都民顕彰者一覧”. 文化振興. 東京都生活文化局. 2017年12月4日閲覧。
  146. ^ 2011年度9月卒業式 王貞治氏にスポーツ功労者表彰 早稲田大学オフィシャルサイト(2011年9月17日)
  147. ^ 王貞治氏が第2回台湾野球殿堂入り選手に選出[リンク切れ]
  148. ^ 早稲田大学系属 早稲田実業学校 王貞治記念グラウンド 新設[リンク切れ]
  149. ^ a b c “【データ】村上宗隆プロ野球新5打席連続本塁打 20人「打数」と13人「打席」の両方を更新”. 日刊スポーツ. (2022年8月2日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202208020001009_m.html 2023年1月13日閲覧。 
  150. ^ 真っ向勝負の江川から7試合連続本塁打を放ったバース/プロ野球仰天伝説198”. 週刊ベースボール (2018年7月9日). 2023年1月13日閲覧。
  151. ^ 記録19”. www2.plala.or.jp. 2019年3月31日閲覧。
  152. ^ 西武・秋山 王会長、イチロー、ゴジラ超える 初の2年連続フルイニング&首位打者”. 西日本スポーツ (2018年1月14日). 2022年1月23日閲覧。
  153. ^ プロ野球 名選手列伝 驚きの記録を残したツワモノたち。著者・吉野秀。2008年6月15日。33頁・34頁。
  154. ^ 荒川博氏 王貞治氏に4割を打たせられなかったと今も悔やむ”. NEWSポストセブン (2015年8月18日). 2020年6月22日閲覧。
  155. ^ 落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」”. Yahoo!ニュース (2020年6月1日). 2021年10月15日閲覧。
  156. ^ 名手・篠塚を救った王貞治の一言「なに、ちびってんだ」でイップス解消”. デイリースポーツ online (2022年9月5日). 2022年9月5日閲覧。
  157. ^ 珍しい!本塁打王の王貞治氏が守備語る”. デイリースポーツ online (2015年4月12日). 2022年7月26日閲覧。
  158. ^ 新春大吉 テレビドラマデータベース
  159. ^ 玉木正之ネットワーク」内コラム 「「日本サッカー青春時代」最後の闘い」。解説は釜本邦茂が務めた。
  160. ^ 朝日新聞」1993年5月16日朝刊19面。
  161. ^ 王貞治 - オリコンTV出演情報
  162. ^ 王貞治氏が「ナボナ名誉大使」に 亀屋万年堂・自由が丘総本店リニューアル
  163. ^ 阪田寛夫の周辺について(2)~「ABC子どもの歌」と「白いボール」の時代 日が暮れてから道は始まる(2011年2月22日)
  164. ^ 福島民報』1971年6月21日付朝刊、8面。



王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 15:03 UTC 版)

男どアホウ甲子園」の記事における「王貞治」の解説

一塁手藤村前にファーストゴロセンターフライセンターエラー三塁進塁)に討ち取られる。

※この「王貞治」の解説は、「男どアホウ甲子園」の解説の一部です。
「王貞治」を含む「男どアホウ甲子園」の記事については、「男どアホウ甲子園」の概要を参照ください。


王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 07:02 UTC 版)

巨人の星 (アニメ)」の記事における「王貞治」の解説

前作でも共に戦ったチームメイト先輩四番一塁手右投手に転向した星がコントロール苦しむのを見かねてザトペック投法ノーワインドアップ投法)を伝授した。これは、実際に王が高校時代投手をしていた時に使用している

※この「王貞治」の解説は、「巨人の星 (アニメ)」の解説の一部です。
「王貞治」を含む「巨人の星 (アニメ)」の記事については、「巨人の星 (アニメ)」の概要を参照ください。


王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 01:28 UTC 版)

白戸家」の記事における「王貞治」の解説

ホークス球団会長お父さん一本足打法褒める。

※この「王貞治」の解説は、「白戸家」の解説の一部です。
「王貞治」を含む「白戸家」の記事については、「白戸家」の概要を参照ください。


王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 02:45 UTC 版)

リトル巨人くん」の記事における「王貞治」の解説

第1期連載時先輩選手として、第2期ジャイアンツ監督として登場第1期に関してストーリー上、同僚ということもあり巨人くんに対して長嶋より王が関与することが多い。家庭教師買って出たり、観客として試合を見に来てた少女(実は掛布目当て)と「お見合い」を行うなど面倒見が良い

※この「王貞治」の解説は、「リトル巨人くん」の解説の一部です。
「王貞治」を含む「リトル巨人くん」の記事については、「リトル巨人くん」の概要を参照ください。


王貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 13:59 UTC 版)

侍ジャイアンツ」の記事における「王貞治」の解説

日本世界に誇るホームラン王。蛮の魔球開発にも多大なヒント与えている。大回転魔球初披露時は、タイミング取れず一本足のまま呆然と見送り、同じチーム良かった述懐アニメ版では、日本シリーズ腰痛悩まされている話が描かれた。

※この「王貞治」の解説は、「侍ジャイアンツ」の解説の一部です。
「王貞治」を含む「侍ジャイアンツ」の記事については、「侍ジャイアンツ」の概要を参照ください。


王 貞治(おう さだはる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 21:49 UTC 版)

ミラクルジャイアンツ童夢くん」の記事における「王 貞治(おう さだはる)」の解説

巨人監督背番号1。1988年以前に連載が開始され漫画版では王が童夢才能を見出した存在となっており、1988年監督退任をすると漫画版でも同様に退任したその際に童夢落ち込む描写がある。

※この「王 貞治(おう さだはる)」の解説は、「ミラクルジャイアンツ童夢くん」の解説の一部です。
「王 貞治(おう さだはる)」を含む「ミラクルジャイアンツ童夢くん」の記事については、「ミラクルジャイアンツ童夢くん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「王貞治」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「王貞治」の関連用語

王貞治のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



王貞治のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの王貞治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの男どアホウ甲子園 (改訂履歴)、巨人の星 (アニメ) (改訂履歴)、白戸家 (改訂履歴)、リトル巨人くん (改訂履歴)、侍ジャイアンツ (改訂履歴)、ミラクルジャイアンツ童夢くん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS