聴覚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 聴覚の意味・解説 

ちょう かく ちやう- [1][0] 【聴覚】

音を感じ感覚昆虫類脊椎動物にみられ、後者のうち鳥類哺乳類では、音波鼓膜振動させることに始まり内耳渦巻管達することで生じる。


聴覚

英訳・(英)同義/類義語:audition, hearing

動物感覚で、音波刺激として感知できる感覚
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  中脳  中胚葉  貯蔵組織  聴覚  聴覚器  聴覚野  聴砂

聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/06 08:58 UTC 版)

外耳中耳内耳聴神経(バスドラム)、聴覚皮質などの器官を使い、音の信号を神経活動情報に変換し、音の強さ、音高音色音源方向リズム言語などを認識する能力、機能を指す。いわゆる五感の一つである。 なお、この感覚が生じることを「聞く(きく)」といい、聴覚を用いつつ(耳だけでなく)も充分に用いることを「聴く」と言う。特に、積極的な姿勢でこの感覚を用いつつ深い認識をしようとすることは「傾聴する」という。


  1. ^ a b c d オリバー・サックス『音楽嗜好症』(早川書房 2010年)。


「聴覚」の続きの解説一覧



聴覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「聴覚」の関連用語

聴覚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



聴覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの聴覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS