有馬稲子とは?

有馬 稲子

有馬稲子の画像 有馬稲子の画像
芸名有馬 稲子
芸名フリガナありま いねこ
性別女性
星座おひつじ座
出身地大阪府
身長158 cm
URLhttps://sites.google.com/site/arimaineko/
プロフィール大阪府出身1948年宝塚歌劇団入団1953年東宝専属女優となり映画にも数く出演1955年には松竹移籍し、ここでも活躍する。その後、主にテレビ舞台中心に活動2000年島根県にある「しいの実シアター」の名誉館長就任。主な出演作品に、舞台風と共に去りぬ』『リチャード三世』、NHK大河ドラマ徳川慶喜」』、映画『夢のまにまに』など多数
代表作品1朗読会瀬戸内寂聴訳「源氏物語」』
代表作品2年2012
代表作品2著書のど元過ぎれば有馬稲子』
代表作品3年1995
代表作品3著書自伝バラ痛恨日々」』
職種俳優女優タレント
資格・免許普通自動車

» タレントデータバンクはこちら

有馬稲子

以下の映画有馬稲子関連しています。
イーハーフィルムズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


有馬稲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 10:07 UTC 版)

有馬 稲子(ありま いねこ、1932年4月3日[1] - )は、日本女優大阪府豊能郡池田町(現:池田市)出身。血液型はA型。愛称は「ネコちゃん」「おイネ」。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。本名は中西 盛子(なかにし みつこ)。




  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.40.
  2. ^ a b Ms Wendy|分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Net 292号 注目の人 女優/有馬 稲子 さん”. www.wendy-net.com. 2020年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)P.45-46。ISBN 9784484146010
  4. ^ 「わたしの失敗」 p197。
  5. ^ 岡田茉利子『女優 岡田茉利子』(文藝春秋)P.194-195
  6. ^ a b c 週刊現代5月15日号「昭和の怪物」研究その117・萬屋錦之介「見得を切らなかったひと」p184
  7. ^ 「錦之助・有馬夫妻が離婚」『日本経済新聞』昭和40年7月24日 15面
  8. ^ 有馬稲子、ノーベル賞作家を電車で“ナンパ”。以来…親代わり務めてもらう間柄に” (日本語). post.tv-asahi.co.jp. 2020年12月17日閲覧。
  9. ^ 有馬稲子が市川崑監督との不倫、堕胎告白 - asahi.com (2010年4月22日) 2012年4月9日閲覧。
  10. ^ 不倫中絶を告白...有馬稲子が市川崑監督と - nikkansports.com (2010年4月22日) 2012年12月13日閲覧。
  11. ^ 宝塚音楽学校創立100周年記念式典 百年(ももとせ)の道~いま新しき未来へ~ - スポニチ、2013年7月18日
  12. ^ 式典詳報…すみれ寮も新築へ 90代も参加100周年祝う、天海祐希は… - 産経、2013年7月18日
  13. ^ 女優・有馬稲子さんが語る「中高年向け分譲マンションの魅力」 (毎日が発見)”. LINE NEWS. 2020年12月17日閲覧。
  14. ^ 往年の大スター、有馬稲子が語る“残酷の映画史” : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年12月17日閲覧。
  15. ^ ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞、パシネッティ賞(国際映画記者賞)受賞作品。
  16. ^ 第13回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。


「有馬稲子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有馬稲子」の関連用語

有馬稲子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有馬稲子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有馬稲子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS