聴覚とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 聴覚の意味・解説 

ちょう‐かく〔チヤウ‐〕【聴覚】


聴覚

英訳・(英)同義/類義語:audition, hearing

動物感覚で、音波刺激として感知できる感覚
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  耳胞  聴砂  聴神経  聴覚  聴覚器  聴覚野  肛後尾

聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 14:22 UTC 版)

聴覚(ちょうかく)とは、一定範囲の周波数音波を感じて生じる感覚のこと[1]


  1. ^ 広辞苑 第5版 p.1738
  2. ^ a b c d e 株式会社インプレス (2017年10月4日). “高音聞こえないオヤジにハイレゾ音源の意味はある? ~大学教授が回答” (日本語). PC Watch. 2021年6月15日閲覧。
  3. ^ 聴力検査 - 一般社団法人半田市医師会健康管理センター
  4. ^ 医師会健診センター<精密聴力検査> - 釧路市医師会健診センター”. www.kushiro-ishikai.or.jp. 2021年6月15日閲覧。
  5. ^ 株式会社インプレス (2021年5月25日). “FOSTEX、ヘッドフォン「TH900mk2」に漆塗りの限定パールホワイト” (日本語). AV Watch. 2021年6月15日閲覧。
  6. ^ a b c d オリバー・サックス『音楽嗜好症』(早川書房 2010年)。
  7. ^ a b c ミミズのような線虫も音を聞く、驚きの仕組みが判明、定説覆す ナショナルジオグラフィック 更新日:2021.10.11 参照日:2021.10.11


「聴覚」の続きの解説一覧

聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 16:39 UTC 版)

アザラシ」の記事における「聴覚」の解説

両極地方暗い水の中で取らなければならない種もおり、視覚以外の感覚も鋭い。アザラシには耳たぶは無いが目の横に耳の穴がある。ゴマフアザラシなどのいくつかの種では水中クリック音発してエコロケーション行っている。また飼育下のアザラシでも周囲の物音敏感に反応する様子観察する事ができる。

※この「聴覚」の解説は、「アザラシ」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「アザラシ」の記事については、「アザラシ」の概要を参照ください。


聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 09:17 UTC 版)

脳開発研究所クルクルラボ」の記事における「聴覚」の解説

側頭葉(右)が司る分野スピーカーからの音声用いたゲームを行う。 ききとり寿司 ききとり動物 入電解読セヨ! 豆バレー ピアノレッスン フィーリングカエル COOL×2 DJ!

※この「聴覚」の解説は、「脳開発研究所クルクルラボ」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「脳開発研究所クルクルラボ」の記事については、「脳開発研究所クルクルラボ」の概要を参照ください。


聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 01:09 UTC 版)

アンブロケトゥス」の記事における「聴覚」の解説

アンブロケトゥス外耳持たない。これは水生動物としての適応進化であるが、陸上でいささか不都合であったように思える大気中で集音能力退化させたため、陸で獲物探し出すのには地面に顎(あご)の骨を当てて振動拾い読む必要があったかもしれない。それは後世クジラ類では高度に洗練されることとなる骨伝導による集音の手段であるので、このような推論成り立のである陸上で頭を地面密着させることにより、岸に沿って歩いている獲物聞き耳を立てることは、クジラ類であればこそ技術的に可能であったと思われる内耳水生への適応進めていて、祖先以上にクジラ類独自性高めている。アンブロケトゥスは、水中では祖先より多くの音を巧みに聴いていた。

※この「聴覚」の解説は、「アンブロケトゥス」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「アンブロケトゥス」の記事については、「アンブロケトゥス」の概要を参照ください。


聴覚 (L'ouïe)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 09:34 UTC 版)

貴婦人と一角獣」の記事における「聴覚 (L'ouïe)」の解説

このタペストリー貴婦人は、トルコ製のじゅうたん掛けたテーブルの上載せられたポジティブオルガン(小型のパイプオルガン)を弾いている。侍女反対側に立ちオルガンのふいごを動かしている。ライオンとユニコーンは「味覚」と同じく貴婦人をはさむようにを掲げているが、今度二頭の体は外側向いている

※この「聴覚 (L'ouïe)」の解説は、「貴婦人と一角獣」の解説の一部です。
「聴覚 (L'ouïe)」を含む「貴婦人と一角獣」の記事については、「貴婦人と一角獣」の概要を参照ください。


聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 18:04 UTC 版)

イヌ」の記事における「聴覚」の解説

イヌは聴覚も比較的鋭い。また可聴周波数40から47,000Hzと、ヒト20から20,000Hzに比べ高音域で広い。超音波発する笛である犬笛(約30,000Hz)はこの性質利用したもの。聴力において、犬種による違いはほとんど見られない。ただし当然ながら加齢によって聴力大きく衰える。

※この「聴覚」の解説は、「イヌ」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「イヌ」の記事については、「イヌ」の概要を参照ください。


聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 06:52 UTC 版)

ヒプナゴジア」の記事における「聴覚」の解説

ヒプナゴジア幻覚多くの場合聴覚的なもの、もしくは聴覚的要素を持つものである視覚と同様に、ヒプナゴジア的な聴覚についても、かすかな音から、ノック衝突爆発のような大きな音(頭内爆発音症候群)まで、その強さ様々である自分の名前が呼ばれる、袋をぺちゃんこにする、ドアベルが鳴るなどを想像する人もいたり、ホワイトノイズ感じることもある。想像され言葉の断片普通のものである典型的に無意味で断片的であるが、これらの発話事象は、時折その時自身の思考適切な要約となっていることもある。また、言葉遊び造語などが含まれていることが多い。ヒプナゴジア的な音声言語は、対象者自身の内なる声」として現れたり他の人親しい人や見知らぬ人)の声として現れたりすることがある。よりまれに、詩や音楽聞こえることもある。

※この「聴覚」の解説は、「ヒプナゴジア」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「ヒプナゴジア」の記事については、「ヒプナゴジア」の概要を参照ください。


聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:55 UTC 版)

デアデビル」の記事における「聴覚」の解説

心臓の鼓動聞き取り、そのペースによって、相手が嘘を言っているかどうか見破ることができ、敵の銃の残弾数把握することも出来る。

※この「聴覚」の解説は、「デアデビル」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「デアデビル」の記事については、「デアデビル」の概要を参照ください。


聴覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 15:05 UTC 版)

周波数領域」の記事における「聴覚」の解説

Plomp の "The Ear as a Frequency Analyzer" にもあるように、聴覚の一般的な単純化しモデルでは、内耳時間領域音声波形周波数領域スペクトル変換していると考えられている。

※この「聴覚」の解説は、「周波数領域」の解説の一部です。
「聴覚」を含む「周波数領域」の記事については、「周波数領域」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「聴覚」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

聴覚

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 12:08 UTC 版)

この単語漢字
ちょう
常用漢字
かく
第四学年
音読み 音読み

名詞

(ちょうかく)

  1. 音を感じる感覚

関連語


「聴覚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



聴覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「聴覚」の関連用語

聴覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



聴覚のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの聴覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアザラシ (改訂履歴)、脳開発研究所クルクルラボ (改訂履歴)、アンブロケトゥス (改訂履歴)、貴婦人と一角獣 (改訂履歴)、イヌ (改訂履歴)、ヒプナゴジア (改訂履歴)、デアデビル (改訂履歴)、周波数領域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの聴覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS