松竹芸能とは?

松竹芸能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/17 01:56 UTC 版)

松竹芸能株式会社(しょうちくげいのう)は、大阪府大阪市中央区道頓堀に本社を置く芸能事務所松竹連結子会社である。吉本興業と並び、上方演芸界の二大プロダクションのひとつ。




  1. ^ 道頓堀角座所在地。
  2. ^ 戎橋松竹の支配人だった勝忠男が興した芸能プロダクション
  3. ^ 秋田實を中心に設立された芸能プロダクションで、勝忠男も関係していた、現ケーエープロダクションの母体。
  4. ^ 松竹芸能、新劇場でよゐこらチャリティー サンケイスポーツ 2011年3月26日
  5. ^ 「新劇場『松竹芸能 新宿 角座』での取り組みについて」 トピックス:東北関東大震災に対する弊社の取り組みについて 松竹芸能公式 2011年3月25日
  6. ^ 松竹芸能、角座閉館で“間借り興行”へ 新しい常設劇場決まらず…芸人不安の声も - スポーツニッポン 2018年7月17日
  7. ^ 北野誠さん:不適切発言 無期限の謹慎処分に 毎日新聞 2009年4月13日
  8. ^ 松竹芸能:音事協を退会 北野誠さんの不適切発言で 毎日新聞 2009年4月15日
  9. ^ 労働審判:「名ばかり役員」解雇 松竹芸能の元執行役員、地位確認を申し立て
  10. ^ その前後にも横山たかし・ひろし(吉本→松竹)、太平サブロー・シロー(松竹→吉本)のように何らかの理由で移籍した芸人は少なからずいるが、前者は横山やすしによる弟子に向かっての面罵と恫喝の様子を見るに見かねた周囲からの配慮、後者は吉本入りを熱望していたことから、師匠のレツゴー三匹が破門を言い渡して円満な移籍を実現させている。
  11. ^ 一例として、1975年1月1日に放送された『上方喜劇・赤目の卵やん』(朝日放送制作。山陽放送中国放送などにネット)では笑福亭仁鶴桂三枝藤山寛美など吉本・松竹の両方のタレントに加え、ちあきなおみ等が出演していた(出典、中国新聞、1975年1月1日、40ページ、テレビ・ラジオ欄)。また、関西テレビ制作『爆笑寄席』では吉本所属が中心ながら松竹所属のタレントも出演していた。
  12. ^ 配給は親会社の松竹が担当している。
  13. ^ 「オセロ松嶋さんが解散発表」 『産経新聞』 2013年4月12日付け、東京本社発行15版、28面。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松竹芸能」の関連用語

松竹芸能のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松竹芸能のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松竹芸能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS