マラソンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > マラソンの意味・解説 

marathon

別表記:マラソン

「marathon」とは・「marathon」の意味

「marathon」は、日本語では「マラソン」と訳される英単語である。古代ギリシャ都市マラトンからアテネまでの長距離伝令走った伝説由来する現代では、主に42.195km長距離を指す競技名として使われるまた、比喩的には、長時間にわたる努力活動を指す表現として用いられる

「marathon」の発音・読み方

「marathon」の発音は、IPA表記では /ˈmærəθɒn/ となる。カタカナ表記では「マラソン」と読む。日本人発音する際のカタカナ英語では「マラソン」となる。

「marathon」の定義を英語で解説

「marathon」は、a long-distance running race, strictly one of 26 miles and 385 yards (42.195 km)と定義されるまた、an event or activity that requires great effort and endurance, typically one that is long and time-consumingという意味も持つ。

「marathon」の類語

「marathon」の類語としては、「race」、「long-distance run」、「endurance race」などがある。これらはいずれ長距離を走る競技活動を指す言葉である。

「marathon」に関連する用語・表現

「marathon」に関連する用語としては、「runner」走者)、「course」(コース)、「finish line」(ゴールライン)などがある。また、endurance」(耐久力)、「pace」(ペース)、「hydration」(水分補給)など、マラソンを走る際に重要となる要素を表す語も関連する

「marathon」の例文

1. He is training for a marathon.(彼はマラソンのためにトレーニングをしている)
2. The city will host a marathon next month.(来月、その都市でマラソンが開催される
3. She finished the marathon in under four hours.(彼女はマラソンを4時未満完走した
4. Running a marathon requires great endurance.(マラソンを走るには大きな耐久力が必要である)
5. The marathon course goes through the city center.(マラソンのコース市の中心部通っている)
6. He set a new record in the marathon.(彼はマラソンで新記録を樹立した)
7. The marathon runners were cheered on by the crowd.(マラソンのランナーたちは観衆から声援受けた
8. She is a veteran marathon runner.(彼女はベテランマラソンランナーである)
9. The marathon took place despite the rain.(マラソンはにもかかわらず行われた
10. He collapsed near the finish line of the marathon.(彼はマラソンのゴールライン近く倒れた

マラソン


マラチオン

分子式C10H19O6PS2
その他の名称マラチオン、Malathion、2-[(Dimethoxyphsphinothioyl)thio]butanedioic acid diethyl、2-[(Dimethoxyphosphinothioyl)thio]butanedioic acid diethyl ester、Dithiophosphoric acid O,O-dimethyl S-[1,2-di(ethoxycarbonyl)ethyl] ester、マラスプレイ、マラマール、シチオン、カルボホス、Malaspray、Malamar、ENT-17034、Cythion、Carbofos、プリオデルム、メルカプトチオン、マラトン、TM-4049、Prioderm、Mercaptothion、Marathion、Malathon、マラソン、ジチオりん酸O,O-ジメチル-S-1,2-ビス(エトキシカルボニル)エチル、Dithiophosphoric acid O,O-dimethyl-S-1,2-bis(ethoxycarbonyl)ethyl
体系名:ジチオりん酸O,O-ジメチルS-[1,2-ジ(エトキシカルボニル)エチル]、2-[(ジメトキシホスフィノチオイル)チオ]ブタン二酸ジエチル


マラソン

農薬Malathon
和名orISO名[商品名]マラソン
分子式C10H19O6PS2
用途殺虫剤
LD50(ラット)/g kg-10.885
LD50(マウス)/g kg-10.775
劇毒区分指定なし
魚毒ランクB(コイ)
有機性310
無機260
農薬登録(1996年時点)1953年登録(日本)/承認ISO
その他WHOによりハマダラカ防除用に大量に使用
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/10 07:17 UTC 版)

マラソン英語: marathon)は、陸上競技長距離走のひとつで、42.195 km公道コースを走り、順位や時間を競う種目である。古代ギリシア故事に由来して、第1回近代オリンピックの創設に伴い陸上の新種目とされたことから始まった。


注釈

  1. ^ 第一回のマラソン距離については、当時の規定では、40 kmを目安とするというものであったため厳密な実測はされず、後年の測定では36.75 kmの走行距離であったといわれる。小学館編集部による。
  2. ^ 「最初に公認マラソンコースを走った日本人女性」としては、この年のボストンマラソンに参加した鬼太鼓座の女性メンバーがいる。
  3. ^ 距離が30kmの大会では陸連公認の青梅マラソンが以前から開放されていた。
  4. ^ 日本陸連が公認する大会(エリート部門など)は原則として華美な仮装は禁止となっている。その後の一般ランナー部門では仮装については明確なガイドラインが無く、各大会毎に判断が委ねられているが、公序良俗に反しないものという旨の規定については共通しているようである。
  5. ^ 君原健二瀬古利彦有森裕子の選考に際して起きたものがよく知られる。詳細は各選手の項目を参照。
  6. ^ 2011年は東日本大震災発生の為に中止。開催されたのは2010年が最後。
  7. ^ a b ただし、2011年は東日本大震災により開催中止。
  8. ^ ただし、2017年は台風接近により開催中止。
  9. ^ ただし、同マラソンの「知っておきたい情報・マナーアップ」によると「仮面・マント等による仮装・音楽プレーヤー等を使用・裸足での出走や、ベビーカーの使用やペット類との並走等は原則禁止、発覚次第失格とし次回以降同大会の参加を一切厳禁」等と記載されている。
  10. ^ ただし、2004年・2013年は福知山市内の洪水被害により開催中止。
  11. ^ ただし、同マラソン公式サイトの「参加上の注意」によると「最初から歩く参加者はランナーと見なさず、係員の判断で参加禁止を下す場合あり」、さらに「日没の夕方17時30分以降の競技は安全確保の為、走行を止める事が有る」等と記載されている。
  12. ^ ただし、1995年は阪神・淡路大震災により開催中止。
  13. ^ ただし、2011年は東日本大震災により一旦中止・11月に延期開催。
  14. ^ 集団でX型陣形を組み、空気抵抗を軽減した[9]

出典

  1. ^ 『陸上競技のルーツをさぐる』 岡尾惠市、1996年、文理閣、78ページ, NCID BN15256808.
  2. ^ a b 『近代陸上競技の歴史 1860-1991 誕生から現代まで<男女別>』 ロベルト・L・ケルチェターニ、1992年ベースボール・マガジン社、7-8ページ
  3. ^ マラソンの起源は「古代ギリシャの故事」は誤り、真相は ナショナル・ジオグラフィック 2023年6月26日 2023年6月28日閲覧
  4. ^ 42.195キロ決定に王室が関与?”. 2015年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月3日閲覧。
  5. ^ マラソンが42.195キロの理由…
  6. ^ 力武敏昌「THE DATA 女子マラソン雑学」『陸上競技マガジン』1992年3月号、ベースボール・マガジン社、p.90
  7. ^ 女性ランニング小史 RUNNNET
  8. ^ 薩摩川内観光物産ガイド 2019年1月28日
  9. ^ a b c キプチョゲ『1時間59分40秒』を可能にしたX字型フォーメーション runtrip.jp
  10. ^ ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道 アーカイブ 2020年1月16日 - ウェイバックマシン - 毎日新聞
  11. ^ 大迫傑選手はなぜハーフ・タイツを着用するのか?──トップ選手のマラソンシューズ&ウェア事情を考える - GQ Japan
  12. ^ Staff, Reuters「陸上=ボルト氏、スパイク技術の進化は「アンフェア」」『Reuters』、2021年7月20日。2021年8月3日閲覧。
  13. ^ a b 正光, 河谷「マラソン競走に及ぼす環境温度の影響に就いて」『体力科学』1955年、62-66頁、doi:10.7600/jspfsm1949.5.622022年7月27日閲覧 
  14. ^ El Helou, Nour (2012年5月23日). “Impact of Environmental Parameters on Marathon Running Performance” (英語). PLoS ONE. pp. e37407. doi:10.1371/journal.pone.0037407. 2022年7月27日閲覧。
  15. ^ a b タイムに影響大 フルマラソンに最適な気温とは”. ウェザーニュース. 2022年7月27日閲覧。
  16. ^ a b 東京マラソン2023 救命救急情報 第1回 マラソンランナーと突然死の関係”. 2022年7月21日閲覧。
  17. ^ 武者春樹, 藤谷博人, 油井直子, 立石圭祐, 谷田部かなか, 寺脇史子「スポーツ中の突然死の動向と展望」『体力科学』第63巻第1号、日本体力医学会、2014年、69-69頁、doi:10.7600/jspfsm.63.69ISSN 0039-906XCRID 1390282679898262144 
  18. ^ 「マラソンに取り組む市民ランナーの安全 10 か条」 平成25年5月10日 作成:日本体力医学会ガイドライン検討委員会、公益財団法人日本陸上競技連盟医事委員会
  19. ^ 少なくないマラソン中の心臓突然死”. 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月24日閲覧。
  20. ^ Waite, Oliver; Smith, Andy; Madge, Luke; Spring, Hannah; Noret, Nathalie (January 2016). “Sudden cardiac death in marathons: a systematic review”. The Physician and Sportsmedicine 44 (1): 79–84. doi:10.1080/00913847.2016.1135036. PMID 26765272. https://web.archive.org/web/20170921225307/http://ray.yorksj.ac.uk/id/eprint/1282/1/Waite%20et%20al%202016.pdf. 
  21. ^ 神戸新聞NEXT|連載・特集|話題|旅人に取り憑き命取りに!?恐ろしい「ひだる神」をご存知ですか これからの季節、早めの補給に気をつけて” (Japanese). www.kobe-np.co.jp (2021年6月20日). 2022年12月29日閲覧。
  22. ^ 日経メディカル. “マラソンランナーの低ナトリウム血症”. 日経メディカル. 2022年7月21日閲覧。
  23. ^ Lecina, Miguel; Castellar-Otín, Carlos; López-Laval, Isaac; Carrasco Páez, Luis; Pradas, Francisco (2022-04-21). “Acute Kidney Injury and Hyponatremia in Ultra-Trail Racing: A Systematic Review” (英語). Medicina 58 (5): 569. doi:10.3390/medicina58050569. ISSN 1648-9144. PMC 9146822. PMID 35629986. https://www.mdpi.com/1648-9144/58/5/569. 
  24. ^ マラソンでランナーの腎臓が壊される”. Newsweek日本版 (2017年3月31日). 2022年9月6日閲覧。
  25. ^ “Erratum Regarding “Kidney Injury and Repair Biomarkers in Marathon Runners” (Am J Kidney Dis. 2017;70[2:252-261)”] (英語). American Journal of Kidney Diseases 70 (3): 452. (2017-09). doi:10.1053/j.ajkd.2017.06.007. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0272638617307618. 
  26. ^ アンデルセン、脱水症状でゴール 1984年ロス五輪(写真=共同)”. 日本経済新聞 (2021年5月16日). 2022年9月6日閲覧。
  27. ^ 怖い水中毒 熱中症には警戒が必要、でも水の飲み過ぎにも注意を:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年6月12日). 2022年9月6日閲覧。
  28. ^ 熱中症予防のための運動指針 - 熱中症を防ごう - JSPO”. www.japan-sports.or.jp. 2022年7月21日閲覧。
  29. ^ 中国の100キロマラソン、出場者21人が死亡 悪天候で”. BBCニュース. 2022年7月21日閲覧。
  30. ^ a b Ambros-Rudolph, Christina M.; Hofmann-Wellenhof, Rainer; Richtig, Erika; Müller-Fürstner, Manuela; Soyer, H. Peter; Kerl, Helmut (2006-11-01). “Malignant Melanoma in Marathon Runners” (英語). Archives of Dermatology 142 (11). doi:10.1001/archderm.142.11.1471. ISSN 0003-987X. http://archderm.jamanetwork.com/article.aspx?doi=10.1001/archderm.142.11.1471. 
  31. ^ Marathon runners may face greater skin cancer risk”. Reuters (2007年1月20日). 2023年7月2日閲覧。
  32. ^ ランニングで免疫力は高くなる? 低くなる?”. Women's Health (2022年3月14日). 2022年7月21日閲覧。
  33. ^ マラソンの翌日 元気に出社するために 《その1》 筋肉痛の話”. ハフポスト (2015年10月30日). 2022年7月21日閲覧。
  34. ^ 的野裕子 (2021年5月16日). “長距離ランナーのための、黒くなった爪の適切な対処法”. ライフハッカー[日本版]. 2022年7月21日閲覧。
  35. ^ ランニングでマメができたらどうする? 原因や対処法・予防法について解説”. 株式会社アルペン. 2022年7月21日閲覧。
  36. ^ Mailler, EA and Adams, BB (2004-08-01). “The wear and tear of 26.2: dermatological injuries reported on marathon day” (英語). British Journal of Sports Medicine 38 (4): 498-501. doi:10.1136/bjsm.2004.011874. https://doi.org/10.1136/bjsm.2004.011874 2022年7月21日閲覧。. 
  37. ^ 日経メディカル. “断言しよう。マラソンは体に悪い。”. 日経メディカル. 2022年7月21日閲覧。
  38. ^ Küster, Michael (2013年1月1日). “Consumption of analgesics before a marathon and the incidence of cardiovascular, gastrointestinal and renal problems: a cohort study” (英語). BMJ Open. pp. e002090. doi:10.1136/bmjopen-2012-002090. 2022年7月21日閲覧。
  39. ^ 安易な服用は危険!マラソン中の痛み止め”. 毎日新聞「医療プレミア」. 2022年7月21日閲覧。
  40. ^ 2023禁止表国際基準 世界アンチ・ドーピング機構
  41. ^ a b c マラソン競技規則 日本陸上競技連盟
  42. ^ 一柳保, 田邉晴山, 喜熨斗智也, 北小屋裕, 大迫幹生, 加百正人, 大木哲郎, 岡本征仁, 津田雅庸, 野口宏「マラソン・ロードレースにおける救護・医療体制整備指針案について」『日本臨床救急医学会雑誌』第22巻第4号、2019年、613-620頁、doi:10.11240/jsem.22.613 
  43. ^ ドクターランナー・メディカルサポートランナー募集中”. 総社市ホームページ. 2023年3月1日閲覧。
  44. ^ 有森裕子=元マラソンランナー. “有森裕子 大阪国際女子マラソン「男子のペースメーカー」から得たものとは”. 日経Gooday(グッデイ). 2022年8月1日閲覧。
  45. ^ 世界の市民ランナーをつかめ シューズメーカーも戦い:朝日新聞GLOBE+”. 朝日新聞GLOBE+. 2022年8月1日閲覧。
  46. ^ 「金・銀・銅は全部ナイキ」厚底&高速スパイクで異様な表彰台占拠の予感 シューズブランドの覇権争いを予測”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2021年8月1日). 2022年8月1日閲覧。
  47. ^ 「金・銀・銅は全部ナイキ」厚底&高速スパイクで異様な表彰台占拠の予感 シューズブランドの覇権争いを予測”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2021年8月1日). 2022年8月1日閲覧。
  48. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “シューズは厚底か薄底か 日本人ランナーに合うのは?|オリパラ|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2022年8月1日閲覧。
  49. ^ 速すぎてヤバい「ナイキ厚底」どこが違反なのか【2020年BEST5】 企業と選手の「努力」がムダになる”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2022年1月1日). 2022年8月1日閲覧。
  50. ^ ナイキ「厚底」五輪OK 世界陸連、混乱避ける(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2020年2月1日). 2022年8月1日閲覧。
  51. ^ 河村亜希、杉田正明「女子長距離選手における24か月間のEPAおよびDHAの摂取による血中脂肪酸濃度の変化」『日本栄養・食糧学会誌(Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi)』第73巻第5号、2020年、199–205頁、doi:10.4327/jsnfs.73.199 
  52. ^ 連載第14回「Breaking Limit」 ~3ヶ月の練習note~”. Runners Pulse (2021年10月7日). 2022年8月28日閲覧。
  53. ^ アスリート向けの食事法!カーボローディングって知ってる?”. ココカラネクスト. 2022年8月28日閲覧。
  54. ^ 日本マラソン発祥の地神戸-神戸市HP”. 2013年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月18日閲覧。
  55. ^ 神戸マラソンへの道 第1部 兵庫 先駆けの歴史(1)マラソン大競走 (神戸新聞)
  56. ^ 第44回 安政遠足HP
  57. ^ 瀬古リーダー「夢のある選手が出てくることを期待して」。MGCシリーズ、いよいよ北海道マラソン2017からスタート!”. 公益財団法人日本陸上競技連盟 (2017年8月23日). 2017年8月27日閲覧。
  58. ^ a b 「サブツー」に挑む 人類はどこまで速くなるのか(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2018年11月14日). 2021年8月3日閲覧。
  59. ^ <ディープに走ろう 北海道マラソン>⑨完走メダル 歴年の達成感 首元に輝く:北海道新聞デジタル”. 北海道新聞デジタル. 2023年8月25日閲覧。
  60. ^ 第30回さくらマラソン大会のお礼・WEB完走証”. www.city.satte.lg.jp. 2023年8月25日閲覧。
  61. ^ 第39回三河湾健康マラソン大会エントリーリスト・完走証発行ページ - 愛知県蒲郡市公式ホームページ”. www.city.gamagori.lg.jp. 2023年8月25日閲覧。
  62. ^ 関根慶太郎監修 『ものをはかるしくみ』 新星出版社 ISBN 9784405071018
  63. ^ IAAF Road Race Labels 2010 Regulations
  64. ^ Road Race Rank
  65. ^ 京都マラソン
  66. ^ 大阪マラソン
  67. ^ 神戸マラソン
  68. ^ さいたま国際マラソン
  69. ^ 東北・みやぎ復興マラソン
  70. ^ かすみがうらマラソン
  71. ^ つくばマラソン
  72. ^ 板橋Cityマラソン
  73. ^ 横浜マラソン
  74. ^ 横浜マラソン2015 参加のご案内
  75. ^ 湘南国際マラソン
  76. ^ ちばアクアラインマラソン
  77. ^ 富山マラソン
  78. ^ 金沢マラソン
  79. ^ 富士山マラソン
  80. ^ 静岡マラソン
  81. ^ 浜松シティマラソン
  82. ^ 福知山マラソン
  83. ^ 京都木津川マラソン
  84. ^ 奈良マラソン
  85. ^ 大阪・淀川市民マラソン
  86. ^ KIX泉州国際マラソン
  87. ^ 世界遺産姫路城マラソン
  88. ^ 篠山ABCマラソン大会”. 2007年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月29日閲覧。
  89. ^ おかやまマラソン”. 2015年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月31日閲覧。
  90. ^ 下関海響マラソン”. 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月19日閲覧。
  91. ^ とくしまマラソン
  92. ^ 愛媛マラソン
  93. ^ 高知龍馬マラソン
  94. ^ 北九州マラソン
  95. ^ 福岡マラソン
  96. ^ 国際青島太平洋マラソン
  97. ^ 鹿児島マラソン
  98. ^ NAHAマラソン
  99. ^ おきなわマラソン
  100. ^ マラソン2時間0分25秒のキプチョゲの非公認世界記録に賛否の声”. 2017年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧。
  101. ^ 東京マラソン2013メディアガイド アーカイブ 2014年2月3日 - ウェイバックマシン、29頁。
  102. ^ Athlete profile for Berhanu Shiferaw
  103. ^ Shizo Kanakuri Bio, Stats, and Results” (英語). Olympics at Sports-Reference.com. 2019年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  104. ^ 日本が初参加:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 2019年12月2日閲覧。



マラソン(10km・5km)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 16:34 UTC 版)

かかみがはらシティマラソン」の記事における「マラソン(10km5km)」の解説

参加費:一般3,500円 高校生1,500円 各区分で、上位6位までが表彰高校生以上29歳下男3040歳代男子 50歳以上男子 高校生以上39歳下女40歳上女

※この「マラソン(10km・5km)」の解説は、「かかみがはらシティマラソン」の解説の一部です。
「マラソン(10km・5km)」を含む「かかみがはらシティマラソン」の記事については、「かかみがはらシティマラソン」の概要を参照ください。


マラソン(3km)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 16:34 UTC 版)

かかみがはらシティマラソン」の記事における「マラソン(3km)」の解説

参加費:中学生1,500円 各区分で、上位6位までが表彰中学生男子 中学生女子

※この「マラソン(3km)」の解説は、「かかみがはらシティマラソン」の解説の一部です。
「マラソン(3km)」を含む「かかみがはらシティマラソン」の記事については、「かかみがはらシティマラソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マラソン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マラソン

出典:『Wiktionary』 (2021/09/25 12:22 UTC 版)

名詞

  1. 陸上競技種目のひとつで、42.195キロメートル走るのにかかる時間競う競技
  2. (俗語) 長距離走
  3. 語義1より転じて言葉前に修飾的について)通常時比べ、相当に長時間のもの。

語源

英語marathon音写。元は古代ギリシア地名マラトン(Μαραθών)より。ペルシャ戦争におけるマラトンの戦い戦勝を、一兵士駆けアテネ伝えそのまま絶えたという故事しのんで1898年第1回オリンピック長距離走ひとつとして創設されたもの。

翻訳


「マラソン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マラソン」の関連用語

マラソンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マラソンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2024 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2024 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマラソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのかかみがはらシティマラソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマラソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS