算術とは? わかりやすく解説

さん‐じゅつ【算術】

計算の方法。算法古く数学全般をいった。

旧制小学校における教科名。現在の算数がほぼこれにあたる


算術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:30 UTC 版)

算術 (さんじゅつ、: arithmetic) は、の概念や数の演算を扱い、その性質や計算規則、あるいは計算法などの論理的手続きを明らかにしようとする学問分野である。




「算術」の続きの解説一覧

算術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 09:51 UTC 版)

標準において、その計算正と負無限大を含む拡大実数対象しており1/−0 = −∞ および 1/+0 = +∞ となるような2つゼロ存在する。すなわちこの場合に限っては0をある種無限小のように扱っている標準では一般に任意のゼロ数のゼロ除算は、正負どちらか無限大になり、ゼロのゼロ除算NaN になる。 それ以外乗除算は通常の符号組み合わせと同じように扱われる。 − 0 | x | = − 0 {\displaystyle {\frac {-0}{\left|x\right|}}=-0\,\!} ( x {\displaystyle x} は0以外) ( − 0 ) ⋅ ( − 0 ) = + 0 {\displaystyle (-0)\cdot (-0)=+0\,\!} | x | ⋅ ( − 0 ) = − 0 {\displaystyle \left|x\right|\cdot (-0)=-0\,\!} 加減算は値が相殺される場合特別に扱われる。 x + ( ± 0 ) = x {\displaystyle x+(\pm 0)=x\,\!} ( − 0 ) + ( − 0 ) = ( − 0 ) − ( + 0 ) = − 0 {\displaystyle (-0)+(-0)=(-0)-(+0)=-0\,\!} ( + 0 ) + ( + 0 ) = ( + 0 ) − ( − 0 ) = + 0 {\displaystyle (+0)+(+0)=(+0)-(-0)=+0\,\!} x − x = x + ( − x ) = + 0 {\displaystyle x-x=x+(-x)=+0\,\!} (任意の有限の x {\displaystyle x} について、負方向への丸めの場合は −0負のゼロ存在するため、浮動小数点数変数 x、y、z を使った式 z = -(x - y) や z = (-x) - (-y)z = y - x最適化することはできない他に次のような特別規則がある。 − 0 = − 0 {\displaystyle {\sqrt {-0}}=-0\,\!} − 0 − ∞ = + 0 {\displaystyle {\frac {-0}{-\infty }}=+0\,\!} (除算符号規則に従う) | x | − 0 = − ∞ {\displaystyle {\frac {\left|x\right|}{-0}}=-\infty \,\!} ( x {\displaystyle x} がゼロない場合除算符号規則に従う) ± 0 × ± ∞ = NaN {\displaystyle {\pm 0}\times {\pm \infty }={\mbox{NaN}}\,\!} (NaNまたは割り込み発生) ± 0 ± 0 = NaN {\displaystyle {\frac {\pm 0}{\pm 0}}={\mbox{NaN}}\,\!}

※この「算術」の解説は、「IEEE 754における負のゼロ」の解説の一部です。» 「IEEE 754における負のゼロ」の概要を見る


算術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 20:34 UTC 版)

バースカラ2世の算術についての著書『リーラーヴァティ』は、定義、算術用語、利子計算算術級数幾何級数平面幾何学立体幾何学日時計の影、不変方程式の解法、組合せなどを扱っている。 『リーラーヴァティ』は13章からなり、算術だけでなく代数学幾何学扱い一部三角法求積法扱っている具体的には、次のような内容がある。 定義 ゼロの性質除法を含むゼロの演算規則) その他のに関すること。負数無理数冪根)を含む。 円周率の近似値。 算術。乗法平方など。 逆三数法 (inverse rule of three)。3だけでなく、5, 7, 9, 11拡張利子計算に関する問題算術級数幾何級数平面幾何学立体幾何学組合せ数学順列組合せ)。 線型および二次不定方程式整数解の求め方(クッタカ)。これについては、17世紀ルネサンス期ヨーロッパ数学者と同じ解法示しており、非常に重要であるバースカラ2世解法は、アリヤバータなど先人成果基づくものだった彼の著書体系化解法改善新たな問題導入などの点が優れている。さらに『リーラーヴァティ』には素晴らし例題もあり、バースカラ2世は『リーラーヴァティ』で学ぶ学生その内容具体的に役立てて欲しいと意図していたとも思われる

※この「算術」の解説は、「バースカラ2世」の解説の一部です。» 「バースカラ2世」の概要を見る


算術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 09:51 UTC 版)

標準において、その計算正と負無限大を含む拡大実数対象しており1/−0 = −∞ および 1/+0 = +∞ となるような2つゼロ存在する。すなわちこの場合に限っては0をある種無限小のように扱っている標準では一般に任意のゼロ数のゼロ除算は、正負どちらか無限大になり、ゼロのゼロ除算NaN になる。 それ以外乗除算は通常の符号組み合わせと同じように扱われる。 − 0 | x | = − 0 {\displaystyle {\frac {-0}{\left|x\right|}}=-0\,\!} ( x {\displaystyle x} は0以外) ( − 0 ) ⋅ ( − 0 ) = + 0 {\displaystyle (-0)\cdot (-0)=+0\,\!} | x | ⋅ ( − 0 ) = − 0 {\displaystyle \left|x\right|\cdot (-0)=-0\,\!} 加減算は値が相殺される場合特別に扱われる。 x + ( ± 0 ) = x {\displaystyle x+(\pm 0)=x\,\!} ( − 0 ) + ( − 0 ) = ( − 0 ) − ( + 0 ) = − 0 {\displaystyle (-0)+(-0)=(-0)-(+0)=-0\,\!} ( + 0 ) + ( + 0 ) = ( + 0 ) − ( − 0 ) = + 0 {\displaystyle (+0)+(+0)=(+0)-(-0)=+0\,\!} x − x = x + ( − x ) = + 0 {\displaystyle x-x=x+(-x)=+0\,\!} (任意の有限の x {\displaystyle x} について、負方向への丸めの場合は −0負のゼロ存在するため、浮動小数点数変数 x、y、z を使った式 z = -(x - y) や z = (-x) - (-y)z = y - x最適化することはできない他に次のような特別規則がある。 − 0 = − 0 {\displaystyle {\sqrt {-0}}=-0\,\!} − 0 − ∞ = + 0 {\displaystyle {\frac {-0}{-\infty }}=+0\,\!} (除算符号規則に従う) | x | − 0 = − ∞ {\displaystyle {\frac {\left|x\right|}{-0}}=-\infty \,\!} ( x {\displaystyle x} がゼロない場合除算符号規則に従う) ± 0 × ± ∞ = NaN {\displaystyle {\pm 0}\times {\pm \infty }={\mbox{NaN}}\,\!} (NaNまたは割り込み発生) ± 0 ± 0 = NaN {\displaystyle {\frac {\pm 0}{\pm 0}}={\mbox{NaN}}\,\!}

※この「算術」の解説は、「IEEE 754における負のゼロ」の解説の一部です。» 「IEEE 754における負のゼロ」の概要を見る


算術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:20 UTC 版)

FFT』に登場するカテゴリ。算術士の特殊なコマンドで、今まで修得してきた魔法をもとに、算術をもってMP消費すること無しに使用することができる。ただし、対象範囲自分で決めることができず、算術の対象になる数字3・4・5素数)とサンプルレベル経験値2桁フィールド高度など)を設定できるのみである。しかし敵味方ステータスしだいでは敵全体にレベルnデス(nは対象数字)をかけることができるといった具合に、バランスブレイカーなり得る

※この「算術」の解説は、「ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態」の解説の一部です。» 「ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

算術

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 12:30 UTC 版)

名詞

さんじゅつ

  1. 計算方法
  2. 旧制小学校教科名。算数旧称

発音(?)

さ↗んじゅつ

関連語


「算術」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「算術」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

算術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



算術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの算術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIEEE 754における負のゼロ (改訂履歴)、バースカラ2世 (改訂履歴)、IEEE 754における負のゼロ (改訂履歴)、ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの算術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS