北海道テレビ放送とは? わかりやすく解説

北海道テレビ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/05 08:54 UTC 版)

北海道テレビ放送株式会社(ほっかいどうテレビほうそう、: Hokkaido Television Broadcasting Co.,Ltd.)は、北海道放送対象地域とするテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。略称はHTB。通称は北海道テレビ


注釈

  1. ^ 北海道テレビ放送 代表取締役社長。
  2. ^ a b c 北海道テレビ放送 取締役。
  3. ^ 地崎工業 代表取締役社長。
  4. ^ 北海道テレビ放送 常務取締役。
  5. ^ 北海道テレビ放送 非常勤取締役相談役。
  6. ^ 南平岸に創業の地を置いたのは(1)都市密集化をさけ、郊外地の開発を図る。(2)電波の伝搬を考慮(3)中継番組などの強化のために標高70.6m地点が必要(4)電電公社(現NTT)と手稲送信所の見通しが良いとの理由からである。しかし、1976年発生の北海道庁爆破事件では、取材活動で札幌中心部に演奏所を構える他局と比べ、地の利のハンディを背負う形となった。
  7. ^ 開局時の宛先『〒062 札幌市平岸 HTB ○○係』 、政令指定都市実施時の宛先『〒062 札幌市豊平区平岸 HTB ○○係』 、大口事業所郵便番号取得時の宛先『〒062-01 HTB ○○係』 、郵便番号7桁化の宛先『〒062-8501 HTB ○○係』。
  8. ^ 〒060-0001。
  9. ^ STVが系列局であるが、同局のニュース系列は日本テレビのみであり、フジテレビが札幌支局を開設し直接取材を行っていた。
  10. ^ 日本テレビ系の番組については不詳。
  11. ^ 経営破綻後、トヨタ自動車の直営となったものの、2020年10月からトヨタカローラ札幌系列になり現在に至る。
  12. ^ 現在は「トヨタカローラ札幌」と合併。
  13. ^ 札幌トヨタ系列の「トヨタオート北札幌」と合併し「トヨタオート札幌」に、後の社名変更で「ネッツトヨタ札幌」となり現在に至る。
  14. ^ 後にトヨタカローラ札幌系列になり現在に至る。
  15. ^ 札幌第一高等学校」・「釧路第一高等学校」・「北嶺中学校・高等学校」などを経営。このうち、釧路第一高等学校は労使紛争で1978年(昭和53年)4月に廃校となり、跡地には北海道釧路北高等学校が開校している。
  16. ^ 当時「戦後2番目の大型倒産」といわれ、HTBのニュースでも「親会社が倒産した」旨放送した。
  17. ^ ANN発足までは、全国ニュースも『HTBニュース』のタイトルで放送していた。
  18. ^ マスコット名については、「名前・愛称募集」990種の応募の中から決定された。
  19. ^ 新館工事現場はドラマ『西部警察 PART-II北海道ロケでも使用された。
  20. ^ CM中のほか、番組中も提供・スポンサー表示の際は消去する(番組中に台風・大雨・暴風雪などL字型画面による災害情報が出ている場合でも、提供・スポンサー表示の際はL字型画面も一時消去する)。道内民放ではHBC、STVに次いで3局目。
  21. ^ 佐々木倫子の漫画が原作であり、HTBは作中に登場する放送局『北海道☆(ホシ)テレビ』のモデルとなっている。
  22. ^ ただし、函館・室蘭・帯広・釧路・網走地区は、当時は送信所が未開局だったため、送信所開局までの約8ヶ月間は教育番組を除いてNET系の番組は視聴できなかった。
  23. ^ 前者から『おはよう朝日です』、『ドデスカ!』、『アサデス。KBC』。
  24. ^ ただし、2009年以降も「水曜どうでしょう」の新作放送時は、水曜日は30分の遅れネットとなる。
  25. ^ 本来の道内の系列局はSTV。
  26. ^ a b Season2まで放送。Season3以降はNHK総合で放送。
  27. ^ a b c d e 本来の道内の系列局はHBC。
  28. ^ a b 本来の道内の系列局はTVh。
  29. ^ TBSでは未放送のWebアニメ『アサルトリリィ ふるーつ』も放送。
  30. ^ 「6」は原則TBS系列で使われる番号であるが、地元のTBS系列局である北海道放送がアナログ親局1chを踏襲したために「6」が空いたものである。
  31. ^ 2014年9月29日に、混信地域に対する受信状況改善のため29chより変更[38]
  32. ^ デジタル中継局はアナログ放送を行っていたTVhの施設をそのまま使用し、民放各局で共同使用している。
  33. ^ NHK及び他の民放と共にデジタル新局として2014年5月29日に開局。
  34. ^ デジタル中継局はTVhを除く民放各局が共同使用するが、2011年11月開局のTVhもこの施設に相乗りする。
  35. ^ このタイトルを冠したドキュメンタリー番組『人間ビジョンスペシャル』を毎年、制作・全国放送していた。
  36. ^ ここから派生したHTBロゴは使用終了後もロゴ変更前まで使用し、HTBコーナーや、かつて使用されていた緑帽以降の着ぐるみonちゃんの帽子に描かれているHTBロゴ(正式なロゴのものも併用されていた)で主に使われていた。
  37. ^ 旭山動物園物語』の後期作品や、『ハナタレナックスEX』など。
  38. ^ 水曜どうでしょう』(2011年以降の新作および「Premier」)や、『おにぎりあたためますか』など。ただし、北海道ローカルとして製作された番組が番販される事例は、この限りではない。
  39. ^ OVAを放映していた。
  40. ^ 同時ネットの時期もあり。
  41. ^ 1974年1月6日放送分は放送時間を30分繰り下げて放送。
  42. ^ 放送と同時に「HTB 北海道onデマンド」においてもオンデマンド配信を行う。
  43. ^ 番組開始当初は、HTBのみでの放送。その後、他の地方局で放送されるようになり、『デモ・タカ VIDEO JAM』以降は、キー局・テレビ朝日が制作に参加し、テレビ朝日でも放送された。
  44. ^ 現在はSTVがレギュラー放送している
  45. ^ 1st season(1期)はテレビ北海道にて遅れ放送、2nd season(2期)は北海道地区では未放送である。3rd seasonは後に、月曜 1:20 - 1:50(日曜深夜)で再放送。
  46. ^ 第2期以降は未放送。
  47. ^ アニメ。テレビドラマ版はTVhで放送。再放送も行われた。
  48. ^ 2013年にUHBで放送実績がある為、事実上の再放送。HTB等の主催により「銀の匙 Silver Spoon展」を行うためプロモーションを兼ねた放送。
  49. ^ myステーション』、『気分は天気』など。
  50. ^ 定年退職しており、アナウンサー一覧にプロフィールはないが、2023年現在も『HTBニュース』を担当していることから専属キャスターとしてHTBと契約しているものと見られる。
  51. ^ ニュースウェーブ』、『HTB土曜競馬中継』など。
  52. ^ ニュースロータリー』、『HTB土曜競馬中継』など。
  53. ^ a b c d ニュースロータリー』など。
  54. ^ 情報ワイド 夕方Don!Don!』など。
  55. ^ myステーション』など。
  56. ^ 気分は天気』、『myステーション』、『eあさ540』など。
  57. ^ イチオシ!』など。

出典

  1. ^ a b c d e f g 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2023』コーケン出版、2023年11月30日、243頁。 
  2. ^ a b HTB 会社案内
  3. ^ 気象庁|予報業務の許可事業者一覧(気象・波浪)
  4. ^ 吉川慧 (2020年3月12日). “「水曜どうでしょう」の奇跡に頼らない。地方テレビ局の生き残り方”. www.businessinsider.jp. 2021年4月20日閲覧。
  5. ^ HTB『水曜どうでしょう』DVDシリーズ、累計出荷数500万枚を突破|Screens|映像メディアの価値を映す”. www.screens-lab.jp. 2021年4月20日閲覧。
  6. ^ 北海道テレビ放送株式会社 会社案内”. 北海道テレビ放送株式会社 会社案内. 2020年10月24日閲覧。
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、238頁。 
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、165頁。 
  9. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、168頁。 
  10. ^ 本道の放送 - 北海道年鑑 1963年版(北海道新聞社 1962年)
  11. ^ 本道の放送 - 北海道年鑑 1968年版(北海道新聞社 1967年)
  12. ^ HTB社史編集委員会 編『この10年』北海道テレビ放送、1978年11月3日。NDLJP:12275341 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v ユメミル、チカラHTBの50年』北海道テレビ放送、2019年3月28日、34 - 51頁https://www.htb.co.jp/htb/50th_b2/HTML5/pc.html#/page/36 
  14. ^ ユメミル、チカラHTBの50年』北海道テレビ放送、2019年3月28日、43頁https://www.htb.co.jp/htb/50th_b2/HTML5/pc.html#/page/44 
  15. ^ a b HTB北海道、動画オンデマンドサイトが自社開発動画プラットフォーム「hod」として誕生|Screens|映像メディアの価値を映す”. www.screens-lab.jp. 2022年4月10日閲覧。
  16. ^ 北海道テレビ放送が自社運営の動画配信「HTB 北海道 on デマンド」 - 日経XTECH
  17. ^ a b 開局50周年を機に本社を移転 新社屋での業務開始は9月18日 (PDF) - 北海道テレビ放送、2018年4月2日付
  18. ^ HTB_kouhouのツイート(1041310682728132608)
  19. ^ 北海道新聞(2012年9月15日付朝刊、第2社会面)
  20. ^ 新社屋移転 HTB広報☆便りニュースリリース、2012年9月26日付
  21. ^ 朝日新聞(2012年9月16日朝刊、道内面30ページ)
  22. ^ HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」”. HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」. 2021年1月30日閲覧。
  23. ^ 芳根京子、ドラマ『チャンネルはそのまま!』主演”. ORICON NEWS. 2021年1月30日閲覧。
  24. ^ a b 全国的人気テレビ番組「水曜どうでしょう」の聖地、HTB旧本社売却へ - 北海道リアルエコノミー 2019年2月18日
  25. ^ 秋のHTB“南平岸” ドライブスルー2020”. 秋のHTB“南平岸” ドライブスルー2020. 2021年1月30日閲覧。
  26. ^ a b 株式会社財界さっぽろ (2021年1月29日). “HTB旧社屋が売却決定!でも水曜どうでしょうの聖地やonちゃん像は…… | 財界さっぽろ”. 財界さっぽろ ONLINE. 2021年1月30日閲覧。
  27. ^ a b 全国的人気テレビ番組「水曜どうでしょう」の聖地、HTB旧本社売却へ”. 北海道リアルエコノミー (2019年2月18日). 2021年1月30日閲覧。
  28. ^ HTB旧本社駐車場跡地、土屋ホーム不動産&大京がマンション共同建設,北海道リアルエコノミー,2021年11月2日
  29. ^ 「公式」ライオンズ南平岸ディアレジェンド | 新築・分譲マンション | 札幌市豊平区「南平岸」駅 | ライオンズマンションの大京
  30. ^ さよならonちゃん!HTB旧社屋のシンボル“最後の日”の一部始終,財界さっぽろ,2021年6月25日
  31. ^ HTBの旧跡地に重さ1.5トンの「onちゃん」モニュメント セコマもオープン 札幌市豊平区,HTB北海道ニュース,2022年12月16日
  32. ^ a b c 送信所正式移転のお知らせ
  33. ^ 食べて応援!北海道 2020秋
  34. ^ HTBで放送事故 同じ映像2度流す,北海道新聞,2019年1月16日
  35. ^ 吉川慧 (2020年3月11日). “「テレビかネットか、悩んでる場合じゃない」“水曜どうでしょう”の地方局が同時配信に挑む理由”. www.businessinsider.jp. 2021年1月30日閲覧。
  36. ^ 10時間テレビ”. www.htb.co.jp. 2021年5月21日閲覧。
  37. ^ 北海道の住宅建築事情は道外と異なる点が多いが、放送されなかった理由は不明。
  38. ^ 北海道総合通信局による報道発表(2014年8月25日)
  39. ^ YouTube(1996年『モザイクな夜V3』の視聴者プレゼントの送付封筒)
  40. ^ 「錦鯉が行く!のりのり散歩」長谷川の地元HTBで冠番組レギュラー化(コメントあり)”. お笑いナタリー. ナターシャ. 2022年3月15日閲覧。
  41. ^ HTB社史編集委員会 編『この10年』北海道テレビ放送、1978年11月3日、76 - 78頁。NDLJP:12275341/46 
  42. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1992年(平成4年)4月 - 1994年(平成6年)3月、テレビ欄。
  43. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1977年(昭和52年)4月 - 1984年(昭和59年)10月、テレビ欄。
  44. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1970年(昭和45年)1月 - 1971年(昭和46年)8月、テレビ欄。
  45. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1971年(昭和46年)9月 - 1975年(昭和50年)3月、テレビ欄。
  46. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1972年(昭和47年)4月 - 1974年(昭和49年)3月、テレビ欄。
  47. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1971年(昭和46年)4月 - 9月、テレビ欄。
  48. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1971年(昭和46年)10月 - 1972年(昭和47年)1月、テレビ欄。
  49. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1972年(昭和47年)10月 - 1973年(昭和48年)3月、テレビ欄。
  50. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1973年(昭和48年)10月 - 1974年(昭和49年)3月、テレビ欄。
  51. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1969年(昭和44年)4月 - 1973年(昭和48年)3月、テレビ欄。
  52. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1981年(昭和56年)11月 - 1983年(昭和58年)8月、テレビ欄。
  53. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1983年(昭和58年)11月 - 1986年(昭和61年)5月、テレビ欄。
  54. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1977年(昭和52年)3月、テレビ欄。
  55. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1987年(昭和62年)8月 - 10月、テレビ欄。
  56. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1988年(昭和63年)5月 - 1989年(平成元年)2月、テレビ欄。
  57. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1968年(昭和43年)11月 - 1977年(昭和52年)7月、テレビ欄。
  58. ^ 「HTB 北海道 on デマンド」がスタート、SUJの動画配信プラットフォームを採用” (2012年4月2日). 2020年5月6日閲覧。
  59. ^ HTB「錦鯉が行く!のりのり散歩」TVer配信スタート!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES (2024年3月30日). 2024年4月1日閲覧。
  60. ^ office_pallet. “放送局の送別会”. いおりのホッと一息. 2023年8月27日閲覧。
  61. ^ office_pallet. “ブログ移動のお知らせ”. いおりのホッと一息. 2023年8月27日閲覧。
  62. ^ HTB社史編集委員会 編『この10年』北海道テレビ放送、1978年11月3日、35 - 37頁。NDLJP:12275341/24。"退職者名簿"。 
  63. ^ 木内 希|ナレーター・MC検索|ナレーター・ナレーション・イベントMCのキャスティングはVOICE MART(ボイスマート)”. ナレーター・ナレーション・イベントMCのキャスティングはVOICE MART(ボイスマート). 2023年8月27日閲覧。
  64. ^ アナウンサー日記”. web.archive.org (2004年10月29日). 2022年1月11日閲覧。
  65. ^ 竹内 利美”. web.archive.org (2001年8月20日). 2024年1月3日閲覧。
  66. ^ 美人転職女子アナ、西野志海が21日テレ東生放送デビュー!”. サンケイスポーツ (2016年7月20日). 2016年7月20日閲覧。
  67. ^ 関東で HTB 北海道テレビのデータ放送がいつでも楽しめる! 基本データ放送の系列間相互リンクを実施!! (PDF)
  68. ^ データ放送の楽しみが広がる 通信コンテンツの系列局相互リンクがスタート! (PDF)
  69. ^ 北海道on天気ライブカメラ”. YouTube. 2020年2月28日閲覧。
  70. ^ エフエムとよひらに予備免許交付
  71. ^ エフエムとよひらに本免許交付
  72. ^ 北海道の地方新聞リンク
  73. ^ a b c d e f HTB 会社案内



北海道テレビ放送(HTB)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:35 UTC 版)

コールドケース 迷宮事件簿」の記事における「北海道テレビ放送(HTB)」の解説

第2シーズン - 2011年~(月曜01:51:00~)吹替版を放送

※この「北海道テレビ放送(HTB)」の解説は、「コールドケース 迷宮事件簿」の解説の一部です。
「北海道テレビ放送(HTB)」を含む「コールドケース 迷宮事件簿」の記事については、「コールドケース 迷宮事件簿」の概要を参照ください。


北海道テレビ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 22:38 UTC 版)

スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事における「北海道テレビ放送」の解説

岩本勉文化放送解説者本数契約2006年テレビ朝日主管制作日本ハムvs巨人戦では球種解説担当2012年以降朝日放送制作阪神vs日本ハム戦中継にも出演テレビ朝日制作分副音声では、2022年3月27日ソフトバンクvs日本ハム戦にはティモンディと共に同年5月29日日本ハム巨人戦宮崎美穂黒嵜菜々子と共にゲスト出演したが、北海道地区では前者他系列局別途自社制作し、後者ホームゲームであるにもかかわらず北海道地区での地上波放送がなかった) 淡口憲治2013年 - ・本数契約立石尚行2013年 - ・本数契約建山義紀☆(2015年 - 本数契約STVHBCUHBGAORAにも出演森本稀哲2016年 - 本数契約、AbemaSports・GAORAにも出演江尻慎太郎2016年 - 本数契約阿井英二郎2017年 - 本数契約柏原純一2018年 - 本数契約GAORAにも出演田中幸雄2018年 - 本数契約GAORAにも出演いずれも日本ハムOBまたはコーチ経験者本数契約出演(年度により出演有無異なる)。この他テレビ朝日系列局から解説者派遣場合あり。

※この「北海道テレビ放送」の解説は、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の解説の一部です。
「北海道テレビ放送」を含む「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事については、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「北海道テレビ放送」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北海道テレビ放送」の関連用語

北海道テレビ放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北海道テレビ放送のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北海道テレビ放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコールドケース 迷宮事件簿 (改訂履歴)、スーパーベースボール (テレビ朝日系列) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS