蘭寿とむとは?

蘭寿 とむ

蘭寿とむの画像 蘭寿とむの画像
芸名蘭寿 とむ
芸名フリガナらんじゅ とむ
性別女性
誕生日08/12
星座しし座
血液型O
出身兵庫県
身長170 cm
URLhttp://grpromotion.co.jp/talent/tomu/
ブログURLhttp://ameblo.jp/ranjunokai/
プロフィール1994年4月宝塚音楽学校入学卒業まで首席1996年3月CAN-CAN」で初舞台同年花組配属2011年ファントム」で花組トップスター就任する。幅広いジャンルの作品に出演し、代表作に「オーシャンズ11」がある。2014年5月ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-」「TAKARAZUKA∞夢眩」にて退団その後も、舞台中心に女優歌手として活躍している。
代表作品1舞台オーシャンズ11』(宝塚)
代表作品2年2015
代表作品2舞台TAKE FIVE
代表作品3年2015
代表作品3Netflixアンダーウェア
職種タレント俳優女優/音楽
資格・免許普通自動車

» タレントデータバンクはこちら

蘭寿とむ

以下の映画蘭寿とむ関連しています。
タイトル・プロデュース


蘭寿とむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 14:25 UTC 版)

蘭寿 とむ(らんじゅ とむ、1975年8月12日 - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団花組トップスター。所属事務所はジーアールプロモーション。




  1. ^ “音楽史上初 宝塚歌劇団OGによるJ-POPカバーアルバムがリリース決定”. シアターガイド. (2014年11月21日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/21_05.php 2014年11月25日閲覧。 
  2. ^ お知らせ”. ジーアールプロモーション公式サイト (2015年1月31日). 2015年2月3日閲覧。
  3. ^ 松岡修造の母方のいとこ[出典無効]
  4. ^ 元宝塚・蘭寿とむ、民放連ドラ初レギュラー決定「1つ1つを大切に…」”. ORICON STYLE (2016年2月4日). 2016年2月4日閲覧。
  5. ^ 元宝塚スター・蘭寿とむ、中谷美紀主演ドラマで民放連ドラに初レギュラー出演!”. cinemacafe.net (2016年2月4日). 2016年3月16日閲覧。
  6. ^ 【蘭寿とむ】ドラマ「アンダーウェア」出演情報|トピックス”. GR PROMOTION公式サイト (2015年8月30日). 2015年9月4日閲覧。
  7. ^ 蘭寿とむ、宝塚卒業後ドラマ初出演!先輩・大地真央と夢の共演”. スポニチアネックス (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  8. ^ “「宝塚ドリームツアーズ」レギュラー化決定、初回は瀬奈じゅんとDIY家具作り”. ステージナタリー. (2016年6月3日). http://natalie.mu/stage/news/189470 2016年6月3日閲覧。 
  9. ^ 元宝塚トップスター蘭寿とむ、CDデビュー”. CD Journal (2015年8月24日). 2015年8月25日閲覧。
  10. ^ 音楽史上初 宝塚歌劇団OGによるJ-POPカバーアルバムがリリース決定”. シアターガイド (2014年11月21日). 2015年4月23日閲覧。
  11. ^ 宝塚OGによるカバーアルバム第2弾発売決定 昭和の歌謡名曲が男役歴代トップスター達によって蘇る”. Billboard Japan. 2015年4月23日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蘭寿とむ」の関連用語

蘭寿とむのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蘭寿とむのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蘭寿とむ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS