函館市とは?

函館市

読み方:ハコダテシ(hakodateshi)

所在 北海道

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

函館市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 22:42 UTC 版)

函館市(はこだてし)は、北海道にあるである。渡島総合振興局所在地。札幌市旭川市に次ぐ北海道第三の人口約26万人を有する中核市




  1. ^ 函館市の観光 2014, p. 1.
  2. ^ 函館市の観光 2014, p. 8.
  3. ^ 第9回「地域ブランド調査2014」調査結果 最も魅力的な市区町村は函館市。北海道は6年連続 (PDF)”. ブランド総合研究所 (2014年10月6日). 2014年11月30日閲覧。
  4. ^ Michelin Green Guide Japon 改訂第4版 掲載地リスト (PDF)”. 日本ミシュランタイヤ(ミシュラン). 2017年11月3日閲覧。
  5. ^ AIから観光に一次産業強化まで、北海道4自治体が地方版IoT推進ラボの活動報告”. 新・公民連携最前線 (2018年7月4日). 2018年9月18日閲覧。
  6. ^ 函館市 道内最多の人口減”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2014年6月27日). 2015年7月27日閲覧。
  7. ^ 2014年2月12日 北海道新聞夕刊
  8. ^ 過疎物語 kaso-net”. 全国過疎地域自立促進連盟. 2015年7月9日閲覧。
  9. ^ a b c d e 函館市の概要 (PDF)”. 函館市. 2015年7月9日閲覧。
  10. ^ a b アイヌ語地名リスト ノブト〜ヒラキ P101-110”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  11. ^ アイヌ語ラテン翻字: hak-casi
  12. ^ 函館市史編さん室/編 (1990年). “函館市史 通説編第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ”. 函館市. pp. 267-268. 2017年6月8日閲覧。
  13. ^ 恵山道立自然公園”. 北海道. 2015年7月9日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n 函館市地域防災計画 2014, p. 13.
  15. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2013年2月26日閲覧。
  16. ^ a b c 人口推移:道内最大だった函館”. 北海道ファンマガジン (2009年3月13日). 2015年7月10日閲覧。
  17. ^ a b c はこだてと外国人居留地 街並・文化編 2013, p. 3.
  18. ^ a b 函館市史 2014, pp. 30-36通説編第4巻第6編 戦後の函館の歩み
  19. ^ a b “函館市、観光で輝き模索 新幹線で脱「斜陽都市」へ 「ブームは一過性」懸念も”. 日本経済新聞. (2016年3月4日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98345610R10C16A3ML0000/ 2017年7月10日閲覧。 
  20. ^ 函館市過疎地域自立促進市町村計画(素案) 【平成28年度〜平成32年度】”. 函館市. 2017年7月10日閲覧。
  21. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課 (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000007841019&releaseCount=1 2017年5月20日閲覧。. [リンク切れ]※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  22. ^ 青野友哉; 大島直行 (2003). 野村祟・宇津川洋. ed. 新北海道の古代2 続縄文・オホーツク文化. 北海道新聞社. pp. 11-12. ISBN 489453262X. 
  23. ^ a b c d e f g h 保存地区の保存に関する基本計画 2014, p. 1.
  24. ^ 函館の大火史”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  25. ^ file183 「函館」”. 美の壺. 日本放送協会(NHK) (2009年9月17日). 2015年7月12日閲覧。
  26. ^ a b 函館市史 2014, pp. 9-10通説編第1巻第5編「大函館」その光と影 序章
  27. ^ 函館市史 2014, pp. 24-25通説編第4巻第6編 戦後の函館の歩み
  28. ^ 函館市史 2014, pp. 28-29通説編第4巻第6編 戦後の函館の歩み
  29. ^ a b c 函館市史 2014, pp. 36-38通説編第4巻第6編 戦後の函館の歩み
  30. ^ a b c d e f 函館国際水産・海洋都市構想に係る産官学連携促進方策の考察 2004, p. 6.
  31. ^ a b マリン・フロンティア科学技術研究特区 (PDF)”. 内閣府構造改革特区担当室. 総理大臣官邸. 2015年7月16日閲覧。
  32. ^ 函館市紹介”. 函館教育旅行ガイド. 函館観光コンシェルジュセンター. 2015年7月9日閲覧。[リンク切れ]
  33. ^ 函館市の歴史 (PDF)”. 市民生活のしおり. 函館市. 2016年11月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  34. ^ 函館市生涯学習部文化財課 (2016年4月1日). “縄文遺跡の里” (日本語). 函館市. 2017年5月1日閲覧。 “南茅部は、資源豊かな海と山に囲まれ、縄文の人々が生活し、文化を発展させるうえで絶好の自然環境に恵まれています。そのため、この地域には縄文時代早期から晩期にかけておよそ7千年もの間、縄文文化が栄え、発掘された遺跡からは、当時の人々の暮らしを物語る貴重な遺物が出土されています。”
  35. ^ 沿革”. 市立函館病院. 2015年12月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月12日閲覧。
  36. ^ 函館山の砲台跡(旧函館要塞)”. 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 函館市. 2015年7月10日閲覧。
  37. ^ 千代台公園(野球場) (PDF)”. 函館市公共施設カルテ. 函館市 (2016年). 2016年10月9日閲覧。
  38. ^ a b c 函館市の観光 2014, p. 2.
  39. ^ 千代台公園(陸上競技場) (PDF)”. 函館市公共施設カルテ. 函館市 (2014年). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月12日閲覧。
  40. ^ 函館市の観光 2014, p. 36.
  41. ^ 緑の島”. 函館開発建設部. 2015年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月1日閲覧。
  42. ^ 市町村サミット”. 北海道ファンマガジン (2008年3月13日). 2015年7月17日閲覧。
  43. ^ 五稜郭ゆかりのまち交流”. 函館市. 2015年7月17日閲覧。
  44. ^ 函館市の観光 2014, p. 3.
  45. ^ 中核市の紹介”. 中核市市長会. 2015年7月9日閲覧。
  46. ^ a b 函館市の観光 2014, p. 4.
  47. ^ 定住自立圏構想”. 函館市. 2015年7月27日閲覧。
  48. ^ 函館市公式北海道新幹線開業PRページ”. 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 2016年3月26日閲覧。
  49. ^ 道南いさりび鉄道”. 道南いさりび鉄道. 2016年3月26日閲覧。
  50. ^ 高陽市で口蹄疫発生、24日の姉妹提携延期”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2010年12月21日). 2015年7月12日閲覧。
  51. ^ 青森・函館ツインシティ”. 函館市. 2015年7月12日閲覧。
  52. ^ 渡島総合振興局 (2017-03-31). 渡島総合振興局管内市町行財政概要 (Report). 北海道. p. 39. 2017年5月1日閲覧
  53. ^ 渡島総合振興局 (2017-03-31). 渡島総合振興局管内市町行財政概要 (Report). 北海道. p. 2.  2017年5月1日閲覧
  54. ^ 渡島総合振興局 (2017-03-31). 渡島総合振興局管内市町行財政概要 (Report). 北海道. pp. 62-63.  2017年5月1日閲覧
  55. ^ 渡島総合振興局 (2017-03-31). 渡島総合振興局管内市町行財政概要 (Report). 北海道. pp. 84-86. 2017年5月1日閲覧
  56. ^ 渡島総合振興局 (2017-03-31). 渡島総合振興局管内市町行財政概要 (Report). 北海道. p. 44.  2017年5月1日閲覧
  57. ^ 市議会の役割としくみ”. 市議会. 函館市. 2015年7月21日閲覧。 2017年5月1日閲覧
  58. ^ 渡島総合振興局 (2017-03-31). 渡島総合振興局管内市町行財政概要 (Report). 北海道. p. 35. 
  59. ^ a b 函館高等技術専門学院”. 北海道. 2015年7月23日閲覧。
  60. ^ 北海道立工業技術センター”. 函館地域産業振興財団. 2015年7月23日閲覧。
  61. ^ a b 北海道職業能力開発促進センター函館訓練センター(ポリテクセンター函館)”. 高齢・障害・求職者雇用支援機構. 2015年7月23日閲覧。
  62. ^ 函館水産試験場”. 北海道立総合研究機構. 2015年7月23日閲覧。
  63. ^ はこだてみらいプロジェクト”. 2016年11月20日閲覧。
  64. ^ 函館市青果物地方卸売市場”. 2015年7月23日閲覧。
  65. ^ 函館市水産物地方卸売市場”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  66. ^ a b 函館市国際水産・海洋総合研究センター”. 函館国際水産・海洋都市推進機構. 2015年7月9日閲覧。
  67. ^ 函館市臨海研究所”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  68. ^ 函館市地域交流まちづくりセンター”. 2015年7月23日閲覧。
  69. ^ 総合保健センター施設案内”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  70. ^ 函館市総合福祉センター”. 2015年7月23日閲覧。
  71. ^ 函館市椴法華高齢者福祉総合センター”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  72. ^ はこだて療育・自立支援センター”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  73. ^ ふるる函館【函館市青少年研修センター】”. 2015年7月23日閲覧。
  74. ^ はこだて子どもセンター”. 2015年7月23日閲覧。
  75. ^ a b 函館市縄文文化交流センター”. 2015年7月23日閲覧。
  76. ^ サン・リフレ函館”. 2016年10月9日閲覧。
  77. ^ 函館市職業訓練センター”. 函館市. 2015年7月23日閲覧。
  78. ^ 函館国際水産・海洋都市構想に係る産官学連携促進方策の考察 2004, p. 8.
  79. ^ 函館国際水産・海洋都市構想に係る産官学連携促進方策の考察 2004, p. 7.
  80. ^ 函館国際水産・海洋都市構想に係る産官学連携促進方策の考察 2004, p. 11.
  81. ^ 函館(一般型) (PDF)”. 平成17年度 都市エリア産学官連携促進事業パンフレット. 文部科学省. 2015年7月16日閲覧。
  82. ^ 国土交通省、重点港湾に32道府県の43港を選定 (PDF)”. 日本港運協会 (2010年8月4日). 2015年7月9日閲覧。
  83. ^ 道内の港湾一覧”. 北海道. 2015年7月9日閲覧。
  84. ^ 北海道の漁港一覧 渡島総合振興局管内”. 北海道. 2015年7月9日閲覧。
  85. ^ 函館市漁業協同組合”. 2016年10月9日閲覧。
  86. ^ 戸井漁業協同組合”. 2016年10月9日閲覧。
  87. ^ 南かやべ漁業協同組合”. 2016年10月9日閲覧。
  88. ^ JA函館市亀田”. 2016年10月9日閲覧。
  89. ^ JA新はこだて”. 2016年10月9日閲覧。
  90. ^ a b 会員百貨店一覧”. 日本百貨店協会. 2015年4月27日閲覧。
  91. ^ a b c d 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. 2015年4月27日閲覧。
  92. ^ 運賃について”. 北海道ハイヤー協会. 2015年7月23日閲覧。
  93. ^ 函館個人タクシー協会”. 全国個人タクシー協会. 2015年7月23日閲覧。
  94. ^ a b c d e f 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 18-19.
  95. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 8.
  96. ^ 一般国道278号 尾札部道路”. 函館開発建設部. 2015年6月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  97. ^ 函館市の文化財一覧”. 函館市. 2016年10月9日閲覧。
  98. ^ 全国伝統的建造物群保存地区協議会(伝建協)”. 2015年7月9日閲覧。
  99. ^ 伝統的建造物群保存地区について”. 函館市. 2015年7月28日閲覧。
  100. ^ 函館市指定文化財 1”. 函館市. 2016年10月9日閲覧。[リンク切れ]
  101. ^ 函館市指定文化財 2”. 函館市. 2016年10月9日閲覧。
  102. ^ 北海道エリアMAP”. YAZAKI GROUP PRESENT 日本の道100選. 矢崎総業. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  103. ^ 残したい“日本の音風景100選” (PDF)”. 環境省. 2015年7月8日閲覧。
  104. ^ 名湯百選”. 健康と温泉フォーラム. 2015年7月8日閲覧。
  105. ^ 函館漁港船入澗(ふないりま)防波堤 北海道・函館市 (PDF)”. 水産庁. 2015年7月8日閲覧。
  106. ^ 「美しい日本の歴史的風土 100選」一覧表(特別枠を除く) (PDF)”. 古都保存財団. 2015年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月8日閲覧。
  107. ^ 日本の歴史公園100選の実施 (PDF)”. 国土交通省. 2015年7月8日閲覧。
  108. ^ 内浦湾沿岸の縄文文化遺跡群”. 北海道遺産協議会. 2015年7月7日閲覧。
  109. ^ 函館山と砲台跡”. 北海道遺産協議会. 2015年7月7日閲覧。
  110. ^ 路面電車”. 北海道遺産協議会. 2015年7月7日閲覧。
  111. ^ 北海道のラーメン”. 北海道遺産協議会. 2015年7月7日閲覧。
  112. ^ 函館西部地区の街並み”. 北海道遺産協議会. 2015年7月7日閲覧。
  113. ^ 五稜郭と箱館戦争の遺構”. 北海道遺産協議会. 2015年7月7日閲覧。
  114. ^ ミスはこだてWEB SITE”. 函館国際観光コンベンション協会. 2015年7月23日閲覧。
  115. ^ はこだてCM放送局 〜HakoTube〜” (日本語). シンプルウェイ. 2015年7月23日閲覧。
  116. ^ ハコダテ観光ガイド :: イカール星人オフィシャル”. シンプルウェイ. 2015年7月23日閲覧。
  117. ^ キラリス函館”. 2016年11月20日閲覧。
  118. ^ 函館ひかりの屋台 大門横丁”. 2015年7月27日閲覧。
  119. ^ シエスタハコダテ”. 2017年8月28日閲覧。
  120. ^ 函館市熱帯植物園”. 2016年10月9日閲覧。
  121. ^ 箱館はじめて物語”. 函館市公式観光情報サイトはこぶら. 2015年7月7日閲覧。
  122. ^ 函館発 事始め歴史”. 函館市タウンなび「はこなび」. 2015年7月7日閲覧。
  123. ^ はこだて開港ペリーロード”. 函館ホテル旅館協同組合. 2015年7月8日閲覧。
  124. ^ 西高+α授業について”. 北海道函館西高等学校. 2015年7月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月8日閲覧。
  125. ^ 日本開港五都市 函館”. 2012年12月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月21日閲覧。
  126. ^ <第1回> 中川嘉兵衛と氷業のはじまり”. 氷と暮らしの物語. ニチレイ. 2015年7月8日閲覧。
  127. ^ 日本銀行函館支店のあゆみ”. 日本銀行函館支店. 2015年7月8日閲覧。
  128. ^ a b 鉄道のNo1”. 北海道ファンマガジン (2008年3月13日). 2015年7月8日閲覧。
  129. ^ 日本初のバットレスダム「笹流ダム」 (PDF)”. Consultant Vol.247. 建設コンサルタンツ協会. 2015年7月7日閲覧。
  130. ^ FMいるかについて”. 函館山ロープウェイ. 2017年8月28日閲覧。
  131. ^ 函館西部地区バル街”. 2015年7月12日閲覧。
  132. ^ 箱館五稜郭祭*公式サイト”. 2015年7月12日閲覧。
  133. ^ 函館マラソン”. 2016年3月26日閲覧。
  134. ^ 市民創作 函館野外劇”. 2015年7月12日閲覧。
  135. ^ 青函カップヨットレース”. 青森セーリングクラブ. 2015年7月23日閲覧。
  136. ^ 函館港花火大会”. 函館新聞社. 2015年7月12日閲覧。
  137. ^ 函館港まつりオフィシャルサイト”. 2015年7月12日閲覧。
  138. ^ 湯の川温泉花火大会”. 函館湯の川温泉旅館協同組合. 2015年7月12日閲覧。
  139. ^ はこだてグルメサーカス”. 2015年7月12日閲覧。
  140. ^ はこだて冬フェスティバル”. 2015年7月12日閲覧。
  141. ^ はこだてクリスマスファンタジー”. 2015年7月12日閲覧。
  142. ^ 函館港イルミナシオン映画祭”. 2015年7月12日閲覧。
  143. ^ 五稜郭星の夢”. 2015年7月12日閲覧。
  144. ^ a b c d e 函館市観光基本計画 2014-2023 2015, p. 29.
  145. ^ 日本最古のラーメンが函館で(?)”. 函館開港150周年記念事業公式ウェブサイト ハコダテ150 (2008年10月1日). 2014年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  146. ^ 日本のラーメンの歴史 ラーメン黎明期”. 新横浜ラーメン博物館. 2015年7月17日閲覧。
  147. ^ 函館の特産・名産&グルメ (PDF)”. 市民生活のしおり. 函館市. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  148. ^ 函館スイーツ”. 2015年7月17日閲覧。
  149. ^ a b c 函館の七夕がやってきた(函館の七夕の由来は?)”. 函館開港150周年記念事業公式ウェブサイト ハコダテ150. 2015年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  150. ^ 8月はこのイベントを見逃すな!”. 函館開港150周年記念事業公式ウェブサイト ハコダテ150. 2015年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  151. ^ a b 函館市史 2014, pp. 793-798通説編第4巻第7編 市民生活の諸相(コラム) 第2章
  152. ^ a b 葬儀のマナーと基礎知識 (PDF)”. 市民生活のしおり. 函館市. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月17日閲覧。
  153. ^ はこだてフィルムコミッション”. 2016年10月9日閲覧。
  154. ^ 半澤孝平 (2017年3月16日). “五島軒が築いた「食」語る 函館文化会が公開講座、若山社長が講師”. 函館新聞. https://digital.hakoshin.jp/life/culture/18329 2017年10月14日閲覧。 
  155. ^ a b c d e f g 函館市栄誉賞に廣瀬さん…地元出身・作曲家”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2008年5月24日). 2015年7月17日閲覧。
  156. ^ 函館市民憲章”. 2017年8月28日閲覧。
  157. ^ a b c d e 函館市の都市宣言”. 2017年8月28日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「函館市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

函館市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



函館市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの函館市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS