国語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 国語 > 国語の意味・解説 

こく‐ご【国語】

一国主体をなす民族が、共有し、広く使用している言語。その国の公用語共通語

日本の言語日本語

国語科」の略。「国語の先生

外来語漢語に対して日本固有の言葉和語大和(やまと)言葉

[補説] 書名別項。→国語


こくご【国語】

中国の歴史書。21巻。左丘明の著といわれる未詳春秋時代中心とする周・(ろ)・斉・晋・鄭(てい)・(そ)・呉・越各国別の記録。「春秋左氏伝」と並び称された。春秋外伝


こく‐ご【国語】

1 〔名〕

① ある一国における共通語または公用語。その国民主流をなす民族歴史的用いてきた言語で、方言含めてもいう。

解体新書(1774)一「凡有物必有羅甸国語今所直訳、悉用和蘭国語也」

② 特に、日本の言語日本語みくにことば邦語

随筆秉燭譚1729)二「日本にて文尾に必あなかしこと書き〈略〉あなとは国語にて発語の音、かしことはおそるることなり

借用によらない、日本固有の語。漢語外来語に対していう。和語やまとことば

寄合ばなし(1874)〈榊原伊祐〉初「国語(コクゴ)で言へばつひわかる事を、漢語でむづかしくいふて」

学校教育教科一つ日本の言語および言語文化取り扱う。「漢文」と対置または併称され、またこれを内容に含む場合がある。〔文部省布達番外明治五年(1872九月八日

2 中国史書二一巻。太史左丘明の著と伝えるが未詳春秋時代の八か国の歴史国別に記したもので、周語三巻、語二巻、斉語一巻晉語九巻、鄭語一巻語二巻、呉語一巻越語二巻から成る。呉の韋昭(いしょう)の注がある。盲史。外伝春秋外伝。左氏外伝


くに‐ことば【国言葉・国詞・国語】

〔名〕

① ある一国共通語または公用語。こくご。

百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「或は日より干(ひる)となり(干は中性)、或は日の働きなる通韵にして干(ほす)と変するが如き、皆我が国語(クニコトバ)の derivation なるものなり

借用によらない固有の日本語漢語に対していう。

言文一致会議案‐明治三四年(1901)二月二日「国言葉と漢語と同じ意味で並び行われて居るものわ、国言葉の方を用いること」

③ ある人の出身地方言故郷のことば。

俳諧也哉抄(1774)「あやしの俚語(さとことば)聞とりがた方言(クニコトバ)までも、心のゆくままに打出ものなれば」


国語

作者岡松和夫

収載図書少年飛行兵の絵
出版社講談社
刊行年月2005.8


国語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 10:15 UTC 版)

国語(こくご、: National language: Langue nationale)は、その国家を代表する言語で、公の性格を担う言語のことを指す[1]


注釈

  1. ^ 同じ文字の単語として、紀元前の中国で成立した歴史書「国語」があるが、この書名の「国」は特定の国ではなく「諸国」を、「語」は語る手段としての言語ではなく「語られた内容」を指し、本稿の「国語」とは全く意味が異なる。
  2. ^ ただし、ベトナムにおける「國語」はベトナム語を表記するラテン文字を指し、意味的には「国字」に近い。

出典

  1. ^ a b c d e 「国語」『言語学大辞典』546頁。
  2. ^ 高島俊男『本が好き、悪口言うのはもっと好き』文藝春秋、1998年。
  3. ^ 紀の国の先人たち 三宅 米吉|和歌山県ホームページ Archived 2011年4月29日, at the Wayback Machine.
  4. ^ あいさつ | 日本語学会


「国語」の続きの解説一覧

国語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:57 UTC 版)

名詞

(こくご)

  1. その国で話されている公用語共通語母国語
  2. 日本日本語
  3. 日本学校教育における日本語教科国語科

翻訳

固有名詞

(こくご)

  1. 春秋時代中国を扱った歴史書

参考




国語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国語」の関連用語

国語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS