麻雀とは? わかりやすく解説

マージャン【麻雀】

読み方:まーじゃん

《(中国語)》136個の牌(パイ)を用いて行う室内遊戯。東(トン)(親役)・南(ナン)・西(シャー)・北(ペイ)の場に着いた四人に各13個の牌を配し各自ルールに従って牌の組み合わせ作って上がり競うもの。中国起こり日本には明治末期伝わった


麻雀

作者吉屋信子

収載図書戦後出発女性文学 第3巻 昭和23年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


麻雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/23 07:58 UTC 版)

麻雀(マージャン、繁体字中国語: 麻將簡体字中国語: 麻将英語: Mahjong)は、テーブルゲームの一種。を使い、原則として4人で行われる。中国を起源とし、世界中で親しまれている。


注釈

  1. ^ 平成26年4月の消費税率変更に伴い規則上は税別価格を提示し、これに消費税相当額を加算したものを上限とするという規則構造に改められている。
  2. ^ 定義法がないものは全て違法・犯罪。

出典

  1. ^ 麻雀検定青本 2015, p. 12。
  2. ^ 麻雀で認知症予防 佐賀中部広域連合 - 佐賀新聞
  3. ^ 「レジャー白書2020」麻雀人口510万人で前年比70万人減
  4. ^ 「レジャー白書2021」麻雀人口400万人で前年比110万人減 – 麻雀ウォッチ
  5. ^ 変わりゆく香港麻雀事情、見つめ続ける牌彫師に聞く<下>
  6. ^ Butler, Jonathan. The Tiles of Mah Jong. 1996.
  7. ^ (永松憲一 2001, p. 15)。
  8. ^ (明)陸容『菽園雑記』第十四巻:「闘葉子之戯、吾崑城上自士夫、下至僮豎皆能之。予游崑庠八年、独不解此。人以拙嗤之。近得閲其形製、一銭至九銭各一葉、一百至九百各一葉、自万貫以上皆図人形、万万貫呼保義宋江、千万貫行者武松、百万貫阮小五、九十万貫活閻羅阮小七、八十万貫混江竜李進、七十万貫病尉遅孫立、六十万貫鉄鞭呼延綽、五十万貫花和尚魯智深、四十万貫賽関索王雄、三十万貫青面獣楊志、二十万貫一丈青張横、九万貫插翅虎雷横、八万貫急先鋒索超、七万貫霹靂火秦明、六万貫混江竜李海、五万貫黒旋風李逵、四万貫小旋風柴進、三万貫大刀関勝、二万貫小李広花栄、一万貫浪子燕青。或謂賭博以勝人為強、故葉子所図、皆才力絶倫之人、非也。蓋宋江等皆大盗、詳見『宣和遺事』及『癸辛雑識』。作此者、蓋以賭博如群盗劫奪之行、故以此警世。而人為利所迷、自不悟耳。記此、庶吾後之人知所以自重云。」
  9. ^ 「麻雀」という名称
  10. ^ Carlisle, Rodney P. (2009). Encyclopedia of Play in Today's Society. SAGE. p. 133. ISBN 9781412966702 
  11. ^ 转发公安部关于废止部分规范性文件的通知”. 2009年10月25日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ a b [1], A&F Careers, History, "1920"
  13. ^ Bryson, Bill, Made in America. Harper, 1996, ch. 16.
  14. ^ Eddie Cantor and his mahjong song
  15. ^ 大谷通順『麻雀の誕生』21ページ。
  16. ^ 国民新聞
  17. ^ 国民年鑑 国民新聞社
  18. ^ 『昭和年史 昭和五年史』年史刊行会刊、546ページ。
  19. ^ 吉井勇夫人の供述から文士連の賭博暴露『中外商業新報』昭和8年11月18日(『昭和ニュース事典第4巻 昭和8年-昭和9年』本編p613 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  20. ^ 久米正雄、里見弴、佐佐木茂索ら検挙『中外商業新報』昭和8年11月18日(『昭和ニュース事典第4巻 昭和8年-昭和9年』本編p613)
  21. ^ 当時のルールはアルシーアル麻雀であり、現在のリーチ麻雀とは点数体系が異なる。アルシーアル麻雀の持ち点は2000点で子の満貫(アルシーアル麻雀における点数の上限)と同じ点数である。
  22. ^ またマージャン賭博、広津和郎ら検挙『東京朝日新聞』昭和9年3月17日夕刊(『昭和ニュース事典第4巻 昭和8年-昭和9年』本編p614)
  23. ^ 麻雀を卓技と改称、警視庁の指導で『東京日日新聞』昭和17年9月24日夕刊(『昭和ニュース事典第8巻 昭和17年/昭和20年』本編p27 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  24. ^ 「歴史探訪」『バカヅキハリケーン』、竹書房、1989年、P102-103。 
  25. ^ 「麻雀新撰組 in the 70s'」『近代麻雀』第30巻第7号、竹書房、2008年3月、11から14ページ。 
  26. ^ 日本健康麻将協会 - 協会設立20周年会長挨拶”. 日本健康麻将協会 (2008年6月). 2012年3月8日閲覧。
  27. ^ 株式会社ウィンライト 沿革
  28. ^ 中国では2018年にサービス開始している。
  29. ^ Mリーグが「見る雀」でマージャンのファン層拡大【ブーム解析】”. 日経トレンディ. 日経BP (2022年5月23日). 2022年8月31日閲覧。
  30. ^ 【今月の流行りゲー】麻雀ゲームとして異例の地位を築く『雀魂‐じゃんたま‐』の流行を紐解く”. IGN Japan. 産経デジタル (2021年2月5日). 2022年8月31日閲覧。
  31. ^ 2002年日本国際麻雀試合
  32. ^ Mahjong International League Establishment Ceremony held in Beijing to promote mind sport”. Yutang Sports (2015年5月12日). 2017年6月8日閲覧。
  33. ^ New Mahjong International League Elevating Mahjong As A Mind Sport”. Mahjong News (2015年5月11日). 2017年6月8日閲覧。
  34. ^ ロシア人の雀鬼らが激突/モスクワで麻雀大会 朝日新聞モスクワ支局員関根和弘チャンネル、2013/05/22
  35. ^ カフェーなどから学生を締め出し『大阪毎日新聞』昭和11年5月15日夕刊(『昭和ニュース事典第5巻 昭和10年-昭和11年』本編p154 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  36. ^ 「徹マン」解禁の影で無断深夜営業のスポーツバーは厳罰? 「踊れる国」実現に留まらぬ風営法改正の衝撃 - 木曽崇、日経ビジネスオンライン、2015年5月15日
  37. ^ 麻雀荘メンバーマニュアル - 麻雀フェスタ
  38. ^ http://www.fujitv.co.jp/ana/sato/index.html より。
  39. ^ https://mj-news.net/column/20210929165643
  40. ^ https://www.zakzak.co.jp/article/20201221-4MUAOR2S3FIU7GRFNNDM2D254I/
  41. ^ 講談社三枝の爆笑美女対談74ページより。
  42. ^ https://twitter.com/eyebrowman/status/1401912415638351872
  43. ^ 日本健康麻将協会HP



麻雀

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 13:08 UTC 版)

名詞

 マージャン

  1. 読み中国語より)四人一組四辺形テーブル囲んでおこなうテーブルゲーム数回分けてを引き、揃えて和了ホーラすることで他のプレイヤーから点を得る。ゲーム終了時合計した得点多寡順位とで勝敗決する

語源

読み中国語 麻將

派生語

翻訳


「麻雀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麻雀」の関連用語

麻雀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麻雀のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻雀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの麻雀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS