凰稀かなめとは?

凰稀かなめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 09:04 UTC 版)

凰稀 かなめ(おうき かなめ、1982年[1]9月4日[2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター[1][3]




出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 凰稀かなめ「嘘のないお芝居を」 宝塚卒業から5年…『青の生徒会 参る!〜』で映画初主演サンスポ
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n プレシャス!宝塚/「何か」を打ち破った優等生/凰稀かなめ日刊スポーツ
  3. ^ a b c d e 元宝塚・凰稀かなめが女優デビュー「1789-バスティーユの恋人たち-」「自分のマリー」で心をつかむ産経ニュース
  4. ^ a b 『宝塚おとめ 2014年度版』 阪急コミュニケーションズ、2014年、133頁。ISBN 978-4-484-14522-8
  5. ^ 所属事務所凰稀かなめオフィシャルサイト
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 凰稀かなめさんインタビュー 自身初となるコンサート『The Beginning』で宝塚退団後初登場 2015年03月エンタメターミナル
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 凰稀かなめ「皆、ぽかーんと…びっくりするんじゃないかな」スターファイル
  8. ^ 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日)p.112
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q フェアリーインタビュー/雪組 凰稀かなめウィズたからづか
  10. ^ a b c 名作復活・凰稀かなめの魅力光る 宝塚バウ公演開幕朝日新聞デジタル
  11. ^ 「エリザベート」ガラコン、小池修一郎「より円熟した新発見のあるものに」ステージナタリー
  12. ^ 凰稀かなめ主演ミュージカル「花・虞美人」ユナクと清水良太郎が劉邦と項羽にステージナタリー
  13. ^ 凰稀かなめが朗読劇に初挑戦、共演に伶美うらら、ラサール石井ステージナタリー
  14. ^ 「1789」“進化&深化”して最高の革命へ、小池徹平・加藤和樹ら意気込むステージナタリー
  15. ^ 「銀河鉄道999」明治座で開幕、中川晃教が松本零士にサプライズステージナタリー
  16. ^ 凰稀かなめ主演で新訳脚本の『さよなら、チャーリー』上演中!稽古場フォトとコメント宝塚ジャーナル
  17. ^ a b 第73回文化庁芸術祭、演劇部門大賞は「おもろい女」の藤山直美ステージナタリー
  18. ^ 加藤和樹&凰稀かなめ「暗くなるまで待って」暗闇で息をのむ“体感型サスペンス”ステージナタリー
  19. ^ 「銀河鉄道999」新作開幕、中川晃教「キスの向こうにあるものを見せたい」ステージナタリー
  20. ^ 凰稀かなめが演出初挑戦、樫田正剛の短編3部作「かなめのカタチ」ステージナタリー
  21. ^ 平野良&安西慎太郎がW主演「明治座の変 麒麟にの・る」全キャスト発表ステージナタリー
  22. ^ 凰稀かなめ主演「モンテ・クリスト伯」延期公演に渡辺大輔、廣瀬智紀らステージナタリー
  23. ^ 「グッバイ・チャーリー」凰稀かなめが再びプレイボーイに、共演に佐伯大地らステージナタリー
  24. ^ 市村正親×鳳蘭、ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」2月に上演決定ステージナタリー
  25. ^ 「銀河鉄道999」が生放送で初の実写ドラマ化!栗山千明が憧れのメーテルにコミックナタリー
  26. ^ 放送内容/嵐にしやがれ日本テレビ

注釈

  1. ^ 4/23〜30のみ特別出演。
  2. ^ 4/7〜10のみ実咲凜音と特別出演。


「凰稀かなめ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凰稀かなめ」の関連用語

凰稀かなめのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



凰稀かなめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凰稀かなめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS