専門用語とは? わかりやすく解説

専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 04:10 UTC 版)

専門用語(せんもんようご)とは、ある特定の職業に従事する者や、ある特定の学問の分野、業界等の間でのみ使用され、通用する言葉用語群である。テクニカルターム(英語 technical term)とも言われる。




「専門用語」の続きの解説一覧

専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 08:24 UTC 版)

(IT用語)関係データベース関係モデルにおけるむすびつき。⇒ 関係 (データベース) 数学における関係については関係 (数学)及び二項関係を参照哲学における関係については関係 (哲学)(英語版を参照

※この「専門用語」の解説は、「関係」の解説の一部です。» 「関係」の概要を見る


専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 01:10 UTC 版)

デジモンミニ デジモン入れて育て対戦させることのできる小型ゲーム機漫画の中で大変なヒット商品であり、実際に売られている。 デジモン・バトル・ターミナル 大きな町のゲームセンターにある、デジモンミニ専用ネット端末イス座りヘッドマウントディスプレーをかぶることで、CGデザインされリアルなデジモンと共に世界中テイマー対戦ができる。パソコン版もある。 テイマー デジモン使いデジタルモンスターシリーズゲームをする人。またはデジモンとともに戦うキャラクターのこと。 デジメモリ 全てそろえればデジタルワールド創造し直せると言われている世界記録リュウ(竜)、トリ)、ケモノ)、ミズ(水)、ムシ・クサキ(虫・草木)、キカイヘンイ(機械変異)、アンコク暗黒)、セイ(聖)がある。 後年アニメ作品である「デジモンクロスウォーズ」に登場するデジメモリとは別物である(漫画版では未登場)。 デジタマ デジモンの卵。デジタマには、人工卵アート)と自然卵(ナチュラル)の二種類がある。アートはデジモンミニの中で生まれデジタマナチュラルデジタルワールド自然的生まれたデジタマ。 現在、バルバモンホストコンピューター悪用したせいで、ナチュラルデジタマの数が激減してしまった。 アートデジモンは生きるためにテイマー愛情必須であり、テイマー捨てられてしまった者は徐々に衰弱して死んでしまう。

※この「専門用語」の解説は、「デジモンネクスト」の解説の一部です。» 「デジモンネクスト」の概要を見る


専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 05:51 UTC 版)

ヨーロッパでは、古代ローマ時代から「ベラム」という用語は、子牛子羊ヤギ、その他(馬、豚、ラクダロバ、鹿、リスウサギ・・・)などの皮から作られた高品質な紙の呼称として使用された。最高品質とされる「uterine vellum(ユータライン・ベラム、ウテリン・ベラム子宮ベラム」の意)」は、死産児胎児の皮から作られると言われていたが、若い動物の皮から作られたものにも使用されるしかしながらこれらの用語の境界については長い間ぼやけていた。

※この「専門用語」の解説は、「ベラム」の解説の一部です。» 「ベラム」の概要を見る


専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 04:49 UTC 版)

数学用語における形式一次形式 二次形式 斉次多項式(n 次形式双線型形式 多重線型形式 1形式 2形式 微分形式n 形式モジュラー形式 形相 - 哲学用語 書類書式フォーマットとも。 フォームオブジェクト(英語版) - コンピュータで、ユーザインタフェース受け持画面上オブジェクトフォーム (ウェブ) - ウェブデザイン要素一つウェブフォームとも。 スポーツ用語で、 投球フォーム投法)などスポーツ選手動きの型。 品種#form - 植物の分類楽式 - 音楽における楽曲の様式

※この「専門用語」の解説は、「フォーム (曖昧さ回避)」の解説の一部です。» 「フォーム (曖昧さ回避)」の概要を見る


専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:49 UTC 版)

カテゴリ略してカテ)」がそのまま「板」という意味になる。 「スレッドスレ)」に相当する単語は「トピック略してトピ)」。

※この「専門用語」の解説は、「Yahoo!掲示板」の解説の一部です。» 「Yahoo!掲示板」の概要を見る


専門用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:49 UTC 版)

カテゴリ略してカテ)」がそのまま「板」という意味になる。 「スレッドスレ)」に相当する単語は「トピック略してトピ)」。

※この「専門用語」の解説は、「Yahoo!掲示板」の解説の一部です。» 「Yahoo!掲示板」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「専門用語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「専門用語」に関係したコラム

  • FXの口座明細の証拠金や維持率とは

    FX(外国為替証拠金取引)の口座明細には、証拠金や維持率のような専門用語が使われています。ここでは、それらの用語の意味や計算方法について解説します。建玉可能金額(たてぎょくかのうきんがく)新規に建玉(...

  • 株365の取引で用いられる用語

    株365の取引画面や取引明細書に記載されている専門用語の意味や計算方法について解説をします。▼総資産証拠金預託金額と建玉の損益を合計した金額です。総資産=証拠金預託金額+建玉損益▼証拠金預託金額購入前...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

専門用語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



専門用語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの専門用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの関係 (改訂履歴)、デジモンネクスト (改訂履歴)、ベラム (改訂履歴)、フォーム (曖昧さ回避) (改訂履歴)、Yahoo!掲示板 (改訂履歴)、Yahoo!掲示板 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS