朝日放送テレビとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 朝日放送テレビの意味・解説 

朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 10:15 UTC 版)

朝日放送テレビ株式会社(あさひほうそうテレビ、: Asahi Television Broadcasting Corporation[1])は、朝日放送グループホールディングスの連結子会社で、近畿広域圏放送対象地域とするテレビジョン放送事業を運営している特定地上基幹放送事業者である。


注釈

  1. ^ かつてのキー局で、同じく朝日新聞社が開局に動いたラジオ東京(現:TBSラジオ)よりは約1ヶ月早い。
  2. ^ 逆に現在JNNに所属するMBSテレビはANNに属していた。
  3. ^ 物理チャンネル・15ch。他の在阪広域局も揃ってアナログと同じリモコンキーIDを使用。
  4. ^ ただし、リアルタイム字幕放送実施時は使用している。ちなみに関西の他局ではテレビ大阪も使用していない。
  5. ^ 放送持株会社化によるものも含め、ラジオ・テレビ分社化後にテレビのクレジットのロゴがマイナーチェンジ2種類のみになるのは初の事例である(TBSテレビは原則として旧東京放送時代からの「TBS」のまま〈2020年3月までの旧ロゴタイプ時代には「TBSテレビ」のものも若干あり〉、CBCテレビは「CBCテレビ」へ変更〈例外として「CBC」のままのものも一部あり〉。〈新〉毎日放送はラジオ分社化後も商号変更しないため「MBS」のまま)。
  6. ^ テレビ朝日系全国ネットでも2018年8月28日(火曜日)19:00 - 21:48に放送の単発特別番組『平成生まれ3000万人!そんなコト考えた事なかったクイズ』のエンドロールでは「ABCテレビ」ロゴが使用された(2019年4月に『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』としてレギュラー化後は「ABC TV」を使用)。また、2020年7月開始の『これって私だけ?』のエンドロールでは「ABCテレビ」が使用されていた。
  7. ^ JOBX-(D)TVのコールサインはのちに大分朝日放送に再度割り当てられた。
  8. ^ 現在、跡地にはANAクラウンプラザホテル大阪(旧・大阪全日空ホテル・シェラトン→大阪全日空ホテル)が建っている。
  9. ^ この新社屋移転案としては、ここのほかに、堂島社屋(旧大阪テレビ放送社屋)の敷地を拡張をして、そこに新社屋を建設する案や、現本社がある福島区の(当時)阪大病院敷地(当時から移転の話があった)への移転案もあった。
  10. ^ 日本の放送局で初めて、日本気象協会以外からの気象情報提供。
  11. ^ テレビ朝日との共同制作になるが、送出はテレビ朝日
  12. ^ 最後の番組は『スーパーベースボール』でのオールスターゲーム第3戦の中継
  13. ^ JOAY系列のサインはかつてNHK佐世保支局がNHK佐世保放送局だった時代に同局のEテレR2に割り当てられていたが、後にJOAZ系列に変更された(同局がNHK長崎放送局の支局へ降格した際にそのサインも廃止・返上、中継局に降格)ため、使用されていなかった。大阪テレビ放送時代のサインは前述の通り大分朝日放送に再割り当て済み。
  14. ^ 日本テレビとTBS読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社がほぼ同数の持ち株数で出資し、NETは日本経済新聞社と朝日新聞社が出資、東京12チャンネルは放送免許を持つ日本科学技術振興財団の財団債を朝日新聞社が多く引き受けていた一方で、実際の運営会社である東京12チャンネルプロダクション(現・テレビ東京)は日本経済新聞社が財界の要請を受けて大口出資者になっていた。これを日本テレビ株式を読売新聞社へ、TBS株式を毎日新聞社へ、NET株式を朝日新聞社と旺文社へそれぞれ譲渡し、科学技術財団債は日本経済新聞社が肩代わりしたもの。
  15. ^ 1992年毎日放送が脱退し、同年はクッション期間としてKBS京都サンテレビテレビ和歌山ラジオ関西和歌山放送が民教協の番組を放送していた。
  16. ^ この呼称は、放送局系列と新聞社系列の関係がこじれていたことに由来する。朝日新聞系列の朝日放送テレビは当初TBSテレビとネットを組んでいたが、後にTBSテレビが毎日新聞系列(当時。現在は友好関係にとどまる)となったことで問題が生じた。MBSテレビとNETとの関係も同様である。詳細はネットチェンジを参照。
  17. ^ 他の在阪局、特に1980年代以降の関西テレビフジテレビの関係にも似たような状況があった(フジテレビが1970年代の『母と子のフジテレビ』を標榜した硬派路線だった時代までは関西テレビとの関係も比較的良好で、関西テレビも番組編成で関西地区のニーズに合わせた自主路線を取る一方、黎明期の経営陣の人的なつながりの強さを生かして東海テレビとともにフジネットワークの拡大にも尽力するなどフジテレビと協調姿勢だったが、1980年代に入ってフジテレビが『軽チャー路線』へ転換して以降、人的・物的な関係は引き続き良好な反面、企画・編成面では対立が増加していた)。
  18. ^ 有名なところでは『グッド!モーニング』(部分ネットしている5時台の末尾10分〈実質的に『ANNニュース』のみ〉除く)→『おはようコールABC』『おはよう朝日です』。この時間帯はもともとローカル枠だった上、『グッド!モーニング』の前身の『おはようテレビ朝日』が『おはよう朝日です』のフォーマットを購入した企画ネット番組だったという事情もあった。もともと自主編成枠だったため、過去には朝日放送テレビ以外でも全面的に自社制作番組やテレビアニメなどの遅れネット・再放送番組を編成した局も多く、クロスネット局の場合は日本テレビ・フジテレビなど他系列の生番組を優先していたが、その後静岡朝日テレビ・広島ホームテレビ・瀬戸内海放送が自社制作から撤退し、その他の局も再放送・遅れネット番組からテレビ朝日制作番組のネット受けに順次転換し、さらに平成期以降に開局した新局もテレビ朝日からのネット受けを選択したことで、なし崩し的に準全国ネットとなった経緯による。また当該枠の長時間化により、早朝の自社制作番組を継続している北海道テレビ・メ〜テレ・九州朝日放送はテレビ朝日制作番組の部分ネットを実施している。
  19. ^ 特にテレビ朝日系列は、1989年9月までANNフルネット局は12局に留まり、朝日放送テレビの他に、北海道テレビ(HTB)、東日本放送(KHB)、福島放送(KFB)、テレビ朝日(ANB・現:EX)、新潟テレビ21(NT21・現:UX)、静岡けんみんテレビ(SKT、現:静岡朝日テレビ(SATV))、名古屋テレビ(NBN)、広島ホームテレビ(HOME)、瀬戸内海放送(KSB)、九州朝日放送(KBC)、鹿児島放送(KKB)しかなかったが、1989年10月1日の熊本朝日放送(KAB)開局を皮切りに、青森朝日放送(ABA)、岩手朝日テレビ(IAT)、秋田朝日放送(AAB)、長野朝日放送(ABN)、北陸朝日放送(HAB)、山口朝日放送(YAB)、愛媛朝日テレビ(eat)、長崎文化放送(NCC)、大分朝日放送(OAB)、琉球朝日放送(QAB)などがいずれも1990年代に開局した。また山形テレビ(YTS)もバブル期における経営悪化から、1993年4月1日からFNSからテレビ朝日系列にネットチェンジした。
  20. ^ 朝日放送テレビ分社後は、朝日放送時代に放送されたテレビ番組にも遡って「ABCテレビ・テレビ朝日系列」表記が適用されている(『グランブルーファンタジー』における『ふたりはプリキュア』のコラボレーション〈この時点で放送されている『HUGっと!プリキュア』も含めたプリキュアシリーズ全体として表記〉等)。
  21. ^ 毎日放送でも『ダンロップフェニックストーナメント』第3日の番組内での最終日の放送予定告知で、「MBS・TBS系列」(略称は各局のロゴを使用)と表記した例がある。
  22. ^ 主に『部長刑事』シリーズ(毎週土曜日19時30分)などが有名。同番組についてはTBS系時代も、TBSテレビや、土曜19時30分枠全国ネット番組の単独スポンサーで、同じ関西地盤の企業であるロート製薬から枠移動を要請され、一時は火曜の同時間帯の任意ネット枠との交換も検討されたが、ネットチェンジもあり実現しなかった。
  23. ^ 松下電器大阪府門真市)、サントリー(大阪府大阪市)、ネスレ日本兵庫県神戸市)の3社。
  24. ^ 2000年頃は上位10社に含まれていなかったが、2005年の第三者割り当て増資後は信託口を除けば朝日新聞に次ぐ2位の大株主となった。一方で朝日放送グループホールディングスもテレビ朝日ホールディングスの株を保有している。
  25. ^ 2000年代以降スタッフ・出演者などの面で関与の度合いが増加している。
  26. ^ 朝日放送と松竹京都撮影所の共同制作による連続ドラマ版が『必殺仕事人・激突!』(1991年)で終了した後に、2007年にスペシャルドラマ『必殺仕事人2007』として復活。復活を機にテレビ朝日との共同制作体制へ移行すると、2009年1 - 6月の金曜21時台に『必殺仕事人2009』を連続ドラマとして放送した以外は、年1回放送のスペシャルドラマとして制作を続けている。
  27. ^ ネットチェンジ直後からも一部スポーツ中継や「水曜スペシャル」で年2回(春・秋)の番組改編期に放送される『輝け!オールスター』を冠した人気番組対抗の番組などでも制作協力局として参加している。
  28. ^ ただし、5:50 - 5:59の全国ニュースコーナー(『ANNニュース』)のみ、『おはよう朝日です』第1部(2020年10月2日までは『おはようコールABC』)への内包扱いで同時ネット。強制ネットの対象になるネットスポンサー付きの期間限定コーナー(オリンピックサッカー・FIFAワールドカップ、テレビ朝日が日本国内での放送権を有する世界水泳世界体操関連の速報・ダイジェストコーナー)についても、『おはよう朝日です』への内包扱いで同時ネットを実施しているほか、重大ニュース・自然災害時には稀に本編を部分ネットする場合もある。
  29. ^ 年末年始などで自社制作番組が休止・短縮となる場合でも同様。
  30. ^ 原則として関西ローカルのみだが、2018年以降は水曜ナイターのビジター側地元局へのネットが解禁されたため(2017年まではローカルセールス枠での日曜デーゲームと全国中継カード差し替え時〈深夜枠での録画中継を除く〉しか認められていなかった)、2018年以降は、広島ホームテレビが編成および制作が可能な時に対広島東洋カープ戦を自社で実況・解説を差し換えて放送しており(原則として現地乗り込みまたは広島からのオフチューブのいずれかで実施。2021年は4月の1試合で実施したが9月の1試合は見送り)、2019年のみ交流戦の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦を東日本放送が自社で実況・解説を差し替えて放送した。
  31. ^ 2000年代初めまでは、広島ホームテレビもゴールデンタイムの全国ネット番組を広島東洋カープ戦中継に相当数差し替えていた。同局では、当然ながら朝日放送テレビ制作番組も差し替え対象となった他、朝日放送テレビと異なり特定の曜日に集中しなかった反面、水曜のみならず木曜から土曜のアニメや連続ドラマが遅れネットになることも多く、ごくまれに番組返上となることもあった。加えて、広島県には独立放送局が所在しないこともあり、差し替え本数が朝日放送テレビより多くなる週や月もあったが、広島の成績低迷や2004年のプロ野球再編問題を境に一時減少に転じていた(特に木曜から土曜)。その後2010年代になると、広島の復調やマツダスタジアムへ移転後の人気上昇もあり放送が再度増加していたが、2020年に野球解説者として専属出演していた北別府学が成人T細胞白血病を発病し、その後も後遺症が出ていることから、長期療養のため活動を休止したことと、新型コロナウイルス感染拡大による制作要員の減少、サッカー・バスケットボールなど他のプロ競技の中継着手などの影響もあり、2021年からやや減少した。
  32. ^ 逆に2013年5月19日(日曜)20時台は、『大改造!!劇的ビフォーアフター』(朝日放送テレビ制作全国ネット)をテレビ朝日・北海道テレビが関東・北海道ローカルで日本ハム巨人(テレビ朝日主管制作)に差し替えて後日の遅れネットとするという事態が発生している(19時台『シルシルミシルさんデー』はテレビ朝日制作のため朝日放送を含む他22局へ裏送りの先行ネットとし、当該2局では後日に放送)。
  33. ^ 1980年代までは、テレビ朝日も朝日新聞グループとしてローカル枠でのネット受け・テレビ神奈川と提携してのリレー完全中継実施(1977年)・スピンオフ企画として萩本欽一の司会による定時制通信制軟式高校野球の特集『もう一つの甲子園』制作等、高校野球関連企画に力を入れていた。現在でも『熱闘甲子園』や毎年7月後半に放送される『甲子園への道』については関東地区でも系列ネットの縛りが掛かっている関係上テレビ朝日へもネットされているが、後者についてはAパート終了まで朝日放送テレビからネットを受けるも、Bパート以降はテレビ朝日発の関東ローカルの内容に差し替えている(そのため、テレビ朝日側では朝日放送テレビとテレビ朝日の共同制作扱いで放送している)。
  34. ^ 但し、2015年1月5日 - 2017年9月29日は『ANNニュース』パートのみのネットだった。なお現在でも自主編成(特に夏の高校野球選手権大会中継・中継優先で放送できなかった自社制作の『プリキュアシリーズ』を含む全国ネット番組の振替放送・『民教協スペシャル』の先行ネットなど)の都合で『ANNニュース』パートのみのネットに変更する日がある。
  35. ^ なお、2018年9月8日・15日に2018年10月改編の試行処置として、臨時に土曜版をテレビ朝日と同時刻からネット。ただ、自主編成の都合で臨時に17:30飛び乗りに変更する場合があった。2019年10月改編で16:30 - 17:30にアニメ枠(16:30 - 17:00『クレヨンしんちゃん』、17:00 - 17:30『ドラえもん』)開始に伴い、ローカルセールスパートは廃止となった。
  36. ^ 月曜21時台に放送されていた時期(1991年4月1日 - 2014年3月24日)にも同時ネットを実施。放送枠を月曜日の深夜へ移していた時期(2014年3月31日 - 2016年3月28日)には、編成上の事情で、テレビ朝日から1時間15分遅れの時差ネットで放送していた。放送枠を日曜12時台へ移動したことを機に、同時ネットを再開。
  37. ^ 類似した事例として、広島県の民放局がバレーボール日本代表の国際試合やプロボクシングの世界タイトルマッチを深夜録画とした上で広島戦中継を行った事例があった。
  38. ^ 系列局でも、2021年6月13日(日曜日)には、北海道テレビが『イチオシ!!ファイターズ 日本ハム対DeNA』(デーゲーム開催)を放送する関係で、『女子サッカーMS&ADカップ2021 なでしこジャパン対メキシコ女子代表』が深夜の録画中継となった事例や、2021年7月7日(水曜日)には、広島ホームテレビが『カープ応援中継“勝ちグセ。” 広島対DeNA』(ナイター開催)を放送した関係で、『バスケットボール国際強化試合 日本対ハンガリー』が深夜の録画中継(字幕放送と連動データ放送には非対応のため、広島県の視聴者はプレゼント企画や視聴者投票への応募不可。試合に協賛した19時台のスポンサーのみそのまま深夜にスライドしたため、野球中継はローカルスポンサーと20時台のネットスポンサーで放送)となった事例がある(同日の阪神は、前者はビジターの楽天戦のためNHK総合テレビで、後者もビジターの対ヤクルト戦のためBS朝日で放送)。
  39. ^ 月曜日から金曜日は帯番組で『DAIGOも台所〜きょうの献立何にする?〜』、土曜日は『朝だ!生です旅サラダ』、日曜日は『新婚さんいらっしゃい!』。
  40. ^ 2022年4月5日放送分以降は『林修のレッスン!今でしょ』に番組タイトルを改題して継続している。
  41. ^ かつて月曜日は、前述の通り、朝日放送テレビの番組が全国ネットで放送されていた。
  42. ^ 通常『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日制作枠)と『ポツンと一軒家』(当社制作枠)の時間枠で放送するさんま司会バラエティー特番の日曜日での放送は今回が初となった。
  43. ^ 内訳は『家事ヤロウ!!!』と『林修の今でしょ!講座』の合体3時間スペシャルなど。
  44. ^ 春に放送されているBASIC版。
  45. ^ 21:15 - 21:54は後続の『報道ステーション』の前枠拡大に設けた。
  46. ^ 4月26日は『林修のレッスン!今でしょ』2時間スペシャル、5月3日は『ロンドンハーツ』ゴールデン2時間スペシャル(20時 - 21時48分)、5月10日は『家事ヤロウ!!!』と『林修のレッスン!今でしょ』の合体3時間スペシャルとテレビ朝日制作の番組が当面放送される。5月17日・31日・6月7日も同様の編成。6月14日は『有吉クイズ』ゴールデン2時間スペシャルを放送した。
  47. ^ 20時 - 22時または19時 - 21時(20時台)に編成する回がある。
  48. ^ 一方でテレビ朝日制作特別番組を放送する際の朝日放送テレビの該当制作時間枠に関しては、概ねテレビ朝日の該当制作時間枠のスポンサーが朝日放送テレビの制作に返上での休止振替えとなり、それ以外の時間帯は概ねのレギュラー放送時のスポンサーが付く。
  49. ^ 2020年3月29日に志村けんが死去したため、2021年以降は『おしょうバズTV』に改題となった。
  50. ^ しかし、2015年にテレビ朝日が『路線バスで寄り道の旅』の5時間スペシャル(13:00 - 18:00(JST))を編成して視聴率が好評だったことから以降1月2日の午後〜夕方の定番企画となったため、この影響で2014年以降1月2日の16:00 - 17:55の2時間特番を返上して、年末に別特番を設けるか年始明けにゴールデンタイムで特番を設けることが多い(ただし、2021年は1月3日に曜日配列の関係上『ポツンと一軒家』の新春3時間スペシャルを放送。)。
  51. ^ なお、2012年7月31日と8月3日はロンドンオリンピック中継による編成上の関係で『ココイロ』の番組自体そのものが休止(冒頭4分間の差し替えも不可能)となったため、飛び乗り編成の措置も行われなかった。
  52. ^ ただし、一部の番組は大会終了後の土曜日に振替放送されている。
  53. ^ 昭和期に開局した系列局で、18:45開始としているのは広島ホームテレビのみであったが、4月改編で福島放送も加わった(その他18:45開始としている岩手朝日テレビ北陸朝日放送熊本朝日放送はいずれも平成新局である)。
  54. ^ 字幕放送のある番組は、後日放送でも対応
  55. ^ ジャパネットたかた生放送ショッピングの場合は除く。
  56. ^ ただし、例外として2017年8月29日・9月15日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際や2018年9月6日の北海道胆振東部地震発生時などに『おはようコール - 』『おはよう朝日です』の中で『グッド!モーニング』の本編を報道特番扱いで臨時部分ネットしたことがある。
  57. ^ 前者が『ドデスカ!』、中者が『イチモニ!』、後者が『アサデス。KBC』。
  58. ^ 2011年9月30日をもって『NEWSゆう+』が終了するとともに、『スーパーJチャンネル』17時台のネットを打ち切った。ただ、2016年以降毎年8月の全国高校野球選手権大会期間中、雨天中止時や3試合開催日に17時台を臨時ネットする場合がある。
  59. ^ また、2019年1月4日は年始特別編成に伴う『キャスト』休止の代替として、『スーパーJチャンネル』を臨時フルネットで放送。なお、朝日放送テレビにおいて重大ニュース時以外で18:15以降の部分をネットしたのは初めてのことだった。
  60. ^ 同枠内の番組『探偵!ナイトスクープ』は、過去にテレビ朝日で放送されていたことがあるが、2005年3月で打ち切られた。その後、ナイトスクープは関東地区の独立放送局の一部で放送再開している。なお平日深夜枠の一部の番組はCS放送のスカイAで放送されており、民放公式動画配信サービスのTVerでもABCテレビの放送終了後から1週間配信(遅れネットがされる関西外の地域にとっては先行配信)されているため、全国すべての地域で視聴可能。
  61. ^ ただし、同時ネット局と違って番組販売扱いで放送(字幕放送はテレビ朝日側で作成されたデータをそのまま使用する形で対応)され、ネットスポンサーの提供クレジットには自社送出の番宣テロップを被せるかその箇所を番宣CMに差し替える処理が施される。
  62. ^ ミニ番組としては2013年1月期より『がんばれ! おでんくん』が同じくメ〜テレとの共同製作で放送。
  63. ^ ただしこれらの3本の製作アニメはUHFアニメ扱いになるため他のテレビ朝日系列や同系BS・CS局では放送されず、いずれも他系列の局およびNHKの県域放送局での放送になる。
  64. ^ 「TBSテレビ製作のUHFアニメ」という変則的な形態とはいえ、TBSテレビ製作関与のアニメ番組が朝日放送(当時)で放送されるのは、腸捻転ネット時代に放送された1974年の『星の子チョビン』以来である。
  65. ^ 1984年10月時点では本局制作の『GARACTIC PATOROL レンズマン』、TBSテレビ系列はMBSテレビ制作の『まんが日本昔ばなし』、日本テレビ系列は読売テレビ制作の『ルパン三世 PARTIII』と、同時間帯のアニメは全て在阪局制作だった
  66. ^ セレッソには、在阪の民放テレビ・ラジオ全社(朝日放送テレビ・朝日放送ラジオを含む8社)が出資。
  67. ^ この試合はスカパー!でも生中継を行った
  68. ^ 当時ガンバに在籍していた遠藤保仁は、この試合に先発で出場。試合自体も成立したため、J1リーグ公式戦の通算出場試合最多記録(632試合)を達成した。
  69. ^ VENTUSの本拠地・埼玉県さいたま市が放送対象地域内にあるテレビ朝日では、中継の同時ネットや録画放送を実施せず。
  70. ^ ANN系列で動画配信サービスが整っているのは、テレビ朝日、北海道テレビ放送広島ホームテレビなど少ない。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 会社概要|会社紹介 - 朝日放送テレビ
  2. ^ a b c d e f g h 2020年度決算公告(100万円未満切り捨て) - 朝日放送テレビ
  3. ^ ABCテレビ報道局 公式Twitter
  4. ^ 朝日放送テレビのコールサインが変わります (PDF)”. 朝日放送 (2018年3月30日). 2018年4月21日閲覧。
  5. ^ 当社グループ会社(孫会社)による雑誌事業譲受に関するお知らせ、朝日放送グループホールディングス、2020年11月19日
  6. ^ 民間放送十年史 507頁 日本民間放送連盟
  7. ^ ABC十年』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  8. ^ 朝日放送(株)『ABC十年』(1961.03) - 渋沢社史データベース
  9. ^ 朝日放送(株)『朝日放送の50年. 1 本史』(2000.03) - 渋沢社史データベース
  10. ^ 朝日放送(株)『朝日放送の50年. 2 番組おもしろ史』(2000.03) - 渋沢社史データベース
  11. ^ 朝日放送(株)『朝日放送の50年. 3 資料集』(2000.03) - 渋沢社史データベース
  12. ^ 『プロレスを創った男たち―あるTVプロデューサーの告白』栗山満男(元テレビ朝日プロデューサー)、ゼニスプラニング、2003年7月
  13. ^ [1]
  14. ^ 2020年1月末の一部スポーツ新聞芸能記事より
  15. ^ 沢口靖子10月期に「科捜研の女」新シリーズ放送で前髪上げイメチェン…木曜午後8時から火曜午後9時に引っ越し”. スポーツ報知 (2022年7月12日). 2022年7月13日閲覧。
  16. ^ 本並&丸山夫妻 女子プロ開幕戦で初のW解説「サッカー以外のこともおしゃべりしたい」(『デイリースポーツ2021年9月11日付記事)
  17. ^ データ放送で遊ぼう!”. デリシャスパーティ♡プリキュア. 朝日放送テレビ. 2022年5月15日閲覧。
  18. ^ 社会とともに 人と環境に配慮 大阪に新ランドマーク 中之島フェスティバルタワー”. 朝日新聞社. 2018年5月26日閲覧。



朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 16:32 UTC 版)

全国高等学校野球選手権大阪大会」の記事における「朝日放送テレビ」の解説

朝日放送テレビでは決勝戦のみを生中継放映している(決勝戦については2012年まで朝日放送ラジオでも放送していた)。他に大阪府内ケーブルテレビ局にも配信されコミュニティチャンネル生中継されている。そのため、特に中継が日曜日となった場合本来ならレギュラー編成入っているはずの『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』→『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』を通常編成の系列局裏送りすることがある2007年・2008年2013年実施分は12:00からの『日曜笑劇場』→『プレミアムサンデー』を休止する代わりに通常より55分前倒し1987年 - 1991年1993年 - 1995年・2000年実施分はそれぞれ中継終了後遅れ放送となった2000年除き日曜日での通常放送をいったん休止した代わりに決勝戦終了後1週間以内改め時差放送された。2016年・2017年実施分は11:5512:00からの『ビートたけしのTVタックル』〈テレビ朝日制作〉を休止する代わりに前述した2番組を通常より55分前倒し)。かつては開会式準々決勝、及び準決勝放映していたが、2007年最後に2008年以降は放送されていない。また開会式は、2007年まで大阪府内ケーブルテレビ局にも配信されコミュニティチャンネル生中継されていたが、2008年後日録画放映されたのを最後に2009年以降放送されなくなった

※この「朝日放送テレビ」の解説は、「全国高等学校野球選手権大阪大会」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ」を含む「全国高等学校野球選手権大阪大会」の記事については、「全国高等学校野球選手権大阪大会」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 09:22 UTC 版)

キャスト (テレビ番組)」の記事における「朝日放送テレビ」の解説

国政選挙投開票日と重な日曜日には夜に放送される開票特別番組選挙ステーション』の第1部のほとんどを差し替える形で当番組のスペシャル版放送テレビ朝日発の『選挙ステーション』の第1部基本的にオープニング部分概ね議席予測発表まで)と主要政党党首へのインタビュー中継しネット受けしない(ネットスポンサーの提供クレジットも朝日放送テレビ送出表示)。 その他の特別番組 2011年11月27日日曜日23:45 - 翌0:10決着!『キャスト大阪W選スペシャル前述の大阪府知事大阪市長選挙の開票速報兼ねた当番初の特別番組。なお、テレビ朝日において当日23:45 - 翌0:50放送されていた『やべっちFC拡大SP』は翌0:10から飛び乗りネット受けした。 2011年12月28日水曜日15:00 - 17:30「『キャスト年末スペシャル 幸せ再生プロジェクト当番組の2011年最終放送兼ねた特別番組で、コメンテーターから東国原古賀浜・大谷・森永出演上記の選挙によって大阪市長に就任した橋下ゲスト迎えたほか、「オフレコスペシャル」などを放送した2015年5月18日月曜日)0:58 - 1:58最終決戦大阪都構想』〜住民投票 市民審判〜」大阪都構想をめぐる大阪市民の住民投票結果報じる特別番組浦川塚本市政担当キャップ木原出演した2018年6月18日月曜日13:55 - 15:53キャスト〈前拡大〉」(大阪府北部地震関連同日朝に発生した大阪府北部地震に関するニュース急遽編成また、上田同日の9:55 - 10:25関西ローカル放送したABC報道特別番組』にも出演した。なお、この日当番組はABEMAAbemaNewsチャンネルでも、拡大パート冒頭13:55から第1部16:50まで臨時にサイマル配信された。 2018年9月4日火曜日13:55 - 16:54キャスト〈前拡大〉」(平成30年台風第21号関連同日発生した平成30年台風第21号に関するニュース急遽編成ABEMAAbemaNewsチャンネルでも、通常パート含めたこの日当番組の一部分臨時にサイマル配信された。また、同日の9:55 - 10:25関西ローカル放送したABC報道特別番組 台風21号近畿地方接近』(ABEMAAbemaNewsチャンネルでもサイマル配信)では、『おはよう朝日です』の岩本計介当番組の清水当番スタジオから出演テロップ当番仕様のものを使用した2019年4月8日月曜日)0:55 - 1:25速報解説! 大阪ダブル選挙前日投開票が行われた大阪府知事選挙大阪市長選挙の結果報じる特別番組当番組のスタジオから上田・木原が出演しテロップ当番仕様のものを使用したまた、この特番は朝日放送テレビのホームページや朝日放送テレビ報道局ツイキャスでも同時配信された。 2019年7月15日月曜日11:30 - 11:4216日火曜日) - 18日木曜日)0:35 - 0:50キャスト傑作選 真夜中定点観測番組内のコーナー真夜中定点観測」で反響大きかった回から、一部映像改め編集したうえで放送2019年8月15日木曜日)9:55 - 10:25キャスト台風10号情報今日にも近畿最接近!?最新進路は?暴風雨注意」、14:55 - 16:50キャスト豪雨暴風注意!!台風10号最新進路」(いずれも令和元年台風第10号関連同日近畿地方接近した令和元年台風第10号に関するニュース急遽編成。なお、当日は第101回全国高等学校野球選手権大会中継予定されていたが、台風接近順延となったため、16:50 - 18:15雨傘番組として編成されていた『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日制作)を同時ネット2020年11月1日日曜日23:55 - 翌0:25キャストSP 2020選択大阪未来は〜」同日投開票が行われた大阪都構想をめぐる2度目住民投票の結果報じる特別番組上田津田コメンテーター木原出演した

※この「朝日放送テレビ」の解説は、「キャスト (テレビ番組)」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ」を含む「キャスト (テレビ番組)」の記事については、「キャスト (テレビ番組)」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ


朝日放送テレビ(ABC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 22:18 UTC 版)

テレビ朝日系列早朝の情報番組枠」の記事における「朝日放送テレビ(ABC)」の解説

詳細は「朝日放送テレビ」を参照 おはよう61983年10月 - 1992年3月Oh!天気1992年3月 - 1994年9月おはよう天気です1994年10月 - 1995年9月おはようコールABC1995年10月 - 2020年10月2日おはようコールABC早版末期月曜のみ、不明 - 2005年3月ABCニュースファイル火 - 金曜2004年7月 - 2006年3月) - 『おはようコールABC』に統合

※この「朝日放送テレビ(ABC)」の解説は、「テレビ朝日系列早朝の情報番組枠」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ(ABC)」を含む「テレビ朝日系列早朝の情報番組枠」の記事については、「テレビ朝日系列早朝の情報番組枠」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ(ABCテレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 09:11 UTC 版)

テレビ朝日系列朝の情報番組枠」の記事における「朝日放送テレビ(ABCテレビ)」の解説

詳細は「朝日放送テレビ」を参照 一部早朝番組も含む。 おはよう朝日です1979年4月2日 - 放送中おはよう61983年10月3日 - 1991年3月29日Oh!天気1991年4月1日 - 1994年9月30日おはよう天気です1994年10月3日 - 1995年9月29日おはようコールABC1995年10月2日 - 2020年10月2日) - 平日の『グッド!モーニング』は5:50飛び乗り・5:59飛び降り実質的にANNニュース』のみのネットおはよう朝日です 土曜日です→おはよう朝日土曜日です土曜1982年1月 - 放送中

※この「朝日放送テレビ(ABCテレビ)」の解説は、「テレビ朝日系列朝の情報番組枠」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ(ABCテレビ)」を含む「テレビ朝日系列朝の情報番組枠」の記事については、「テレビ朝日系列朝の情報番組枠」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 11:09 UTC 版)

テレビ朝日系列平日昼前の情報番組枠」の記事における「朝日放送テレビ」の解説

西川きよしのおしゃべりあるき目です』 『きよし・黒田の今日もへぇーほぉー』▲ ※現在では自社制作番組放送していないが、『大下容子ワイド!スクランブル 第1部』をネットしている。

※この「朝日放送テレビ」の解説は、「テレビ朝日系列平日昼前の情報番組枠」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ」を含む「テレビ朝日系列平日昼前の情報番組枠」の記事については、「テレビ朝日系列平日昼前の情報番組枠」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:03 UTC 版)

スポーツ中継」の記事における「朝日放送テレビ」の解説

朝日放送テレビ(ABCテレビ)で代表的なのは毎年8月全国高等学校野球選手権大会放送している。他にも水曜日曜中心にプロ野球阪神タイガースホームゲーム中継している(水曜ナイターサンテレビKBS京都とのリレー中継実施している。KBS京都編成の都合で放送しない場合あり、日曜ナイターテレビ朝日サッカー日本代表中継組まれたときは完全中継となる。)。その他、日本女子プロゴルフ選手権大会マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントなどを放送している。

※この「朝日放送テレビ」の解説は、「スポーツ中継」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ」を含む「スポーツ中継」の記事については、「スポーツ中継」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 22:38 UTC 版)

スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事における「朝日放送テレビ」の解説

時間帯曜日放送時間中継延長備考ナイトゲーム 水曜日 18時16分 - 19時00分(第1部19時00分 - 20時54分(第2部) なし 夕方ローカル報道・情報番組news おかえり』の18時台ローカルパート第2部)を休止するほか、1920時台全国ネット番組差し替えるテレビ朝日系列3時間または20時から2時間特別番組放映される日は21時48分まで。8月全国高等学校野球選手権大会開催期間中は原則として19時開始詳細後述日曜日 18時30分 - 20時54サンテレビKBS京都放映の場合もあり。 デーゲーム 日曜日 13時55分 - 16時30分 最大で17時25分まで 阪神戦 原則として水曜日日曜日開催中継しており、この2日間に行われる主催ゲームは朝日放送テレビが独占放映権を持つ。 ただしセ・パ交流戦導入されてからは、それ以外曜日放映されたり、8月終盤以降雨天中止などによって予備日復活開催生じた場合)やポストシーズン中心に水曜日日曜日であっても他局放映されたり、朝日放送テレビとサンテレビ並列となるケースもある。朝日放送テレビがこの2つ曜日に関して独占放映権を持っているのはネットワーク腸捻転によるTBS系列加盟していた時代からで、TBS系列これらの曜日ナイター中継編成されていたことの名残りといわれている。詳細は「S☆1 BASEBALL#概要」および「放映権 (日本プロ野球)#阪神タイガースを参照 なお毎年8月盆前後の2週間強行われている全国高等学校野球選手権大会期間中は、日中高校野球生中継を行うのと、その後に行われるローカルニュースワイドの時間枠確保観点から京セラドームなど、甲子園以外の近畿地方主催する試合があった場合でも19時開始それまでサンテレビトップ中継)となる試合がある。 他局との並列中継多く行われていた1960年代は、阪神戦おいても当時TBS系だった朝日放送テレビが他局との並列他の曜日中継したり、逆に毎日放送を含む他局が朝日放送テレビとの並列水曜中継することがあった。また、曜日を問わずダブルヘッダー組まれた時は、1試合を朝日放送テレビが、もう1試合他局中継し事例があった。 朝日放送テレビ系列CS放送局スカイ・エーでもABC地上波放送日準じる形で並列生放送となることがある球団製作のTigers-ai提供の映像制作される前はABC地上波他の曜日スカイ・エー生放送していればサンテレビジョン)と同じ内容放送していたことがあったほか、ABC(SUN/KBSのリレー中継を含む 以下同文)が地上波担当であってもGAORAとの編成日程兼ね合いやむなく録画中継となった試合もある。Tigers-ai配給となってからは地上波との同時中継大幅に減り2010年代以後ABC地上波放送日であっても、ほぼ全試合にわたり地上波スカイ・エー放送は全く別内容となっている。 深夜録画中継はかつて『それゆけ!タイガース』と題して放映していたが、トップ&リレー中継が行われるようになった1986年以後は、朝日放送テレビ・サンテレビでの編成都合がない限り中継行わない。 朝日放送テレビには、前身朝日放送時代から、阪急阪神ホールディングス阪神タイガース親会社である阪神電気鉄道などの持株会社)が出資している。このため阪神甲子園球場開催されるオールスターゲームは朝日放送テレビが中継することが多い(2014年2019年開催分ではテレビ朝日主幹中継制作協力扱い関与)。シーズン終了後11月下旬に同球場実施される球団主催の「ファン感謝デー」についても、朝日放送→朝日放送テレビが企画担当するほか、開催1週間後ダイジェスト番組関西ローカル放送している。 オープン戦も数試合程度中継行っているが、年度によっては毎年3月香川県開催される試合のみ地元瀬戸内海放送にもネットされる場合がある(対広島戦が多い。この場合瀬戸内海放送中継技術協力と、試合開催後援行なっている。年度によっては広島ホームテレビなどビジター側の地元系列局でも放送された)。 2003年以降は、水曜日甲子園球場京セラドーム大阪から阪神ホームゲーム中継する場合に、朝日放送テレビの女性アナウンサー武田和歌子堀友理子角野友紀ヒロド歩美)が阪神側のベンチリポートを担当在阪局制作阪神戦中継において、定期的にベンチリポーターを務め女性アナウンサーは、武田初めであった。なお、角野までのリポーターは、音声のみでリポートヒロド就任した2015年中継以降は関西ローカル向けはヒロドによるリポート映像を、ワイプ画面中継映像右上随時挿入しているが、同内容でもビジター地元局およびBS朝日向けは音声のみ(2015年6月9日北海道テレビBS朝日同時ネット日本ハム戦が該当となっている。 2011年は、スーパースローによるリプレイ映像に対してタケモトピアノナイトゲーム生中継およびデーゲーム生中継一部)や上新電機デーゲーム生中継一部)がスポンサーに付いていた。2012年以降は、デーゲーム生中継でのみ、上新電機リプレイ映像ハイライトスポンサーになっているビジター地元局向け映像では表示しない)。2016年は対巨人戦ナイター地上波全国中継タケモトピアノ提供のリプレイ実施したが、地元球団カード差し替え広島ホームテレビヤクルト広島)と北海道テレビ日本ハム楽天)でも同様に同社提供のリプレイ実施された。 2014年からは、安打本塁打による阪神得点シーン中心に複数カメラによる映像シームレス編集3D風に組み合わせた「スーパーアングル」を随時挿入している。「スーパーアングル」については、ビジターチーム地元局が実況差し替え形式放送するでもそのまま放送される他、2015年広島ホームテレビでも広島ホームゲーム中継実施した朝日放送からの裏送りBS朝日球団公式映像利用時や、高校野球中継期間中要員不足する際の朝日放送広島ホームテレビや、広島ホームテレビ尾道三次などの地方開催ゲーム中継時は非実施)。 2013年阪神ホームゲーム中継では、データ放送インターネット連動企画として、阪神現状今後に関する四者択一式の視聴者アンケートトラQ(とらきゅー)」を放送中実施集計締め切り直後に選択肢ごとの回答比率を%(パーセント)と横棒グラフ発表していた。2014年中継では、プロ野球に関する三者択一式のクイズ連動させたプレゼント企画クイズ!ドクターK」を実施。(詳細後述)さらに、阪神球団創立80周年に当たる2015年には、中継解説担当する阪神OBの名シーン編集した動画データ放送配信スマートフォン用の対応アプリABCアプリを通じて動画視聴できる2014年9月3日の対DeNA戦では、野球中継では初めての試みとして、試合展開の場説明中心に視覚障碍者向けの解説放送副音声ステレオ2チャンネル)で実施が解説のナビゲーター務めた。この試み2015年度続けており、主に水曜日ナイトゲーム中心に実施している(いずれのパターンとも、朝日放送地上波中継のみ実施しており、サンテレビ/KBS京都へのリレー中継、およびスカイ・Aでは実施していない。また必ずしも全試合実施ではない)。2015年度アナウンサーに加え解説者も1名出演しており、ほぼ通常の主音声放送と同じ形で放送なされている後述のとおり、2015年5月20日の対巨人戦以降に地上波関西ローカル・BS朝日・スカイATigers-ai制作中継放送)で各々制作となる日がある。この場合メイン映像地上波・BS朝日同じだが、実況・解説一部映像スコア表示地上波自社仕様BS朝日テレビ朝日系列準拠仕様2020年10月21日の対広島戦から〉)、テーマソング地上波は『dancing with my fingers』、BS朝日では『彼こそが海賊』)で各々異なっている。またBS単独放送時は映像Tigers-ai制作映像使用しスコア表示前述の制作と同様テレビ朝日系列準拠仕様2020年10月5日の対巨人戦から)を使用するビジターゲームでも現地機材都合によっては、自社大型中継車派遣してメイン映像製作する場合があり、この場合ホームチーム地元局側自社で独自映像挿入しスコア表示差し替えるというねじれ現象発生する2007 - 2010年、対広島戦での広島ホームテレビ等)。この場合朝日放送では全国中継同様5:1サラウンド放送となるが、地元系列局では通常通り2chステレオ放送となる。また、ソフトバンク戦のように、主催球団本拠地である放送局でも中継が行われながらクレジット上はその地元局の協力表示せず、球団提供の映像+朝日放送自社制作映像使って放送する試合がある。 録画中継は対巨人戦除いて1985年夏ごろまでは主に水曜日水曜スペシャル代替できない場合)・日曜日深夜に「それゆけ!タイガース」として放送したが、サンテレビKBS京都とのリレー放送実施されるようになってからは録画中継頻度減っている。直近では、2007年6月2日日本ハム戦(札幌ドーム)が当初から深夜録画中継放送されたほか、テレ朝系スポーツイベント放送優先する、または消化試合サンテレビ側の編成都合などの理由で2011年7月27日対中日戦と10月16日の対広島戦2013年9月25日2014年9月30日の対DeNA戦いずれも甲子園)が挙げられる。また2014年8月10日の対広島戦京セラドーム)も日中高校野球中継が行われるのと、サンテレビ中継行わない予定であることから当初は翌日未明当日深夜)に録画中継予定していたが、高校野球台風第11号接近に伴い8月9日段階雨天中止決まったため生中継変更された。 阪神球団創設85周年に当たる2020年主催試合中継では、朝日放送テレビが保管する旧・朝日放送時代からの中継アーカイブ映像から、球団史彩った選手の映像イニング終了ごとに挿入ヒッティングマーチ委員会によって応援歌作られた阪神選手打席に立つ場合には、応援歌歌詞画面右上表示している。この年年頭から新型コロナウイルスへの感染拡大している影響でレギュラーシーズン開幕当初の予定からおよそ3か月延期延期に伴う日程再編成によって、阪神には6月19日開幕から4カード連続ビジターゲーム設定されたため、朝日放送テレビ制作分中継のメインカードである主催試合実施7月9日の対巨人戦以降に持ち越された。実際には7月15日日曜日)の対ヤクルト戦いずれも甲子園)から中継を始めたものの、8月末までの一部カードでは、上記の影響で中継制作体制縮小地上波ローカル放送でも、Tigers-ai制作映像に独自映像挿入したうえで、実況スコア表示差し替えていた(該当する中継ではTigers-aiクレジット制作協力扱い表示)。 朝日放送テレビでは2020年12月から、「虎バン 阪神タイガース応援チャンネル」をYouTube上に開設2021年以降プロ野球シーズンには、阪神戦関西ローカル向けに中継する日(主に水曜日)に、中継連動した動画ライブ配信随時実施している。ライブ配信には、中継別の解説者アナウンサー出演するほか、解説者として契約していない阪神OB野球関係者随時ゲスト迎えている。 2021年6月27日の対DeNA戦甲子園)では、『プロ野球スピリッツシリーズ最新作eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム』とのコラボレーションにより、スコア表示を同ゲーム準じたデザインとした他、選手CGや同ゲームオリジナルの「選手能力値」を表示するなどの演出が行われた。なお、他のテレビ朝日系列23局には、『DRAGON CHEF 2021』(朝日放送テレビ制作2021年7月4日放送)の事前特別番組裏送り先行ネット放送された(同局では23:00から放送)。 2022年以降に甲子園球場から放送する阪神公式戦中継では、阪神選手放った打球速度単位km/h)・飛距離単位はm)・角度いずれも場内設置しているTrackman計測されデータの字幕を生中継映像挿入することを、阪神球団から特別に許可また、セイバーメトリクス成果を基に、バレルゾーン(得点つながりやすい打球速度打球角度範囲)の解説字幕に加えている(広島ホームテレビなど、ビジター地元系列局実況スコア表示独自に差し替える場合省略されている)。 オリックス戦 かつて近日本鉄道朝日放送大株主として出資していた関係で大阪近鉄バファローズ戦についても朝日放送放映権優先されており、主に土曜日デーゲームや、テレビ朝日が対巨人戦の裏カードヤクルト広島西武日本ハム主催ゲーム)の全国中継多く行っていた木曜日差し替え放映する日が多かったまた、阪神主催ゲームがない水曜日にも中継する場合もあった。 合併前のオリックス戦については、阪急電鉄からの球団売却同系列の関西テレビによる事実上の独占が解消された後、年数試合程度放送していた。 近鉄オリックス・ブルーウェーブ吸収されオリックス・バファローズとなってからは中継日数減少2009年までは「関西ダービー」と称する阪神戦交流戦)を除く大半は録画放送もしくは撮って出しとなっていた。また、2011年までは対阪神戦以外の中継行っていた。なお、系列局(主に北海道テレビ東日本放送)への技術協力球団制作映像使用)を行っている2012年以降は、阪神相手になる交流戦しか自社放送しない一方で他球団相手になる交流戦一部基本として対巨人戦)の中継BS朝日向けに制作交流戦カード編成方式変わった2015年以降は、オリックスが対巨人戦主催しい年に、他球団との交流戦を充てている。 オリックス・バファローズ2021年に、ブルーウェーブ時代25年振り近鉄時代以来20年振り)のパ・リーグ優勝経て日本シリーズヤクルトと6試合にわたって対戦。もっとも、このシリーズにおける全国向けのテレビ中継に、朝日放送テレビ(ABC)が関与する機会はなかった。オリックス主催の第1・第2戦(京セラドーム大阪)と第5戦・第6戦(ほっともっとフィールド神戸)における地上波テレビでの中継テレビ朝日系列割り当てられなかったことに加えて中継唯一確保できた第3戦(ヤクルト主催ながら特例措置によって東京ドーム使用したナイトゲーム)についても、オリックス地元局(ABC)として派遣余地があった解説者オリックス側のベンチリポーターまでテレビ朝日側で賄っていたことによるサブタイトル阪神戦 - 「虎バン主義。」 自社制作による阪神タイガース情報・ドキュメンタリー番組虎バンにちなんで、2005年から使用2004年サブタイトルは、「ぶっちぎりTigersであったオリックス戦 - 「仰木維新」(2005年)→「仰木魂・伝承」(2006年)→「新たなる鼓動」(2007年)→「大阪激弾!!」(2008年〜2010年オリックス大阪近鉄バファローズ合併する前年2004年には、近鉄戦において「レッドdeハッスル」という名称を設定していた。 両チームによる交流戦中継する場合には、交流戦始まった2005年から2007年まで上記のサブタイトル併用2008年からは「関西ダービー(西暦)」との表記用いている。 番組名について 2000年平成12年)頃までは、テレビ朝日使われている名称を使わず、『ABCプロ野球中継』というタイトルとしていた(全国中継差し替えて放映するは除く)。 対戦相手地元局でも同時ネットされる場合は、相手局への配慮として『プロ野球中継』とすることもあった。 なお、1990年代後半までは、テレビ朝日系列協定により巨人戦全国中継ヤクルトまたは広島主催)の差し替え認められていなかったため、独占放映権を持つ水曜日日曜日録画中継または朝日放送制作によるサンテレビ・KBS京都での完全中継(サンテレビボックス席KBS京都エキサイトナイター名義となっていた。その一方巨人戦以外のヤクルト大洋主催ゲームや西武日本ハム主催ゲームの全国中継については差し替え認められたため、水曜日には阪神戦に、それ以外曜日には近鉄戦に差し替えることがあった。 ハイビジョン制作について 地上デジタル放送開始当初関西ローカル中継ではハイビジョン制作行なっていなかった。ハイビジョン制作2006年7月12日から順次行われており、sky・A Sports+でも2009年5月からスカパー!HDを通じてハイビジョン放送実施ビジターゲームの中継について かつてはビジターゲームの中継には消極的で中継したとしても大部分は相手地元局が制作したものをそのまま放映していた。また近鉄優勝争いする一方で阪神低迷していた1990年代には、ヤクルト阪神戦延長なしのゴールデンタイム全国中継パワーアップナイターとなっても、近鉄主催ゲーム差し替えることがあった。特に2003年から2005年までは全く行われなかった(2004年8月広島ホームテレビヤクルト巨人戦差し替えのうえ中継していたが、朝日放送では阪神この時点で優勝可能性なくなったためか差し替え行わなかった)。 2006年平成18年)からは交流戦(対ソフトバンク西武日本ハム戦)、2007年からは対広島戦ビジターゲーム中継するようになり、相手局の映像を受けて実況解説者など差し替える形式放映する日々よりサンテレビでもリレー中継あり)。なお、過去にテレビ朝日では神宮球場ヤクルト巨人戦QVCマリンフィールドロッテ主催ゲーム中継していたので、朝日放送テレビでも対ヤクルト戦や対ロッテ戦中継可能であるものの放送されことはない。 なお、主催ゲームの対戦相手地元局で放映されるケースはあり、1980年代週末近鉄南海西武戦デーゲーム独立局テレ玉に向けて1998年平成10年)からは対横浜戦において独立局テレビ神奈川に向けて配信していた。また、同時ネットだけでなく相手地元局が朝日放送テレビ制作協力形で実況・番組名・スコア表示差し替えて放映する場合もある。 トップ&リレー中継 阪神戦ローカル向け中継では、朝日放送テレビ限定企画(他番組YouTubeライブ動画配信コンテンツとの連動企画)を実施する場合除いてサンテレビKBS京都とのトップ&リレー中継によって完全生中継実現させている。ちなみにサンテレビでのリレーゾーンでは『プロ野球リレーナイター』、KBS京都でのリレーゾーンでは『プロ野球リレー中継』という名称を使用2021年からは、トップ&リレー中継対象の阪神戦阪神勝利した場合に、解説者試合後に阪神監督へインタビュー担当している。最初の事例4月14日水曜日)に甲子園球場から中継され広島とのナイトゲームで、朝日放送テレビからサンテレビへのリレー直後に試合終了したが、解説者福本豊による矢野燿大監督へインタビュー模様サンテレビのリレーゾーンで放送された。 時間帯曜日放送時間中継延長備考ナイトゲーム 水曜日 18時 - 18時1720時53分 - 21時24試合終了まで KBS京都編成都合により行わない場合り18時台はサンテレビのみ祝日夏の高校野球中継期間中のみ、トップ中継19時00分まで朝日放送テレビで21時48分まで放送する場合リレー中継はなし 日曜日 17時55分 - 19時0020時54分 - 21時24デーゲーム 日曜日 14時00分 - 15時2515時55分 - 17時00分 朝日放送テレビでゴルフ中継ある日にサンテレビのみどちらか実施視聴者プレゼント 2021年までの阪神戦生中継では、「クイズ!ドクターK」と題したデータ放送プレゼントクイズを実施2018年広島ホームテレビ別途制作した広島戦中継後述)でも実施された。放送中随時出題される問題(すべて3択)に正解すると1ストライク奪い三振(3ストライク)を奪うごとに1ポイント獲得ポイントの獲得数に応じてグルメギフトタイガース選手・監督サインボール色紙などがプレゼントされる過去に賞金プレゼントもあった。 基本的に番組開始時にまず10問を出題その後30分ペース次の5問が追加されるプレゼント応募獲得ポイント数に到達した際、データ放送表示される電話番号スマートフォンを含む携帯電話67コール(1応募につき54円必要=定額無料通話コースであっても例外なく課金される)に電話を掛ける。ただし格安スマホY!mobileを含む)からは応募できず、NTTドコモソフトバンクau対応機種からのみの応募となる。 当選者には翌日日中までに応募した電話番号あてに番組スタッフ電話をかけて、個人情報うかがって当選成立となる。 2022年関西ローカル向け阪神戦中継では、この年阪神チームスローガンが「イチカケル!」であるこにちなんで、視聴者へのプレゼント企画連動した「5秒にカケル!」(過去に当番組で放送した阪神ホームゲーム中継アーカイブ映像から出題する三者択一式のクイズ)をイニング間(CM前の5秒間)に挿入当時阪神監督選手1名が写っている名シーン(または阪神勝利決まった瞬間)の映像ベースに、上記の人物の顔や着用していたユニフォーム背番号マスキング処理(複数の白い横縞)を施すことによって、横縞の間から表情かすかに窺える人物の名前視聴者推理させている。ちなみにサンテレビとのトップ&リレー中継日には、朝日放送テレビでの放送時間内でのみ出題実際には「ガッチャマンの歌」関西地方では関西テレビ放送していた『科学忍者隊ガッチャマン』オリジナル版主題歌)の歌い出し子門真人が「誰だ?」と3回連呼している)音源合図に、難易度の高い出題映像繰り返し流している。(中継時間内で)最後のCM前には、横縞同士間隔大きく広げた「大ヒント映像」を流したうえで、3つの選択肢いずれも阪神実際に在籍していた人物氏名)および、選択肢ごとに設けた67コール」での応募電話番号字幕表示正解選択肢と対応させた番号規定の期間内に応募した視聴者から、抽選で1名にプレゼント進呈している。

※この「朝日放送テレビ」の解説は、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ」を含む「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事については、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ(ABC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 22:38 UTC 版)

スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事における「朝日放送テレビ(ABC)」の解説

★の解説者サンテレビ兼任、☆の解説者は年度によりBS朝日単独放送分(テレビ朝日制作分を含む)にも出演 吉田義男真弓明信★☆ 福本豊★☆ 中田良弘湯舟敏郎★☆ 赤星憲広日本テレビ在阪民放他局中継にも出演朝日放送ラジオとは専属契約扱いのため、年度によりラジオのみ出演有田修三★☆ 下柳剛★☆(2013年より。BS朝日には同年テレビ朝日制作分出演桧山進次郎★☆(2014年より) 中西清起★☆(2004年 - 2015年阪神タイガース投手コーチ務めた後に2016年より復帰濱中治★☆(2015年 - 2019年阪神タイガース打撃コーチ務めた後に2020年より復帰2022年シーズン中の5月27日以降は関西独立リーグ和歌山ファイティングバーズゼネラルマネジャー兼務しながら解説関本賢太郎★☆(2016年より) 岡田彰布★☆(2016年よりフリーで本数契約テレビ朝日系列では東日本放送にも出演朝日放送ラジオとは事実上専属準じた扱い藤川球児2021年より。NHKレギュラー出演〉・日本テレビ読売テレビ関西テレビ・フジテレビの中継解説者として出演朝日放送テレビ制作阪神戦中継には、サンテレビとのトップ&リレー中継含めて阪神タイガースのスペシャルアシスタント」という立場出演)朝日放送テレビ系列CSスカイ・エー専属解説者スカイA スタジアムの項参照2021年から虎バン 阪神タイガース応援チャンネル』で実施しているテレビ中継連動型動画ライブ配信には、上記の解説者以外の阪神OB掛布雅之今成亮太西岡剛鳥谷敬など)や野球関係者川崎宗則など)も随時招いている。

※この「朝日放送テレビ(ABC)」の解説は、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ(ABC)」を含む「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事については、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の概要を参照ください。


朝日放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 22:38 UTC 版)

スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事における「朝日放送テレビ」の解説

《現在》 伊藤史隆2011年途中から2014年まで離脱した後に2015年から復帰2022年10月60歳達す予定だが、朝日放送グループ内規による定年2022年度末(2023年3月31日に当たることから朝日放送テレビのアナウンサーとしては2022年シーズン終了まで出演続ける。 中邨雄二2020年シーズン中8月)に60歳達したことから朝日放送グループ内規による定年2022年レギュラーシーズン開幕直後3月31日)を経て嘱託契約扱いの「シニアアナウンサー」へ移行した移行後はラジオ阪神・オリックス戦中継や、BS朝日向けの阪神戦中継実況続けているが、当番組における処遇については未発表小縣裕介2009年途中から2011年まで離脱した後に2012年から復帰2022年レギュラーシーズン開幕翌週3月28日)から月 - 木曜日に『おはようパーソナリティ小縣裕介です』(朝日放送ラジオ生ワイド番組)を担当しているが、当番組にも金・土日曜日限定出演続け意向表明している。 山下剛 高野純一 北條瑛祐2019年5月12日阪神対中日戦で地上波デビュー(朝日放送ローカル)。他、スカイA阪神二軍戦とJ SPORTS他のオリックス戦実況担当)※2009年度よりJ SPORTS STADIUMオリックス主催試合一部担当する福井治人2020年3月13日BS朝日向けオリックス巨人戦中継テレビ実況デビュー佐藤修平2020年10月から勝利監督インタビューなどを担当担当アナウンサーテレビ阪神戦中継実況するまでには、全国高校野球選手権大会中継での実況オリックス戦での報道素材向け実況、(ビジター地元局への裏送り向けを含む)ラジオ阪神・オリックス戦中継での実況やベンチリポート、テレビ阪神戦中継でのベンチリポートなどで数年にわたって経験を積む傾向にある。2005年朝日放送当時)へ入社した高野を例に取れば、関西ローカル向けの阪神戦テレビ中継での実況入社7年目2011年)、全国ネット向けの阪神巨人戦テレビ中継での実況入社17年目(2021年6月)で初め担当している。 実際には平日全曜日自社制作する生放送番組メインキャスター起用されたことを機にシーズンの途中10月改編)でテレビ・ラジオの野球中継から離脱するアナウンサーが多い。ちなみに、小縣の一時離脱は『NEWSゆう+』、伊藤一時離脱は『キャスト』(いずれも平日夕方ローカル報道・情報番組メインキャスターへの就任よる。以前植草貞夫定年退職、現:フリーアナウンサー安部憲幸(「10・19」こと1988年ロッテ近鉄ダブルヘッダー第2試合テレビ中継実況枝松順一(現:スポーツスポーツ部) 太田元治 和沙哲郎2015年定年退職、現:フリーアナウンサー武周雄 西野義和2012年定年退職野球実況から引退後にアナウンスセンター長などを歴任加瀬征弘スカイ・エー出向後にプロデューサー・ディレクター歴任朝日放送への復帰後はアナウンス部デスク→アナウンスセンター長を務める一方でアナウンサーとして定時ニュース限定不定期出演松原宏樹 保坂和拓野球実況から引退後報道部ニュースセンターの記者異動武田和歌子阪神主催試合中継でベンチリポートを担当した最初の女アナウンサー藤崎健一郎野球実況からの引退後に、アナウンサーとして活動しながらアナウンサー全員管理業務担当岩本計介(『おはよう朝日です平日版への司会就任を機に野球実況から離脱中。2021年6月から「虎バン優勝いただき隊」の隊長就任したことを背景に、同年9月29日阪神対広島トップ&リレー中継で、副音声向けながら7年振り実況担当堀友理子(現:生島企画室所属フリーアナウンサー2010年まで全国ネット巨人戦を除く阪神主催試合のベンチリポートを担当田野和彦(主にオリックス主催ゲーム担当2012年シーズン終了後にアナウンスセンターから編成局番宣伝部異動角野友紀阪神主催試合中継でベンチリポートを担当2014年12月中田賢一当時は福岡ソフトバンクホークス投手で、阪神タイガースへの移籍経て2021年現役引退)との結婚により、翌年4月からワタナベエンターテインメント九州事業本部所属フリーアナウンサーとして九州朝日放送RKB毎日放送などの番組出演清水次郎2016年6月退社、現:兵庫県立西宮甲山高等学校社会科教諭楠淳生2018年定年退職、現:フリーアナウンサー高校野球中継スカイ・エー阪神戦中継では実況継続平岩康佑2018年6月退社、現:株式会社ODYSSEY代表取締役フリーアナウンサーヒロド歩美阪神主催試合中継でベンチリポートを担当東京制作される番組MC担当する機会増えるにつれて担当原則として水曜日中継に限っていた。アナウンス職のまま2020年4月から東京オフィス異動したことを機に上記番組高校野球関連番組MC事実上専念小西陸斗2020年シーズン途中までベンチリポート専任出演ラジオ阪神戦中継では実況担当していたが、同年の10月改編から『おはよう朝日です平日版第1部アシスタント異動することに伴って9月30日阪神対中戦中継でのベンチリポートを最後に出演終えた。ただし、野球以外のスポーツでは、『おはよう朝日です出演期間中の2021年9月女子プロサッカーWEリーグテレビ中継実況再開横山太一2011年実況修業の一環でベンチリポーターを担当していたが、同年10月から『おはようコールABC』のメインキャスター就任したことを機に中継から9年離れていた。同番終了後2020年10月からベンチリポートとヒーローインタビュー限定出演再開した後に入社12年目の2021年4月ラジオ6月テレビ阪神戦中継実況デビュー。しかし、2022年4月からキャスト』の後継番組news おかえり』のメインキャスター起用されたことに伴ってスポーツ中継から再び離脱

※この「朝日放送テレビ」の解説は、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の解説の一部です。
「朝日放送テレビ」を含む「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の記事については、「スーパーベースボール (テレビ朝日系列)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「朝日放送テレビ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

朝日放送テレビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



朝日放送テレビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝日放送テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの全国高等学校野球選手権大阪大会 (改訂履歴)、キャスト (テレビ番組) (改訂履歴)、乾浩明 (改訂履歴)、テレビ朝日系列早朝の情報番組枠 (改訂履歴)、テレビ朝日系列朝の情報番組枠 (改訂履歴)、テレビ朝日系列平日昼前の情報番組枠 (改訂履歴)、スポーツ中継 (改訂履歴)、スーパーベースボール (テレビ朝日系列) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS