数学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 数学 > 数学の意味・解説 

すう‐がく【数学】

読み方:すうがく

数量および空間図形性質について研究する学問算術代数学幾何学解析学微分学積分学などの総称

学校教科の一。数学科。「―の教師

「数学」に似た言葉

数学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/19 14:41 UTC 版)

数学(すうがく、 :Mathematics)とは、図形などに関する学問である[1]。数学は形式科学に分類され、自然科学とは区別される。


注釈

  1. ^ 諳厄利亜語林大成』における読み仮名は「アリトメテイーク」。
  2. ^ 諳厄利亜語林大成』では「算術數学」の意とされている。
  3. ^ 諳厄利亜語林大成』では mathematicks と綴られている。また読み仮名として「マテイマテイツキ」が当てられている。

出典

  1. ^ ニッポニカ「数学」
  2. ^ "Definition of mathematics". lexico.com. Oxford University Press. 21 June 2022. 2022年6月21日閲覧
  3. ^ 東京數學會社雑誌 第51号 1882, pp. 3–8.
  4. ^ 諳厄利亜語林大成 巻之一 1814, p. 62.
  5. ^ 諳厄利亜語林大成 巻之七 1814, p. 50.
  6. ^ Mura, Roberta (Dec 1993). “Images of Mathematics Held by University Teachers of Mathematical Sciences”. Educational Studies in Mathematics 25 (4): 375–385. 
  7. ^ Tobies, Renate and Helmut Neunzert (2012). Iris Runge: A Life at the Crossroads of Mathematics, Science, and Industry. Springer. pp. 9. ISBN 3-0348-0229-3. "It is first necessary to ask what is meant by mathematics in general. Illustrious scholars have debated this matter until they were blue in the face, and yet no consensus has been reached about whether mathematics is a natural science, a branch of the humanities, or an art form." 
  8. ^ a b mathematics, n. : Oxford English Dictionary”. 2015年6月17日閲覧。 “The science of space, number, quantity, and arrangement, whose methods involve logical reasoning and usually the use of symbolic notation, and which includes geometry, arithmetic, algebra, and analysis.”[リンク切れ]
  9. ^ Kneebone, G.T. (1963). Mathematical Logic and the Foundations of Mathematics: An Introductory Survey. Dover. pp. 4. ISBN 0-486-41712-3. "Mathematics ... is simply the study of abstract structures, or formal patterns of connectedness." 
  10. ^ LaTorre, Donald R., John W. Kenelly, Iris B. Reed, Laurel R. Carpenter, and Cynthia R Harris (2011). Calculus Concepts: An Informal Approach to the Mathematics of Change. Cengage Learning. pp. 2. ISBN 1-4390-4957-2. "Calculus is the study of change—how things change, and how quickly they change." 
  11. ^ Ramana (2007). Applied Mathematics. Tata McGraw–Hill Education. p. 2.10. ISBN 0-07-066753-5. "The mathematical study of change, motion, growth or decay is calculus." 
  12. ^ Ziegler, Günter M. (2011). “What Is Mathematics?”. An Invitation to Mathematics: From Competitions to Research. Springer. pp. 7. ISBN 3-642-19532-6 
  13. ^ 第1回「科学技術の第3の柱『計算科学』」(岩崎洋一 氏 / 筑波大学学長)” (日本語). Science Portal - 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」. 2022年2月16日閲覧。
  14. ^ 神取道宏「追悼 ジョン・ナッシュ : 数学者、そして数理科学者として」『経済セミナー』、日本評論社、[要ページ番号]頁、2015年。 
  15. ^ 創業手帳編集部. “駐日ウクライナ大使 セルギー・コルスンスキー/伊藤羊一|IT大国ウクライナの強さと現状【前編】” (日本語). 起業・創業・資金調達の創業手帳. 2022年5月25日閲覧。


「数学」の続きの解説一覧

数学 (sugaku)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 08:46 UTC 版)

日本数学会」の記事における「数学 (sugaku)」の解説

1947年創刊日本語機関誌日本語論文企画記事書評学会ニュースなど掲載する

※この「数学 (sugaku)」の解説は、「日本数学会」の解説の一部です。
「数学 (sugaku)」を含む「日本数学会」の記事については、「日本数学会」の概要を参照ください。


数学 (日本数学会が発行)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 21:12 UTC 版)

大沢健夫」の記事における「数学 (日本数学会発行)」の解説

大沢健夫完備Kähler多様体関数論」『数学』第38第1号日本数学会1986年15-29頁、 doi:10.11429/sugaku1947.38.15、 .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Lock-green.svg/9px-Lock-green.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg/9px-Lock-gray-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Lock-red-alt-2.svg/9px-Lock-red-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Wikisource-logo.svg/12px-Wikisource-logo.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:12px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:inherit;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration,.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISSN 0039-470X、 NAID 130001550902。 大沢健夫L2評価式の複素幾何への応用」『数学』第48第2号日本数学会1996年5月、 142-161頁、 doi:10.11429/sugaku1947.48.142、 ISSN 0039470X、 NAID 10002851581。 大沢健夫多変数関数論成立からーつの展望まで」『数学』第48第4号日本数学会1996年、 415-418頁、 doi:10.11429/sugaku1947.48.415。 大沢健夫「L^2評価式とその幾何学への応用」『数学』第53第2号日本数学会2001年4月、 157-171頁、 doi:10.11429/sugaku1947.53.157、 ISSN 0039470X、 NAID 10007411617。

※この「数学 (日本数学会が発行)」の解説は、「大沢健夫」の解説の一部です。
「数学 (日本数学会が発行)」を含む「大沢健夫」の記事については、「大沢健夫」の概要を参照ください。


数 学(かず まなぶ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 00:54 UTC 版)

ウルトラマンゼアス」の記事における「数 学(かず まなぶ)」の解説

第2作で、小中井に代わり着任した副隊長32歳。ハッキング能力高く隊長ではないがミドリアクセスできる。計算際に指を鳴らしたり自己紹介に胸に装着した専用ノートパソコンで名前を大々的に明かすといった奇矯癖があり岩太からはよく思われていないシャドー対策考案行ったが、失敗終わりシャドーとの決戦駆け付けてきたゼアス応援する

※この「数 学(かず まなぶ)」の解説は、「ウルトラマンゼアス」の解説の一部です。
「数 学(かず まなぶ)」を含む「ウルトラマンゼアス」の記事については、「ウルトラマンゼアス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「数学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

数学

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 12:06 UTC 版)

名詞

 すうがく

  1. 数や空間図形論理などについて研究する学問
  2. 1.について学ぶ学校教科

翻訳

関連語


「数学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




数学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「数学」に関係したコラム

  • FXでフィボナッチを使うには

    FX(外国為替証拠金取引)のフィボナッチ(Fibonacci)とは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチが発見した法則をFXに応用したテクニカル指標の1つです。フィボナッチは、チャート画面に複数...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「数学」の関連用語

数学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



数学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの数学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本数学会 (改訂履歴)、大沢健夫 (改訂履歴)、ウルトラマンゼアス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの数学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS