宝塚歌劇団とは?

たからづかかげきだん 【宝塚歌劇団】

宝塚市本拠を置く女性だけの歌劇団。小林一三創始宝塚温泉アトラクションから発展宝塚少女歌劇経て1940年昭和15)宝塚歌劇団となり、レビュー歌劇などを上演養成施設として宝塚音楽学校がある。

宝塚歌劇団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 09:22 UTC 版)

宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、: Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。




  1. ^ それ故に、入団後の自社の列車への乗車の際には、基本的に最後部の車両に乗車すること、空席があっても着席を行わないこと、下車駅で列車に対して敬礼での見送りを励行することを徹底している。
  2. ^ 本公演でトップスター・娘役が主演できなかった例に、1993年星組「うたかたの恋」の紫苑ゆう、2002年花組「琥珀色の雨にぬれて」の匠ひびき、2008年宙組「黎明の風」の陽月華がある。いずれも稽古中の怪我によるもの。この他、怪我や病気による短期間の休演もある。
  3. ^ ただし、1987年月組の『ミー・アンド・マイガール』が同年のうちにほぼ同キャストで大劇場で再演されたことが、現在の公演形式が確立されて以後唯一の“ロングラン”例である。
  4. ^ 1985年の『愛…ただ愛』(条はるき主演)、1988年の『サウンド・オブ・ミュージック』(春風ひとみ主演)、1998年の『LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-』(風花舞主演)、2001年の『Over The Moon-月影瞳クロニクル-』(月影瞳主演)、2018年の『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』(愛希れいか)など
  5. ^ 80年史では"福岡市民会館公演"と単独で記載されているが、90年史では直前の同内容の全国ツアーに含められている
  6. ^ 当時の仮名遣いでは"をどり"が正しく、意図的に題名をひねったもの。
  7. ^ 同年の音校本科生は、舞台実習の名目で4月花組公演「花のなかの子供たち」に出演しており、実質的にはこれが初舞台となる。
  8. ^ なお、2017年時点では本公演が年9回に変更されている。チケットの値上げは、2014年4月の消費税率引き上げ時にも行われている。
  9. ^ プロデューサーに転身
  10. ^ 男役:峰さを理高汐巴寿ひずる剣幸日向薫ら。娘役:東千晃遥くらら秋篠美帆
  11. ^ a b 70年史・80年史では"満州(中国東北部)公演"、90年史では"中国東北部(満州)公演"と記載されている。
  12. ^ (例)小倉みゆき雲井浪子高峰妙子瀧川末子雪野富士子天津乙女小夜福子雲野かよ子浦野まつほ霧立のぼる有馬稲子
  13. ^ 過去に「倫」が不倫を想起させるとして、廃案になった例がある[73]
  1. ^ 阪急電鉄株式会社 業務組織
  2. ^ 宝塚歌劇団理事長人事の内定について(4月1日付)”. 阪急阪神ホールディングス (2015年2月21日). 2015年4月23日閲覧。
  3. ^ 朝夏まなと 元宝塚トップ、気品あふれる女性役に挑戦「不安で胸がいっぱい」デイリースポーツ
  4. ^ ヅカ月組最新公演、千秋楽をライブ中継デイリースポーツ公式ホームページ
  5. ^ a b c d 「おお宝塚60年 『ドンブラコ』から『ベルばら』まで」朝日新聞社、1976年11月発行
  6. ^ 朝日新聞』2006年1月23日夕刊「宝塚トップスターの任期に異変 近ごろのスミレの命短くて」
  7. ^ タカラジェンヌ物語 3/5(宝塚歌劇団公式ページ)
  8. ^ 松岡修造娘vs君島十和子娘 宝塚次世代トップスター争い - Yahoo!ニュース。2018年3月6日発信、同日閲覧。
  9. ^ 2002年4月29日 産經新聞「激流の中の宝塚」
  10. ^ 『BRUTUS』2001年11月1日号
  11. ^ 宝塚歌劇ファーストステージ(さ行)(公式ページ)
  12. ^ 『宝塚歌劇ガイドブック』宝塚歌劇団著、1986年
  13. ^ 五十年史 1964.
  14. ^ 『寶塚少女歌劇廿年史』 吉岡重三郎 編、寶塚少女歌劇團,1933年7月17日
  15. ^ 2014年2月17日中日新聞朝刊9面「宝塚歌劇100周年」
  16. ^ a b 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年
  17. ^ 引田一郎 編『日・獨・伊親善藝術使節』 1939.
  18. ^ 青土社『水晶の夜、タカラヅカ』岩淵達治:編、P83、P84
  19. ^ a b 70年史 1984, p. 62、172.
  20. ^ a b 四十年史 1954.
  21. ^ 引田一郎 編『渡米記念アルバム』 1939, p. 15.
  22. ^ 引田一郎 編『渡米記念アルバム』 1939, p. 29.
  23. ^ Web版『有鄰』、平成12年9月10日、第394号「座談会 氷川丸・70年の航跡(1)」
  24. ^ グループ報「YUSEN」2004年4月号、航跡【第29回 「氷川丸」とアールデコ】
  25. ^ グループ報「YUSEN」2007年5月号、No.596 航跡 第58回『歴史の生き証人「氷川丸」〜その2〜 華やかな時代を経て、病院船・引き揚げ船として』
  26. ^ 日本郵船氷川丸の船内に設置されている、解説パネル「船旅が華やいだ宝塚少女歌劇団の乗船」より
  27. ^ a b 『世界に眠る幻の未公開マル秘映像大発掘スペシャル!』1998年1月3日放送、TBS
  28. ^ a b 演出家内海重典さん…ドライアイスで白煙効果発案”. ZAKZAK (2014年3月29日). 2015年1月22日閲覧。
  29. ^ <4> 戦争 人間性奪い家庭も破壊”. 中国新聞 (2009年8月21日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月8日閲覧。
  30. ^ 70年史 1984, p. 66.
  31. ^ a b c d 蝶々夫人アルバム 1955.
  32. ^ 五十年史 1964, p. 241.
  33. ^ a b 五十年史 1964, p. 242.
  34. ^ 朝日新聞 1990年5月2日夕刊「きょうも舞台に名花咲く 記者が見た宝塚30年」
  35. ^ 武田武彦・橋倉正信:編『タカラヅカ・グラフィティ』集英社コバルト文庫
  36. ^ 『宝塚グラフ』1982年4月号・1987年3月号など
  37. ^ 『宝塚グラフィティ』大阪書籍
  38. ^ スポニチ大阪「突然の発表にファン大パニック 新専科制度導入の真意」 - ウェイバックマシン(2004年11月26日アーカイブ分)
  39. ^ 産經新聞2001年1月19日、記者会見要旨
  40. ^ a b 日本経済新聞 2009年6月23日夕刊
  41. ^ Back to the 宝塚歌劇(2005 - 2013)
  42. ^ 宝塚100万人割れ危機、子連れママ用割引開始読売新聞 2011年2月12日
  43. ^ 宝塚歌劇100周年で観客最多 兵庫、東京の専用劇場” (2015年4月8日). 2015年4月13日閲覧。
  44. ^ a b c “宝塚小川理事長、新世紀3年目は「ジャンプの年」”. 日刊スポーツ. (2017年1月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1764258.html 2017年1月12日閲覧。 
  45. ^ “宝塚雪組トップスター・早霧せいな、涙こらえ明るく退団 今後は「軍の機密事項です」”. (2017年7月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170723-OHT1T50170.html 2017年10月11日閲覧。 
  46. ^ “「2017年はジャンプの年」 ライブビューイング、海外戦略、若手育成…小川友次理事長インタビュー(2/5ページ)”. 産経新聞・関西版. (2017年1月11日). http://www.sankei.com/west/news/170111/wst1701110077-n2.html 2017年1月11日閲覧。 
  47. ^ a b “宝塚 18年観客動員が過去最高277万人 小川理事長、大阪万博で協力を約束”. スポニチsponichi Annex. (2019年1月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/15/kiji/20190115s00041000094000c.html 2019年1月15日閲覧。 
  48. ^ 2014年3月26日の中日新聞朝刊15面
  49. ^ 朝日賞に宝塚歌劇団ら時事通信、2014年1月1日)
  50. ^ a b [アーカイブされたコピー”. 2014年1月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月14日閲覧。 宝塚歌劇の殿堂・殿堂入りされた方々}(公式ホームページ)
  51. ^ 宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表(日刊スポーツ、2014年1月11日)
  52. ^ 2014年3月26日の中日新聞朝刊15面
  53. ^ 清く正しく、誇り高く1世紀 宝塚歌劇、華麗な記念式典朝日新聞、2014年4月6日)
  54. ^ 市制60周年式典を開催しました(広報たからづか、2014年5月1日)
  55. ^ “宝塚歌劇団が第2回アジアコスモポリタン賞文化賞を受賞”. 電通報. (2014年10月28日). http://dentsu-ho.com/articles/1794 2014年10月29日閲覧。 
  56. ^ “大賞は宝塚歌劇団が受賞 「第40回菊田一夫演劇賞」発表に”. シアターガイド. (2015年4月4日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2015/04/04.php 2015年4月4日閲覧。 
  57. ^ 「宝塚歌劇」などが受賞 ベスト・プロデュース賞”. 東京新聞 (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。
  58. ^ a b c 辻則彦『男達の宝塚』 2004.
  59. ^ 2007年1月22日付配信 毎日新聞
  60. ^ 100%宝塚|NOTTV
  61. ^ 岸香織『虹色の記憶』 2000.
  62. ^ 阪急交通社 新イメージキャラクターに宝塚歌劇団花組 芹香斗亜(せりか とあ)を起用”. 阪急交通社プレスリリース (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  63. ^ クレジットカード特集取材班 (2008年2月22日). “"セレブ向けカード"の実態とは?:知られざる「プラチナカード」の世界 (1/2)”. ビジネスメディア誠 (ITメディア). http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0802/22/news028.html 2016年12月29日閲覧。 
  64. ^ VJAグループ、新イメージキャラクターに宝塚歌劇団月組「明日海 りお」さんを起用!
  65. ^ 宝塚歌劇100周年を記念して「宝塚歌劇トレイン」の運行を開始します〜宝塚歌劇団生徒による1日駅長及び、宝塚歌劇トレインの出発式を行います〜 (PDF)”. 阪急電鉄 (2014年3月6日). 2016年12月26日閲覧。
  66. ^ 「阪急「宝塚歌劇トレイン」運転開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2014年3月22日
  67. ^ 宝塚歌劇団の台湾初公演〜 心が通い合う、感動的大成功! (PDF) 」 、『台湾情報誌『交流』』No.865、交流協会、2013年4月、2015年2月26日閲覧。
  68. ^ 宝塚歌劇団台湾公演を終えて (PDF) 」 、『台湾情報誌『交流』』No.867、交流協会、2013年6月、2015年2月26日閲覧。
  69. ^ 第二回 宝塚歌劇団 台湾公演の実施について - 阪急電鉄 第二回 宝塚歌劇団 台湾公演の実施について - 阪急電鉄
  70. ^ 第三回 宝塚歌劇団 台湾公演の実施について - 阪急電鉄 第三回 宝塚歌劇団 台湾公演の実施について - 阪急電鉄
  71. ^ 平井房人:編『續寶塚物語 寳塚夜話』少女畫報社
  72. ^ 宝塚検定 2010, p. 30.
  73. ^ 朝凪鈴著『禁断の園は蜜の味』より。
  74. ^ 宝塚歌劇団ファーストステージより
  75. ^ 明日海りおピンチ「すみれコード」にあわや抵触”. 日刊スポーツ. 2016年4月11日閲覧。
  76. ^ 「男役」タカラジェンヌの苦悩 作家・中山可穂さん「独特の存在書く」”. 朝日新聞 (2015年6月9日). 2015年6月10日閲覧。
  77. ^ 今日の新刊 |「男役」中山可穂著。”. 日刊ゲンダイ (2015年3月27日). 2015年6月9日閲覧。
  78. ^ 下町娘 目指せ宝塚の舞台 朱良観さん描く漫画「すみれの花咲くガールズ」”. 東京新聞 (2015年7月21日). 2015年7月27日閲覧。





宝塚歌劇団と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宝塚歌劇団」の関連用語

宝塚歌劇団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宝塚歌劇団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宝塚歌劇団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS