ビルマ語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 公用語 > ビルマ語の意味・解説 

ビルマ‐ご【ビルマ語】


ビルマ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 09:21 UTC 版)

ビルマ語(ビルマご; ビルマ語: မြန်မာဘာသာစကားALA-LC翻字法: Mranʻ mā bhāsā ca kā"、IPA: /mjəmà bàd̪à zəɡá/ ミャマー・バーダーザガー)は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派(チベット・ミャンマー語派)ビルマ・ロロ語群英語版に属し、ミャンマー連邦共和国の公用語である。ミャンマー連邦の総人口は約4,913万人(1999年の推計)であるが、ビルマ族のみならず同国内に135いるとされる諸民族の共通語ともなっている[1]。他にバングラデシュマレーシアタイなどにも話者がいる。なお現在のところ、日本の公教育においては東京外国語大学及び大阪大学外国語学部で専攻語として開講されているのみで、専門的な学習の機会や場は多くない。ミャンマー語と呼ばれることもある。


注釈

  1. ^ ほかにビルマ語と系統的に近い言語としては、タイや中華人民共和国の山地で話されるアカ語(Akha)、ラフ語(Lahu)、リス語などが挙げられる[1]
  2. ^ 文語の場合はほかに *e /ʔḭ/ という助詞も用いられる。
  3. ^ なおこのタイプの文は口語では လူမျိုး〈人種〉を省いても十分に通用する。また相手が目上の人間である場合は ပါ の代わりに ဖြစ်ပါတယ် phracʻ pā tayʻ /pʰjɪʔ pà dɛ̀/ ピッパーデー〈であります〉をつけることもある。さらに語尾に男性であれば ခင်ဗျား khaṅʻ byā" /kʰəmjá/ カミャー、女性であれば ရှင် rhaṅʻ /ɕɪ̀ɰ̃/ シン(以上いずれも〈あなた〉の意味)を付け足して親しさを表すことも可能である[18]
  4. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:214f) を参照。
  5. ^ ちなみにこの構文の場合の လို့ は、本動詞が ကြား krā" /t͡ɕá/ チャー〈聞く〉や မြင် /mjɪ̀ɰ̃/ ミンတွေ့ /twḛ/ トゥエ〈見る〉といった知覚動詞である場合は通例省略され、またくだけた口語でも抜け落ちる場合がある[31]

出典

  1. ^ a b c d 加藤 (2004:17).
  2. ^ a b c Campbell & King (2013).
  3. ^ a b c d 世界の文字研究会 (2009:281).
  4. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:19).
  5. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:20).
  6. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:19,23,29).
  7. ^ 大野 (2000:715).
  8. ^ 大野 (2000:222).
  9. ^ 加藤 (2004:380).
  10. ^ 加藤昌彦 『CDエクスプレス ビルマ語』(白水社)
  11. ^ 大野 (2000:714).
  12. ^ 大野 (2000:174).
  13. ^ a b c d e Jenny & San San Hnin Tun (2016:16–7).
  14. ^ Watkins (2001).
  15. ^ a b c d e Jenny & San San Hnin Tun (2016:21).
  16. ^ a b c San San Hnin Tun (2014).
  17. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:14).
  18. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:14f).
  19. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:20).
  20. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:16,18).
  21. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:19).
  22. ^ a b ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:15).
  23. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:371).
  24. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:15f).
  25. ^ a b ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:21).
  26. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:50).
  27. ^ ビルマ市民フォーラム・田辺 (2015:16,18).
  28. ^ タントゥン、「ビルマの歴史の初まり」 大野徹『やさしいビルマ語読本』大学書林、1991年、54・153頁。
  29. ^ 岡野 (2012:171,176).
  30. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:406–8).
  31. ^ a b Jenny & San San Hnin Tun (2016:406).
  32. ^ a b c Jenny & San San Hnin Tun (2016:408).
  33. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:409).
  34. ^ a b c Jenny & San San Hnin Tun (2016:9).
  35. ^ 澤田英夫ビルマ語文法 (1年次)』、1999年、5頁。2019年12月23日閲覧。
  36. ^ a b Jenny & San San Hnin Tun (2016:9,55).
  37. ^ Jenny & San San Hnin Tun (2016:152–3).
  38. ^ 加藤 (2004:80,85).
  39. ^ 加藤 (2004:80,90,100).
  40. ^ 藪 (2009).
  41. ^ a b 加藤 (2004:85).
  42. ^ 大野 (2000:3).
  43. ^ 熱帯植物研究会 (1996:97).
  44. ^ 大野 (2000:369-370).
  45. ^ 村山 (2013).
  46. ^ 熱帯植物研究会 (1996:199,200).
  47. ^ a b 小学館ランダムハウス 第2版 編集委員会 (1994).
  48. ^ 大野 (2000:402).
  49. ^ a b 熱帯植物研究会 (1996:206).
  50. ^ 大野 (2000:666).



ビルマ語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:27 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 my
ISO639-2 bur,mya
ISO639-3 mya
SIL -

名詞

ビルマビルマご)

  1. ミャンマーで主に話されている言語ミャンマー語とも。表記にはビルマ文字使用する。

発音

翻訳




ビルマ語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビルマ語」の関連用語

ビルマ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビルマ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビルマ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビルマ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS