林真理子とは?

はやし‐まりこ【林真理子】


林真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 07:08 UTC 版)

林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日[1] - )は、日本小説家エッセイストである。有限会社林真理子企画事務所代表取締役日本文藝家協会理事長。




  1. ^ 戸籍上の誕生日であり、実際は3月末日という[要出典]
  2. ^ a b 林真理子; マキタスポーツ (2017年1月9日). 林真理子×マキタスポーツ 「山梨」発「野心」経由のふたり【前編】. (インタビュー). 文藝春秋BOOKS.. https://books.bunshun.jp/articles/-/2808 2018年11月8日閲覧。 
  3. ^ 斎藤美奈子『文壇アイドル論』(2002年岩波書店)参考
  4. ^ これは、日本と米国の相互理解を政治・経済・教育・文化などあらゆる分野で促進し、人物交流を通じ広範な種々の課題について両国が共有することを目的としたプログラムである。内容は政治・経済・文化など、各分野のリーダーによる3週間の米国研修で、アメリカ合衆国国務省が実施した。
  5. ^ “「後世に残るもの書きたい」 紫綬褒章の作家、林真理子さん”. 日本経済新聞. (2018年11月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37262570R01C18A1CR8000/ 2018年11月8日閲覧。 
  6. ^ 「新理事長に林真理子さん」『読売新聞』2020年5月13日朝刊
  7. ^ 人事、文部科学省日本経済新聞(2020/8/28 20:49)
  8. ^ “菊池寛賞に林真理子氏、篠山紀信氏らが決定”. デイリースポーツ. (2020年10月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/10/13/0013778746.shtml 2020年10月13日閲覧。 
  9. ^ 林真理子さん エッセー連載でギネス記録1655回,日刊スポーツ,2020年10月14日
  10. ^ T&Gーハウスウエディングー 著名人対談 秋元康VS林真理子参考。
  11. ^ 林真理子のあれもこれも日記 林真理子年譜 41歳〜45歳参考。
  12. ^ 松田哲夫『これを読まずして、編集を語るなかれ。』の秋山との対談より。なお、同雑誌には、のちに『ルンルンを買っておうちに帰ろう』の担当編集者となる、主婦の友社の松川邦生(渡辺和博の『金魂巻』の担当でもある)もかかわっていた。
  13. ^ 構成:村上敬 (2013-8-19). オトす三条件「愚直、尊重、たどたどしさ」. プレジデント 2013.9.19号別冊. pp. 34-35 
  14. ^ 「お笑いはこれからだ」(「小説新潮」82年~84年)
  15. ^ 名和広のツイートより
  16. ^ 『封印漫画大全』坂茂樹著、鉄人文庫p34より
  17. ^ 大森望豊崎由美『文学賞メッタ斬り!』(2004年、株式会社パルコ)エンターテインメント対決! 直木賞vs山本賞
  18. ^ 世相百断・第49話「直木賞候補作『半落ち』の評判」” (2003年5月9日). 2017年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月15日閲覧。
  19. ^ エディトリアル・デパートメント幻冬舎スペクテイター』39号「パンクマガジン『Jam』の神話」2017年6月、88-89頁。
  20. ^ “有識者懇で新元号案を提示 メンバーに山中教授ら”. 日本経済新聞. (2019年4月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43164030R00C19A4000000/ 2019年4月20日閲覧。 
  21. ^ “2018年の大河ドラマは「西郷どん」!”. NHKドラマトピックス. (2016年9月8日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/252141.html 2016年9月8日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「林真理子」の関連用語

林真理子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



林真理子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林真理子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS