数値解析とは? わかりやすく解説

すうち‐かいせき【数値解析】

読み方:すうちかいせき

自然科学工学現れる数学的問題を、コンピューター使い数値計算によって解くこと。


数値解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 23:37 UTC 版)

数値解析(すうちかいせき、Numerical Analysis)は、数学および物理学の一分野で、代数的な方法で解を得ることが不可能な解析学上の問題を(通常は有限精度の)数値を用いて近似的に解く手法に関する学問である。


注釈

  1. ^ ピタゴラスの定理によれば、各辺が2メートルの正方形の対角線の長さは メートルとなる。
  2. ^ これは という方程式についての不動点反復法である。この方程式の解には もある。 なので、反復は常に右方向に向かう。そのため、 では収束するが、 では発散する。
  3. ^ 特殊関数の値を求める方法、零点を求める方法も盛んに研究されており、[19]が詳しい。

出典

  1. ^ Photograph, illustration, and description of the root(2) tablet from the Yale Babylonian Collection
  2. ^ 長尾真. (1986). 計算言語学: 計算言語学の歴史と展望. 情報処理, 27(8).
  3. ^ 安田三郎. (1977). 社会統計学. 丸善.
  4. ^ a b c Brezinski, C., & Wuytack, L. (2012). Numerical analysis: Historical developments in the 20th century. Elsevier.
  5. ^ 線形方程式の反復解法、 一般社団法人 日本計算工学会 編、藤野清次 著、阿部邦美 著、杉原正顯 著、丸善出版、2013年09月。
  6. ^ 藤野清次, & 張紹良. (1996). 反復法の数理. 朝倉書店.
  7. ^ Saad, Y. (2003). Iterative methods for sparse linear systems. SIAM.
  8. ^ Hageman, L. A., & Young, D. M. (2012). Applied iterative methods. Courier Corporation.
  9. ^ Traub, J. F. (1982). Iterative methods for the solution of equations. American Mathematical Society.
  10. ^ Greenbaum, A. (1997). Iterative methods for solving linear systems. SIAM.
  11. ^ 峯村吉泰 『JAVAによる流体・熱流動の数値シミュレーション』 森北出版、2001年、4頁。ISBN 4-627-91751-1 
  12. ^ a b c Higham, N. J. (2002). Accuracy and stability of numerical algorithms (Vol. 80). SIAM.
  13. ^ Nakao, M. T., Plum, M., & Watanabe, Y. (2019). Numerical Verification Methods and Computer-Assisted Proofs for Partial Differential Equations. Springer.
  14. ^ Tucker, W. (2011). Validated numerics: a short introduction to rigorous computations. Princeton University Press.
  15. ^ 中尾充宏、山本野人:「精度保証付き数値計算―コンピュータによる無限への挑戦」、日本評論社、(1998年)
  16. ^ 大石進一:「精度保証付き数値計算」、コロナ社、(2000年)
  17. ^ 中尾充宏、渡辺善隆:「実例で学ぶ精度保証付き数値計算」、サイエンス社(2011年)
  18. ^ 大石進一編著:「精度保証付き数値計算の基礎」、コロナ社、(2018年)
  19. ^ Gil, A., Segura, J., & Temme, N. (2007). Numerical methods for special functions (Vol. 99). Siam.
  20. ^ Brezinski, C., & Zaglia, M. R. (2013). Extrapolation methods: theory and practice. Elsevier.
  21. ^ 戸川隼人. (1977). 共役勾配法. シリーズ新しい応用の数学.
  22. ^ Fernández, J. A. E., & Verón, M. Á. H. (2017). Newton’s method: An updated approach of Kantorovich’s theory. Birkhäuser.
  23. ^ Peter Deuflhard, Newton Methods for Nonlinear Problems. Affine Invariance and Adaptive Algorithms, Second printed edition. Series Computational Mathematics 35, Springer (2006)
  24. ^ 小澤一文:「導関数を用いない非線形スカラー方程式の高速多倍長数値解法」、日本応用数理学会論文誌、31巻(2021)2号、pp.44-62。url="https://doi.org/10.11540/jsiamt.31.2_44"
  25. ^ The Singular Value Decomposition and Its Applications in Image Compression Archived 2006年10月4日, at the Wayback Machine.
  26. ^ Davis, P. J., & Rabinowitz, P. (2007). Methods of numerical integration. Courier Corporation.
  27. ^ Weisstein, Eric W. "Gaussian Quadrature." From MathWorld--A Wolfram Web Resource. mathworld.wolfram.com/GaussianQuadrature.html
  28. ^ Takahasi, H. and Mori, M. (1974). “Double exponential formulas for numerical integration”. Publications of the Research Institute for Mathematical Sciences (京都大学, Kyoto University) 9 (3): 721–741.
  29. ^ 森正武:数値解析における二重指数関数型変換の最適性, 数学(日本数学会), Vol. 50, No. 3 (1998), pp. 248–264.
  30. ^ 手塚集、「数値多重積分に関する話題(<特集>数値計算)」 『応用数理』 1998年 8巻 4号 p.267-276, doi:10.11540/bjsiam.8.4_267, 日本応用数理学会
  31. ^ Geweke, J. (1995). Monte Carlo simulation and numerical integration. Federal Reserve Bank of Minneapolis, Research Department.
  32. ^ a b 田端正久; 偏微分方程式の数値解析, 2010. 岩波書店.
  33. ^ 三井斌友 et. al. (2004). 微分方程式による計算科学入門. 共立出版.
  34. ^ a b 登坂宣好, & 大西和榮. (2003). 偏微分方程式の数値シミュレーション. 東京大学出版会.
  35. ^ 森正武. (1986) 有限要素法とその応用. 岩波書店.
  36. ^ 菊池文雄. (1999). 有限要素法概説 [新訂版]. サイエンス社.
  37. ^ 菊池文雄. (1994). 有限要素法の数理. 培風館.
  38. ^ 有限要素法で学ぶ現象と数理―FreeFem++数理思考プログラミング―, 日本応用数理学会 監修・大塚 厚二・高石 武史著, 共立出版.
  39. ^ LeVeque, Randall (2002), Finite Volume Methods for Hyperbolic Problems, Cambridge University Press.
  40. ^ Quarteroni, A., Saleri, F., & Gervasio, P. (2006). Scientific computing with MATLAB and Octave. Berlin: Springer.
  41. ^ Gander, W., & Hrebicek, J. (Eds.). (2011). Solving problems in scientific computing using Maple and Matlab®. en:Springer Science & Business Media.
  42. ^ Barnes, B., & Fulford, G. R. (2011). Mathematical modelling with case studies: a differential equations approach using Maple and MATLAB. Chapman and Hall/CRC.
  43. ^ Khattree, R., & Naik, D. N. (2018). Applied multivariate statistics with SAS software. SAS Institute Inc..
  44. ^ Wagner III, W. E. (2019). Using IBM® SPSS® statistics for research methods and social science statistics. Sage Publications.
  45. ^ Pollock III, P. H., & Edwards, B. C. (2019). An IBM® SPSS® Companion to Political Analysis. Cq Press.
  46. ^ Babbie, E., Wagner III, W. E., & Zaino, J. (2018). Adventures in social research: Data analysis using IBM SPSS statistics. Sage Publications.
  47. ^ Aldrich, J. O. (2018). Using IBM® SPSS® Statistics: An interactive hands-on approach. Sage Publications.
  48. ^ Stehlik-Barry, K., & Babinec, A. J. (2017). Data Analysis with IBM SPSS Statistics. Packt Publishing Ltd.
  49. ^ Gumley, L. E. (2001). Practical IDL programming. Elsevier.
  50. ^ Bunks, C., Chancelier, J. P., Delebecque, F., Goursat, M., Nikoukhah, R., & Steer, S. (2012). Engineering and scientific computing with Scilab. en:Springer Science & Business Media.
  51. ^ 大野修一. (2009). Scilab 入門: フリーソフトで始める数値シミュレーション. CQ出版.
  52. ^ 上坂吉則. (2010). Scilab プログラミング入門. 牧野書店.
  53. ^ Thanki, R. M., & Kothari, A. M. (2019). Digital image processing using SCILAB. Springer International Publishing.
  54. ^ Octaveの精義 - フリーの高機能数値計算ツールを使いこなす, 松田七美男 (2011)
  55. ^ Ihaka, R., & Gentleman, R. (1996). R: a language for data analysis and graphics. Journal of computational and graphical statistics, 5(3), 299-314.
  56. ^ Yagnik, J. (2014). PSPP: a free and open source tool for data analysis (No. 2014-03-21).
  57. ^ Jones, E., Oliphant, T., & Peterson, P. (2001). SciPy: Open source scientific tools for Python.
  58. ^ Bressert, E. (2012). SciPy and NumPy: an overview for developers. " O'Reilly Media, Inc.".
  59. ^ Blanco-Silva, F. J. (2013). Learning SciPy for numerical and scientific computing. Packt Publishing Ltd.
  60. ^ Speed comparison of various number crunching packages Archived 2006年10月5日, at the Wayback Machine.
  61. ^ Maeder, R. E. (1991). Programming in mathematica. Addison-Wesley Longman Publishing Co., Inc..
  62. ^ Stephen Wolfram. (1999). The MATHEMATICA® book, version 4. en:Cambridge University Press.
  63. ^ Shaw, W. T., & Tigg, J. (1993). Applied Mathematica: getting started, getting it done. Addison-Wesley Longman Publishing Co., Inc..
  64. ^ 中村健蔵. (1998). Mathematica で絵を描こう. 東京電機大学出版局.
  65. ^ 椎原浩輔. (2000). Mathematica による金融工学. 東京電機大学出版局.
  66. ^ 吉本堅一, & 松下修己. (2004). Mathematica で学ぶ振動とダイナミクスの理論. 森北出版.
  67. ^ Beltzer, A. I. (1995). Engineering analysis with Maple/Mathematica. en:Academic Press.
  68. ^ Mathematicaによる数値計算, R.D.Skeel ・J.B.Keiper 著・玄光男・辻陽一・尾内俊夫 共訳, 共立出版, 1995.
  69. ^ Mathematica によるテンソル解析, 野村靖一 著, 共立出版, 2019.
  70. ^ Marasco, A., & Romano, A. (2001). Scientific Computing with Mathematica: Mathematical Problems for Ordinary Differential Equations; with a CD-ROM. en:Springer Science & Business Media.
  71. ^ Zimmermann, P., Casamayou, A., Cohen, N., Connan, G., Dumont, T., Fousse, L., ... & Bray, E. (2018). Computational Mathematics with SageMath. SIAM.
  72. ^ 吉村忠与志, 吉村三智頼, 佐々和洋, & 青山義弘. (2009). Excel で数値計算の解法がわかる本. 秀和システム.
  73. ^ 渋谷道雄, & 渡邊八一. (2001). Excel で学ぶ信号解析と数値シミュレーション. 株式会社 オーム社.



数値解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 21:57 UTC 版)

粉粒体」の記事における「数値解析」の解説

粉粒体に対して数値解析を行うとき、上記の独特な性質のため、特別な手法が必要となる。離散要素法DEM)や粒子法などのようなラグランジュ的な手法用いられている。

※この「数値解析」の解説は、「粉粒体」の解説の一部です。
「数値解析」を含む「粉粒体」の記事については、「粉粒体」の概要を参照ください。


数値解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 01:00 UTC 版)

数学ソフトウェア」の記事における「数値解析」の解説

詳細は「数値解析ソフトウェアを参照 ユニバーサル・テクニカル・システムズ,Inc.(英:Universal Technical Systems,Inc)により商品化された、TK Solver英語版)は、ルール・ベース言語宣言することに基づいて数理モデリング数値問題を解くソフトウェア・システムである。NetlibリポジトリはたいていのFortranならびにCの、数値的問題のためのソフトウェア・ルーチンの多様な収集物を含む。多くの異なった数値的アルゴリズム実装する商品化された製品IMSL、NMath(英語版)そしてNAG数値計算ライブラリ含んでいる;ひとつのフリーな代価案としてはGNU Scientific Libraryがある。力点アルゴリズム明確な理解おかれる違ったアプローチはNumerical Recipes(英語版)によって採用される。 (以上に挙げた多くの数式処理システム数値的計算に使うこともできる。 「en:Comparison of numerical analysis software」も参照

※この「数値解析」の解説は、「数学ソフトウェア」の解説の一部です。
「数値解析」を含む「数学ソフトウェア」の記事については、「数学ソフトウェア」の概要を参照ください。


数値解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 02:53 UTC 版)

防潮堤」の記事における「数値解析」の解説

サレルノ大学海洋工学科(MEDUS) は、CADソフトCFDソフトを統合することで、防潮堤と波の相互作用詳細に研究する新たな手法開発した。その数値シミュレーションでは、防潮堤に通存在するすき間の中で流体流れ込む動き計算するのに伝統的な多孔質体の方程式を使うのではなくRNG乱流モデル組合わせRANS方程式近似している。防潮堤実物大または実験室での実験用大きさモデル化され、3次元メッシュ各点計算を行うことで流体防潮堤に対してどのように振る舞うかをシミュレートする(AccropodeTM, Core-locTM, Xbloc®)。 3枚とも3次元数値解析シミュレーション (MEDUS 2009)

※この「数値解析」の解説は、「防潮堤」の解説の一部です。
「数値解析」を含む「防潮堤」の記事については、「防潮堤」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「数値解析」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

数値解析

出典:『Wiktionary』 (2021/11/30 04:30 UTC 版)

発音(?)

す↗ーちか↘いせき

名詞

数値 解析すうちかいせき

  1. 電子計算機数学問題を(近似的に)解くアルゴリズム考え学問

下位語

翻訳


「数値解析」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



数値解析と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

数値解析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



数値解析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの数値解析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの粉粒体 (改訂履歴)、数学ソフトウェア (改訂履歴)、防潮堤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの数値解析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS