加藤あいとは?

加藤あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 09:52 UTC 版)

加藤 あい(かとう あい、1982年12月12日 - )は、日本女優。本名、加藤 愛(読み同じ)。愛知県西春日井郡新川町(現・清須市)出身[2]。元サムデイ所属。




  1. ^ 加藤あい、一般男性と結婚 お相手は「クマさんみたいな」7歳上の会社役員 MSN産経ニュース2013年11月14日
  2. ^ a b 『なないろの愛』(1999年4月、祥伝社)内エッセイ
  3. ^ MOON THE CHILD 加藤 あい”. 2008年5月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月7日閲覧。
  4. ^ “加藤あい、3月に大学卒業…卒論で「今は抜け殻状態」”. Yahoo!ニュース. サンケイスポーツ. オリジナルの2005年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050407021302/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050407-00000039-sanspo-ent 2013年5月3日閲覧。 
  5. ^ “加藤あい、一般男性と結婚 お相手は「クマさんみたいな」7歳上の会社役員”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2013年11月14日). オリジナルの2013年11月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131114023139/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131114/ent13111410030000-n1.htm 2018年6月13日閲覧。 
  6. ^ 加藤あいが第1子女児出産、7歳年上会社役員と結婚から2年”. スポニチ (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  7. ^ 加藤あい 米国で第1子女児を出産”. デイリースポーツ online (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  8. ^ a b “加藤あい『貴族探偵』にゲスト出演 第1子出産後初、3年ぶりドラマ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2090352/full/ 2017年5月8日閲覧。 
  9. ^ “加藤あい、第2子を出産「落ち着きましたら順次お仕事を再開させて頂きたいと存じます」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180613-OHT1T50116.html 2018年6月13日閲覧。 
  10. ^ PRTIMES
  11. ^ 「スレンダーで、しなやか! 加藤あいのバランスボディの秘密。」『an・an』2007年1月17日号、マガジンハウス、2007年、  。
  12. ^ “加藤あい、出産後初イベントに「緊張」 子育ての様子明かす”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年10月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2079849/full/ 2018年6月13日閲覧。 
  13. ^ “バカリズム、トヨタ新型車「TANK」のCMで菜々緒とカップル役”. お笑いナタリー. (2016年11月10日). http://natalie.mu/owarai/news/208699 2016年11月10日閲覧。 
  14. ^ これに先立ち2014年2月24日、上野駅前で「ファイアーフェスティバル2014 in 上野」を開催し同日の上野消防署一日署長となった。


「加藤あい」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加藤あい」の関連用語

加藤あいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加藤あいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤あい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS