引き分けとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 引き分け > 引き分けの意味・解説 

ひき‐わけ【引(き)分け】

読み方:ひきわけ

勝負事で、決着がつかず、双方勝ち負けなしとして終えること。「試合を―に持ち込む

平安時代陰暦8月駒牽(こまひき)の際に諸国から奉った馬を院・東宮などに分けて与えること。


引き分け

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

引き分け

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

引き分け

作者漠々

収載図書ショートショートの広場 14
出版社講談社
刊行年月2003.2
シリーズ名講談社文庫


引き分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/21 09:32 UTC 版)

引き分け(ひきわけ)とは、勝負においてその終了時にプレイヤーを勝者(および敗者)にせず終了させる取り決めまたはその結果を指す。


  1. ^ 11年ぶり引き分け=パイレーツ-カブス戦-米大リーグ 2016年9月30日閲覧。
  2. ^ a b 【プロ野球新記録】ロッテ益田シーズン12引分 江夏、牛島、藤川上回る”. 日刊スポーツ (2021年8月19日). 2022年1月10日閲覧。
  3. ^ ロッテ益田直也がプロ野球記録シーズン11引分 江夏、牛島、藤川に並ぶ”. 日刊スポーツ (2021年7月10日). 2022年1月10日閲覧。
  4. ^ 【プロ野球】今季は投手記録「引分」に注目!石山・松井が歴代記録を更新か!”. Baseball Geeks (2021年5月27日). 2022年1月10日閲覧。
  5. ^ 90分以内は勝ち4点・負け0点
  6. ^ 90分以内・延長戦も一律3点
  7. ^ 90分以内・延長戦の負けは一律0点
  8. ^ こちらは、勝利内容により、90分以内3点・延長戦2点。負けは一律0点だった。
  9. ^ 二番目が結びの一番に当たる場合は一番あと、この取組のあとが結びの一番だけの場合は取り直しが先になる。
  10. ^ “重岡銀次朗 まさかの無判定試合 世界王者ならず悔し涙「不完全燃焼。全然やり足りてない」”. デイリースポーツ. (2023年1月7日). https://www.daily.co.jp/ring/2023/01/07/0015946128.shtml 2023年1月21日閲覧。 
  11. ^ 金元孝男 (2012年5月8日). “正規vs暫定=引分でも新王者誕生!”. 2012年6月10日閲覧。
  12. ^ http://www.asahi.com/igo/100sen/backnumber.html
  13. ^ http://umai.dip.jp/assembly/mignon/go_kisi/meijin5-4.html
  14. ^ a b http://archive.nihonkiin.or.jp/match/2009/09/2_16.html
  15. ^ http://umai.dip.jp/assembly/mignon/go_kisi/meijin23-4.html
  16. ^ a b http://archive.nihonkiin.or.jp/match/2007/07/19_6.html
  17. ^ http://www.igodb.jp/cgi-bin/namej/data/208v201.htm
  18. ^ https://live.nicovideo.jp/watch/lv223339058
  19. ^ https://www.nihonkiin.or.jp/match_news/match_info/440.html
  20. ^ この考え方の他にも「政策の実行にはコストがかかるため、敢えて無駄なコストをかける必要はない」とする考え方や「現状を変えるリスクに見合った恩恵を証明する必要がある」とする考え方もある。
  21. ^ ルールに明記されている場合と明記されていない場合があり、明記されていない場合は選手が議論する余地が残されている。例えば「現状も政策実行後も変わらなければ、変えてみる方がよい」とする考え方であれば、引き分けで肯定側の勝利とすることになるだろう。


「引き分け」の続きの解説一覧

引き分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 03:18 UTC 版)

アバロン (ボードゲーム)」の記事における「引き分け」の解説

アバロンルールにおいて、負けないようにするために専守防衛徹することは簡単である例えすべての玉の並びを3個以上にしてしまえばこれを押し出すことは不可能である。そして、アバロンルールではこのようなプレイ否定されていない普通のプレイヤーゲームの無駄な引き伸ばし好まないため、防御的プレイをしないことを暗黙の了解としている。このため防御的プレイ初心者多く見られる(これは、囲碁将棋初心者が石や駒を取られることを恐れるのと似ている)。しかし、選手権などに参加するプレイヤー中にもこのような行為を行う者がいる。 この問題においてはいくつかの対策考えられている。 第1の方法は、選手権などにおいて審判防御的プレイをするプレイヤー罰則与え権限を与えることである。ただし「防御的プレイという概念主観混じるため、十分な対策とはいえない。 第2の方法は、このようなプレイができにくいようルール変更することである。いくつかのルール考案されたが、いずれも複雑なとなっている。 第3の方法は、ルールなどそのままにして初期配置変更することである。いくつも配置研究中であるが、最も一般的なものの一つとしてデイジー配置」がある。この配置は、14個の玉を7個ずつ2ヶ所分けておくことにより密集型を作ること難しくしている。

※この「引き分け」の解説は、「アバロン (ボードゲーム)」の解説の一部です。
「引き分け」を含む「アバロン (ボードゲーム)」の記事については、「アバロン (ボードゲーム)」の概要を参照ください。


引き分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:48 UTC 版)

マリオパーティシリーズ」の記事における「引き分け」の解説

マリオパーティ3までと8では「DRAW」、4では、「ひきわけ!」、5~7, DSでは「ひきわけ」。9、10では全員最下位順位表示、アイランドツアーでは全員ミニゲーム勝った場合全員1位表示米国版では1~5「DRAW」、6~8, DSは「Tie」、スーパーは「It's a Tie」。

※この「引き分け」の解説は、「マリオパーティシリーズ」の解説の一部です。
「引き分け」を含む「マリオパーティシリーズ」の記事については、「マリオパーティシリーズ」の概要を参照ください。


引き分け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 14:43 UTC 版)

ドゥラーク」の記事における「引き分け」の解説

攻め手最後の手攻撃し守り手最後の手守り手札山札もなくなったら、敗者判定ターンの終わりに行うので、引き分け(ничья)とする。引き分けを認めないなら、この場合守り手負けとする。引き分けの次の手は、前の「ばか (ドゥラーク)」が引き続きカードを配る

※この「引き分け」の解説は、「ドゥラーク」の解説の一部です。
「引き分け」を含む「ドゥラーク」の記事については、「ドゥラーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「引き分け」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

引き分け

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:18 UTC 版)

和語の漢字表記

ひきわけ

  1. ひきわけを参照

「引き分け」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



引き分けと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「引き分け」の関連用語

引き分けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



引き分けのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引き分け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアバロン (ボードゲーム) (改訂履歴)、マリオパーティシリーズ (改訂履歴)、ドゥラーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの引き分け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS