情報理論とは?

じょう ほうりろん じやう- [5]情報理論

情報科学基礎分野をなす諸理論信号理論パターン認識理論言語理論人工知能論などを含む。狭義には、シャノンらが通信理論として確立した、情報伝達および処理についての数学的理論通信路伝送容量雑音排除するための符号化情報発生速度などについて論じる。

情報理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/24 22:34 UTC 版)

情報理論(じょうほうりろん、: Information theory)は、情報通信数学的に論じる学問である。応用数学の中でもデータ定量化に関する分野であり、可能な限り多くのデータを媒体に格納したり通信路で送ったりすることを目的としている。情報エントロピーとして知られるデータの尺度は、データの格納や通信に必要とされる平均ビット数で表現される。例えば、日々の天気が3ビットのエントロピーで表されるなら、十分な日数の観測を経て、日々の天気を表現するには「平均で」約3ビット/日(各ビットの値は 0 か 1)と言うことができる。









固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報理論」の関連用語

情報理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



情報理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS