スピーカーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音響 > スピーカー > スピーカーの意味・解説 

スピーカー【speaker】

読み方:すぴーかー

ラジオテレビオーディオ装置などで、電気信号音声変える装置

《「ラウドスピーカー」の略》拡声器

話し手話者演説者

うわさなどを好み、話を広めたりする人。

「スピーカー」に似た言葉

スピーカー

【英】speaker

スピーカーとは、電気信号を音に変換することで音声出力する装置のことである。ラウドスピーカーとも呼ばれる

パソコン用いられるスピーカーとしては、アンプ備えられているアクティブスピーカー呼ばれるタイプのものが一般的である。また、電源本体から供給したり、USBスピーカー呼ばれるUSBポート接続するスピーカーも存在する


スピーカー

名前 Speaker

スピーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 14:13 UTC 版)

スピーカー: speaker[注釈 1]、より正式にはラウドスピーカー: loudspeaker)とは、電気信号に変える装置である[1]。 電気的振動を物理的振動に変える電気音響変換器音響装置の一種。語尾を伸ばさずに「スピーカ」とも、漢字表現では「拡声器」とも。


  1. ^ 英語ではloudspeakerのほうが正式の呼称である。「speaker」では基本的には「話す人」とか「演説者」という意味になってしまい、誤解を受けやすいので、装置を指す場合は英語ではloudspeakerと呼ぶことを好む。装置を「speaker」と呼ぶのは、あくまで話す側にとっても聞く側にとっても、装置を指しているとはっきり分かっている時に限って使う、省略的な呼称である。
  2. ^ なお電気で音を出す装置には、チャイムブザーベルなどもあるが、これらは(ひとつないし複数の)決まった振動数の音を発生させるにすぎず、原理が異なる。
  3. ^ 中音域の音質に優れているとされるので、ボーカルつまり人の歌声などはよく再現する。逆に高音域や低音域に関してはやや弱点ではあるが、後でツイーターやサブウーファーを追加することもできる。構造が単純で比較的低コストでありながら良好な結果が得やすいので自作スピーカーによく用いられる。市販されるスピーカーの多くが2ウェイ以上のスピーカーでこれを採用しない。2ウェイ以上のスピーカーではスピーカーの理想的条件の一つとされる点音源から乖離してしまうため、フルレンジユニット1つでの再生を、一種の理想形と扱う場合もある。近年は人間の可聴帯域を遥かに超えた高周波を再生できるフルレンジユニットが数多くあり、低音側にも音域が拡大される傾向がある。
  1. ^ 大辞泉
  2. ^ Colin Barras (2008年10月31日). “Hot nanotube sheets produce music on demand”. New Scientist. 2011年2月1日閲覧。
  3. ^ a b 石井大策「スピーカ振動板材料 : 主要材料と技術動向」『日本音響学会誌』第66巻第12号、日本音響学会、2010年、 616-621頁、 doi:10.20697/jasj.66.12_616ISSN 0369-4232NAID 110007989165
  4. ^ 日本音響学会 1996.
  5. ^ http://www.manabi.pref.gunma.jp/bunrui/gakupro/08000392/
  6. ^ (大橋力 2008)は、対象者に高音を聴かせ、その時の脳波を測定する事によって、当人が音を聴いたと自覚が無くとも、間違い無く音を聴いている事を実証した。
  7. ^ DIATONE70周年 スペシャルサイト 特別コラム Vol.02「オーディオ再生の現在 ハイレゾデータが変えたものと変わらないもの」(貝山知弘)” (日本語). 三菱電機 (2016年11月). 2016年11月12日閲覧。



スピーカー(冬・スキー編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 04:27 UTC 版)

伴走者 (小説)」の記事における「スピーカー(冬・スキー編)」の解説

競技違いにより、マラソンのようにガイドロープ使われない選手ガイド無線を通じ指示や、全身に受ける風や音を感じながらコミニケーション図っている。

※この「スピーカー(冬・スキー編)」の解説は、「伴走者 (小説)」の解説の一部です。
「スピーカー(冬・スキー編)」を含む「伴走者 (小説)」の記事については、「伴走者 (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スピーカー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スピーカー

出典:『Wiktionary』 (2021/06/13 12:23 UTC 版)

名詞

  1. 発言者話し手話者
  2. 拡声器。「ラウドスピーカー」の

語源

発音(?)

↗ぴ↘ーかー
↗ぴーかー

翻訳


「スピーカー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スピーカーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スピーカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スピーカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスピーカーの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスピーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの伴走者 (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスピーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS