古尾谷雅人とは?

古尾谷雅人

以下の映画古尾谷雅人関連しています。
 
東映アストロフィルム
 


古尾谷雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 09:46 UTC 版)

古尾谷 雅人(ふるおや まさと、1957年5月14日 - 2003年3月25日)は、昭和から平成初期の日本の俳優。本名は古尾谷 康雅ふるおや やすまさ




注釈

  1. ^ 1983年。ポルノ作品ではないが殺戮シーンなど残酷描写があることから成人映画指定。
  2. ^ 斉藤洋介とは前年NHKで放映されたドラマ『男たちの旅路』第4部第3話「車輪の一歩」の障害者役でも共演している。

出典

  1. ^ 今夜は最高!』ゲスト出演時談[出典無効]
  2. ^ “いったいなぜ? 俳優の古尾谷雅人さんが自殺”. SANSPO.COM. (2003年3月26日). オリジナルの2003年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030417015107/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003032601.html 2014年5月26日閲覧。 
  3. ^ “古尾谷さん通夜、祭壇にあしたのジョー”. nikkansports.com. (2003年3月28日). オリジナルの2003年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030405061830/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030327-0020.html 2014年5月28日閲覧。 
  4. ^ “桃井かおり「死んじゃダメ」”. nikkansports.com. (2003年3月27日). オリジナルの2003年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030405062054/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030327-0018.html 2014年6月12日閲覧。 
  5. ^ a b “古尾谷雅人夫人の壮絶な手記の中身…”. ZAKZAK. (2004年3月25日). オリジナルの2004年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040422071843/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2004_03/g2004032513.html 2014年6月11日閲覧。 
  6. ^ 古尾谷雅人の墓参り”. 深見亮介のあんな事こんな事ブログ (2013年3月24日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  7. ^ 古尾谷雅人[有名人・芸能人の墓]”. ハナミズキ. 2014年6月11日閲覧。
  8. ^ 故・古尾谷雅人の妻・鹿沼絵里、「自殺の理由」語る”. 気ままに備忘録 and TIPS (2013年5月25日). 2014年5月26日閲覧。
  9. ^ “だれもが首をひねった演技派 古尾谷雅人の自殺”. 日刊ゲンダイ. (2012年12月25日). オリジナルの2014年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140526012007/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/140247/1 2014年5月26日閲覧。 


「古尾谷雅人」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古尾谷雅人」の関連用語

古尾谷雅人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古尾谷雅人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古尾谷雅人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS