那覇市とは? わかりやすく解説

なは‐し【那覇市】

読み方:なはし

那覇


那覇市

読み方:ナハシ(nahashi)

所在 沖縄県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

那覇市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 03:04 UTC 版)

那覇市(なはし、沖縄語: ナーファ、ナファ[3])は、沖縄県沖縄本島南部に位置する。沖縄県の県庁所在地及び最大の都市であり、中核市中枢中核都市に指定されている。


注釈

  1. ^ 沖縄県全体でもJR線はない。
  2. ^ 東京都の特別区はそれぞれが市町村と同等の権限を有する基礎自治体であるため、実際に東京都庁がある新宿区のみを都庁所在地とする見方もある。この場合、那覇市より新宿区のほうが面積が小さいため、那覇市は2番目となる。
  3. ^ 普天間基地の辺野古移設に反対して自民党を除名された会派。
  4. ^ これは那覇市固有の処理施設ではない。
  5. ^ 一時間最大では239,586m3

出典

  1. ^ a b 那覇市旗
  2. ^ 市のシンボル・憲章”. 那覇市. 2011年9月28日閲覧。
  3. ^ 首里・那覇方言音声データベース”. 琉球大学 沖縄言語研究センター. 2012年4月1日閲覧。 - 本来は首里市、真和志市、小禄村との合併前の旧那覇市を指す。
  4. ^ 那覇空港の制限表面区域図(国土交通省大阪航空局)
  5. ^ 中核市への移行に係る沖縄県への協力要請”. 那覇市 市長室Web出張所 (2010年4月23日). 2012年4月1日閲覧。
  6. ^ 中核市移行準備室”. 那覇市. 2012年4月1日閲覧。
  7. ^ 中核市の紹介”. 中核市市長会. 2012年4月1日閲覧。
  8. ^ “樽床総務大臣閣議後記者会見の概要” (プレスリリース), 総務省, (2012年10月19日), https://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000100.html 2012年10月22日閲覧。 
  9. ^ 那覇市、来年4月1日から中核市 政府が閣議決定”. 琉球新報 (2012年10月19日). 2012年10月22日閲覧。
  10. ^ 那覇を中核市に = 政府”. 時事ドットコム (2012年10月19日). 2012年10月22日閲覧。
  11. ^ 平成25年4月1日に那覇市が中核市へ移行しました。”. 中核市市長会 (2013年4月1日). 2013年4月1日閲覧。
  12. ^ 1998年7月4日放送の出没!アド街ック天国より
  13. ^ 昭和61年7月8日発行角川書店『沖縄地名大辞典』739項より
  14. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  15. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  16. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  17. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  18. ^ 住所対照簿(新旧)” (日本語). www.city.naha.okinawa.jp. 2019年9月23日閲覧。
  19. ^ 日本電信電話公社海底線敷設事務所編 『海底線百年の歩み』 電気通信協会 1971年 p.200.
  20. ^ 図典 日本の市町村章 p239
  21. ^ 『続・GHQカメラマンが撮った戦後ニッポン カラーで蘇るあの時代の日々』(2007年7月20日、アーカイブス出版発行)147ページより。
  22. ^ 那覇市役所本庁舎は平成21年9月24日(木)仮庁舎へ一時移転しました”. 那覇市 (2009年9月24日). 2012年4月1日閲覧。
  23. ^ 那覇市新庁舎建設について”. 那覇市 (2010年7月9日). 2012年4月1日閲覧。
  24. ^ 野球少年の夢乗せ 沖縄セルラースタジアム落成”. 琉球新報 (2010年4月3日). 2012年4月1日閲覧。
  25. ^ 中核市・那覇が誕生 翁長市長「県全体の飛躍確信」 全国42市目”. 琉球新報 (2013年4月1日). 2013年4月1日閲覧。
  26. ^ 那覇市議会事務局議会史編さん室 2011, 30-64頁.
  27. ^ 市民意見提出制度 - 那覇市(2013年5月21日閲覧)
  28. ^ 南風原町 3つの選択肢 (PDF) (広報はえばる 2003年(平成15年)7月号) - 南風原町(2013年5月21日閲覧)
  29. ^ 那覇市・南風原町・南部離島村合併任意協議会解散の経緯について - 那覇市(2004年6月22日更新、2013年5月21日閲覧)
  30. ^ 平成27年10月1日現在の国の行政機関の組織-内閣人事局
  31. ^ a b 2012年度版那覇市勢要覧 (PDF)”. 那覇市. 2013年2月1日閲覧。
  32. ^ 2012年度版 那覇市統計書
  33. ^ 電気をつくる - 沖縄電力
  34. ^ 沖縄ガス株式会社 ごあいさつ
  35. ^ 都市ガス・LPガス供給エリア
  36. ^ 那覇市上下水道局企画経営課『上下水道局事業概要』p.29 ちなみにこの時点では給水普及率は13%に過ぎなかった(p.21)。
  37. ^ 『上下水道局事業概要』p.15、p.22等 各種給水施設で市内にあるものの多くは、市固有の設備である(p.50 - p.55)。
  38. ^ 『上下水道局事業概要』p.21
  39. ^ 『上下水道局事業概要』p.21 - p.24
  40. ^ 『上下水道局事業概要』p.29
  41. ^ 『上下水道局事業概要』p.45
  42. ^ 『上下水道局事業概要』p.156
  43. ^ 『上下水道局事業概要』p.112
  44. ^ 沖縄県土木建築部 下水道管理事務所
  45. ^ 『上下水道局事業概要』p.138
  46. ^ 給食費、年最大5万円差 本紙県内市町村調査”. 琉球新報 (2016年3月7日). 2016年4月12日閲覧。
  47. ^ a b c “この人も?沖縄出身の女優たち ガッキー、比嘉愛未、仲間由紀恵…まだまだたくさん!”. 琉球新報. (2019年4月27日). オリジナルの2019年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191130030352/https://ryukyushimpo.jp/news/entry-909622.html 2021年3月3日閲覧。 
  48. ^ “【胸キュンドラマの注目の悪役は沖縄出身ー嘉島陸、ゆいレール好きの少年が芸能界に戻った理由―】”. 琉球新報. (2018年6月14日). オリジナルの2021年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210311110650/https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-738435.html 2021年3月11日閲覧。 
  49. ^ 「おかわり2世」西武2位山川3割30本だ 日刊スポーツ 2013年11月1日紙面から
  50. ^ 秘書広報課 - 那覇市(2013年5月21日閲覧)
  51. ^ なは市政NAVI - 那覇市(2013年5月21日閲覧)
  52. ^ 市歌 - 那覇市(2013年5月21日閲覧)



那覇市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 14:45 UTC 版)

沖縄県農業協同組合」の記事における「那覇市」の解説

那覇・真和志地区 合併までは真和志農協JA真和志)だった。なお旧那覇地区には県庁商業施設ATM以外、もともと農協支店などはない(安謝はもともと真和志地域だったため)。JAおきなわ本店も旧真和志地区(ただし現在は那覇市役所本庁区域)にある。全県1JA統合最後まで反対したのも真和志だった。 真和志支店JA真和志までは本店だった) 国場支店 真嘉比支店 安謝支店 上間支店 繁多川支店 与儀支店 真地支店 大道支店(現在は真嘉比支店統合され廃止首里地区 合併までは首里農協JA首里)だった 首里城下町支店首里支店から名称変更JA首里までは本店だった) 首里支店 (2013年7月首里石嶺支店から名称変更) かつては首里平良支店存在したが、首里石嶺支店統合された統合と同時に首里支店に名称変更)。 小禄地区 合併まで小禄農協JA小禄)だった 小禄支店JA小禄までは本店だった) 高良支店小禄支店JA小禄までは北支店だった) 鏡原支店(現在は廃止

※この「那覇市」の解説は、「沖縄県農業協同組合」の解説の一部です。
「那覇市」を含む「沖縄県農業協同組合」の記事については、「沖縄県農業協同組合」の概要を参照ください。


那覇市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/03 15:21 UTC 版)

沖縄県の神社一覧」の記事における「那覇市」の解説

那覇市にある神社 神社名 所在地 主な祭神 神社系列 神社庁 公式サイト 備考 波上宮 若狭 伊弉諾尊速玉男尊事解男尊 熊野神社 琉球国新一の宮官幣小社別表神社琉球八社 この項目は、神道関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル 神道/ウィキプロジェクト 神道)。 この項目は、沖縄県関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:日本の都道府県/沖縄県)。

※この「那覇市」の解説は、「沖縄県の神社一覧」の解説の一部です。
「那覇市」を含む「沖縄県の神社一覧」の記事については、「沖縄県の神社一覧」の概要を参照ください。


那覇市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 08:23 UTC 版)

長田 (沖縄県)」の記事における「那覇市」の解説

1丁目と2丁目からなる

※この「那覇市」の解説は、「長田 (沖縄県)」の解説の一部です。
「那覇市」を含む「長田 (沖縄県)」の記事については、「長田 (沖縄県)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「那覇市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

那覇市

出典:『Wiktionary』 (2007/11/21 04:29 UTC 版)

固有名詞

(なはし)

  1. 沖縄県県庁所在地

語源・由来


「那覇市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

那覇市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



那覇市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの那覇市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの沖縄県農業協同組合 (改訂履歴)、沖縄県の神社一覧 (改訂履歴)、長田 (沖縄県) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの那覇市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS