テンション_(音楽)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > テンション_(音楽)の意味・解説 

テンション (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/01 20:43 UTC 版)

テンションとは、音楽において聴いている者に解決や安定を期待させるような音を指す。例えば不協和音などは協和音へと移行する可能性がある。テンションは反復や順次進行によっても作られる。




  1. ^ a b c d 任意の音度Xにおいて、XM7とX6は和声的に常に交換可能である[3]。しかし、実際の音楽でどうすべきかは音楽的判断による。
  2. ^ 少なくとも本稿ではテンションを説明するための音階であり、3種の短音階を混ぜたこのような音階で実際に演奏すべきとか、一般的に使用されているかどうかを示すものではない。ただしこの音階そのものはウィキペディアの創作ではなく(これはウィキペディアで禁じられている)出典の文献によるものであり、広く知られているものでもある
  3. ^ ここでいうドミナント・セブンス・コード(属七和音)とは、長音階や和声的短音階の属音上にできるドミナント機能を持つセブンス・コード(7の和音)に限らず、これと同じ和音形体のすべての和音を指す。
  1. ^ a b 小山大宣 「第5章 調関係と(Key Relationship)転調(Modulation)」『ジャズセオリーワークショップ』1、武蔵野音楽学院出版部〈JAZZ THEORY WORKSHOP〉(原著1980年10月)、92-105頁(日本語)。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 小山大宣 「第6章 Available Note Scale と Tension」『ジャズセオリーワークショップ』1、武蔵野音楽学院出版部〈JAZZ THEORY WORKSHOP〉(原著1980年10月)、92-105頁(日本語)。
  3. ^ 小山大宣 「第6章 和音(Chord)」『ジャズセオリーワークショップ』1、武蔵野音楽学院出版部〈JAZZ THEORY WORKSHOP〉(原著1980年10月)、38頁(日本語)。
  4. ^ 小山大宣 「第3章 調性(Tonality)と和音(Chord)の機能(function)」『ジャズセオリーワークショップ』1、武蔵野音楽学院出版部〈JAZZ THEORY WORKSHOP〉(原著1980年10月)、48頁(日本語)。


「テンション (音楽)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テンション_(音楽)」の関連用語

テンション_(音楽)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



テンション_(音楽)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテンション (音楽) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS