本棚とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 本棚の意味・解説 

ほん‐だな【本棚】

読み方:ほんだな

書物をのせておく書棚


本棚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:43 UTC 版)

本棚(ほんだな、bookshelf)とは、書物を収納する事を目的としたのこと[1]


  1. ^ ラテン語armariumはキケロウィトルウィウスなどによって貴重品や本、家財道具などをしまい込む家具を指して使用されていた[25]
  1. ^ 本棚『デジタル大辞泉』”. goo辞書. 2020年9月24日閲覧。
  2. ^ 本棚『類語例解辞典』”. goo辞書. 2020年9月24日閲覧。
  3. ^ 『本棚の歴史』p.17
  4. ^ a b 『本棚の歴史』p.18
  5. ^ ブックエンド『デジタル大辞泉』”. goo辞書. 2020年9月24日閲覧。
  6. ^ 『本棚の歴史』pp.18-19
  7. ^ 『清く正しい本棚の作り方』pp.16-17
  8. ^ a b c d 『清く正しい本棚の作り方』p.16
  9. ^ 『清く正しい本棚の作り方』p.19
  10. ^ 『清く正しい本棚の作り方』p.27
  11. ^ a b 『清く正しい本棚の作り方』p.17
  12. ^ 『本棚の歴史』p.91
  13. ^ 『清く正しい本棚の作り方』p.18
  14. ^ 『本棚の本』p.31
  15. ^ 『本棚の本』p.48
  16. ^ 『本棚の本』p.43
  17. ^ 『本棚の本』p.47
  18. ^ 『本棚の本』p.13
  19. ^ 『本棚の本』p.8
  20. ^ 『本棚の歴史』p.25
  21. ^ 『本棚の歴史』p.27
  22. ^ 『本棚の歴史』p.28
  23. ^ 『本棚の歴史』p.29
  24. ^ 『The Medieval Book: Illustrated from the Beinecke Rare Book and Manuscript Library』p.8
  25. ^ 『The Care of Books: An Essay on the Development of Libraries and Their Fittings, from the Earliest Times to the End of the Eighteenth Century』p.37
  26. ^ 『本棚の歴史』p.32
  27. ^ 『本棚の歴史』p.42
  28. ^ 『本棚の歴史』p.46
  29. ^ 『本棚の歴史』pp.46-47
  30. ^ 『本棚の歴史』p.67
  31. ^ 『The Care of Books: An Essay on the Development of Libraries and Their Fittings, from the Earliest Times to the End of the Eighteenth Century』p.132
  32. ^ 『本棚の歴史』p.69
  33. ^ 『The Chained Library: A Survey of Four Centuries in the Evolution of the English Library』pp.xiii-xiv
  34. ^ 『本棚の歴史』p.78
  35. ^ 『本棚の歴史』p.81
  36. ^ 『本棚の歴史』p.79
  37. ^ 『本棚の歴史』p.82
  38. ^ 『本棚の歴史』p.85
  39. ^ a b 『本棚の歴史』p.86
  40. ^ 『本棚の歴史』p.88
  41. ^ 『本棚の歴史』p.89
  42. ^ a b c 『本棚の歴史』p.96
  43. ^ 『本棚の歴史』p.97
  44. ^ a b 『本棚の歴史』p.100
  45. ^ a b 『本棚の歴史』p.111
  46. ^ 『The Various and Ingenious Machines of Agostino Ramelli (1588). Translated and edited by Martha Teach Gnudi and Eugene S.Ferguson』p.508
  47. ^ 『本棚の歴史』p.116
  48. ^ 『The Origins of the English Library』p.130
  49. ^ 『本棚の歴史』p.134
  50. ^ 『本棚の歴史』p.137
  51. ^ 『本棚の歴史』p.140
  52. ^ 『本棚の歴史』pp.140-141
  53. ^ a b 『マス・コミュニケーション研究-第73号』p.47
  54. ^ 『家具』pp.241-245
  55. ^ 『マス・コミュニケーション研究-第73号』p.48
  56. ^ 横浜国大国語研究「所蔵される書物 : 円本ブームと教養主義」塩原亜紀、2002年
  57. ^ a b 『本棚の歴史』p.219
  58. ^ 『本棚の歴史』p.228
  59. ^ 『On Books and the Housing of Them, Nineteenth Century XXVII』p.396
  60. ^ 『本棚の歴史』p.237
  61. ^ 『本棚の歴史』p.238
  62. ^ 『本棚の歴史』p.239
  63. ^ a b 『本棚の歴史』p.245
  64. ^ a b c 『本棚の歴史』p.262


「本棚」の続きの解説一覧

本棚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:27 UTC 版)

那須塩原市図書館」の記事における「本棚」の解説

1階の本棚は60×48 cm基本とした箱を多数組み合わせたもので、森の中で木立の間から先を見通すかのように隙間から視線抜けるようにしている。外から見られることを意識し、本棚をハの字形配置している。1階配架する本は「ローカル」と「リアルタイム」をテーマしており、ブックディレクターの幅允孝図書館員選書した本を飾るように置き、本の詰まっていないが多い。また、本から抜き出した1文が随所ディスプレイされている2階の本棚は中央のブラウジングコーナーを中心に放射状に配置している。日本十進分類法に沿って並んでおり、ブラウジングコーナーに立って周囲見渡せば目的本にたどり着けるようにしている。本棚は背を低く抑えられ表紙見えるように置かれている本が多い。ブラウジングコーナーを賑いの場として、端の方へ行くほど静かになるように工夫されており、窓際の席1人くつろげるスペースとなっている。

※この「本棚」の解説は、「那須塩原市図書館」の解説の一部です。
「本棚」を含む「那須塩原市図書館」の記事については、「那須塩原市図書館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「本棚」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

本棚

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:46 UTC 版)

この単語漢字
ほん
第一学年
たな > だな
常用漢字
重箱読み

名詞

(ほんだな)

  1. 書物)などを置いておくための

発音(?)

類義語

翻訳


「本棚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



本棚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

本棚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本棚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本棚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの那須塩原市図書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの本棚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS