ギリシア語とは? わかりやすく解説

ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 03:43 UTC 版)

ギリシア語ギリシアご: Ελληνικά[eliniˈka]、または 希: Ελληνική γλώσσα[eliniˈki ˈɣlosa] ( 音声ファイル))は、インド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。 単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。 ギリシャ共和国キプロス共和国イスタンブールギリシャ人ギリシャじん居住区などで使用されており、話者は約1200万人[1][2]。 また、ラテン語とともに学名や各分野の専門用語にも使用されている。 漢字転写希臘語、さらにそれを省略し希語などと記される[注釈 1]地中海ひがしちちゅうかい諸地域における共通言語の一つとして3000年以上もの間、日常言語、あるいは文学作品や公式記録、外交文書の言語として重要な役割を果たしている。


注釈

  1. ^ なお、ヘブライ語(希伯来語)も希語と省略しうるが、現状、希語は、もっぱらギリシア語の意味で使われる。
  2. ^ 民衆の口語がギリシアの言葉と考え、主としてイオニア諸島の方言から収集し口語民衆語を提唱した。『開放された自由人』を参照。
  3. ^ 西海沖の地域を除く東域の諸島・北ギリシア本土・小アジアの当時の人々には、現地語とカサレヴサしか解する言語はなく、アテネ方言はまったく通じなかった。

出典

  1. ^ a b Modern Greek, UCLA Language Materials Project: Language Profiles, 2009年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c d Greek language, Columbia Encyclopedia(オンライン版)”. 2008年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月30日閲覧。
  3. ^ "Greek language", Encyclopædia Britannica (オンライン版)、2009年1月30日閲覧。
  4. ^ Robert Browning, Medieval and Modern Greek, Cambridge University Press, 2nd edition, 1983.
  5. ^ Arvaniti 1999, p. 2.
  6. ^ http://unicode.org/charts/PDF/U0370.pdf



ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 22:42 UTC 版)

アーサー王に関する書籍の一覧」の記事における「ギリシア語」の解説

老いた騎士(プレスビュス・ヒッポテス)』 (Presbys Hippotes1300年頃) - 短詩。この老騎士には、パラメデスガウェインランスロットトリスタンかなわない。。

※この「ギリシア語」の解説は、「アーサー王に関する書籍の一覧」の解説の一部です。
「ギリシア語」を含む「アーサー王に関する書籍の一覧」の記事については、「アーサー王に関する書籍の一覧」の概要を参照ください。


ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 14:23 UTC 版)

エリサベト (曖昧さ回避)」の記事における「ギリシア語」の解説

エリサベト - 新約聖書登場人物洗礼者ヨハネの母。本人物を由来としてヨーロッパ諸言語相当する女性名用いられるようになった

※この「ギリシア語」の解説は、「エリサベト (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「ギリシア語」を含む「エリサベト (曖昧さ回避)」の記事については、「エリサベト (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 06:44 UTC 版)

リングワ・フランカ」の記事における「ギリシア語」の解説

航海技術優れた古代ギリシア人地中海一帯植民市形成し、また通商携わったことからギリシア語は地中海地域広く用いられた。更にアレクサンドロス大王征服とそれを継承するヘレニズム諸王朝により、ギリシア語はエジプト西アジア支配層言語となる。ギリシア語の用いられ地域多く古代ローマ併呑されるが、ローマ文明学術面でギリシア文化を範としたことから、ギリシア語はローマで教養人必須科目であり、ローマ領域東部では依然ギリシア語が用いられ続けた新約聖書はギリシア語によりローマ帝国内で形成されものであるローマ帝国イタリア半島を含む国土西部失い東ローマ帝国枠組み成立すると、ギリシア語が東ローマ帝国における公用語として扱われるうになる。また帝国国教である東方正教会典礼語として、布教とともに帝国領外に普及していった。しかし、宗教文書現地語への翻訳東ローマ帝国領域縮小滅亡経てコミュニケーション言語という面でギリシア人民族語以上のものではなくなった。しかしながら、現在でも学術用語語彙においては、ギリシア語の単語多用されている。 なお、以上の「ギリシア語」は時代による変化大きく、必ずしも同一の言語とは言いがたい面もある。 「ギリシア語#歴史を参照

※この「ギリシア語」の解説は、「リングワ・フランカ」の解説の一部です。
「ギリシア語」を含む「リングワ・フランカ」の記事については、「リングワ・フランカ」の概要を参照ください。


ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 07:49 UTC 版)

中動態」の記事における「ギリシア語」の解説

古代ギリシア語には中動態がよく残っている。たとえば能動態 λούω(洗う)に対して中動態 λούομαι(自分を洗う)。 動詞によっては中動態のみが存在する。例: μάχομαι(戦う)。また、時制によって異なる態を持つことがある。たとえば、ἀκούω (聞く)は、現在形では能動態だが、未来では ἀκούσομαι と中動態になる。 形態の上ではアオリストおよび未来でのみ中動態受動態区別される現代ギリシア語おいても中動態残っており、たとえば能動態 λούζω((主に髪を)洗う)に対して中動態 λούζομαι(洗髪する)。

※この「ギリシア語」の解説は、「中動態」の解説の一部です。
「ギリシア語」を含む「中動態」の記事については、「中動態」の概要を参照ください。


ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 18:00 UTC 版)

モールス符号」の記事における「ギリシア語」の解説

ギリシア語のモールス符号欧文モールス符号と非常に似ている。ギリシア文字「Χ」を追加しラテン文字の「J、U、V」を使用していない二重母音符号については旧符号表には表記されるが、実際の通信使用されることは無く2つ母音文字送信するギリシャ文字ラテン文字符号ギリシャ文字ラテン文字符号ギリシャ文字ラテン文字符号Α A ・- Ι I ・・ Ρ R ・-・ Β B -・・・ Κ K -・- Σ S ・・・ Γ G --・ Λ L ・-・・ Τ T - Δ D -・・ Μ M -- Υ Y -・-- Ε E ・ Ν N -・ Φ F ・・-・ Ζ Z --・・ Ξ X -・・- Χ CH ---- Η H ・・・・ Ο O --- Ψ Q --・- Θ C -・-・ Π P ・--・ Ω W ・-- 二重母音HY V ・・・- YI J ・--- OY U ・・- OI 8 ---・・ EI S ・・・ AI Ä ・-・- AY Ü ・・-- EY Ö ---・

※この「ギリシア語」の解説は、「モールス符号」の解説の一部です。
「ギリシア語」を含む「モールス符号」の記事については、「モールス符号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ギリシア語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ギリシア語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 08:00 UTC 版)

名詞

ギリシア (ギリシア)

  1. おもにギリシア使われている言語現代ギリシア語
  2. 古代ギリシア語

類義語

翻訳


「ギリシア語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類

イタリアの言語 イタリア語  サルデーニャ語  ギリシア語  ヴェネツィア語  シチリア方言
トルコの言語 アバザ語  トルクメン語  アゼルバイジャン語  ギリシア語  ラズ語
ウクライナの言語 ガガウズ語  ロシア語  クリミア・タタール語  ハンガリー語  ギリシア語
グルジアの言語 グルジア語  アゼルバイジャン語  ギリシア語  メグレル語  ラズ語
エジプトの言語 アラビア語  ベジャ語  新エジプト語  アラビア語エジプト方言  ギリシア語
ギリシャの言語 トルコ語  マケドニア語  ブルガリア語  アルーマニア語  ギリシア語
キプロスの言語 トルコ語  古代ギリシア語  キュプロ・ミノア文字  ギリシア語
アルバニアの言語 マケドニア語  アルーマニア語  ゴーラ語  ギリシア語

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギリシア語」の関連用語

ギリシア語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギリシア語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギリシア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアーサー王に関する書籍の一覧 (改訂履歴)、エリサベト (曖昧さ回避) (改訂履歴)、リングワ・フランカ (改訂履歴)、中動態 (改訂履歴)、モールス符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのギリシア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS