科目とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 教育 > 科目 > 科目の意味・解説 

か‐もく〔クワ‐〕【科目】

読み方:かもく

いくつか分けたそれぞれの項目。「予算—」

学問区分。特に、学校で教科分野別分類したもの。課目。「選択—」

古く中国での官吏登用試験類別。→科挙


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 10:30 UTC 版)

科目(かもく)とは、あるものを区分した1つのことである。




「科目」の続きの解説一覧

科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/28 22:30 UTC 版)

あん摩マッサージ指圧師教員」の記事における「科目」の解説

講義総合1155時間演習総合240時間実習総合360時間合計1755時間行われる基礎科目 人文科学講義30時間社会科学講義30時間自然科学講義30時間保健体育講義15時間、実習45時間合計60時間外国語講義30時間演習60時間合計90時間教育学 教育原理講義60時間教員心理講義60時間教育技法講義60時間演習30時間合計90時間教育実習実習90時間教育法規講義15時間) 専門科目 基礎医学解剖学講義60時間実習45時間合計105時間生理学講義60時間実習45時間合計105時間病理学講義90時間衛生学講義45時間生化学講義45時間臨床科目診察概論講義90時間臨床総論及び臨床各論講義150時間演習120時間合計270時間漢方概論講義75時間経穴概論講義45時間演習30時間合計75時間あん摩マッサージ指圧理論講義30時間臨床実習あん摩マッサージ指圧実技実習135時間関連科目 医事法規・関係法規講義60時間医学史講義30時間経営管理学(講義30時間統計学講義15時間)

※この「科目」の解説は、「あん摩マッサージ指圧師教員」の解説の一部です。
「科目」を含む「あん摩マッサージ指圧師教員」の記事については、「あん摩マッサージ指圧師教員」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/05 00:46 UTC 版)

シージェップ」の記事における「科目」の解説

CEGEPでの課程選択大学目標とする学科に応じて決められるいずれの課程でも人文科学Humanities)*、英語(英語系の場合)、仏語体育必修となっている。(*仏語CEGEP人文科学代わりに哲学(Philosophie)、ただし日本の"倫理"教科とは違い実在の事象抽象化し哲学的に議論して論文化する事が求められる。) また、生涯学習プログラムでは仏語・英語等の語学コースなど提供され一般市民学習することができる。

※この「科目」の解説は、「シージェップ」の解説の一部です。
「科目」を含む「シージェップ」の記事については、「シージェップ」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/07 08:14 UTC 版)

FHSST」の記事における「科目」の解説

FHSSTは主に、日本の高校1年生から高校3年生相当する物理化学数学扱っている

※この「科目」の解説は、「FHSST」の解説の一部です。
「科目」を含む「FHSST」の記事については、「FHSST」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 13:53 UTC 版)

10min.ボックス」の記事における「科目」の解説

2008年度放送内容公式サイトを参照

※この「科目」の解説は、「10min.ボックス」の解説の一部です。
「科目」を含む「10min.ボックス」の記事については、「10min.ボックス」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 13:54 UTC 版)

農業 (教科)」の記事における「科目」の解説

農業に関する学科」における「原則履修科目」(2科目)「農業環境」「課題研究」 「農業に関する学科」における「共通的な基礎科目」(2科目)「総合実習」「農業情報処理」 「農業に関する学科」における「選択的な基礎科目」 (5科目)「作物」「野菜」「果樹」「草花各分野に関する科目畜産 - 家畜の飼育と畜産経営について学習させる科目であり,畜産物生産など主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 農業経営 - 農業経営設計管理について学習させる科目であり,農業生産など主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 農業機械 - 農業機械取扱い維持管理及び利用について学習させる科目であり,農産物生産など主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 食品製造 - 食品の製造について学習させる科目であり,主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 食品化学 - 食品成分分析検査について学習させる科目であり,主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 微生物利用 - 食品関連する微生物利用制御及び微生物に関するバイオテクノロジーについて学習させる科目であり,主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 植物バイオテクノロジー - 植物に関するバイオテクノロジーについて学習させる科目であり,主としてバイオテクノロジー関連する分野属する科目 動物バイオテクノロジー - 動物バイオテクノロジー実験動物の飼育・管理について学習させる科目であり,主としてバイオテクノロジー関連する分野属する科目 農業経済 - 農業及び食品産業経済活動について学習させる科目であり,主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 食品流通 - 農産物農産物原料とする食品流通について学習させる科目であり,主として農業経営食品産業に関する分野属する科目 森林科学 - 森林育成保全木材生産について学習させる科目であり,主として環境創造素材生産に関する分野属する科目 森林経営 - 森林経営における測定計画管理について学習させる科目であり,主として環境創造素材生産に関する分野属する科目 林産物利用 - 林産物加工利用について学習させ,木材環境負荷少なく再生産可能な資源であることを理解させる科目 農業土木設計 - 農業土木事業計画重要性理解させるとともに基礎的な農業土木構造物設計について必要な知識技術学習させる科目 農業土木施工 - 農業土木事業具体的に実現させるために,農業土木施工について必要な知識技術学習させる科目 水循環 - 地球上で絶え循環するについて学習させる科目であり,主として環境創造素材生産に関する分野属する科目。主に水理学を学ぶ。 造園計画 - 造園計画と設計について学習させる科目であり,主として環境創造素材生産に関する分野属する科目 造園技術 - 造園施工と管理について学習させる科目であり,主として環境創造素材生産に関する分野属する科目 環境緑化材料 - 環境緑化のための植物の育成造園空間構成使用する材料について学習させる科目 測量 - 測量及び進展する地理空間情報技術学習させる科目であり,主として環境創造素材生産に関する分野属す科目 生活用 - 園芸作物社会動物活用について学習させる科目であり,主としてヒューマンサービス関連する分野属する科目 グリーンライフ - 農林業農山村特色地域資源有用性理解し地域根ざした事業振興するための学習をさせる科目 このほか様々な学校設定科目」が設定される

※この「科目」の解説は、「農業 (教科)」の解説の一部です。
「科目」を含む「農業 (教科)」の記事については、「農業 (教科)」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 06:08 UTC 版)

香港中学文憑」の記事における「科目」の解説

これに対する旧制三二二三学制が[要説明]、新制新設の科目が数多くある。日本語などの外国語新設されている。 大学入試のために、中国語、英語、数学、通識(一般教養)が必修の科目となっているが、若しくは中国語(主に広東語北京語)を母語していない人は、英語以外外国語の及格は中国語及格として扱い特例措置がある(中国語必修となくなること)。ただし、一部大学ではその措置認めていない、他の中国語テスト国際中等普通教育証明書(IGCSE)の中国語試験)などの及格が必要。

※この「科目」の解説は、「香港中学文憑」の解説の一部です。
「科目」を含む「香港中学文憑」の記事については、「香港中学文憑」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 10:08 UTC 版)

工業 (教科)」の記事における「科目」の解説

2013年入学者より適用される学科目。 「工業に関する学科」における「原則履修科目」(2科目)「工業技術基礎」「課題研究」 「工業に関する学科」における「共通的な基礎科目」(4科目)「実習」「製図」「工業数理基礎」「情報技術基礎」 「工業に関する学科」における「選択的な基礎科目」 (4科目)「材料技術基礎」「生産システム技術」「工業技術英語」「工業管理技術各分野に関する科目(51科目)都市工学科 環境工学基礎 機械工機械設計 原動機 電子機械 電子機械応用 自動車工学 自動車整備 電気基礎 電気機器 電力技術 電子技術 電子回路 電子計測制御 通信技術 電子情報技術 プログラミング技術 ハードウェア技術 ソフトウェア技術 マルチメディア応用 建築構造 建築施工 建築構造設計 建築計画 建築法設備計画 空気調和設備 衛生防災設備 測量 土木施工 土木基礎力土木構造設計 社会基盤工学 工業化学 化学工学 地球環境化学 材料製造技術 工業材料 材料加工 セラミック化学 セラミック技術 セラミック工業 繊維製品 繊維染色技術 染織デザイン インテリア計画 インテリア装備 インテリアエレメント生産 デザインデザイン技術 デザイン材料

※この「科目」の解説は、「工業 (教科)」の解説の一部です。
「科目」を含む「工業 (教科)」の記事については、「工業 (教科)」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 09:49 UTC 版)

教職課程」の記事における「科目」の解説

教育職員免許状授与を受けるのに必要な科目は、教職課程有する学科等授業科目として開講される。これらの授業科目の名称は、各大学定めることとなっているため、各大学授業科目の名称が異なっている。 学力に関する証明書発行都合上平成31年以降入学者の科目区分を「新法」、平成12年度から平成30年度までの入学者の科目区分を「旧法」、平成11年度以前入学者平成9年度以前入学者は、介護等の体験不要)の科目区分を「旧々法」、それ以前1級免許状2級免許状時代の科目区分を「旧々々法」と呼ぶことがあり、旧区分(あるいは旧々区分、旧々々区分)で単位修得の者が新たに大学編入等で別の校種免許状単位修得する際には、新し区分相当する読み替え」を行った証明が必要となる。

※この「科目」の解説は、「教職課程」の解説の一部です。
「科目」を含む「教職課程」の記事については、「教職課程」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 16:16 UTC 版)

フォルケスコーレ」の記事における「科目」の解説

科目は「文科系」「実技/芸術系」「理系」の3つの領域分かれている。「文系」ではデンマーク語全学年)、英語(3~9年生)、宗教全学年)、歴史(3~9年生)、社会8、9年生)が、「実技/芸術系」では体育全学年)、音楽(1~6年生)、ビジュアルアーツ(視覚芸術)(1~5年生)が、「理系」では数学全学年)、自然科学(1~6年生)、地理学(7~9年生)、生物学(7~9年生)、物理学/科学(7~9年生)が教えられている。7年生からドイツ語フランス語を学ぶ。その他、交通安全教育、健康/性/家庭教育職業教育義務として教えられる

※この「科目」の解説は、「フォルケスコーレ」の解説の一部です。
「科目」を含む「フォルケスコーレ」の記事については、「フォルケスコーレ」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 15:03 UTC 版)

地理」の記事における「科目」の解説

詳細は「地理 (科目)」および「地理歴史を参照地理」は、日本の学校設置されている、「人間の生活に影響を与える地域的社会的な構造」を学ぶための科目である。自然環境産業環境などを含む環境学習対象としている。小学校および中学校においては歴史公民並び社会科一分野である。高等学校においては最近は地理歴史科」という教科の中の一科目となっており、「地理A」「地理B」に細分されている。

※この「科目」の解説は、「地理」の解説の一部です。
「科目」を含む「地理」の記事については、「地理」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 14:00 UTC 版)

地理歴史」の記事における「科目」の解説

地理歴史科発足以来学習指導要領では、地理日本史世界史各分野について、標準単位数2単位の科目と標準単位数4単位の科目の2種類それぞれ用意され地理歴史科は以下の6科目で構成されている。 地理A標準単位数2単位地理B標準単位数4単位日本史A(標準単位数2単位日本史B(標準単位数4単位世界史A(標準単位数2単位世界史B(標準単位数4単位原則として、以下の1および2の内容をすべて満たすこと必要である。 「地理A」「地理B」「日本史A」「日本史B」から1科目を選択必修世界史A」「世界史B」から1科目を選択必修 すなわち、世界史必修で、加えて地理日本史どちらか少なくとも1つ選択履修することになる。なお、地理歴史科属す各科目の履修学年履修順序指定されていない多くの学校ではA科目とB科目を一つずつ世界史を含むように教育課程組んでいる。そしてB科目を入試選択科目として受験するため重点的に学習する新しい学指導要領2022年度から年次進行実施予定)では地理総合歴史総合地理探究日本史探究世界史探究再編される。このうち地理総合歴史総合の2科目は必修である。必履修科目地理総合」および「歴史総合」の履修学年指定されていない一方で選択科目となる「探究」科目については、「地理探究」は「地理総合」を履修したあとに、「日本史探究」「世界史探究」は「歴史総合」を履修したあとに履修することができると指定されている。

※この「科目」の解説は、「地理歴史」の解説の一部です。
「科目」を含む「地理歴史」の記事については、「地理歴史」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 06:56 UTC 版)

大韓民国の入学試験」の記事における「科目」の解説

大学修学能力試験国語領域数学領域、英語領域韓国史領域探究領域第2外国語·漢文領域構成されている。理科文科数学領域探求領域以外には同じ問題を解く国語領域韓国語能力を評価する領域である。話法作文文法文学読書パートがある。 数学領域理科の場合は数学Ⅰ微積分確率統計パートで、文科の場合は数学Ⅰ数学Ⅱ確率統計パート構成されている。 英語領域はリスニングパートと読解パート構成されている。 韓国史領域受験しなければ成績表無効になるしたがって、すべての学生受験しなければならない難易度は低い方である。 探究領域には科学探究領域, 社会探究領域, 職業探究領域がある。受験生三つ領域のうち一つ領域選択し一つ領域から二つの科目を選択して受験する。ただ、職業探究領域の場合、特性高校専門高校)を卒業した者だけが受験できる。科学探究領域理系生徒受験する領域である。物理Ⅰ、化学Ⅰ、生命科学Ⅰ、地球科学Ⅰ、物理化学生命科学地球科学がある。ほとんどの大学は同じ教科のⅠと科目を同時に選択することを禁じている。科目の場合、ソウル大学校韓国科学技術院志願する学生だけが受験するため、非常に熾烈である。 社会探究領域文系生徒受験する領域である。生活と倫理倫理思想韓国地理世界地理東アジア史世界史経済政治と法、社会·文化がある。 職業探究領域特性高校専門高校)の生徒受験する領域である。農業理解農業基礎技術工業一般基礎制度商業経済会計原理海洋理解水産·海運産業基礎人間発達、生活サービス産業理解がある第二外国語·漢文領域の場合、主に文系受験する領域1つの科目を選択して受験するドイツ語Ⅰ、フランス語Ⅰ、スペイン語Ⅰ、中国語Ⅰ、日本語Ⅰ、ロシア語Ⅰ、アラビア語Ⅰ、ベトナム語Ⅰ、漢文Ⅰがある。

※この「科目」の解説は、「大韓民国の入学試験」の解説の一部です。
「科目」を含む「大韓民国の入学試験」の記事については、「大韓民国の入学試験」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 00:59 UTC 版)

韓国デジタルメディア高等学校」の記事における「科目」の解説

科目はほとんど毎年変わり、特にIT関連科目は毎年変化がある一般的な学校より標準教育課程影響少ない。学年上がるIT関連科目が多くなるのが特徴である。

※この「科目」の解説は、「韓国デジタルメディア高等学校」の解説の一部です。
「科目」を含む「韓国デジタルメディア高等学校」の記事については、「韓国デジタルメディア高等学校」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 02:12 UTC 版)

英語 (教科)」の記事における「科目」の解説

コミュニケーション英語(基礎, I , II, III, うち I が必修)」- 聞く、話す、読む、書くを総合的に学習英語表現(I, II)」- 話す・書くを中心とした表現活動学習英語会話」 - 聞く・話すを中心とした会話活動学習旧教課程オーラルコミュニケーションを主に継承 原則として授業を英語で行う。

※この「科目」の解説は、「英語 (教科)」の解説の一部です。
「科目」を含む「英語 (教科)」の記事については、「英語 (教科)」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 09:34 UTC 版)

勤労者通信大学」の記事における「科目」の解説

基礎理論コース - 科学的社会主義マルクス主義)の基礎理論哲学経済学マルクス経済学)、階級闘争理論3分野を体系的に学ぶ。 労働組合コース - 労働組合運動理論労働組合基本的3原則労働基本権組織拡大組合運営などを学ぶ。労使協調主義には批判的な内容である。 憲法コース - 日本国憲法3原則憲法改正をめぐる情勢改憲勢力への批判特徴とする。2006年から始まった2021年度受講案内にない。 入門コース - 2018年から始まった資本主義社会現状把握民主的活動について簡潔に学ぶ。

※この「科目」の解説は、「勤労者通信大学」の解説の一部です。
「科目」を含む「勤労者通信大学」の記事については、「勤労者通信大学」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 03:21 UTC 版)

神奈川県立横浜清陵総合高等学校」の記事における「科目」の解説

産業社会と人間 - 1年次必履修科目社会人の方々を学校招き話を聞く社会人講話や、実際に働いている現場見学する事業所見学同日希望者にはジョブシャドウを実施)などを通し自己見つめなおし、将来職業選択備え授業後半には、発表際にPowerPointを使う場面があり、情報授業連動してスライド作り方や、発表仕方を学ぶ。 コミュニケーション - 2年次必履修科目2年生全員が行インタビュー実習として進む授業インタビュー実習とは、一人ひとり自分でインタビューしたい人を決め、自らアポイントメント取り一人でインタビュー聞きに行くというもの。このインタビュー実習その前に行われるコミュニケーションスキルトレーニングなどを通して今後社会生きていくために重要なコミュニケーション力を養う。 視点 - 2年次必履修科目3年次探求活動前段階として、小論文書き方を学ぶための授業また、仕事をする上での様々な視点について、外部講師招き話を聞いたりする。後半3年次探求向けて活動を行う。 探求 - 3年次必履修科目1年を通して自分で決めたテーマに沿って調べたり成果物作成したりする授業生徒テーマによって各系列科目に割り振られその中でホームベースという括り作って1年間その中で活動する。ただし、授業時間活動に関してはそれに縛られることなく事前に申請をすれば探求時間活用してどこかに出かけることもできる(例えば、絵画について調べているので美術館見に行く、など)。最終的には全員論文提出と、1年間成果発表をする。

※この「科目」の解説は、「神奈川県立横浜清陵総合高等学校」の解説の一部です。
「科目」を含む「神奈川県立横浜清陵総合高等学校」の記事については、「神奈川県立横浜清陵総合高等学校」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 11:12 UTC 版)

GCSE」の記事における「科目」の解説

現在のGCSEの科目一覧は、改革より大幅に少なくなっている。これは、英国における新たな学位認定では、各科目について規制当局たる Ofqual が設定したコア要件あるためである。このため英国の1国でしか利用できないものや、ある認定機関だけが認定している科目もある。以下のリストは、認定機関Webサイトから入手したものに基づく。

※この「科目」の解説は、「GCSE」の解説の一部です。
「科目」を含む「GCSE」の記事については、「GCSE」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 16:31 UTC 版)

受胎調節実地指導員」の記事における「科目」の解説

下記の40時間講習を行う総論9時間) 受胎調節意義と目的 母体保護受胎調節 関連概念整理 母体保護法び薬機法解説 人工妊娠中絶現状母体及ぼ影響 受胎調節基礎5時間) 受胎調節指導13時間) 実習10時間) 実習模型又は人体で行うものとし、実習必要な模型3人に1個、モデル3人1人基準とする。 討論2時間考査1時間

※この「科目」の解説は、「受胎調節実地指導員」の解説の一部です。
「科目」を含む「受胎調節実地指導員」の記事については、「受胎調節実地指導員」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/01/30 06:20 UTC 版)

国民科」の記事における「科目」の解説

国民科次の科目に分節される。郷土観察国史地理基礎である。 修身 国語 地理(初等科5年以上) 国史(初等科5年以上) 郷土観察(初等科4年のみ)

※この「科目」の解説は、「国民科」の解説の一部です。
「科目」を含む「国民科」の記事については、「国民科」の概要を参照ください。


科目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/03 09:31 UTC 版)

芸能科」の記事における「科目」の解説

芸能科次の科目に分節される。 音楽 習字 図画 工作初等科3年以上) 家事高等科女子のみ) 裁縫初等科4年上女子のみ)

※この「科目」の解説は、「芸能科」の解説の一部です。
「科目」を含む「芸能科」の記事については、「芸能科」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「科目」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

科目

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:59 UTC 版)

名詞

(かもく)

  1. 全体いくつか分けた区分項目
  2. 教育日本の学校教育で、教科をさらに細分化した下位区分

発音(?)

か↗もく

関連語

複合語:勘定科目必修科目


「科目」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



科目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



科目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの科目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあん摩マッサージ指圧師教員 (改訂履歴)、シージェップ (改訂履歴)、FHSST (改訂履歴)、10min.ボックス (改訂履歴)、農業 (教科) (改訂履歴)、香港中学文憑 (改訂履歴)、工業 (教科) (改訂履歴)、教職課程 (改訂履歴)、フォルケスコーレ (改訂履歴)、地理 (改訂履歴)、地理歴史 (改訂履歴)、大韓民国の入学試験 (改訂履歴)、韓国デジタルメディア高等学校 (改訂履歴)、英語 (教科) (改訂履歴)、勤労者通信大学 (改訂履歴)、神奈川県立横浜清陵総合高等学校 (改訂履歴)、GCSE (改訂履歴)、受胎調節実地指導員 (改訂履歴)、国民科 (改訂履歴)、芸能科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの科目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS