松竹とは?

松竹

読み方
松竹しょうちく
松竹まつたけ

松竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 07:21 UTC 版)

松竹株式会社(しょうちく)は、日本映画演劇の制作、興行、配給を手掛ける会社。歌舞伎の興行については現在ほぼ独占的に手がけている。創業は1895年で設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。




注釈

  1. ^ 阿川弘之犬と麻ちゃん」では娘が松竹を「マツタケ」と読むのを見て父親の主人公が渋い顔をするシーンがあるが、この読みも強ち間違いではない事が分かる。
  2. ^ 共同配給の『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』は日本ヘラルドに計上されている。
  3. ^ キネマ旬報と日本映画製作者連盟の資料では28.4億円となっている[83]

出典

  1. ^ 松竹120年の歴史を彩る映画音楽集発売、坂本龍一が手がけた「母と暮せば」など”. 映画ナタリー (2016年1月7日). 2016年1月7日閲覧。
  2. ^ 松竹オープニングロゴと松竹創業120周年のロゴを、チームラボが制作”. News Detail. チームラボ (2014年12月17日). 2015年2月19日閲覧。
  3. ^ 松竹オープニングロゴを制作 (PDF)”. IMAGICAウェスト (2014年12月25日). 2015年2月19日閲覧。
  4. ^ 「1975年度日本映画/外国映画業界総決算」、『キネマ旬報1976年昭和51年)2月下旬号、キネマ旬報社1976年、 111 - 118頁。
  5. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、332頁。ISBN 978-4873767550
  6. ^ 「1976年度日本映画/外国映画業界総決算」、『キネマ旬報1977年昭和52年)2月下旬号、キネマ旬報社1977年、 109 - 123頁。
  7. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、342頁。ISBN 978-4873767550
  8. ^ 「1977年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1978年昭和53年)2月下旬号、キネマ旬報社1978年、 118 - 125頁。
  9. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1
  10. ^ 「1978年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1979年昭和54年)2月下旬号、キネマ旬報社1979年、 118 - 125頁。
  11. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、230-231頁。ISBN 4-87376-595-1
  12. ^ 「1979年度日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報1980年昭和55年)2月下旬号、キネマ旬報社1980年、 122 - 124頁。
  13. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、238-239頁。ISBN 4-87376-595-1
  14. ^ 「1980年度日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報1981年昭和56年)2月下旬号、キネマ旬報社1981年、 116 - 119頁。
  15. ^ 「1981年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1982年昭和57年)2月下旬号、キネマ旬報社1982年、 118 - 125頁。
  16. ^ 1981年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  17. ^ 「1982年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1983年昭和58年)2月下旬号、キネマ旬報社1983年、 112 - 118頁。
  18. ^ 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  19. ^ 「1983年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社1984年、 110 - 116頁。
  20. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  21. ^ 「1984年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1985年昭和60年)2月下旬号、キネマ旬報社1985年、 114 - 120頁。
  22. ^ 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  23. ^ 「1985年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1986年昭和61年)2月下旬号、キネマ旬報社1986年、 122 - 128頁。
  24. ^ 1985年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  25. ^ 「1986年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1987年昭和62年)2月下旬号、キネマ旬報社1987年、 124 - 131頁。
  26. ^ 1986年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  27. ^ 「1987年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1988年昭和63年)2月下旬号、キネマ旬報社1988年、 191 - 192頁。
  28. ^ 1987年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  29. ^ 「1988年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1989年平成元年)2月下旬号、キネマ旬報社1989年、 167 - 172頁。
  30. ^ 1988年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  31. ^ 「1989年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社1990年、 174 - 176頁。
  32. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  33. ^ 「1990年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1991年平成3年)2月下旬号、キネマ旬報社1991年、 142 - 144頁。
  34. ^ 1990年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  35. ^ 「1991年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1992年平成4年)2月下旬号、キネマ旬報社1992年、 142 - 143頁。
  36. ^ 1991年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  37. ^ 「1992年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1993年平成5年)2月下旬号、キネマ旬報社1993年、 147頁。
  38. ^ 1992年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  39. ^ 「1993年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1994年平成6年)2月下旬号、キネマ旬報社1994年、 155頁。
  40. ^ 1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  41. ^ 「1994年度日本映画・外国映画業界総決算--経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報1995年平成7年)2月下旬号、キネマ旬報社1995年、 154 - 155頁。
  42. ^ 1994年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  43. ^ 「1995年日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報1996年平成8年)2月下旬号、キネマ旬報社1996年、 160頁。
  44. ^ 1995年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  45. ^ 「1996年日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1997年平成9年)2月下旬号、キネマ旬報社1997年、 156頁。
  46. ^ 1996年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  47. ^ 「1997年日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1998年平成10年)2月下旬号、キネマ旬報社1998年、 168頁。
  48. ^ 「1998年日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1999年平成11年)2月下旬号、キネマ旬報社1999年、 175頁。
  49. ^ 「1999年日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報2000年平成12年)2月下旬号、キネマ旬報社2000年、 153 - 154頁。
  50. ^ 1999年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  51. ^ 「2000年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2001年平成13年)2月下旬号、キネマ旬報社2001年、 149頁。
  52. ^ 2000年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  53. ^ 「2001年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2002年平成14年)2月下旬号、キネマ旬報社2002年、 137 - 138頁。
  54. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  55. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社2003年、 139頁。
  56. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  57. ^ 「2003年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2004年平成16年)2月下旬号、キネマ旬報社2004年、 161頁。
  58. ^ 2003年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  59. ^ 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 152 - 153頁。
  60. ^ 2004年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  61. ^ 「2005年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社2006年、 177頁。
  62. ^ 2005年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  63. ^ 「2006年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2007年平成19年)2月下旬号、キネマ旬報社2007年、 185頁。
  64. ^ 2006年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  65. ^ 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社2008年、 165頁。
  66. ^ 2007年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  67. ^ 「2008年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2009年平成21年)2月下旬号、キネマ旬報社2009年、 173頁。
  68. ^ 2008年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  69. ^ 「2009年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2010年平成22年)2月下旬号、キネマ旬報社2010年、 172頁。
  70. ^ 2009年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  71. ^ 「2010年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2011年平成23年)2月下旬号、キネマ旬報社2011年、 188頁。
  72. ^ 2010年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  73. ^ 「2011年 日本映画・外国映画 業界総決算」、『キネマ旬報2012年平成24年)2月下旬号、キネマ旬報社2012年、 201頁。
  74. ^ 2011年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  75. ^ 「2012年 日本映画・外国映画 業界総決算」、『キネマ旬報2013年平成25年)2月下旬号、キネマ旬報社2013年、 204 - 205頁。
  76. ^ 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  77. ^ 「2013年 日本映画・外国映画 業界総決算」、『キネマ旬報2014年平成26年)2月下旬号、キネマ旬報社2014年、 197 - 198頁。
  78. ^ 2013年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  79. ^ 「各社2014年の動向を見る」、『キネマ旬報2015年平成27年)3月下旬号、キネマ旬報社2015年、 88 - 92頁。
  80. ^ 2014年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  81. ^ 「各社2015年の動向を見る」、『キネマ旬報2016年平成28年)3月下旬号、キネマ旬報社2016年、 70 - 71頁。
  82. ^ 「劇場版ラブライブ!」最終興収28.6億円で確定”. ORICON NEWS (2016年3月14日). 2017年5月11日閲覧。
  83. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  84. ^ 「各社2016年の動向を見る」、『キネマ旬報2017年平成29年)3月下旬号、キネマ旬報社2017年、 66 - 67頁。
  85. ^ 2016年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  86. ^ 「各社2017年の動向を見る」、『キネマ旬報2018年平成30年)3月下旬号、キネマ旬報社2018年、 46 - 47頁。
  87. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  88. ^ (第50話までの製作を担当していた)東伸テレビ映画が倒産したことに伴う措置
  89. ^ a b c 京都市学区大観(京都市学区調査会、1937年8月1日発行) p.550







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「松竹」に関係したコラム

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株式の中型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松竹」の関連用語

松竹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松竹の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS