小池修一郎とは?

小池修一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 15:39 UTC 版)

小池 修一郎(こいけ しゅういちろう、1955年3月17日 - )は、日本劇作家・舞台演出家東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。宝塚歌劇団所属。愛称はイケコ。


  1. ^ 春の褒章:紫綬褒章=演出家 小池修一郎さん(59)毎日新聞、2014年4月28日)
  2. ^ 轟悠と小池修一郎氏が宝塚理事を退任、特別顧問に日刊スポーツ 2020年7月19日
  3. ^ 1990年に全国ツアーで再演
  4. ^ 1992年に中日劇場で続演
  5. ^ 1994年に中日劇場で続演
  6. ^ 1999年に全国ツアーで再演
  7. ^ 2000年に中日劇場で続演
  8. ^ 2000年に博多座で続演
  9. ^ 2002年に全国ツアーで続演
  10. ^ 花組公演の副題は「チュシンの星のもとに」。星組公演は「Ver.Ⅱ」として初演と構成・演出を変えて上演した。副題は「新たなる王の旅立ち」
  11. ^ 2010年、星組梅田芸術劇場・博多座公演の再演
  12. ^ 2013年に博多座で続演
  13. ^ “宝塚月組が三銃士から着想得た「ALL FOR ONE」珠城りょうが王の秘密握る銃士隊員に”. ステージナタリー. (2016年11月29日). http://natalie.mu/stage/news/211197 2016年11月30日閲覧。 
  14. ^ 1992年、杜けあきの退団前に再演され、杜はこの作品と『忠臣蔵』での演技に対して、第18回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞している
  15. ^ 2008年は、バウワークショップで再演。
  16. ^ 1991年、雪組公演『華麗なるギャツビー』を再構成して演出をした
  17. ^ 1986年、雪組バウホール公演『ヴァレンチノ』の再演。日本青年館公演は、東日本大震災により会場が罹災したため一度公演中止となったが、2011年8月13日~8月19日に上演が決定。
  18. ^ 『モーツァルト!』韓国公演の演出に小池修一郎が決定”. シアターガイド (2015年9月3日). 2015年9月4日閲覧。
  19. ^ Inc, Natasha. “小池徹平&加藤和樹ら続投「1789」が再び帝劇で、新キャストに龍真咲” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha. “「エリザベート」宝塚初演より20年、歴代キャスト競演のガラ・コンサート” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  21. ^ “井上芳雄×小池修一郎、ミュージカル「グレート・ギャツビー」上演決定”. ステージナタリー. (2016年7月25日). http://natalie.mu/stage/news/195782 2016年7月26日閲覧。 
  22. ^ Inc, Natasha. “「一路真輝35周年記念コンサート」に花總まり、中川晃教、安蘭けい” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  23. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】浪漫活劇「るろ剣」男性と殺陣に挑む早霧せいなに上白石萌歌「剣心しか見えてない」” (日本語). コミックナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “ミュージカル「ポーの一族」小西遼生・中村橋之助・夢咲ねね・綺咲愛里ら全キャスト発表” (日本語). コミックナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり” (日本語). ステージナタリー. 2021年6月25日閲覧。
  26. ^ 『太陽2068』『モーツァルト!』が受賞 WOWOW「勝手に演劇大賞2014」が発表に”. シアターガイド (2015年3月2日). 2015年3月3日閲覧。
  27. ^ エンタステージアワード2015結果発表!!” (2015年12月28日). 2019年3月30日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小池修一郎」の関連用語

小池修一郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小池修一郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小池修一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS