タイ語とは? わかりやすく解説

タイ‐ご【タイ語】

読み方:たいご

シナ‐チベット諸語の一。広義には中国南部インドシナ半島などで話されるタイ族言語をさし、狭義にはタイ王国国語をさす。単音節語的で声調をもつなど、中国語に近い特徴をもつ。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/19 10:01 UTC 版)

中央タイ語は、タイ王国公用語。短縮形はタイ語(タイご、 ภาษาไทย[ヘルプ/ファイル] [pʰāːsǎː tʰāi])。タイ・カダイ語族カム・タイ語派に属する。


注釈

  1. ^ 北部タイ諸語とは異なる。
  2. ^ 中央タイ諸語とは異なる。
  3. ^ 参考:タイ南部で話されるマレー語の方言はジャウィ語(ヤーウィー語)という。

出典

  1. ^ 『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄大学書林
  2. ^ 『国民語が「つくられる」とき-ラオスの言語ナショナリズムとタイ語』、ブックレット《アジアを学ぼう》11、矢野順子
  3. ^ 平野 (2005:106-107, 110-111).



タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 18:47 UTC 版)

ももくり」の記事における「タイ語」の解説

2015年4月23日より、タイ版comicoで『โมโมะคุริ』が連載されている。

※この「タイ語」の解説は、「ももくり」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「ももくり」の記事については、「ももくり」の概要を参照ください。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 20:45 UTC 版)

よつばと!」の記事における「タイ語」の解説

『โยทสึบะ หนูเด๋อจอมป่วน! 』として2006年からバンコクNED Comics刊行している。

※この「タイ語」の解説は、「よつばと!」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「よつばと!」の記事については、「よつばと!」の概要を参照ください。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:57 UTC 版)

カメ」の記事における「タイ語」の解説

タイ語ではเต่า(taoタウ)といい、タイ文字の「ต」の名称「ต เต่า」(to tao、トータウ、意味は「亀のトー」)となっている。

※この「タイ語」の解説は、「カメ」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「カメ」の記事については、「カメ」の概要を参照ください。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 09:53 UTC 版)

シーサモン・コンパン」の記事における「タイ語」の解説

著作多数

※この「タイ語」の解説は、「シーサモン・コンパン」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「シーサモン・コンパン」の記事については、「シーサモン・コンパン」の概要を参照ください。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 06:02 UTC 版)

パングラム」の記事における「タイ語」の解説

一例挙げる

※この「タイ語」の解説は、「パングラム」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「パングラム」の記事については、「パングラム」の概要を参照ください。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 14:28 UTC 版)

黙字」の記事における「タイ語」の解説

黙字符号 ์ (การันต์, ガラン)を付した文字発音しない。例:ดวงอาทิตย์(duuang aa-tít, 太陽

※この「タイ語」の解説は、「黙字」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「黙字」の記事については、「黙字」の概要を参照ください。


タイ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/21 02:27 UTC 版)

声調記号」の記事における「タイ語」の解説

タイ語のタイ文字には4種声調記号่ (マイエーク)、้ (マイトー)、๊(マイトリー)、๋(マイチャッタワー)がある。 また、タイ語の元となったラーオ文字にも声調記号存在する

※この「タイ語」の解説は、「声調記号」の解説の一部です。
「タイ語」を含む「声調記号」の記事については、「声調記号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タイ語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

タイ語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:23 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 th
ISO639-2 tha
ISO639-3 tha
SIL -

名詞

タイ語タイご)【漢字表記:泰語

  1. タイ・カダイ語族属すタイ王国での公用語言語表記にはタイ文字使用する
  2. タイ・カダイ語族下位分類であるタイ語群の略称。タイ国内の中央タイ語(標準語)、北タイ語南タイ語イーサーン語タイ国外話されるラーオ語シャン語ルー語などを含む。

翻訳


「タイ語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タイ語」の関連用語

タイ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タイ語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのももくり (改訂履歴)、よつばと! (改訂履歴)、カメ (改訂履歴)、シーサモン・コンパン (改訂履歴)、パングラム (改訂履歴)、黙字 (改訂履歴)、声調記号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタイ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS