宝塚歌劇団7・8期生とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 宝塚歌劇団7・8期生の意味・解説 

宝塚歌劇団7・8期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/05 07:43 UTC 版)

宝塚歌劇団7・8期生(たからづかかげきだん-きせい)は1918年宝塚歌劇団に入団し、同年もしくは1919年に初舞台を踏んだ10名を指す[1]。初舞台の公演演目は天津乙女、關守千鳥、初瀬音羽子、久方靜子は『馬の王様』で[2]、その他は不明である。当時は寶塚少女歌劇團であった。




  1. ^ a b c d e f g h i j k 100年史(人物) 2014, p. 7.
  2. ^ a b 『寳塚歌劇少女の生活』河原蓬著、育文館書店、1922年11月25日
  3. ^ a b 80年史 1994, p. 196.
  4. ^ a b c d 『寶塚の歌劇少女』橋詰せみ郎著、新正堂書店、1923年12月5日


「宝塚歌劇団7・8期生」の続きの解説一覧

宝塚歌劇団78期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 06:57 UTC 版)

宝塚歌劇団78期生(たからづかかげきだん-きせい)は、1990年宝塚音楽学校に入学、1992年宝塚歌劇団に入団し、雪組公演『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏んだ40人を指す。




  1. ^ 『宝塚おとめ 1992年度版』宝塚歌劇団、1992年、118-124頁。研究科1年の掲載順による。


「宝塚歌劇団78期生」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宝塚歌劇団7・8期生」の関連用語

宝塚歌劇団7・8期生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宝塚歌劇団7・8期生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宝塚歌劇団7・8期生 (改訂履歴)、宝塚歌劇団78期生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS